まだ時差調整の続きなのかすっきりと眠りにつけず。
多分3,4時まで起きてたんでないかね。

この3日間同室のインド人の方々がいらっしゃるのだけれども、
彼ら、人の事を本当に気にしない。
自分たちが人よりも遅ければ、人が寝ててもお構いなしで電気を点けてしゃべるし
自分たちの方が他の人より早ければ同じく電気を点けてしゃべりだす。

でも昨日彼らのほうが早く寝てて、
わたしは前日の寒さに懲り懲りしてタオルケットをもう一枚借りられないか聞いたところ
受付の人が部屋に来て、
「冷房と扇風機両方ついてるからだよ」
とコメント。
その瞬間
「しーっ!!」
と静かにするように促す音。

・・・えええええええええええええええええええええ!!

自分たちはアレだけうるさくしておいてそれかよ!
そんなわけで今朝はわたしも遠慮なく言わせていただきましたとも。

「静かにしていただけますか?」
9時とか10時ならまだ良いさ。
6時だからね。
3,4時までおきてた身としては辛いし、一般的に考えても早い時間に入れてもらえるよね?

でも一回言っても又しばらくしたらしゃべりだしたりして何回か言わせていただきました。
ドミトリーのルール、考えちゃうね。

今日は最終日なのでのんびりとウィンドウショッピング。
途中中華街で温かい出来立て豆腐にシロップをかけて食べるものと、
それからできた豆乳、
室内遊園地
米粉を砂糖を水で溶いて焼いたお菓子、
同じベースで中にピーナッツを入れたものを食べた。
どれもおいしかったよ。

さて、本日一番といっても良いほど大きいイベントだったのはマッサージ。
シンガポールで一度言ったことがあるけど、それ以外では初です。
特に足ツボってやつですか?
前回のは同じ足でもリフレクソロジーだったので、痛いとかそういうことからは無縁だったんだけど、
今回は違う。
ちなみにお正月キャンペーンみたいなのをしていて
全身マッサージを一時間と、足ツボマッサージを30分、
あわせて一時間半でお値段60リンギ。
日本円で言うと2000円くらいですかね?
マッサージなどに行かれる方ならこれが素敵なお値段であることを分かってくださるはず・・・

まず足を洗って全身マッサージへ。
全身マッサージ受けたことないから全然分かってなかったけど、
オイルとか使うから肌を出さなきゃいけないんだよね。
そんなわけでパンツ一丁で背中にバスタオルを乗せて、
うつぶせになってスタンバイ。

背中、首などから始まって腕、腰、脚、など満遍なくマッサージ。
途中、裏返って脚や腕を更に念入りにマッサージ。
最後に足を伸ばして座って背中を軽く反らせたりする。
うん、多少くすぐったかったりしたところもあったけどとっても気持ちが良かった。

次に足ツボ。
「??思ったより痛くない?」
と、その瞬間はいりました、ツボに。

「っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

いいいいいぃってぇぇぇぇえええぇえぇぇえ!!!
声も出ませんね。

そこはどうやら心臓のツボ。
疲れてると言われた。
その他痛んだのは脳とか
肝臓、肩。
肝臓って・・・
タバコ吸うかお酒飲むか?ときかれたけど
両方あまりしないんですけど・・・
と言うことは毒素が身体にたまってるのね、きっと。
それならこの旅生活と、食生活が思いつく。
日本に帰ったら食事でデトックスしないと・・・

せっかくリラックスした身体をこわばらせながらたっぷり足ツボを味わう。

本当は1時間30分のはずなんだけど、実際は多分2時間くらい受けてたと思う。
7時半くらいに始めて終わったのが9時半くらいだったもの。
追加料金とか請求はされなかったよ。

宿に戻って宿屋の人に地元の人が行く食堂に連れて行ってもらった。
バナナの皮で包まれたご飯と魚のスパイシー佃煮みたいなのと一緒に、
おかずにこれ又スパイシーなイカなどの炒め煮にしたものを乗せる。
夜ご飯
他にバナナの皮に味付けした魚のすり身を挟んでくるんで、焼いたものも食べた。
胃は火事だったけどこれまたおいしかった。
思えば中華系のご飯しか食べてなかったから、最後の最後にマレーシア料理が食べられてラッキー。

あ、ちなみにタイトルになっているのは、又、現地の方に現地人だと思われて、電車のプラットフォームの確認をされました。
だから・・・違うんだけど・・・
やっぱり東南アジア系ね、わたし。
トロピカル。
マンゴーの仲間だと思うとなんだか嬉しいのは単純すぎるかね?

いよいよ最後の飛行機さ。
この間見ていた映画が途中だったので同じのがやってるといいな・・・

室内遊園地
ちなみにこれ、デパートの中にあった室内遊園地。
すごいぜマレーシア・・・