2015年04月

2015年04月26日

増田寿志ミニチュアール展@札幌

 ペンとアクリルを中心に、写実的で生命力あふれる野生生物を描いている、北広島市のイラストレーター増田 寿志(ますだ・ひさし)さんの作品展。今回は、ペン画(モノクロ作品)、アクリル画他、20数点を展示予定。増田さんは20歳の時に、ワイルドライフアートの画家ロバート・ベイツマンの作品に出会ったことから、イラストレーターの道へ入った。現在、北海道のネイチャーグラフィックマガジン季刊「faura」のイラストなどで活躍している。詳細は作家HPの案内欄で。150421masuda
・会 期 :2015年4月21日(火)〜26日(日)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日16:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリーエッセ (TEL 011-708-0606)
     (北区北9条西3丁目9番1号ル・ノール北9条1F 地図
・入場無料 
・お問合せ:ギャラリーエッセ TEL 011-708-0606 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2015年4月25日(土) 〜 26日(日) ドキュメンタリー映画「チェルノブイリ 28年目の子どもたち」上映会@函館市

 チェルノブイリ原発事故後のウクライナを取材したドキュメンタリー映画「チェルノブイリ 28年目の子どもたち」(43分)の上映会。映画は2014年制作で、函館では初上映。事故から30年近くたっても、多くの子どもたちが放射能による疾患を抱えている様子を伝える。会場では24〜26日にチェルノブイリ原発のほか、東京電力福島第1原発、電源開発大間原発についての解説パネル約20枚も展示する。詳細は、北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2015年4月25日(土) 〜 26日(日)
       11:00、 14:00、 16:00
・会 場 :函館市・函館市地域交流まちづくりセンター
      (函館市末広町4番19号)
・入場料 :無料
・主 催 :函館「下北」から核を考える会 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2015年04月24日

「拳銃と目玉焼」札幌上映会@札幌

 関西発の自主制作映画「拳銃と目玉焼」が札幌で上映される。幼稚園の行事や結婚式を専門にしたビデオ撮影業をする安田淳一が、監督、脚本、撮影などを兼任して完成させた異色のヒーロームービー。ひょんなことからオヤジ狩りに遭う初老の男を救い、それを機に町に潜む悪を退治するヒーローとなる中年新聞配達員の姿を追い掛ける2013年、日本、115分。150424kenjuutomedamayaki詳細は未来映画者HPの案内欄などで。
・日 時 :2015年4月24日(金) 開場17時30分 上映開始18時15分(115分)
・会 場 :札幌・PUBLIC STUDIO TOMO
       中央区南1東2/北向き/水協ビル地下  TEL 011-207-1888
       (地下鉄大通り駅とバスセンター駅の中間 [地下道3番出口]
・入場料 :1500円(+1ドリンク/500円) 続きを読む

bluebook at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

ドキュメンタリー映画 「日本と原発」 上映会@札幌市

弁護士河合弘之が2年の歳月をかけて自分の眼で耳で確かめた日本の原発のすべてを描いたドキュメンタリー映画「日本と原発」HPFACEBOOK)が帯広市で自主上映される。この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収 集や報道資料等を150322nihontogenpastu基に事故に巻き込まれた人々の苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュ メンタリー映画である。2014年、日本、135分。上映の詳細は主催者HPの案内欄などで。
・日 時 :2015年4月24日(金) 3回上映
       10:10、 14:20、 18:30 
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2.5(中央区南2西5狸小路5)
・主 催 :脱原発をめざす女たちの会・北海道 TEL:080-6090-2928 続きを読む

bluebook at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2015年04月23日

滝川映画サークル「バチカンで逢いましょう」上映会@滝川市

 滝川映画サークルの4月上映会では、「バチカンで逢いましょう」を上映。25年前「バクダット・カフェ」で映画ファンを虜にした女優マリアンネ・ゼーゲブレヒト。彼女が、さらに元気に、驚くほどチャーミングなおばあちゃんになってスクリーンに帰ってきた。今回の舞台はイタリアのローマとバチカン。ローマ法王への謁見を実現するために一人でローマを訪れた老女が、さまざまな出会いを通して人生の喜びを再発見する姿を描く。150423bachikan2012年、独、105分。マリアンネ・ゼーゲブレヒト主演。
詳細は主催の滝川映画サークルHPの案内欄で。
・日 時 :2015年4月23日(木) 14:00、 19:00 
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :一般 1400円(当日一般1600円)、学生は当日1000円
・主 催 :滝川映画サークル 
※ 滝川映画サークルのHPはFACEBOOKに移行しました続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2015年04月21日

伊藤慶二展「土を思うがままに」@札幌

 札幌グランドホテルの本館1階に2013年7月にオープンしたアートギャラリー「グランビスタギャラリーサッポロ」。約8週ごとにアート、デザイン、工芸などの分野で活躍するアーティスト、北海道、札幌にゆかりのあるアーティストなどの作品展示、ワークショップ、講演会、作品販売などを行っている。今回は、岐阜県の陶芸・造形作家、伊藤慶二さん(1935年岐阜県生まれ)の個展。その作品は幅広く、和洋食器、茶道具、造形作品など多岐に渡る。今回の個展では「面(つら)」「HIROSHIMA ─ 土」「NAGASAKI ─ マスク」「閉じられた間(ま)」の4つのタイトルで会場の空間構成。テキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏の北海道初めての個展を開催。詳細は同ギャラリーの案内欄で。150312itou
・会 期 :2015年3月12日(木)〜4月21日(火) 
・時 間 :11:00〜19:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・札幌グランドホテル(中央区北1西4) 
      1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」
・入場料 :無料
・主 催 :株式会社グランビスタ ホテル&リゾート、札幌グランドホテル
・お問合せTEL:011-261-3311
※ 関連企画多数 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

2015年04月19日

pater+jobin. ハルナデ展2015@札幌

 「なでるように、やさしく春は訪れる。」をコンセプトに、2007年3月から毎年春に、札幌を拠点に活躍する2人、造形作家jobin.さんとペインターのpaterさんが開いている2人展。jobin.さんは主にモビール等立体を、paterさんは鮮やかな色彩で動物達のクレヨン画等を展開している。今年で9回目の開催。150405harunade詳細はjobin.氏のFACEBOOKの案内欄などで。
・会 期 :2015年4月5日(日)〜19日(日) 火曜定休
・時間  :11:00〜20:00 (日曜は17:00まで)
・会 場 :札幌・gallery new star (ギャラリー・ニュースター)
      (中央区南3西7南向 美容室kamiya隣)
      TEL 011-281-2909(kamiya)
・入場無料 
※ 催し物のご案内
  ハルメデ jobin.とpaterの二人展(ハルナデ展)の一夜限りの宴
  4.18(sat)18:30オープン、19:00スタート
  入場料 ¥500(要1drオーダー)
  絵と装飾のライブや過去のハルナデ展の記録など。
  物販やおみやげもあります。
  会 場 :札幌・ムジカホールカフェ
        (中央区南3条西6丁目10-3 長栄ビル3F) 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

松井久子監督特集三作品上映会@札幌

150419mastui ドキュメンタリー映画「何を怖れる フェミニズムを生きた女たち」上映会(4月18日)にあわせ、松井久子監督の特集上映会が開かれる。上映作品はイサムノグチの母レオニーの激動の生涯を描いた「レオニー」(2010年)のアメリカ配給版、痴呆が始まった母との生活を描く「折り梅」(2002年)、愛する妻が認知症になった夫の戸惑いと苦悩を描く「ユキエ」(1997年)の3作品を上映。
 上映の詳細は札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。
・日 時 :2015年4月19日(土) (開場は各30分前)
        10:30〜12:10 「レオニー」(アメリカ配給版)
        13:40〜15:30 「折り梅」
        16:10〜17:40 「ユキエ」
        18:10〜19:50 「レオニー」(アメリカ配給版)
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2・5
      (旧東宝プラザ 狸小路5丁目)2階
・入場料 :前売 800円  (当日1,000円)
・主 催 : 松井久子監督特集を上映する会
        (札幌映画サークル/札幌プラザ2・5/プリズム)
・お問合せ:TEL:011-252-3828 プリズム 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

2015年04月18日

ドキュメンタリー映画「何を怖(おそ)れる フェミニズムを生きた女たち」上映と対談@札幌

 ドキュメンタリー映画「何を怖れる フェミニズムを生きた女たち」の試写会が札幌で開かれる。1970年代の日本のウーマンリブに始まる40数年の日本のフェミニズムの歴史と、現在も続いているさまざまな女たちの活動を映像で綴るドキュメンタリー。1970年代初頭にウーマンリブが始まった頃、彼女たちはまだ20代、30代だった。己れの生きにくさにもがき、社会に向かい、「NO」と叫んでいた。あれから約半世紀の間、女たちは、自己と社会を肯定すべく、つよい意思をもって生きてきた。老年期を迎えた今もなお、みずみずしくフェミニズムを生きている。彼女たちは、時代に何を遺そうとしてきたか? 次の世代に何を伝えようとしているのか? 年齢を重ね、回顧の季節を迎えた彼女たちが生きてきた歴史と人生の厚みを、まだ間に合ううちに記録に刻み、次の世代に手渡したいと、記録映画が製作された。映画「何を怖れる」は、70年代の日本のウーマンリブに始まる40数年の日本のフェミニズムの歴史と、現在も続いているさまざまな女たちの活動で綴るドキュメンタリー。150418naniwo 「ユキエ」「折り梅」「レオニー」の松井久子監督が、15人のフェミニストたちの証言で描く最新作。松井久子(まついひさこ)監督(68)と上野千鶴子さんのシネマトークが午後0時半からある。詳細は北海道新聞HPのイベント欄などで。
・日 時 :2015年4月18日(金) 3回上映(開場各30分前)
       上映 10:30、 14:20、 17:20
       トーク 12:30   
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2・5
      (旧東宝プラザ 狸小路5丁目)2階
・入場料 :前売 1,200円  (当日1,500円)
・お問合せ:「何を怖れる」を上映する会・札幌 (TEL:011-252-3828 プリズム) 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 | その他

2015年04月17日

映画「Canta! Timor (カンタ!ティモール)」上映会@千歳市

 一人の日本人女性が東ティモールを旅し、その地に起きたこと、そしてその国のいまを記録した音楽ドキュメンタリー「カンタ!ティモール」を上映。独立までの長い長い闘いの時代を、大地とつながって生きてきた誇りを胸に持ち続けた東ティモールの人びと。インドネシア軍の27年に渡る侵攻では国土の90%が焼かれ、3人に1人が命を落としながらも、人々が選んだのは、許すこと、笑うこと。素朴で美しい音楽にのせて、大地と深く結びついた人々から日本の兄弟へのメッセージが運ばれる。広田奈津子監督作品。150417Canta上映の詳細は会場HPのイベント欄などで。
・日 時 :2015年4月17日(金)〜19日(日) 
       17日(金) 10:00〜11:40 / 19:00〜20:40
       18日(土) 13:30〜15:10 / 19:00〜20:40
       19日(日) 10:30〜12:10 / 13:00〜15:10
・会 場 :千歳市・旧レストラン桂木の森(看板・駐車場はそのまま)
       千歳市桂木5-4-4(道道支笏湖線 高速道路下300m)
・入場料 :大人800円 高校以下ご招待 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

2015年04月15日

バルビゾン 19世紀の絵画と写真@帯広市

 19世紀、ヨーロッパ美術は目に見える現実やあるがままの自然に目を向けるようになっていく。新しく登場した写真も絵画に影響をもたらした。バルビゾン派を中心に19世紀の絵画と写真を紹介する。150224Barbizon詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2015年2月24日(火)〜4月15日(水)
・休館日 :月曜日(祝日をのぞく)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :帯広市・北海道立帯広美術館(緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 地図) 
・入場料 :一般510(410)円、高大生300(250)円
・お問合せ:同館 TEL 0155-22-6963 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

2015年04月14日

ドキュメンタリー「アメリカばんざい」 〜TUESDAY CLUB 火曜上映の会〜@小樽市

 みみずく舎の火曜上映会の今回は、新得町在住の藤本幸久監督のドキュメンタリー映画「アメリカばんざい〜crazy as usual〜」(公式HP)を上映。藤本監督が、日本や韓国で米軍基地存続反対運動を続ける人々の記録映画「Marines Go Home(マリーンズ・ゴー・ホーム)」(2005年)を製作して、沖縄で出会った米兵達から感じた「彼らはどこから来たのか? なぜ兵士になったのか? そしてどこへ行くのか?」という疑問を追い求め、影山あさ子さん(札幌のフリージャーナリスト)らとともに、2006年から約2年半、計7回200日に及ぶ取材撮影をまとめたドキュメンタリー。080822AmericaBanzai貧困による徴兵、戦死、PTSD、失業、ホームレス、家族の崩壊、社会からの孤立、弱者への暴力。戦争が守るべき自国民にもたらす負の側面が見えて来る。2008年、日本、120分。上映の詳細は会場HPの上映案内欄などで。
・日 時 :2015年4月14日(火) 10:15〜(開場 9:45)
・会 場 :小樽市・なまらや(花園3丁目6-6)
・入場料 :2,000円(上映料+ランチ)、要申込(座席に限りあり)。
・お問合せ :みみずく舎 ミリケン恵子 TEL 080-6085-9063  


bluebook at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2015年04月12日

生誕100年記念 小谷博貞・絵画の冒険@札幌

 札幌生まれの小谷博貞(1915〜2002)は、戦後、北海道の人間や自然をテーマに自らの抽象表現を切り開いた。約70年にわたる知的で大胆な探究の歩みを振り返る。詳細は同美術館HPの案内欄で。141220kotani
・会 期 :2014年12月20日(日)〜2015年4月12日(日)
・休館日 :月曜日(ただし、1/12は開館)、年末年始(12/29〜1/3)、1/13
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで) 
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館(中央区北1西17 地図)
・観覧料 :一般510(420)円、高大生250(170)円、( )内は10人以上の団体 
       ※ 近美コレクションと三岸好太郎美術館の所蔵品展を両方観る場合
       一般820(660)円 高大生400(270)円
       ( )内は10名以上の団体料金
       65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方等は無料。
       高校生は毎週土曜日、学校の教育活動で利用する場合は無料
・主催・お問合せ:同館 TEL 011-644-6882 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2015年04月06日

中井結×飴屋晶貴 2人展 「結膜炎殺人事件」〜江戸川乱歩の世界@札幌

 現代日本の絵師とも言うべき2人、中井結と、飴屋晶貴が江戸川乱歩の世界をテーマにした2人展。確かな技術と大人の絵心、痛烈なエスプリの効いた独自の世界が今回も見られそう。150401nakaiameya
・会 期 :2015年4月1日(水)〜6日(月)
・時 間 :13:00〜22:30 
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 2階
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養)  

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術