2012年12月16日

★想田和弘監督が迫る平田オリザと青年団、現代社会のドキュメンタリー2部作「演劇1」「演劇2」特別上映@札幌

 リサーチや台本を排し、ナレーションや音楽も一切使わない「観察映画」方式で、日本の選挙の舞台裏を描いた「選挙」や、精神科病棟にカメラを入れた「精神」で知られる想田 和弘監督(42歳、NY在住)の最新ドキュメンタリー映画「演劇」が、札幌で上映される。日本を代表する劇作家・演出家の平田オリザと、彼が主宰する劇団「青年団」の作品に強い衝撃を受けた想田監督が、密着取材を試みた2部作。第1弾『演劇1』(2012年、日米、172分)は、その創作現場にカメラを向け「平田オリザの世界」を徹底解剖。平田が唱える「現代口語演劇理論」に基づく芝居のリアルな世界観を支える戯曲の執筆や稽古、照明や舞台美術、ワークショップなど劇団の運営を取材。『演劇2』(2012年、日米仏、170分)では、不況と財政難で公的な芸術関連予算は縮小傾向の逆境の中、平田は「演劇が社会にとって必要不可欠である事」を世間に納得してもらおう」と、教育現場や地方の演劇祭、果てはメンタルヘルスケア大会まで東奔西走する。それは、演劇という芸術を通して、高度に資本主義化された現代社会を問い直す試みでもある。ともに2012年。監督・製作・撮影・編集/想田和弘。出演/平田オリザ、青年団・こまばアゴラ劇場の人々。上映の詳細は、シアターキノHPの案内欄で。
・日 時 :2012年12月26日(日) 1日限りの特別上映 121216engeki
・時 間 :『演劇1』 開場12:30、13:00〜(終16:00)上映 
      『演劇2』 開場16:15、16:30〜(終19:20)上映
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2・5
      (旧東宝プラザ 狸小路5丁目)2階
・入場料 :ヽ堂鷂堕蝓1作品 前売券 1,500円(当日1,800円)
      演劇1・2セット券前売 2,500円(当日3,000円)
      KINO会員証提示で前売 2,000円(当日2,800円)
      (※KINO会員のご同伴2名様まで会員料金です)
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355  

121216engekiUra ※ 入替制だが、『演劇1』後、荷物等で席を連続確保OK 

bluebook at 13:00│Comments(0)TrackBack(2) 映画 | 演劇・ダンス

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

 リサーチや台本を排し、ナレーションや音楽も一切使わない「観察映画」方式で、日本の選挙の舞台裏を描いた「選挙」や、精神科病棟にカメラを入れた「精神」で知られる想田 和弘 ...
 リサーチや台本を排し、ナレーションや音楽も一切使わない「観察映画」方式で、日本の選挙の舞台裏を描いた「選挙」や、精神科病棟にカメラを入れた「精神」で知られる想田 和弘 ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔