2008年03月09日

澁谷俊彦個展−森の雫08−@札幌

 抽象画家、版画家として国内外で活躍する札幌の作家渋谷 俊彦さん(HP)の個展。080304sibuyatoshihiko繊細な色彩と点の集積で、自然と四季に呼応する小宇宙を平面で制作してきたが、2006年の個展から立体インスタレーション作品を発表。今回は、新作インスタレーション「森の雫08」を展開する。昨年までの瞑想の森と新作の「雫」を同時展示。
・会 期 :2008年3月4日(火)〜9日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌・ギャラリーエッセ
     (北区北9条西3丁目9-1 ル・ソール北9条1F)
     (JR札幌駅北口徒歩4分 地下鉄南北線北12条駅徒歩5分)
・お問合せ:ギャラリーエッセ TEL 011-708-0606 
・参 考 :大阪の乙画廊で個展「瞑想の森08」も開催予定(3/18〜29) 
・レポート記事:北海道美術ネット別館レポート記事(2008/03/08) 

【作家プロフィール】

渋谷俊彦 SHIBUYA TOSHIHIKO

■主な展覧会暦
1985 85現代美術の祭典(埼玉県立近代美術館)
1986 第12回、第13回 日仏現代美術展(グランパレ/パリ、東京都)
   第5回上野の森美術館絵画大賞展(上野の森美術館)
   JAPANインパクト・アート・ナウ87(韓国美術館/ソウル)
   87現代日本絵画代表作家展(旧西ドイツ、ベルギー)
   WORKS ON PAPER`87`89(大阪府立現代美術センター)
1988 国際インパクト・アート・フェスティバル(京都市美術館)
1989 第15回i・m・a展 [IMA賞] (東京都美術館) 
   ETDA展「表現の現在」日本文化デザイン会議(幕張メッセ/千葉)
1990 コンテンポラリーアートエキスポ東京 [89,奨励賞][90,奨励賞]
   コンテンポラリーアート協会ニューヨーク展 [89,最優秀賞][90,奨励賞]
   北海道・今日の美術
   「軽やかさとの対話」(北海道立近代美術館、道立旭川美術館、道立函館美術館)


1993 コンテンポラリーアート協会東京展 [91,奨励賞][92,金賞][93,銀賞]
   第7回橋の美術展 [大賞](坂出市民美術館/香川県)
1994 国際美術大賞展 [91,スポンサー賞][92,特賞][93,美術新聞社賞][94,奨励賞]
   第4回94ARTBOX大賞展 [賞候補](麻布美術工芸館/六本木)    
   第8回美浜美術展 [賞候補](美浜、小浜、福井、大阪)
1996 交差する座標軸(錦糸町西武ザ・プライム、スタジオ錦糸町)
1997 第3回鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞(鹿沼市民文化センター)
   さっぽろ美術展(札幌市民ギャラリー)
1998 第24回ドイツ・オランダ・ベルギー美術賞展 [優秀賞]
   サッポロ・アート・アニュアル98 [グランプリ]
   アジア・プリント・アドベンチャー98(北海道立近代美術館)
1999 第2回オリジナル大賞展 [奨励賞](オリジナル画廊)
2000 ドイツ美術賞展(フランクフルト)
2001 さっぽろ美術展(札幌市民ギャラリー)
   日本美の継承展(在札幌米国総領事館/札幌アメリカンセンター)
   第2回池田満寿夫記念芸術賞(東京国際フォーラム、大阪現代美術センター)
   三浦美術館大賞展(愛媛県ミウラートヴィレッジ)
2002  交差する座標軸(クレセール・アート・バーグ)
   インターナショナル グループ展(セーラムギャラリー/ニューヨーク)
   国際アートフェア・リニアート(ベルギー、ゲント)
2003 アジア・プリント・アドベンチャー03(北海道立近代美術館)
   国際アートフェア・リニアート(ベルギー、ゲント)
2004 絵画の場合-ナンデモアリノナカデ-(ポルトギャラリー/札幌)
   道新ぎゃらりー版画大賞展(道新ぎゃらりー/札幌)
   自分のためにアートを買いたい(CAI現代芸術研究所/札幌)
2005 札幌の美術「札幌を彩る作家たち展」〜北の街 季節のなかで〜
   絵画の場合−小品展−(カフェエスキス/札幌)
   絵画の場合(ポルトギャラリー/札幌)
   自分のためにアートを買いたい(CAI現代芸術研究所/札幌)
2006 日韓芸術家交流作品展「今は愛するとき」(巨済島文化芸術会館/韓国)
   FIX・MIX・MAX!「まぼろし遊園」(CAI現代芸術研究所/札幌)
   FIX・MIX・MAX!ANNEX!(ギャラリー門馬アネックス/札幌)
2007 絵画の場合 −プレ展−(アリアンスフランセーズ/札幌)
   絵画の場合(ポルトギャラリー/札幌)

■個展:33回(札幌、東京、名古屋、京都、大阪、ニューヨーク) 
                   
■主な収蔵先 、アートワーク
・坂出市民美術館(香川県)  
・沖縄ハーバービューホテル(那覇市)
・成城不動産(東京都)   
・ST・for(東京都)
・葵建設(名古屋市)    
・オーシャンビュー大洗(茨城県)
・沖縄オンエア(沖縄県)   
・ホテルメトロポリタン長野(長野市)
・(株)ミックス(札幌市)    
・ギャラリー門馬(札幌市)
・乙画廊(大阪市)
・札幌グランドホテル (札幌市)
・コクヨ 品川 ショールーム(東京都)
・土田内科循環器クリニック(札幌市)
・和牛料理 壹頭(いっとう)(札幌市)
・やわらぎ斎場 清田(札幌市)
・やわらぎ斎場 名寄(名寄市)
・北海道電力 北2条クラブ(札幌市)
・ブルーミントヒル ブライダル(旭川市)
・ラビスタ 釧路川(釧路市)


【参考記事】
  崕唾俊彦 展−瞑想の森−」(記事、札幌、2006/09/23〜10/07)
 北海 道美術ネット別館HPのレポート記事

 ⊇唾俊彦個展「森の雫」(記事、札幌、2007/10/18〜11/13)
  北海道美術ネット別館HPの会場レポート

bluebook at 10:00│Comments(5)TrackBack(1) 美術 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 澁谷俊彦個展−蒼い雫09−@札幌  [ シリウス通信 ]   2009年02月15日 11:19
 抽象画家、版画家として国内外で活躍する札幌の作家渋谷 俊彦さん(HP)の個展。「ここ10年、森の持つ生命力・息吹・気配・季節のうつろいをテーマに版画制作に取り組んできました。(中略)空間へと表現域を拡げることで『精神の森』を具現化する試みに次第に可能性を見出し...

この記事へのコメント

1. Posted by 澁谷俊彦   2008年03月06日 10:14
展覧会が始まって気づくこと!
天気の良い日は午後2時から4時くらいが外光が大窓から
ギャラリー内に差込み、インスタレーションと共鳴します。
夜は外から巨大なショウウインドゥの如く中を覗く事が出来ます。窓越しの視線が痛いときがあります(笑)
2. Posted by シリウス通信管理人   2008年03月07日 00:28
渋谷俊彦様
コメントありがとうございました。
作家ご本人からの書き込み、大変嬉しいです。
連日残業続きで、まだうかがえずにいますが、
早く拝見したいです。
3. Posted by シリウス通信管理人   2008年03月08日 20:35
澁谷俊彦様へ(その2)

やっと拝見してきました。
おっしゃるとおり、外光と木漏れ日と木立の影が、
展示空間の黒の「木立」と白の「水」との響き合いの中に
溶け込んで絶妙ですね。
暫く視ていると、禅寺の庭の抽象化された自然に
宇宙の片鱗を見せられているような気持ちになりました。

次回展も楽しみにしています。
4. Posted by 澁谷俊彦   2008年03月10日 23:21
ギャラリーエッセの個展も昨日をもって無事終了致しました。2時から4時くらいの西日の差し込む時間帯を目指して来て頂いた方が大勢いらっしゃいました。この1週間感じたことは、初めてのお客さんがみなさんお気に入りの場所を決めて、そこにしゃがみこんで又は座り込んで一定の時間をそこで過ごしていくこと。
そして、子供達が木々の間を駆け抜けて遊んでくれること。即興インタラクティブに「雫」の作品の1つを取り上げて、「一番のお気に入りの場所においてごらん」と促すと真剣にそして楽しそうに 森の中を散策して、置き場所を選んでくれます。 時間が経って、自らが置いた「雫」が影に入るとまた新たな置き場所を探したり・・・・・時間の経つのも忘れて遊んでくれる。 また1つ、わたしの作品作りにヒントを得られた貴重な1週間を過ごさせてもらいました。
5. Posted by シリウス通信管理人   2008年03月14日 00:01
澁谷俊彦様

ご丁寧なコメントありがとうございます。
お返事遅れましてすみません。
素人の拙い短い紹介文に
作家の方が直々にこうして終了後のお声を下さること
大変光栄に思います。
また、読んで下さっている読者の方にも
貴重な書き込み、本当にありがたいです。

当方も、「森」に遊びに行ったような思いで
展示の空間の中で、ただ暫く時間を過ごさせて頂きました。
静かな緊張感と佇まい、とても居心地が良かったです。
今回「森」に新たに登場した「雫」、
来場された子ども達が、置き場所を楽しく選ぶ気持ちが分かる気がします。
今回の澁谷様の個展を拝見して
展示は、作品は勿論ですが、
その場の空間と、その時間とが織り上げるライブなのだと
改めて思いました。

次の個展も楽しみにしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔