ブログネタ
仮面ライダーディケイド に参加中!
シェアブログtokusatsuに投稿

仮面ライダーディケイド』、第24話「見参侍戦隊」の感想です!

・・というより『侍戦隊シンケンジャー』第二十幕 半ですよね、コレ(笑)。

人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン

ライダーの居ない世界 前編。

あえて“シンケンジャーの世界”とは言わず、“ライダーの居ない世界”。なるほど巧いこと言いますねぇ。

仮面ライダーが居ない代わりに怪物(=外道衆)と戦っていたのは、志葉家の殿様・丈瑠が率いるシンケンジャー。
この世界に来た士はシンケンジャーの戦い&身の回りをサポートする黒子の格好になってしまい
仲間の一人と間違えられて、黒子たちと一緒に働くことに(笑)。
ライダーが居ない世界に、士が居なくなってしまうような不安を夏海は感じているようでピリピリ。
ユウスケは どこで調達したのか、どうやって潜入したのかいつの間にか黒子の一人に。
・・って世界に馴染むの早っ(笑)!
とりあえず夏海とユウスケの存在感が戻って良かったです。

士が黒子になることで
この世界で果たす目的とジイ・彦馬とのやりとりで素の丈瑠の姿も たっぷり見れると、一石二鳥。
士の持つブランクカードのシルエットは、どーやらシンケンレッドの烈火大斬刀のやうですね。

一方ディエンド大樹は烏賊折神を盗み、持ち主の源太に追いかけられてる途中でアヤカシ・チノマナコが出現!
戦闘中、チノマナコにディエンドライバーを奪われてしまいます。
ミイラ取りがミイラになったじゃないですけんど、この展開は面白いですな。

この世界を侵食するライダー。
ディエンドライバーを手に取ってからチノマナコの様子がおかしく、なんとディエンドに変身!
この暴走ディエンドの造形は なかなか見事♪
チノマナコは暴走ディエンドとなって、ナナシ連中まで作り出すほどの力を得たってことですね。
・・と ここで次回へ。


色んな世界を旅する設定の『ディケイド』だからってのもあるんでしょうけど、
想像してたよりもシンケンジャーとのコラボに違和感は無かったです。フィルムの違いも問題なしかと。
むしろ『シンケンジャー』に食われてた(爆)!?
いやいや、『ディケイド』の役者も要所要所で展開に利いてたと思います。そんな不思議な回。
何かとコ偉そうな士のキャラ自体も、某『電王』で某 中村優一くんが演じそうな役ですしね(笑)。
シンケンジャーの変身シーンも『ディケイド』用に新撮されてたり、
殺陣は殺陣で全体を見せながら一人一人をピックアップしていくカメラワークも流石 東映やなと感心しましたです。
小林靖子先生の脚本は丁寧やし
たぶん『シンケンジャー』観てない人でも かなり楽しめたのではないでしょうか。
一話完結かと思いきや後編もあると分かり、ちょっと嬉しかったりします〜。

ブログランキング