2015年09月06日

挿絵の美・大衆文化の黄金時代 ―大正イマジュリィの世界―@札幌

 大衆文化が栄え、書物や雑誌の出版が盛んに行われた大正時代。デモクラシーや生命主義の思想が唱えられ、西欧風のモダン文化が普及したこの時代は、近代国家への道を邁進する日本の短い青春時代とも呼ぶべき黄金期でした。出版界も盛隆を極め、多くの画家たちが小説や雑誌の挿絵だけでなく、書籍の装幀も手がけました。当時の挿絵には、新しい時代を謳歌する日本人の姿だけでなく、関東大震災など時代の影の部分も映し出されています。竹久夢二や簬谷虹児、高畠華宵らをはじめ、この時代を彩った挿絵文化の黄金時代を、前後期の2期に分けてご紹介します。(文学館HPの案内欄より)
・会 期 :2015年7月11日(土)〜9月6日(日)  150711taisyou
       前期展示:7月11日(土)〜8月9日(日)
       後期展示:8月11日(火)〜9月6日(日)
・休館日 :月曜日
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図)
・入場料 :一般700(560)円、高大生450(360)円、小中生300(240)円
        ( )内は10名以上の団体料金
        ※前後期を両方観覧の場合、後期は()内の割引料金適用
・主 催 :北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館
・お問合せ:北海道立文学館  TEL 011- 511-7655 

【関連事業】 150711taisyouU

文芸講演会「挿絵の美・大衆文化の黄金時代」
開催時間 2015年8月2日(日) 14:00〜
講師 講師:山田俊幸(帝塚山学院大学教授)
申し込み方法 締切:平成27年7月19日(日)消印有効
「往復はがき」にイベント名・住所・氏名・電話番号を記入し、当館まで。
1枚で2名まで応募可。(その場合2名の氏名を記入)。 

bluebook at 09:30│Comments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔