写真

2015年08月17日

写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」 @札幌

 世界で活躍する動物写真家岩合光昭は40年以上もネコを撮りつづけている。今回、岩合氏のNHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」が写真展にった。「ネコは人間とともに世界に広まった。だからその土地のネコはその土地の人間に似る」と語る動物写真家・岩合光昭。 本展は、岩合氏がヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界15地域で出会ったネコたちの写真作品を中心に、番組未公開映像を加え、およそ200点で構成します。ネコたちの愛らしい表情や仕草、一瞬の動きをとらえた写真は、多くの人々を魅了することでしょう。番組ファンはもちろん、ファンならずとも楽しめる“イワゴーワールド”の最新作をご覧ください」とのこと。詳細は、会場HPの案内欄で。150805nekoaruki
・会 期 :2015年8月5日(水)~17日(月)
・時 間 :10:00~20:00(入場は19:30まで。最終日は17:00閉場)
・会 場 :札幌・大丸札幌店(中央区北5西4-7) 7階 ホール
・入場料 : 一般:800円(600円)、高大生:600円(400円)
        中学生以下無料
・主 催 : 「岩合光昭の世界ネコ歩き」写真展実行委員会
        (大丸松坂屋百貨店、NHKプラネット北海道支社、北海道新聞社)
・お問合せ:大丸札幌店 TEL 011-828-1111(代)  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年07月23日

3日間のショールーム 〜障がい者アート&プロダクツ〜@札幌

 障がい者のアート作品を社会に発信している一般社団法人 北海道チャレンジドアート&プロダクツ(2014年6月設立、札幌、HPFACEBOOK)主催の企画。障がい者アートとその製品事例を展示する3日間。道内の福祉会や絵画教室などが参加する。150723showroom詳細は主催者HPなどで。
・会 期 :2015年7月23日(木)〜25日(土)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ)
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・入場料 :無料。当日気軽に会場へ
・主 催 :一般社団法人北海道チャレンジドアート&プロダクツ
・お問合せ:TEL 090-5425-0804(担当 小野)
・協 力 :株式会社LITALICO ウィングル北海道グループ 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月21日

OYOYO 初夏 × 書架 展@札幌

 「OYOYO」は、市民有志が企画運営する都心のオフィスビル6階の空間。2008年5月のオープンから、各種公開講座、紙すきや消しゴムハンコ、写真技術などのワークショップ、ライブや演劇、上映会、講演会などを開催している。今年の初夏の企画展は、本棚と写真による合同展。
 「本棚は、時として、履歴書以上にその人を語ります。今回、OYOYOゼミでは、「初夏×書架」展と題して、
本にはちょっとコダワリのある25人の出展者によるプチ本棚の合同展を開きます。出展者それぞれが厳選した5〜10冊を、出展者の肖像写真と紹介文のパネルと一緒に展示します。本を通しての、それぞれの世界観の饗宴です。OYOYOゼミのカメラマンが撮影したコダワリの肖像写真も大きな見所。文豪、妖精、名探偵・・・などなど出展者指定のイメージを、撮影でビジュアル化しました。写真展としても、お楽しみいただけます。展示されている本は、手に取ってご自由にご覧下さい」とのこと。詳細はFACEBOOKの特設欄などで。
【出展者】
  青山 理華、青山 玲、AVE、荒木田 真穂、石山 府子、150619syokasyoka
  奥井 みさき、加藤 康子、黒田 仁智、國生 隆司、
  腰塚 清人、こっちゃん、corocororen×Ericoro、柴田 直美、
  柴田 尚、ジャン・K・ピエトロ、すぎさき ひでとし、高橋 宏文、
  寶金 友彦、マシオン 恵美香、松村 響子、三浦 祐嗣、
  Mieko Obi、山下 敦子、YOU_、吉田 一男
・会 期 :2015年6月19日(金)〜21日(日)
・時 間 :金曜・土曜   12:00〜22:00
       日曜(最終日) 12:00〜18:00
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ)
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・入場料 :無料。当日気軽に会場へ
・主 催 :OYOYOゼミ 
・お問合せ:art[あっと]oyoyo16.com  続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年05月25日

北極冒険家 荻田泰永写真展「北極」@札幌

 北極海を単独徒歩により冒険を行う荻田泰永さんが撮影してきたリアルな北極の姿を紹介。必要物資を自分の力で運搬し、完全に無人の海氷土を歩く中で出会った「誰も見ることができない北極海」をご覧ください、とのこと。詳細は会場HPの案内欄などで。150513hokkyokuDM
・会 期 :2015年5月13日(水)〜25日(月)
・時 間 :10:00〜19:00  火曜定休
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-9439-7921(花田) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月17日

「視覚トリック〜3Dアート」展@札幌

 3Dアートとは、2次元(平面)のものを3次元(立体)的に描きあらわす、これまでの絵画の概念をくつがえした、まったく新しいアートです。 鑑賞者が作品に触れながらその一部になったようすを撮ることができるフォト参加型作品や、自分が動くと絵も動くように見える立体作品、あるいは錯覚を応用した3Dアートクイズの作品など、ユニークな3Dアートが多彩にそろいます。子どもから大人まで不思議な世界が楽しめる、ゴールデンウイークの体験型アート展です。(JRタワーHPの案内欄より)150425sikaku3d
・作 家 :服部 正志
・会 期 :2015年4月25日(土)~5月17日(日) 会期中無休
・時 間 :10:00〜19:00(入場は18:30まで) 
・会 場 :札幌・JRタワープラニスホール
      (中央区北5西2 札幌エスタ11F 地図) 
・入場料 :大人700円、高大生500円、中学生300円、小学生以下無料
       別途、団体割引などあり。
・主 催 :札幌駅総合開発株式会社、北海道新聞社
・企 画 :株式会社フェザンレーヴ
・お問合せ:JRタワー文化事業部 TEL 011-209-5075  

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月10日

映像と写真で観る世界の鶴 佐藤照雄写真展@釧路市

 神秘的で気品ある姿によって、世界中の人々に愛されてきた鶴。現在、南米と南極をのぞく世界5つの大陸に15種が生息しています。鶴の魅力にとりつかれた阿寒在住の写真家・佐藤照雄はその姿を追い求めて世界各地を取材。苦労の末、15種すべてを撮影することに成功しました。150410satouteruo大自然の中で優雅に舞う鶴の美しさを映像と写真によってご覧いただきます。(会場HPの年間スケジュール欄より)。
・会 期 :2015年4月10日(金)〜5月10日(日)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(金・土曜日は18:00まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 フリーアートルーム
      (幸町4丁目1番5号) 
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月29日

「The Night View from the Sky〜札幌夜景空撮」展@札幌

 J札幌で活躍している写真家KEN五島による、札幌の夜景の空撮写真展。「空からの夜景は、時には抽象画のように、そしてある時は光輝いて眼前に広がり、その絶え間なく続く光の移り変わりは、札幌の美しさを気づかせてくれます。本展は、「イベント」、「札幌の大地」、「JRタワー」の3部構成で、光り輝く都心部と対照的な郊外周辺を距離感や地形の変化を感じさせてくれる作品約40点を展示します。自分で直接観る機会のない札幌を体感してください」とのこと。150314gotoken詳細は、JRタワーHPの案内欄で。
・会 期 :2015年3月14日(土)~29日(日) 会期中無休
・時 間 :10:00〜19:00(入場は18:30まで) 
・会 場 :札幌・JRタワープラニスホール
      (中央区北5西2 札幌エスタ11F 地図) 
・入場料 :一般・大学生300円、高校生生以下無料
・主 催 :札幌駅総合開発株式会社、北海道新聞社
・お問合せ:JRタワー文化事業部 TEL 011-209-5075 
・参 考 :紹介記事 空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮」(2014年開催) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月22日

もうひとつの眺め(サイト)−北海道発:8人の写真と映像@札幌

 写真が日本に伝わった初期から、北海道は写真と強い関わりを持ってきた。本展は、アートとしての表現に焦点を絞り、北海道ゆかりの作家8人の仕事を紹介する。「活躍めざましい8名/組の作家の作品を見ていくことで、現代のイメージ表現のあり方や、これからのアートの可能性を感じていただければ幸いです」とのこと。150131syasineizou詳細はFACEBOOKの特設欄や同美術館HPの案内欄で。
【出品作家 】
  露口啓二、 伊藤隆介、 ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ
  鈴木涼子、 大友真志、 北川陽稔、 岡田敦、 佐竹真紀
・会 期 :2015年1月31日(土)〜3月22日(日) 
・休館日 :月曜休館
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館(中央区北1西17 地図)
・観覧料 :一般510(420)円 高大生250(170)円 小中生150(100)円
       ( )内は前売、団体、リピーター、ファミリー料金
       共通券:一般850円 高大生400円
・主 催 :北海道立近代美術館
・お問合せ:同館 TEL 011-644-6882 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月28日

岡田敦個展「MOTHER – 開かれた場所へ」@札幌

 第33回木村伊兵衛写真賞を受賞した札幌出身の写真家岡田 敦さんの個展。タイトルは「人間誕生、その奇跡の瞬間を撮影したい」との思いから生まれた最新の写真集『MOTHER』書籍情報=から。「北海道立近代美術館「もうひとつの眺め(サイト) − 北海道発:8人の写真と映像」にも出展されている写真家岡田敦の個展を開催します。
今回は、北海道立近代美術館とは別の作品を個展でご覧頂く事が出来ます。」とのこと。150214okada詳細はCAIサイトの案内欄やFACEBOOKの特設欄で。
・会 期 :2015年2月14日(土)〜28日(土)
・定休日 : 日曜、2月21日(演奏会の為、展覧会はお休み)
・時 間 :13:00〜23:00
・会 場 :札幌・CAI02  raum1
      (中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 TEL 011-802-6438)
・入場無料
・主 催 :CAI現代芸術研究所 
・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438
※ オープニングパーティー 2月14日(土)19:00〜22:00 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年12月21日

《 札幌浮世 ― あえかなきおく 2 ― 》竹本 英樹 Takemoto Hideki @札幌

 BERLINで開催された『Go see AWARDS』にて、優秀賞を受賞した竹本 英樹による写真展。141204takemoto詳細は会場HPの案内欄や会場HPの案内欄などで。
・会 期 : 2014年12月4日(木)〜21日(日)  火水曜定休日
       当初予定の18日(木)より会期延長
・時 間 :平日 14:00〜22:00
      土日 11:00〜19:00
・会 場 :札幌市・古民家gallary鴨々堂
      ( 中央区南7条西2丁目2 地図
・参加費 :無料
・お問合せ:古民家gallary鴨々堂 master[あっと]kamokamo-do.com  
※ ギャラリートーク:20日(土)19:00
  竹本英樹/石川圭子(鴨々堂オーナー)/
  ゲスト・門馬仁史(関口雄輝記念美術館学芸員) 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年12月07日

第7回掛川源一郎写真展「バチラー八重子の生涯」@室蘭市

 北海道を代表する社会派写真家、掛川源一郎(かけがわ・げんいちろう)氏(1913〜2007年)の「バチラー八重子の生涯」をテーマにした写真展。バチラー八重子(ばちらー・やえこ、1884〜1962年)はアイヌ民族出身のキリスト教伝道者・歌人で、掛川による同題の書籍=書籍情報=が1988年に出版されている。141029kakegawa詳細は詳細は室蘭市民美術館をささえる会HPなどで。
・会 期 :2014年10月29日(水)〜12月7日(日)
・休館日 :11月4日・5日・10日・17日・25日・26日・12月1日
・時 間 :10:00〜17:00(最終日は15:00まで)
・会 場 :室蘭市・室蘭市民美術館
      (幸町6-23 室蘭市文化センター地下1階 TEL 0143-22-1124)
・入場料 :無料 
・主 催 :室蘭市民美術館、室蘭市民美術館をささえる会 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月13日

写真展「チベット大草原に生きる人々」 @札幌

 短い夏から厳冬への四季の移ろい、日常の様子・民族衣装、半農半牧の生業、村人総出の家作り、大人・子ども共々馬を乗り回す祭り、チベット仏教の祈りなど、人々の生の息遣いが伝わってくる写真を展示。また、齋藤秀樹(オフィスヤンジン代表)撮影の、支援校生徒たちの写真も合わせて展示する。写真はA0サイズからA3サイズを約30枚、ほか解説パネルも併設。詳細は主催者HPの案内欄で。141108daisougen
・会 期 :2014年11月8日(土)〜13日(木) 
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2Fギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料
・主 催 :バイマーヤンジンコンサート実行委員会
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 
※ スライドとチベット民謡 11月9日(日)14:00 同店1Fロビー 無料
  スライド:チベットの地理、歴史、民族
  ビデオ:ラサのポタラ宮、ジョカン、シュクセ尼寺、サムィエ寺院、梅里雪山
  民謡:シンセサイザー…伊藤麻紀子、歌…ジャンパル+北郷児童会館合唱団 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月04日

楓羽 写真展「空間記憶」@札幌

 それは、ダンスし、ほどけていき、 空間に開かれて、浮遊する者達の感情。
 札幌在住の写真家、楓羽(KAEDEHA)さん(1960年生まれ)の写真展。「光の彫刻」をコンセプトに制作する廣島経明氏の抽象写真作品に大きな衝撃を受け、本格的に撮影を始めたという。「物質の中にも生命が宿ると考えています。死んでいる物、黙して語らぬ物達。私にとっての撮影作業は、祈りや追悼なのかも知れません。」とのこと。展示の詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。141009kaedeha
・会 期 : 2014年10月9日(木) 〜 11月4日(火)
・定休日 :水曜日 ※11月14日(火)は臨時休業
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年11月03日

岡田敦写真集出版記念トークイベント「MOTHER それは奇跡だったのかもしれない」@札幌

 第33回木村伊兵衛写真賞を受賞した札幌出身の写真家岡田 敦さんの最新作『MOTHER』書籍情報=の出版記念トークイベント。この本は「人間誕生、その奇跡の瞬間を撮影したい」という岡田氏の強い思いによって実現した写真集。“自分がこの世に生まれ”、一人の女性が“母親”になる、その瞬間を“事実”として見る者の心に訴える感動の一冊、という 。トーク終了後、サイン会も開催。詳細は柏艪舎の案内欄などで。141103okada
【出演】  岡田敦(写真家)、森さやか(HTBアナウンサー)
・日 時 :2014年11月3日(月・祝) 16:30〜18:00
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場料 :入場無料。申込不要・当日直接会場に
・お問合せ:柏艪舎 TEL 011-219-1211
※ 11月4日生まれの君に誕生日プレゼント
 写真集『MOTHER』発売日 2014年11月4日生まれの赤ちゃん先着20名様に
 作者サイン入り本をプレゼント。詳しくは案内欄で  

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2014年10月25日

小尾三枝子写真展 「神ノ使イ」@札幌

 札幌在住の小尾三枝子さんの初の写真個展。日本写真芸術専門学校出身。これまでもポストカード展、小樽の闇鍋写真展、OYOYOの企画展などに多数出展してきた。今回はライフワークの一つ、全国で撮りためた狛犬の写真を展示。「美味しいパンと珈琲を飲みながら、たくさんの写真をご覧ください」とのこと。詳細は会場HPなどで。141014obi
・日 時 :2014年10月14日(火)〜25日(土)
・時 間 :火~金 11:00~20:00 
      土 9:00~18:00、    日・月・祝定休
 ・会 場 :札幌市・詩とパンと珈琲 Mon Coeiur (モンクール)
     (中央区北3条西18丁目2-4(南向き)北3条ビル1F )
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-611-3747 
※ 16日と23日は18時よりイベントの為、カフェ利用できません 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月21日

中平穂積写真展 JAZZ GIANTS 1961-2013@札幌

 札幌グランドホテルの本館1階に2013年7月にオープンしたアートギャラリー「グランビスタギャラリーサッポロ」。約8週ごとにアート、デザイン、工芸などの分野で活躍するアーティスト、北海道、札幌にゆかりのあるアーティストなどの作品展示、ワークショップ、講演会、作品販売などを行っている。企画第8弾は、竹村真一 「触れる地球」展を開催。竹村真一(文化人類学者/京都造形芸術大学教授)氏は、地球時代にふさわしい新たなメディア・プラットフォームづくりを目指す実験プロジェクトを各地で開催。世界初のマルチメディア地球儀「触れる地球」の開発や、ユビキタス地域情報システム「どこでも博物館」、スローライフのネットワークイベント「100万人のキャンドルナイト」などを企画/推進している。今回は、 「液体の水と生命に満ちあふれた地球のような星が この宇宙では極めて稀であること、地球外生命(ET)などそうそう居るものではなく、 私たち自身がきわめて稀な「宇宙人」であることを再認識した」という現代において、惑星的Planetary な視点を得た人類史上はじめての世代として、新たな地球像を可視化する試み。詳細は同ギャラリーの案内欄で。140918Jaza
・会 期 :2014年9月18日(木)〜10月21日(火)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日17:00まで)
      10月21日(火)は11:00〜17:00
・会 場 :札幌市・札幌グランドホテル(中央区北1西4) 
      1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」
・入場料 :無料
・主 催 :株式会社グランビスタ ホテル&リゾート、札幌グランドホテル
・お問合せTEL:011-261-3311
※ 9月18日(木)オープニングライブほか関連事業多数 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月21日

札幌国際芸術祭2014 連携事業「表出する写真、北海道」展@札幌

 特定非営利活動法人 北海道を発信する写真家ネットワーク主催の企画写真店。「開拓期以来140年間に北海道で残された写真から、人間が見たもの、見ようとしたもの、見るべきと訴えられたものについて込められた数多くのイメージを読み解き、受け継いでいく試み」という。田本 研造や掛川 源一郎から前田 真三、細江 英公、橋口 譲二など現代の作家の作品を展示。詳細は特設欄や主催者HPの案内欄で。  
・会 期 :2014年9月2日(火)〜21日(日) 140902hyousyust
・時 間 :10:00〜20:00
・会 場 :札幌市・コンチネンタルギャラリー
      (中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1
       地下鉄東西線「西11丁目」駅2番出口徒歩1分
      TEL 011-221-8511)
・入場無料
・主 催 :特定非営利活動法人 北海道を発信する写真家ネットワーク
・協 賛 :札幌市、  
・協 力 :東川町写真の町 実行委員会
※ フォーラム開催 9月8日(月)18:00より会場でフォーラム「写真を話す」
 ホンマタカシ氏、清水穣氏、福地大輔氏が出演予定 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月24日

菅原一剛写真展「赤十字への道」@札幌

 札幌出身で日本赤十字社の広報の写真を140818sekijuuji担当している菅原一剛さんの新刊写真集『赤十字への道』の写真展。イタリア、モンブラン、スイスと、赤十字の創設者アンリー・デュナンの足跡を追いかけ、赤十字誕生に込められた思いに迫ったもの。詳細は作家HPの案内欄で。
・会 期 :2014年8月18日(月)〜24日(日)
・時 間 :8:45〜18:00(初日のみ14:00〜18:00)
・会 場 :札幌・赤レンガ庁舎1F5号会議室(玄関右横)
      (中央区北3条西6丁目)
・入場料 :無料
・お問合せ:TEL 011-204-5019(平日)、011-204-5009(土日祝) 続きを読む

bluebook at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年08月23日

写真集『赤十字への道』刊行記念 菅原一剛さんトークショー@札幌

 イタリア、モンブラン、スイスと、赤十字の創設者アンリー・デュナンの足跡を追いかけ、赤十字誕生に
込められた思いに迫った、菅原一剛さんの写真集『赤十字への道』。その刊行を記念し、トークイベントを開催。写真集の撮影秘話からカメラ、写真の魅力などをお話しいただく予定。140823sugawara詳細は会場HPの案内欄や作家HPの案内欄で。
・日 時 :2014年8月23日(土) 16:30〜17:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年08月21日

偕成社80周年記念出版 「世界のともだち」写真展 @札幌

 「世界のともだち」は、偕成社創業80周年を記念して刊行された写真絵本シリーズで、世界の子どもたちのくらしがつまった写真絵本を2016年までに36か国分、36巻刊行する予定。「世界のともだち」の出版を記念し、ルーマニア・韓国・ブラジル・フィンランド・モンゴル・アメリカ・ネパール・ケニア・バングラデシュ・フランス・ベトナム・カンボジアの12か国の写真から選りすぐりの写真を展示。世界のどこかで元気いっぱいに140802sekainotomodachi過ごしている子どもたちの姿をお楽しみください、とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2014年8月2日(土)〜21日(木) 
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2Fギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月18日

世界遺産パラオ展 写真展と映像・写真・証言講演・ピアノ演奏@札幌

 写真家の田中正文による「世界遺産パラ展」。田中氏は、太平洋戦争時にミクロネシア、パラオ共和国内で沈んだ日本(旧帝国)陸海軍の戦没船と戦没航空機をライフワークとして撮影し続けている。今回は写真展のほか、8月10日(日)にサンピアザ劇場でスライドショー講演、ピアノ演奏会も開催。「美しいパラオの海の魅力と日本統治時代の北海道とのつながり、太平洋戦争においてなど含む、写真展や講演会、パラオの海をテーマにしたピアノ演奏会をお楽しみください」とのこと。詳細は会場HPの案内欄などで。140806parao
・会 期 :2014年8月6日(水)〜18日(月)
・時 間 :10:00〜19:00  火曜定休
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-9439-7921(花田)  
【映像・写真・証言講演・ピアノ映像】
・日 時 :2014年8月10日(日) 13:30〜15:00
・会 場 :札幌市・サンピアザ劇場(地下鉄・JR新札幌駅下車すぐ 地図
・入場料 :無料
・主 催 :蟷ニ敝都心開発公社 TEL 011-890-2419 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年08月17日

岩合光昭写真展「ネコライオン」@札幌

 世界で活躍する動物写真家岩合光昭の作品約170点で人間と共生するネコと野生のライオンを対比して紹介。詳細は、会場の札幌三越HPの案内欄やIMAサイトの紹介記事で。140805nekolion
・会 期 :2014年8月5日(火)~17日(日)
・時 間 :10:00~19:00(入場は18:30まで。最終日は18:00閉場)
・会 場 :札幌市・札幌三越
      (中央区南1西3 TEL 011-207-6210) 本館10F催事場 
・入場料 :一般・高大生500円、中学生以下無料
・お問合せ:札幌三越 TEL 011-271-3311
※ ギャラリートーク&写真展 8月11日(日)12日(月) 各11:00、15:00
   会場にて図録・写真集購入の方先着100名 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年08月11日

井越有紀個展 「あなたは水をたたえている」@札幌

 札幌在住の造形作家 井越有紀さんの個展。井越さんは武蔵野美術大学出身、現在札幌在住。鳥や人に姿を借りた人形やアクセサリーを発表。ナイロンなどを用いた作品は、愛らしさと同時に生命のなまめかしさ、痛々しさを感じさせる。
「現在、大きく情勢が揺らぐなか人が平和を願う気持ちは変わらないのではないのでしょうか。今もう一度、平和ということを見つめ直し作品を制作しました。今回の展示には、写真家・安田香澄さん(Amejika Graphic Design )にも作品を一点出品していただきます。」とのこと。詳細はFACEBOOKの特設欄と会場HPの案内欄で。140731ikoshi
・会 期 :2014年7月31日(木)〜8月11日(月)
・時 間 :13:30〜22:30 (火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 お風呂ギャラリー
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年08月05日

自然史ー北海道/福島/徳島+福島の光景 展@札幌

 札幌在住の写真家、露口啓二が2011年より撮影してきた写真作品「自然史」とその延長としての「福島_boundary」と、福島県相馬市生まれで、現在福島を記録しつつ作品を制作している岩崎孝正の映像作品「福島の光景」を展示。 また、会期中には両氏に加え倉石信乃氏と札幌国際芸術祭2014アソシエイトキュレーターの四方幸子氏をゲストに招きクロストーク「札幌と福島」を開催予定。詳細はCAI現代芸術研究所HPの案内記事で。140719stuyuguchi
・会 期 :2014年7月19日(土)〜8月5日(火) 
・時 間 :11:00〜19:00 日祝休館
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所
      (札幌市中央区北1条西28丁目2-5)
・入場料 :無料
・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438 
※ クロストーク「札幌と福島」 同展示会場にて
  日時 7月30日(水) 19:00 - 21:00
  パネリスト/ 倉石信乃 + 露口啓二 + 岩崎孝正 + 四方幸子(モデレーター)
※ 関連イベント
  岩崎孝正映像作品『村に住む人々』の上映会
  日時/ 7月30日(水) 14:00 –16:00  同展示会場にて
  料金/ カンパ(上映協力金として)

・参加申込:フレメン写真製作所 TEL 011-281-5805
・主 催 :CAI現代芸術研究所、写真展と上映会実行委員会(代表/大友真志) 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年07月28日

ウリュウユウキ 個展@札幌

 札幌を拠点にモノクロ写真のほか、美術企画等でも活躍中の写真家ウリュウ ユウキさんの昨年に続くギャラリー犬養での個展。
 「北国に抱かれるさまざまなイメージの源もまた、このモノクロームとカラーが交互に繰り返すところにあると信じる。何度か目のそんな繰り返しを、ひとつの空間に重ねてみたいと思った。共存しているようで離れてもいるモノクロームとカラーをつなぐものを、そうすることで見つけたい。どこまでできるかわからないが、新しい発想もたくさん取り入れたい。レンズ越しに眼に映るものと心情に写るものをかたちにすることを続けている僕ならではの自由な発想で、"white, and"の光景をご覧いただければと思っている。」とのこと。詳細は作家HPの案内欄で。140716uryuu
・会 期 :2014年7月16日(水)〜28日(月) 
・時 間 :13:00〜22:30 (火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 2階
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2014年07月06日

北海道立文学館【特別展】「氷点」50年 三浦綾子 フォトメモリアル―後山一朗が撮り続けた「約束」の刻@札幌

 札幌在住の写真家・後山一朗は、1970年代半ばから三浦綾子を追い続け、最後の瞬間まで撮り続けた。写真の中の作家の表情はいずれも穏やかで人間味にあふれている。本展では、後山一朗の秘蔵写真コレクションを主軸に、現代に生きる三浦文学の魅力に迫る。詳細は会場HPの案内欄で。140419hyouten
・会 期 :2014年4月19日(土)〜7月6日(日)
・休館日 :毎週月曜 
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :一般500(400)円、高大生250(200)円、
       中学生以下・65歳以上は無料。( )内は10名以上の団体料金
・主 催 :北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館、北海道新聞社   
・お問合せ:北海道立文学館  TEL 011- 511-7655 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月25日

綿引幸造写真展〜季の色(ときのいろ)フィルムがとらえた大地〜@釧路市

 知床の自然や彫刻家の安田侃やイサムノグチの作品集でも知られる札幌の写真家、綿引 幸造(わたびき・こうぞう)さん(1932〜2010年)の写真展。140408watabiki詳細は北海道立釧路芸術館HPの案内欄で近日紹介される見込み。
・会 期 :2014年4月8日(火)〜6月25日(水)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(金・土曜日は18:00まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館
      (幸町4丁目1番5号) 
・入場料 :一  般 600円、高大生 300円、小中生 100円
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年06月21日

北海道芸術学会アートトーク vol.31 芸術に先立つ、カメラオブスキュラの経験的意味@札幌

 北海道芸術学会では、広く芸術分野に携わる方を招いてアートトークを開催している。第31回目となる今回は、カメラがテーマ。「フェルメールが絵画制作にカメラ・オブスキュラ(暗箱式投影装置)を用いたことや、その『使い方は明らかになってきましたかが、両者の関係についての興味はこれにとどまりません。ケプラーら科学者達も虜にしたカメラ・オブスキュラには今日のカメラの原型があるというだけでは捉えきれない何か特別な「経験的意味」があったと思われます。フェルメールが魅入られたであろうこの特殊な工学的経験の意味について考えることが今回のテーマです。最近の思想的アプローチを引きつつ、近年のヴァーチャル・リアリティの技術にも注目しながらこの「意味」について、皆さんと考えをめぐらせてみたいと思います」とのこと。140621arttalk詳細は北海道芸術学会HPで。
・講 師 :松王政浩(北海道大学大学院理学研究院 教授)
・司 会 :山際晶子(北海道開拓記念館学芸員)
・日 時 :2014年6月21日(土) 16:00〜17:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場料 :入場無料。申込不要・当日直接会場に 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

Portrait Session in Sapporo Vol.2@札幌

 ポートレート・セッションとは大阪(PSO)名古屋(PSN)京都(PSK)で開催されている「ポートレートにこだわった写真展」。出展者はアマチュアからプロまで。作品内のモデルにも事務所所属や性別・年齢不問。ポートレートを愛するフォトグラファーが集まって写真展を開催している。札幌のポートレート・セッション(PSS)HPFACEBOOK)は、2013年の初開催に続き第2回目で「より幅広い作風の作品」を募集。ポートレートという分野の写真活動の場が広がるキッカケになる写真展を目指す。詳細はFACEBOOKの特設欄などで。140608Portrait
・会 期 :2014年6月8日(日)〜21日(土)
・時 間 :13:00〜21:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ)
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・入場料 :無料
・お問合せ:taiga.kob[あっと]gmail.com/070-5285-8376
※交流パーティ 6月14日(土)19:00〜22:00
  札幌市外、道外からも来賓者参加。参加費/3000円(来賓者2500円) 
・出展の申込 http://jyurikojps.wix.com/ps-sapporo 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月15日

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN@札幌

 1950年代後半から今日に至るまで、写真の第一線を走り続ける篠山紀信(1940年生まれ)。時代を見越し、時代に先駆けるその活動は常に話題をさらい、また賛否両論を巻き起こしてきました。本展は、いままでに美術館での回顧的な展覧会を拒み続けてきた篠山が満を持して世に問う、大規模な個展です。「写真力」とは何か? 篠山は「写真の力が漲った写真」であり、撮られた者も、撮った者も、それを見る人々も、唖然とするような「尊い写真」だと言います。50年間にわたり撮影されてきた写真の中から、とびきり「写真力」のある作品を選び、巨大な展示空間にあわせダイナミックに引伸ばして、新たなストーリーのもと紹介してゆきます。(主催のSTVサイトの案内欄より)。140426kishin
・会 期 :2014年4月26日(土)〜6月15日(日)
・休館日 :月曜(祝日の場合は翌火曜)、年末年始(12月29日〜1月3日)
・時 間 :9:45〜17:00(6月は17:30まで。入館は閉場30分前まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :前売 一般・大学生 900円(当日1100円)、中高生 700円(600)、 
       小学生 400円(500) 20名以上の団体は前売料金
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 
・主 催 : 札幌芸術の森美術館(公益財団法人札幌市芸術文化財団)、
       STV札幌テレビ放送、読売新聞社、美術館連絡協議会 
※ 篠山紀信オープニングトーク 初日10:00 → 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月10日

パネル展「ななえ古写真物語」@七飯町

 七飯町歴史館で発行している「ピチャリ」というミュージアムレターで、七飯町の明治期から昭和中頃の様子を描いた写真とともにちょっとした歴史を紹介する「ななえ古写真物語」というコラム欄がある。そこに掲載された古写真を中心に、当館所蔵の明治〜昭和中頃にかけての古写真を原本資料とともに紹介する。「少し前の七飯町の様子を写真とともに140417nanaekosyashin懐かしんでもらえれば幸いです」とのこと。詳細は会場HPの案内欄や後援の道南ブロック博物館施設等連絡協議会ブログ案内欄で。
・会 期 :2014年4月17日(木)〜6月10日(火)
・時 間 :9:00〜17:00
・会 場 :七飯町・七飯町歴史館 企画展示室
      (北海道亀田郡七飯町本町6丁目1番3号 )
・入館料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0138-61-2181 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月04日

大住哲写真個展「WALL  -brick stone wood glass- Photo Exhibition」@札幌

 札幌在住の大住哲さんの写真個展。札幌を中心とした北海道のレンガ造り、石造り、木造の建築物とガラス等を用いた新しい建築物の壁に焦点を当て、札幌の成り立ちや開拓の歴史を探る展示。詳細はFACEBOOKの特設欄などで。140523wall
・会 期 :2014年5月23日(金)〜6月4日(水)
・休館日 :第1第3日曜は定休
・時 間 :11:00〜22:00(土曜12:00から。日曜18:00まで)
・会 場 :札幌・画廊喫茶チャオ(地下鉄北24条駅1番出口裏)
     (北区北24条西4丁目 モンレーブビル3階 )
・入場料 :無料
・お問合せ:同画廊 TEL (011)736-3434 
※ 景気付けオープニングパーティー 5月24日(土)19:00 
  ママの料理付1500円。お酒は各自お好きなもの持参で。パフォーマンス部隊募集中。

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月02日

竹本英樹 写真展「あえかなきおく」 〜はかなくこぼれ落ちてゆく意識の断片〜@札幌

 写真作品を8ミリフィルムで撮影するなど銀塩にこだわりながら、「1枚の写真に音や匂いなど空気も写し込みたい」という、札幌の写真家竹本英樹(たけもと・ひでき)さん(HPブログ)の個展。今回は、2004年から継続しているシリーズ「意識の素粒子」から、国内未発表の作品を中心に構成。詳細は会場HPの案内欄やFACEBOOKの特設欄などで。140528takemono
・会 期 :2014年5月28日(水)〜6月2日(月)
・時 間 :10:00〜19:00  火曜定休
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-9439-7921(花田)  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2014年06月01日

東日本大震災復興応援全国巡回いがりまさし写真展 みちのく森の絆@札幌

 フリーの植物写真家いがりまさしさんの東日本大震災復興支援写真展。140429michinoku詳細は会場HPのイベント欄で。
・会 期 :2014年4月29日(火・祝)〜6月1日(日)
・時 間 :11:00〜19:00 (月曜休、第3土曜は15:00まで)
・会 場 :札幌・玄米ご飯・カフェ じょじょ
       (手稲区富丘5-4-18-6 TEL011-684-1040)
・入場料 :無料だがカフェスペースのため別途ワンオーダーを
※ いがりまさしミニライブ 5月25日(日)18:30より 
  投げ銭+ワンオーダー 打上げあり(会費1000円)  

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月27日

Kita:Kara Gallery企画展第2弾 佐々木フイルム写真館@札幌

〜 一瞬の記録。つづられる記憶。 〜
 「佐々木フイルム写真館」は、2014年3月1日に大通西5丁目にグランドオープンしたKita:Kara Galleryによる第二弾企画展。札幌在住の写真家・佐々木育弥を迎え、ギャラリーが期間限定の写真館となり、撮影した写真を展示することで、日々変化する空間となる。
 「写真を撮ることが特別なことではなくなった今、「とっておきの1枚」は私たちの暮らしの中でずいぶんと少なくなった気がします。本企画展は、昔ながらのモノクロ銀塩写真を撮る「写真館」を体験していただく面白さと、撮影された写真が日々増えていく「時間とともに変化する展示」の面白さをご覧いただけるのが特徴です。
 ギャラリーを訪れた人の姿=肖像写真を撮影するのは、札幌在住の写真家・佐々木育弥。撮影、現像、手焼きプリントまでを、作家がひとりで手がけます。一組の撮影で切られるシャッターは12回、フィルム1本分のみ。そこから選ばれた「世界でたった1枚の写真」をギャラリーの壁に展示していきます。最初はまだ何もない壁に、つづられていく一瞬一瞬の記録。日々増えていく「記憶」は、何を語りかけてくるのでしょうか」とのこと。 詳細は作家HPの案内欄やKita:Kara サイトの案内欄で確認を。140424saasakiO
・会 期 :2014年4月26日(土)〜5月27日(火)
・休館日 :日曜、5月4日(日)、5日(月)
・時 間 :13:00〜19:00 
・会 場 :札幌市・Kita:Kara gallery
      (中央区大通西5丁目大五ビルヂング3F)
・入場料 :無料。 ただし撮影は有料(会期中の火、木、土曜)
・撮影予約、お問合せ:Kita:Kara Gallery
      TEL 011-211-0810 MAIL info[あっと]kitakara.in  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年05月26日

池田圭輔 写真展 冬夜燈光 -Touyahikou-@札幌

 旭川市在住の写真家、池田圭輔さんによる写真個展。2011年より撮影を始めた北海道旭川市で撮影した、冬の夜を撮影したモノクロームの作品を45点(20☓24=10枚、16☓20=10枚、11☓14=25枚)を展示。すべてゼラチンシルバープリント。「生まれ育った町の見慣れた風景も夜が来て闇に包まれると何処か未知なる空間を彷徨っている様な感覚に陥った。路肩に積まれた雪を照らす光は何処か怪しく冬夜を燈す。見慣れた町の知らない表情を見つけた」140514ikedaとのこと。詳細は作家HPの案内欄で。
・会 期 :2014年5月14日(水)〜26日(月)
・時 間 :10:00〜19:00  火曜定休
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-9439-7921(花田) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月22日

吉田 純 写真展 @札幌

 北海道出身の写真家吉田純さん(1935年函館生れ)の写真展。「写真の本質は記録であり、その核になるのがその人の人生観、世界観である」という。今回は、「未発表作品を含む、作者の神髄である「貌」ポートレート作品から双葉山定次、武者小路実篤、アイヌの老女、岡本太郎、松本清張、坪田譲治、吉本隆明、ミッシェル・フーコー他数名含み、1974年からの作品「都市」の幻影、下町、運河など全作品をモノクロ写真により展示する」とのこと。140517yoshida詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2014年5月17日(土)〜22日(木)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2Fギャラリー・イベントスペース
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月14日

ラダックと世界 写真から考える本当の豊かさ 十字和子@長沼町

 インド北部にあるラダック地方。ラダックはヒマラヤ山脈西の端に位置する高地。チベット、パキスタン、アフガニスタ ンと隣接している地で、かつては中央アジア交易の拠点だった。ラダックやアジアのさまざまな国で写真を撮り続ける写真家の十字和子さんを招き、写真家の見たラダックの姿についてお話をうかがう。今回は、2004年に十字さんが撮影したチベット仏教12年に一度のへミス大祭の貴重なフィルムのスライドショーを行う。1時間半程度の予定。140514ladaku詳細は会場HPの案内欄で
・日 時 :2014年5月14日(水) 18:30
・会 場 :長沼町・田舎れすとらん「こぐま座」
      (夕張郡長沼町東2線北9 地図 TEL 0123-88-1765)
・入場料 :2,000円(1ドリンク付き)
・お問合せ:同店 TEL 0123-88-1765続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月06日

山岸せいじ展「あわいを覗く」@北広島市

 〜 そこは素粒子が乱舞する処かもしれない 〜
 札幌でフリーの写真家として活動している山岸せいじさんの写真個展。山岸さんは、1961年深川市生まれ、1974年から写真を始めるが、1983年に深井克美展に感銘を受けて絵を描き始めた時期も。写真は光芒と影の交錯による不思議な余韻が漂い、被写体の「向こう」にある世界に想像を誘う。140428awaiwo
・会 期 :2014年4月28日(月)〜30日(水) 月火水曜日のみ開館
      2014年5月5日(月)〜7日(水)
・時 間 :月火水曜 10:30〜15:30
・会 場 :北広島市・黒い森美術館(渋谷栄一記念ギャラリー)
      北海道北広島市富ケ丘509-22
      JR北広島駅より「福住」行きバス、
      地下鉄福住駅よりバス「北広島」行き
      ともにバス停「竹山」下車 徒歩5分
・企 画 :黒い森美術館
・お問合せ:同館 TEL 011-373-8239 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年04月30日

狩勝峠 鉄道写真展 in SAPPORO@札幌

 狩勝高原エコトロッコ鉄道の鉄道歴史研究に賛同してくださる方々から提供いただいた貴重な根室本線旧線 落合−新得間(新線切替により昭和41年廃止)の写真を50点あまり展示。詳細は会場のサッポロファクトリーHPの案内欄や主催者HPの案内欄などで。 
【出展者】 (敬称略) 140402karikachi
  大崎和男、三品勝暉、村樫四郎、川本紘義、菊池彰、
  堀越庸夫、杉江弘、村松功、佐竹保雄
・会 期 :2014年4月2日(水)〜30日(水)
・時 間 :10:00〜22:00
・会 場 :札幌・サッポロファクトリー内ウォールギャラリー
      (3条館1F 北洋銀行裏)
      (中央区北2条東4 地図 TEL 011-207-5000)
・入場無料 
・主 催 :狩勝高原エコトロッコ鉄道
・参 考 :「狩勝峠鉄道写真展 in SAPPORO」のfacebook 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月14日

西窪愛子 写真展「春愁ひ」 @札幌

 札幌出身でパリ在住の写真家 西窪愛子さんの個展。「絵画のような独特の風合いのモノクロ写真。時間やそこに流れる空気をふわりと閉じ込めたような、どこか懐かしさを感じさせる写真です。特殊な技法でキャンバス地やアクリル板に直接プリントした写真は必見です」とのこと。詳細は会場HPの案内欄などで。140402nishikubo
・会 期 : 2014年4月2日(水)〜14日(月)  
・時 間 :11:00~18:00(最終日17:00まで) 火曜休廊
・会 場 :札幌市・ギャラリー創
       (中央区南9西6-1-36 U-STAGE 1F)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-7762

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年04月11日

「蒼氓(そうぼう)」〜荻野昌崇写真展@札幌

 札幌在住、写真歴11年になる荻野昌崇さんの人生2度目という写真個展。詳細はFACEBOOKの特設欄で。140401soubou
・会 期 :2014年4月1日(火)〜11日(金)
・時 間 :18:00〜24:00  日祝定休
・会 場 :札幌市・Radio & Records
      (西区琴似1の4−2−15 ニシムラビル3階)
・入場料 :無料だが飲食店なので飲み物等のオーダーを
       2ドリンクオーダー以上ノーチャージ
・お問合せ:同店 TEL 011-612-9886 
※ 平日は18:00-21:00まで投げ銭ライブ有り(お気持ちで)
※ 土曜日18:00-21:00はライブ営業/チャージ有り

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月03日

ウリュウ ユウキ 個展『向こうからの続き』(会期延長)@札幌

 札幌を拠点にモノクロ写真のほか、美術企画等でも活躍中の写真家ウリュウ ユウキさんの個展。「『向こうからの続き』。いま見ている景色の向こう側を想像する…そんなコンセプトで作ってきました。それは遠くにあっても、あるいは近くて遠くとも、ひとつのつながりの中にある。向こう側にいるものとの、一瞬のすれちがい。この一瞬の続きを感じ取る時間が、毎日のどこかに作れたら。そこから、見える世界は動き始めると思います。自身にとって5年振りとなる、札幌でおそらく最も小さいであろうギャラリーでの展示です。僕の最も好きなギャラリーで、長い冬の終わり、”その向こう側”を想っていただければうれしいです」とのこと。詳細は作家サイトの案内欄で。140310uryuu
・会 期 :2014年3月10日(月)〜4月3日(木) 火曜定休
      当初予定の3月23日(日)より会期延長
・時間  :11:00〜20:00 (日曜は17:00まで)
・会 場 :札幌・gallery new star (ギャラリー・ニュースター)
      (中央区南3西7南向 美容室kamiya隣)
      TEL 011-281-2909(kamiya)
・入場無料 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2014年04月02日

「写真都市 札幌」伊藤也寸志 写真展@札幌

 札幌出身の写真家、伊藤也寸志さんの5年ぶりとなる個展。「かねてから自分の写真のテーゼとしている『写真都市』、これは文字通りの意味でしかないのですが、なぜ『写真』なのか? なぜ『都市』なのか? なぜ『モノクローム』なのか? これらを表現するとはどういうことなのか? ずっと考え続けているテーマの答えになればと思っています」とのこと。詳細は会場HPの案内欄や作家ブログの案内記事などで。140328syashintoshi
・会 期 :2014年3月28日(金)〜4月2日(水) 
・時 間 :10:00〜19:00  会期中無休
・会 場 :札幌・富士フイルムフォトサロン札幌
      (中央区大通西6丁目富士フイルムビル1F) 
・入場無料
・お問合せ:富士フイルムフォトサロン札幌
      TEL 011-241-7366 / FAX 011-241-7111続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年04月01日

江副光和写真展 「散歩の道すがら」@札幌

 中南米・インドを放浪後、札幌に在住している江副 光和 (えぞえ・みつかず)さんの写真個展。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。140313sanpo
・会 期 : 2014年3月13日(木) ~4月1日(火)
・定休日 :水曜日、3月18日(火)は臨時休業
・時 間 :12:00~24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1-1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月31日

岡本和行写真展「Amarylis」@札幌

 札幌を拠点に活躍するプロ写真家、岡本和行さん(1947年生まれ、スタジオK2主宰)の個展。広告写真のかたわら撮り続けている花の世界は、高い評価を得ている。背景を消し画面に花だけが佇む独自の表現方法。今回はワインバー&イタリアンのお店で展示。詳細は作家ブログの案内欄などで。140220okamoto
・会 期 :2014年2月20日(木)~3月31日(月)
・時 間 :18:00〜25:00、水曜定休
・会 場 :札幌市・ファイΦ
      (中央区南2西5-30-1、TEL011-219-8244)
・入場料 :ワインバー&イタリアンなのでオーダーを
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-6977 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年03月30日

カイヨウコ写真展&スライドトーク「世界は、こんなにも美しい」@札幌

 札幌在住のカイヨウコさんとひろさんのご夫婦で自転車世界一周の旅、4年9か月、57か国の記憶の写真展「。自転車だからこそ、夫婦だからこそ、見つけることができた風景、喜び、出会い、気づき、そして幸せ。五感を全開にして駆け抜けた3万5000kmの旅。美しく、そして優しい世界を、一緒に感じてみませんか」とのこと。会場には、旅で実際に使用した自転車やテントなどの道具なども展示予定。ポストカードの新作も。週末(22,23,29,30日)にはYOKO&HIROによるスライドトークも開催します。140322kaiyouko詳細は作家HPの案内欄や北海道新聞HPの案内欄などで。
・会 期 :2014年3月22日(土)〜30日(日)
・時 間 : 11:00〜22:30 (最終日は17:00まで)水曜定休
・会 場 :札幌・カフェ「プランテーション」 3階スペース グルニエ
      (白石区菊水8条2丁目1-32 TEL 011-827-8868)
      地下鉄「菊水駅」下車10分
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-827-8868 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月11日

小坂耀一 木彫工芸作品展@札幌

1936年、旭川市生まれの木彫作家、小坂 耀一さんの個展。「フクロウや少女、花などをモチーフに
北国の厳しい風土、自然環境の中で生きるたくましさを、木肌の持つぬくもりの中に愛らしく浮き上がらせた
北の詩情あふれる木彫工芸作品。木を彫り続けて50年、北の大地に根ざしたメルヘンの世界」とのこと。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。140213kosaka
・会 期 : 2014年2月13日(木) ~3月11日(火)
・定休日 :水曜日、2月18日(火)は臨時休業
・時 間 :12:00~24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1-1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年03月03日

浦田弘幸 個展 「妻の瞳に恋してる」@札幌

 札幌在住、2010年度CAIアートスクール卒業の浦田弘幸さんの写真初個展。11点を展示。詳細はCAI現代芸術研究所HP案内記事で。140222urata
・会 期 :2014年2月22日(土)〜3月3日(月) 
・休館日 : 日曜祝日
・時 間 :13:00~23:00 (初日15:00から。最終日21:00まで)
・会 場 :札幌・CAI02(中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2) 
・入場無料 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

谷内俊文 「福島第一原発20km圏内 人の住めない場所」@札幌

 旭川市出身、東京在住の写真家、谷内俊文さんによる、震災後の福島第一原発20キロ圏内の様子を収めた写真展。「東京から200kmしか離れていない所に人の住めない世界がある。半径20kmだが、今後数十年、数百年と続くかもしれない。日本には、まだこんな場所がいくつも出来る可能性がある。我々はニガイ記憶として、絶対にこの地を忘れてはいけないし、今後も監視し続けなければならない。この写真は警察や被爆の恐怖と闘って潜入した記録の一部である」とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。140214taniuchi
・会 期 :2014年2月14日(金)〜3月3日(月)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-9439-7921(花田) 
・参考書籍:『DESERTED 人の住めない場所 』[Kindle版] 
       谷内俊文 2013/03/30 =書籍情報= 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)