ブログネタ
仮面ライダーディケイド に参加中!
シェアブログtokusatsuに投稿

仮面ライダーディケイド』、第19話「終わる旅」の感想です!!

ディエンド大樹、好感度UP週間(笑)。

人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン

ええー、王蛇の出番あれだけ(爆)・・orz!?


師匠から弟子への響鬼編 完結。

一同の前に現れた伝説の魔化魍・牛鬼!しかしその正体がヒビキであると誰も気づいてはおらず。
ディケイドと牛鬼が戦っている間、イブキザンキはまたも いがみ合い。
牛鬼に狙われたアスムを守ろうとアキラトドロキ天鬼轟鬼に変身!
おお!ついに奈々ちゃんが正式な仮面ライダーへ♪
見る限りデザインは威吹鬼と変わってないですが“あきら”が変身し戦うことに意義があるので、もーこれだけで感動(嬉)。

醜い争いを続けるイブキザンキ引退すると言い出したヒビキ。
各流派の弟子アスム、アキラ、トドロキの3人は今の状況を憂い牛鬼を倒すために互いに協力しあい、音撃道を一つにすることを決意。
アスムたちが“動く”キッカケとなったのがディエンド大樹の言葉ってのが、今回のミソですねぇ。
士の介入もあってイブキとザンキは弟子たちの想いに納得&師匠の座も譲り、あとはヒビキだけ。
ここでアスムとヒビキの橋渡しを名乗り出る大樹・・って、ベタすぎるほど巻物狙いですけんど(笑)。

一方、ヒビキが牛鬼に変身する姿を見てしまったユウスケと夏海はヒビキを介抱。
ヒビキの話を要約するに
正しい心で“鬼”を制御しなければならぬところを鬼に心を奪われ、魔化魍を倒す気持ちが強くなりすぎた結果があの“牛鬼”の姿であると(悲)。
再び牛鬼になってしまえば、もう元の姿に戻れない。
鬼をアスムが受け継げば、自分と同じ道を歩んでしまうことになりかねない。
ヒビキがアスムを破門にしたのは、そんな想いがあったからなんすね。
しかし大樹の話からアスムの行動を知り、アスムの優しい心があれば鬼になっても心を奪われないかも知れないと
アスムに渡すよう変身音叉を大樹に託すヒビキ。そしてアスムに自分の止めを刺してほしいと・・。

大樹はヒビキとアスムを会わせ、隙を作ってヒビキ流の巻物もゲット!うーん盗人たけだけ、猛士(笑)。

アスムの前でヒビキが牛鬼の姿になり、ディケイドとの戦いへ。
音撃道の お宝の秘密を知った大樹も加勢に入り、ヒビキの想いをアスムへ。
受け継ぐのは“鬼”の力だけじゃなく、ヒビキの魂を受け継ぐことという大樹の台詞にも共感。
てか、今回はディエンド大樹の“良い人補正”がマジスゲー(笑)。

アスムが響鬼に変身し、牛鬼退治へ。まさに“心を鬼に”という感じ。
でもこれが愛弟子の選んだ道だと見れば、ヒビキもやられて本望だったに違いないだしょう(涙)。
んで、ここで終わらず巨大魔化魍・バケガニが出現!
バケガニ退治にはFFRで巨大ディスクアニマル・アカネタカ→音撃鼓となった響鬼ディケイドが音撃を叩き込み
天鬼轟鬼ディエンド、顔だけ変身解除した威吹鬼(←持ってる音撃管、何気にトロンボーンタイプですね)斬鬼と加わり
巻物の言葉を一つに合わせ(=“音撃道”)戦うシーンは圧巻!!
音撃が一人、また一人と次々に重なっていく演出は本当に お見事でした。ここの楽曲もメチャカッコよかった〜〜♪

前回の響鬼編を観るかぎり、後編が正直ここまで面白くなるとは思いませんでしたさー。オリジナルの『響鬼』の想いも汲んでたと。
ブレイド編が酷かったし、ここのところの米村さんに さほど期待してなかったのも事実。
響鬼編で“スーパー米ちゃん”が久々出て良かったよと感涙(笑)。

9つの世界の旅を終え、いよいよ『ディケイド』終盤へとなるんすねぇ〜。
『ディケイド』は こっからが勝負と思うんすが、次回脚本は ついに出てきたあのお方・井上御大でございます(ひえー)。
・・ふー、マジで良かった響鬼編からの出番じゃなくて(笑)。
まーワシから言わせれば、世界の“真の破壊者”はディケイドじゃなくて井上御大だと思うんですじゃ(爆)。

※追記とお詫び→この記事だけコメント&TBの受け取りが出来なくなってました。投稿して夜になるまで気づいてませんでした(汗)。
おそらくlivedoorの新旧管理画面が混在している現状況で勝手に設定されてたんだと思います。TB返しに来ていただいた皆様には大変失礼致しました。ごめんなさい!
ブログランキング