2011年01月30日

札幌美術展  さっぽろ・昭和30年代〜美術評論家なかがわ・つかさが見た熱き時代〜@札幌

  昭和28年末に突然現れ、札幌の美術に旋風を巻き起こした美術評論家なかがわ・つかさ(1929〜1963年)。1963年8月に34歳の若さで急死するまでの10年間にわたり、この地で辛口の批評を繰り広げるとともに、美術誌「美術北海道」の発刊や美術館建設運動等に奔走した。その活動には、北海道における美術ジャーナリズムの確立、会派やジャンルを超えた作家の交流や意識の高まり、そして北海道の独自な表現を求める姿勢が貫かれている。本展では、彼の活動や視点を軸に、昭和30年代の札幌における熱気あふれる美術の動きを、当時の作品や資料、映像によって振り返る。詳細は、会場HPの案内欄で。
【主な出品作家】 101030nakagawastukasa
  一木万寿三、伊藤正、上野憲男、大本靖、小川原脩、加藤清江、
  岸葉子、北岡文雄、木田金次郎、栗谷川健一、小谷博貞、笹沼浩平、
  沢田哲郎、竹岡羊子、栃内忠男、中居定雄、難波田龍起、西村計雄、
  伏木田光夫、本郷新、本田明二、松島正幸、八木保次、八木伸子、
  米坂ヒデノリ、渡辺伊八郎ほか
・会 期 :2010年 10月30日(土)〜2011年1月30日(日) 
・休館日 :11/8以降の月曜(1/10は開館し1/11休館)および12/28〜1/3
・時 間 :9:45〜17:00(入館16:30まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :( )内は前売りおよび団体料金
      一般700(560)円、高大生350(280)円、小中生150(120)円
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 

※( )内は前売り及び20人以上の団体料金
※ 65歳以上の方は当日料金が700円(団体560円)になります。
  敬老手帳など年齢のわかるものをご提示ください。
※ 障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくと
  ご本人と付き添いの方1名が無料になります。
※ 本郷新記念札幌彫刻美術館の半券をお持ちの方は、
  ( )内の料金でご覧いただけます。


【関連事業】 101030nakagawaUra

■学芸員によるギャラリー・ツアー
 展示室を一緒にめぐりながら解説します。
・日 時 :10月30日(土)、11月13日(土)、11月27日(土)
      各回14:00〜(約40分)
・解 説 :吉崎元章(札幌芸術の森美術館副館長)
※当日有効の展覧会観覧券が必要です。

・主 催 :札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)


bluebook at 09:45│Comments(0)TrackBack(0) 美術 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔