2011年02月01日

札幌のマチをみつめ続けた季刊誌「札幌人」が休刊に@札幌

 札幌の文化や歴史を独自の切口で紹介してきた季刊誌「札幌人」(札幌グラフコミュニケーションズ発行)が2011年2月1日(火)発行の第27号=右画像=を最後に休刊する取材や編集、広告集めなど全業務を一人で手掛けてきた発行人の荒井宏明さん(47)が身内の介護などで多忙になったため。同誌は2004年4月に発刊し季刊で各5千部を発行。札幌の市場や古書店、市電、銭湯などの特集を組み、各かいわいの歴史や人々の息づかいを温かな文章で伝えてきた。しかし昨年夏、函館で一人暮らしをする荒井さんの妹の体調が悪くなり、札幌と函館を110201sapporojin27行き来するうちに荒井さん自身も過労で体調を崩したため、ひとまず「札幌人1 件」を休刊1 件し本業の編集・印刷業と介護に専念することにした。(中略)荒井さん自身も「いずれまた、札幌の楽しみ方を伝える場を提供したい」と話している。(北海道新聞の記事より、2011/02/03朝刊)
【参考】
・季刊「札幌人」第27号(700円) 書店で発売中
・荒井さんの書き下ろし単行本「なぜなに札幌の不思議100」=書籍情報
  北海道新聞社刊、2011/02/10発売、四六判212ページ、1,365円 

bluebook at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔