ブログネタ
仮面ライダーディケイド に参加中!
シェアブログtokusatsuに投稿

仮面ライダーディケイド』、第15話「超モモタロス、参上!」の感想ですっ!

ブルーレイディスコって、モモ・・(笑)。

人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン

「ジーク相変わらず役立ってねぇ〜」・・な電王編、完結(笑)。
いいんです、ジークは『電王』の“2大隠れキャラ”なんですから(※もう一人は桜井さん。笑)!

出た!巨匠のドイヒー演出(爆)。予感的中、後編やっぱり ふざけましたね。
いや「物語の中に“遊び”を作るな」ということではなくて
巨匠は極端に ふざけすぎるので展開が進まないっちゅーか、大事なトコ(話の核心)がボヤけてしまうんですよねぇ。
小林靖子先生のやうに、脚本自体の出来が高く&“遊び”を盛り込んでいるような場合は
演出が自重するくらいが丁度いいのになと石田監督回で毎度思ってしまいやす。


デンライナーに乗り込み、コハナから説明を受ける夏海
人間の記憶を利用して過去へ飛んだイマジンたちによって、“過去の改編”が始まっている電王の世界。
ちなみに消失したかに見えた光写真館は、デンライナーの車両に組み込まれて助かった模様(笑)。
予告で実体のある3タロスが写真館に居たのは、デンライナーの中だったからなんすね。
あと今のモモタロスに実体がないのは、電王に変身する“宿主”が別ルートで時間の歪みを調べているため。
士はイマジンのボスと、イマジンのニオイが分かるモモタロスを探しに行くことに。

士曰く「馬鹿は目立つ」と、すぐに見つかるモモユウスケ(笑)。
嗅ぎつけたイマジンのボス(アリゲーターイマジン)を2人で追いかけ、過去へ。
アリゲーターイマジンはなかなか強く、元の姿に戻れないと諦めかけるモモタロスに
最初は人のイメージだったとしても自分自身があるはずだと諭し、内にある優しさを認め
ディエンド大樹には実体なんかなくてもモモタロスはちゃんと存在していると語るディケイド士。
この一連の士の台詞は良かったと思います、褒めて伸びる子だしねモモは(笑)。

電王のFFRはこれまでの変形とは違い、実体を取り戻したモモタロスに・・というある意味変化球でした。
おん出された格好のユウスケがクウガになって、一瞬敵を間違えつつも(笑)
モモタロスとのFFRの合体技でアリゲーターイマジンを撃破!
ちなみに剣が お尻に刺さったユウスケイメージでしたが
FFR変形でクウガは体の向きが逆になっているので、厳密にやるとホントは頭側に刺さったことになるんですけどね(笑)。
まぁあのイメージカットは まったく要らんインサートでしたけど(猛爆)。

これで一件落着かと思いきや、デンライナーに戻ってきた良太郎&幸太郎の話から
まだ解決してないことがあるようで「続きは映画で!」という締め(笑)。
子供姿の良太郎はなんとなく理解できても
幸太郎は映画みてないと どういう立ち位置なのかさっぱり分かりませんね(汗)。DVDでチェックしますかな・・。
オリジナルの『電王』でもありましたけんど、TVと映画のリンクの難しさを感じました。
そういう意味でファンの度合いで楽しめたトコも、そーでないトコもあった電王編でしたね。

さて次回はカブトの世界!「そーか響鬼を最後にするのか」とドキドキが止まりません(笑)。
カブト編は古怒田さんが書くと知り&キャストも豪華なので、オリジナルよか面白くなることを期待(コラコラ!笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細はサイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします〜。

ブログランキング