2014年07月27日

プラットホーム―彼方へ@札幌

 JRタワーでは、北海道のアートシーンに光彩を放つアーティストたちを惑星(プラネット)になぞらえ、その優れた作品を紹介する美術展「アートプラネッツ展」を2009年からプラニスホールにて開催してきた。今年の展覧会のテーマは「駅」。はるかな旅へと人を誘い、さまざまな世界との出会いを演出してくれる駅の魅力に着目して、見る者をその世界に引き込み、さまざまな旅を誘う表現を一堂に展覧する。北海道を代表する34名の芸術家達が、絵画・彫刻・版画・写真・インスタレーション等による作品を展示。詳細は、JRタワーHPの案内欄で。
【出展作家】 (50音順) 140705kanatahe
   阿地信美智、阿部典英、荒井善則、板谷論使、伊藤光悦、
   小野寺紀子、香取正人、川井担、川畑盛邦、木嶋良治、
   北口さつき、木村富秋、國松明日香、佐藤国男、佐藤武、
   瀬戸英樹、竹岡羊子、谷口明志、寺田榮、中谷有逸、
   新見亜矢子、西田陽二、波田浩司、鉢呂彰敏、羽生輝、
   羽山雅愉、平向功一、伏木田光夫、堀内掬夫、宮川美樹、
   森山誠、山岸せいじ、矢元政行、渡会純价
・会 期 :2014年7月5日(土)~27日(日) 会期中無休
・時 間 :10:00〜19:00(入場は18:30まで) 
・会 場 :札幌・JRタワープラニスホール
      (中央区北5西2 札幌エスタ11F 地図) 
・入場料 :一般・高大生300円、中学生以下無料
・主 催 :札幌駅総合開発株式会社、JRタワー・アートプラネッツ実行委員会
・お問合せ:札幌駅総合開発株式会社 文化事業部 
TEL.011-209-5075(寳地、吉田) 

■JRタワーアートプラネッツ実行委員会(審査員) 140705kanataheU

委員長:
  吉田豪介(美術評論家)
委員:
  佐藤友哉(札幌芸術の森美術館館長)
  吉崎元章(札幌芸術の森美術館副館長)
  中村聖司(北海道立近代美術館学芸第三課長)
  久米淳之(北海道立函館美術館学芸課長)
  久木佐知子(ギャラリーシーズ代表)
  寳地一仁(札幌駅総合開発株式会社文化事業部長)


bluebook at 10:00│Comments(0)TrackBack(2) 美術 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「JRタワー・アートプラネッツ・グランプリ」展@札幌  [ シリウス通信 ]   2014年07月02日 09:16
 JRタワーでは、北海道のアートシーンに光彩を放つアーティストたちを惑星(プラネット)になぞらえ、その優れた作品を紹介する美術展「アートプラネッツ展」を2009年からプラニス ...
 JRタワーでは、北海道のアートシーンに光彩を放つアーティストたちを惑星(プラネット)になぞらえ、その優れた作品を紹介する美術展「アートプラネッツ展」を2009年からプラニス ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔