ブログネタ
仮面ライダーW に参加中!

仮面ライダーW(ダブル)』、第39話「Gの可能性/バッドシネマパラダイス」の感想ですっ!

たぶん谷澤さんのことでしょうから、変顔NG(事務所的に?番組的に?)は さぞ多かったことでしょう(笑)。

身に覚えのない自分の主演映画がかかっていると、探偵事務所にやってきたシネコン職員・虹村あい。
一度その映画が流れると終わるまで外に出られないらしく、翔太郎亜樹子は早速シネコンへ。
そこで恐ろしく人見知りの激しいバイト・川相透に出会う2人。
透が あいに好意を寄せていることを察する亜樹子だったが、
上映中の『風の左平次 3D』に惹かれて翔太郎と2人で映画鑑賞へ(笑)。
ところが流れたのは あいの言っていた主演映画!それは上映時間7時間20分の未完の大作という地獄ぶり(笑)。

この一件はフィリップの検索でジーン・ドーパントの仕業と判明。
ジーンは遺伝子を組み替え、別のモノに出来るドーパントで あいの映画も この能力で作ったと。
厄介ながらも非力なのでアッサリ捕まったジーンの正体は透。

演じてはる川野くん(『ゲキレン』のロンね)は、しょっちゅう髪形変わってるイメージが強いので
基本形がよー分かりません(笑)。

財団Xとは関係なく個人的に冴子を助けたらしい加頭。
ミュージアムから冴子を守るため・・というより、対抗するためとしか思えないですね。

何とかガイアメモリを手に入れるため
清掃員に化け“ディガル・コーポレーション”に潜入した冴子は部屋に隠していたナスカメモリをゲット!


あの長編を観て透の映画センスを認めていた亜樹子は
メモリの魔力の克服&透の社会復帰のため自らプロデューサーとなり
照井や真倉&ウォッチャマンまでも召集し、透が監督の映画作りを手伝わすことに(ええー)。

そしてこれは透と あいの恋を成就させる作戦でもありました(笑)。
最初は主演映画に困惑していた あいも意外とノリノリですね。

一方、園咲家では後を継いだ若菜に琉兵衛が“ガイアプログレッサー”なるものをプレゼント。
若菜の能力を完璧にするためには、このガイアプログレッサーとジーン・ドーパントの協力が必要だと・・。

で、撮影現場にやってきたクレイドール若菜!
サイクロンジョーカーXでクレイドールと戦っているところへ冴子が現れ、進化したナスカの能力を見せつけて引きと相成りました。

加頭の狙いは冴子の性格を見越してのことだったのかなぁ?もっとその先に何かがあるのかな?
ナスカの進化は その攻撃方法からして冴子がタブーだったことが大きいのかも。

そして亜樹Pのもとで撮影した映画が気に入らなかったと筆談でぶっちゃける透。
はたして後編で彼の納得できる映画が撮れるんでしょうか。
ちうかそんな性格でシネコンのバイトよー受かったねっ(笑)!

ブログランキング