想像してたより『電車男』面白かったです(笑)。
映画も本もマンガも何一つ読んではいませんが、そんなワシでも話の筋は知ってるぐらいなので
内容の特性から実験的ではありますが、
“今週のネットの住人”という方向で書いてみようと思います。
 
サンボマスター/サンボマスターは君に語りかける(期間限定盤)
 
ノベライズ本:ロケット・ボーイ
どのネット住人もなかなか素敵な人 勢ぞろいでしたが
まず触れるのは六角精児さん(笑)。
地味ですが(←コラっ!)何気にアクセントとなってくれる好きな役者さんの一人です。
住人の生活スタイルは部屋の中と その姿から
熱狂的な阪神ファンの役(名前が無いので書きづらいな、笑)なのですな(公式HPでは“牛島”という役名がありました)。

六角さんの出演なされたもので好きだったのは、クドカンさんが台本書いた『ロケットボーイ』ですね(笑)。
『ロケットボーイ』といえば、主演の織田さんのアクシデントで放送回数が短くなったのは有名な話ですが
逆にテンポが良くなって面白くなったという意見も出た不思議なドラマです(笑)。
話の中でヒョッコリ出てきてオイシイところをさらっていきました。

六角さんには是非またドラマの楔役となってほしいトコロ。
途中の ほっかむり姿(そして下はパンツだっ!笑)が“コソ泥”に見えて仕方ありませんでした♪(笑)←六角さんゴメンナサイ。
でも、そんな格好でも「失うものなど何もない」はカッコよかったなー。

ドランクドラゴンの塚地くんはワケありの固そうな役ですね〜。
もっと砕けたやつをやるのかと思ってましたが意表をつかれた感じです。

あとは菊間アナがなんとドラマ出演ですよっ!ひぃや〜(驚)!
わりと大きな役でビックラしましただ。
ネットの住人の役者さんは芸達者な人が多いので浮かないことを願いたいですね。
今週は頑張ってたと思います〜。

個人的にはチョイと要所で出てきた自衛隊男(?)が面白かったです。
「〜のスペックは」「でありますかー!」がウケました。


初回のドラマ感想としては、
電車男=伊藤くんの芝居が光っていましたねぇ。若手でここまで巧い子は なかなかいないですよ。
生活スタイルは置いといて(笑)、
日常の中で空回っていくことや、一喜一憂する姿は観てて感情移入してしまいました(泣)。

ちょっと心配なのはネットの住人チームより、電車男とエルメスの周囲の登場人物ですかねぇ。
ネットの住人よりも あんまりリアルに見せないような演出なのか
表面的な演技をする人が多かったのではないのかなと。

それでも電車男の父親役の岸部シロー氏には爆笑でしたけどね(もはや、出オチ?)。