2010年12月26日

「資料館をARTする。2010」資料館映画劇場@札幌

 ~ ARTで資料館に色を添える ~
 札幌市資料館の建物の歴史をARTを通して再認識する企画「資料館をARTする」(記事)の一環として、北海道ゆかりの作家、作品の短編上映会が開かれる。第1日目はアニメーション、第2日目は実写作品を上映。詳細は会場HPの案内欄と、協力の「h.i.p-a」HPの案内欄で。
【上映作家】 101221siryoukanART
  25日=Qwifilm、金子友里香、田村祐樹、横須賀 令子、倉重 哲二、
  26日=studio REBARD、吉田伸太郎、庄司 樹
・会 期 :2010年12月25日(土)、26日(日)
・時 間 :15:00~17:00
・会 場 :札幌市資料館 (中央区大通西13丁目 地図) 2F 研修室 
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 011-251-0731 
・協 力 :h.i.p-a(Hokkaido Institute of Performance and Art) 

【資料館映画劇場】 短編映画(道内ゆかりの全8作家)
・日 時 :2010年12月25日(土)・26日(日) 15:00~17:00
  25日 アニメーションを中心とする道内5作家の作品を上映。
    Qwifilm  クレイアニメーション
    金子友里香 切り絵アニメーション
     田村祐樹 デジタルアニメーション
    横須賀令子 墨絵アニメーション
    倉重 哲二 白黒アニメーション
  26日(日) 実写プログラム
   北海道を主要ロケーションにして雄大かつ荘厳な自然、人々の営みを
   映像の中で表現し、物語性に富んだファンタジー作品やコメディなどの
   エンターテイメント、枠に縛られずに様々な作品を製作している作家3名の作品を上映。
     studio REBARD 「リアの島」
     吉田 伸太郎  「相思華」
     庄司 樹    「DEAD RIDE」
・会 場 :同館 2F 研修室
・入場料 :無料
・企画等 :ICC(インタークロス・クリエティブセンター)

・参考記事:札幌経済新聞の紹介記事(2010/12/21)

bluebook at 15:00│Comments(0)TrackBack(2) 映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 資料館をアートする。@札幌  [ シリウス通信 ]   2010年12月15日 03:24
 ~ ARTで資料館に色を添える ~  大正15年(1926)に札幌控訴院として建てられた札幌市資料館の歴史の威厳を感じさせる建物の中で「今、ARTが何ができるか」という試みが ...
 札幌市資料館と、「日常をARTする。」等を企画している札幌のh.i.p-a(Hokkaido Institute of Performance and Art)による道内新鋭作家による合同美術展「資料館をARTする。」(2009/12/22~27、 ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔