2009年09月25日

★「村岸宏昭の世界」作品集、待望の出版@札幌

 クラシックギターの演奏家、美術の作家など様々な顔を持ち、将来を嘱望されつつ2006年8月13日に高知県の鏡川で不慮の事故により亡くなった村岸 宏昭(むらぎし・ひろあき)さん(22)の活動記録にして作品集「村岸宏昭の世界〜自分を代表させるような仕事はまだありません。〜」(右画像)が、編集実行委員会の手で札幌のかりん舎から出版された。生前の美術企画や展示、作曲演奏、レポート等をまとめて紹介しているほか、北大の指導教官だった北村清彦教授、あけぼの美術企画当時を知る樋泉綾子氏(現札幌芸術の森美術館学芸員)、南聡(作曲家)など、生前の彼の周囲の人々が追悼文を寄せている。090925muragishi詳細はかりん舎HPの案内欄で。
【書籍情報】
・書 名 :村岸宏昭の世界〜自分を代表させるような仕事はまだありません。〜
・発行日 :2009年9月25日(金)
・発 行 :かりん舎
・定 価 :本体 2,000円+税
・体 裁 :A4変型版160ページ(内カラー96ページ)
      音楽CD2枚/別冊楽譜集 付き 
・参 考 :友人のクスミエリカさんHP内の村岸さんの特設欄 

【参 考】

・シリウス通信:村岸宏昭さんを悼む(2006/08/14、記事

・村岸宏昭さんのブログ「9」 http://blog.livedoor.jp/muraguishi/


  ‘嬰好ーナー中森敏夫氏のブログ「テンポラリー通信」の記述08/148/15
 ◆北海道美術ネットの村岸さん個展の記事(画像あり)
  S-AIRブログの村岸さん出演・音楽の映画「monkeylove」(ロイストン・タン監督)の記事
   同ブログの村岸さん追悼記事(2006/08/16)。
 ぁ‖軸澆気鵑離曄璽爛據璽検http://muraguishi.jpn.org/index.htm (現在閉鎖中)
 ァ〇ニ擇離スミエリカさんのHP「route」内に村岸さんの生前の写真集欄が開設

bluebook at 00:00│Comments(0)TrackBack(1) 美術 | 文学

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ■「美しきもの見し人は…」 村岸宏昭さんを悼む  [ シリウス通信 ]   2009年09月28日 07:44
 クラシックギターの演奏家、美術の作家など様々な顔を持つ札幌の新鋭、村岸 宏昭(むらぎし・ひろあき)さん(22)が、高知県高知市鏡川で亡くなった。よさこい祭りの踊りのチームで知り合った男女10人と一緒に、8月13日(日)14:00頃から川で遊んでいて行方不明となり、...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔