4月9日からです

  • author: bluecat1115
  • 2018年04月06日

この春は懐かしい卒業生たちが何人も訪ねてくれました。しかも嬉しい報告続きで嬉しかったです。
ありがとうございました。

講師はただいま新年度に向けて準備中…と書ければいいんですが、実はもう一つの仕事である翻訳作業中です。教室をもう少しアレンジしたり、教材をもっと整えたりと教室関連でやりたいこともたくさんあるのですが、翻訳も私にとってはとても大切なお仕事であることをご理解頂けたら助かります。原稿の締め切りにプレッシャーを感じつつ、3月末に前年度レッスンを終えてから怒涛の教材選びを経て注文書を送り、昨日やっと卒業生に手伝ってもらってご家庭ごとに向けた明細書を作成しました。もう何年も前から実にあぶなっかしい時間のやりくりの連続です。
そんな生活なので、生徒さんと親御さんたちには大切なお願いがあります。
私のジャンルは映像翻訳、それもドキュメンタリーのボイスオーバーやフィクションの吹替原稿なので、たまに上京してスタジオでの収録に立ち会います。シリーズ作品を頂くと数か月以上に渡って定期的に同じ曜日に収録が行われるため、その曜日に当たると1か月か1か月半に1度くらい、別曜日に振り替えてレッスンさせて頂くことがございます。昨年度までは木曜日にレッスンがなかったので木曜が振替日だったのですが、今年度からレッスンで埋まってしまい…なんとか時間のやりくりをしなくてはなりません。ご迷惑かとは思いますが、その分レッスン頑張りますので、どうかよろしくお願い致します。

仕事の合間にyou tube諸々の公式チャンネルをチェック中です。
セサミストリート、充実していますね。新年度からのアイデアを頂きました。
みんなも時間があったら観てね!


新年度は2週目からスタートです

  • author: bluecat1115
  • 2018年03月31日

3月30日(金)で平成29年度のレッスンが終わりました。
この日は小学生も中学生も「おまけレッスン」
小学生は復習がてらワークブックのやりのこしたページをやってから、ちょっとおやつを食べて、昔作ったアルファベットのゼッケンで単語作りゲームをしました。
8人来たので4人ずつの2グループに分け、それぞれにメモを渡します。
メモには日本語の単語が書いてあります。それを英語にして、綴りのアルファベットをゼッケンの山から探して身に着け、早く、正しい綴りで並んだ方が勝ち。
4人だから英単語は4文字です。
duck, boat, kite, bikeなど。
借り物競争みたいにゼッケンの山から文字を探しながらckを覚えている子、マジックE(単語の終わりにつくと前の母音が長母音になる)のルールを思い出した子、、、
ワイワイと楽しかったです。
30分ワークブックと格闘した後だから、こんな風に賑やかなゲームで締めくくるのもいいかなと思いました。


















その後、中学生のレッスンを終えてから私は教材注文書を作成して専門書店へメール。
小学生のコースブックは例年通りですが、今年から中高生は変わります。
これまで購入をお願いしてきたラジオ講座のテキストをやめ、TED(プレゼン)とナショナルジオグラフィックを取り入れたコーステキストを取り入れます。
「攻めの姿勢」です
もちろん中高の英語のフォローもしますが「英語学習のための教材」というよりも知的好奇心をもうちょっと刺激できたらと考えてのことです。
中3クラスのラストレッスンで恒例の「 スティーブ・ジョブズ伝説の卒業式スピーチ 」を視聴したとき、長いからだれるかなあと少し心配していたのですが、全員見入っているように見受けられ、視聴後にある子が「僕は死についてこんなことを言うのを初めて聞いた」と言いました。
そんな風に心に訴えるものを探して紹介していけたらなあと思います。

ラジオ講座も大好きなので時々は取り入れますし、生徒さんたちにも「らじる★らじる」や「NHK語学」のアプリを是非ゲットして自宅で聴いて欲しいと思います。
これまで使っていた「ラジオ英会話」は講師が大西先生にチェンジ。会話なんだけど文法を意識した内容になるみたいです。
そしてこれまで担当してこられた遠山先生は「英会話楽習」こちらが、これまでの「ラジオ英会話」とほぼ同じ内容のようです。



















さて、講師は1週間お休みをいただきます(といってもこれから1週間は翻訳作業が厳しいスケジュールだったりしますが)
See you in April★

追記。
旧教室会場の桜が満開です。わざわざ行かなくちゃ見られなくなってしまったのは少し残念?
立派な江戸彼岸桜、大好きな木です。




















無料体験レッスン受付中です

  • author: bluecat1115
  • 2018年03月18日

22日に小学4−6年を対象にした無料体験レッスンを行います。
詳細はこちらのメッセージ欄などでお問合せください。
他の学年も受付中です。
…といっても体は一つしかないので、できる範囲となってしまいます。
興味のある方がおられましたら、どうぞお早めにご連絡ください。

先日の小学生クラス、I, my, me, mine...のme の部分、目的格を使うすごろくゲームをしました。
所有格は教えやすいんですが、目的各は使い方を分かってもらうの、なかなか難しいです。
ずーっと前の児童英語雑誌の付録パズルを利用、
生徒がそれぞれに指人形を一つ持ち、それに性別を決め、名前をつけます。
講師の私だけは2つ持ちます。
さいころを振って止まったところで、
He(She) wants to see the elephant. (彼or 彼女は象が見たい)と言うと
他の全員が Let him(her) look.(見せてあげて)
私だけはふたりなので
They want to see the elephant.(彼らは象見たい)で、
他の全員が Let them look.(見せてあげて)

他にも使い方は色々あるので、気の長〜い取り組みになります。


















さて。
卒業シーズン。
卒業生のみなさん、おめでとうございます!
中学生は月末に卒業をテーマにしたレッスンを行いますね。
いわゆる卒業ソングを選んでいるところです。
個人的には Fun のCarry On などが好きですが、、、
小学生にはアレで、中学生にはアレで、高校生はまだ卒業しないけどアレかな(謎)

たまに、かつてクラスに来ていた子たちの近況を教えて頂くことがあります。
「〜に進学した」「〜に就職した」「親になる」
感慨深いです。。。
それぞれに納得して人生を歩んでいけますように。
英語を得意なことにしてあげるのも勿論ですが、振り返った時に英語教室に通っていたことが懐かしい思い出であればいいなと願っています。

あっという間に3月

  • author: bluecat1115
  • 2018年03月13日

Time flies!(時がたつのは早い!)
出会った時は幼稚先生だった子がこの春大学を卒業して就職!?
パパになると葉書をくれた卒業生も!?
そしてニュアンスがちょっと違いますが、今年ももう4分の1が過ぎようとしています…
中3クラスは月末に卒業レッスンしますね!
そして継続のご確認や、新規クラスの募集も…やります!
いつもギリギリですみません
ただいま確定申告(最終日ギリギリ持ち込みの予定)、翻訳仕事も含め業務が立て込んでおりますが。。。ご連絡しますのでもう少々お待ちくださいね。

そんななか、教室も少しずつではありますが整えています。
空気清浄機に加湿器も整いました。私自身も花粉症なので、必需品です。
そして本棚。ディスプレイした本に吸い寄せられるように「この本借りてもいいですか…?」と聞いてくれる子も中にはいて、こちらとしては「キタ――(゚∀゚)――!!」と内心喜んでおります。
以下は教室の写真、少しアップしておきますね。猫クッションは従姉からのプレゼントで、本来は足を入れるのですがもったいなくてそんなことできない〜とソファに置いていたら女の子たちが時々帽子にしています。
うちの猫たちは基本レッスン中は部屋でお留守番ですが、たま〜に顔を見せることも…あるかもしれません。レッスンの邪魔にならない範囲で、クラスペットの役目をしてくれたらなと思っています。




2月より教室場所が変わります

  • author: bluecat1115
  • 2018年01月23日

こんにちは。
昨日は凄い雪でしたね
雪かきと愛車の発掘を終えたところです。

転居先もかなり落ち着き、教室もだんだん整ってきました。
…といっても一人では無理〜かな〜り色んな方々のお力をお借りしてしまいました。
本当に感謝です。

水曜日のレッスン前に本棚に本を入れる作業を手伝ってくれた、元生徒の理数講師。
本の箱の多さに爆笑
幼稚園生の頃から通ってくれた子なので絵本を入れながら「これ覚えてる!」連発でした。


















中身はまだまだ変わりそうですが、とりあえずこのような図書コーナーができました。
ちょっと変わった地球儀も置く予定です。

思い返せば学生時代から身近に「本の部屋」がありました。
先輩夫婦が暮らしていた下宿の、本だらけの部屋。
週に一度レッスンに伺っていた、日本文学を愛するアメリカ人の先生の書斎。
そこは自分にとって落ち着く空間でした。
既知と未知のストーリーに囲まれた空間、もっと知りたいと思わせると同時に人を急かしたり追い立てたりすることのない落ち着いた空間。
そしてそこで自分の知らないことをたくさん知っている人に受け入れて頂いていました。
気が付けば自分も年を重ね、私が出会ってきた人たちの英知に自分は遠く及ばないことを自覚しつつも、そろそろ自分なりの空間を提供する側にまわりたいと思う気持ちが、仕事とプライベートを分けたいという気持ちを上回ったようです。
この度またとないご縁で良い場所に転居することができ、とても有難く思っています。

生徒さんにはオープンハウスのご案内を入れますので、道順や駐車場所の確認がてら是非いらしてくださいね。

映画の中の本の部屋(厳密には部屋じゃなくて店ですが)ですぐ頭に浮かぶのは「You Got Mail」の
「Shop Around the Corner(街角の本屋)」です。
ノーラ・エフロン脚本作品はヒロインがカマトト過ぎて基本苦手なのですが、これだけは別。台詞が小粋で楽しいし、登場人物がお喋りなインテリなので英語の勉強にもぴったりで、ビデオ発売当時は音声を録音して車で流していました。
ずっと以前にも書きましたが、みなさんも好きな映画の台詞を一通り勉強すれば、かなり上達しますよ!




ページトップに戻る▲