宇宙ネタ2つ

  • author: bluecat1115
  • 2017年09月08日

こんにちは
夏休みも終わりましたね!
みんな楽しんだかなー?

今回は、最近中高生クラスで使用した英語ニュースとプレゼンをご紹介します。

1つは、夏休み中に出会った、なんとも微笑ましいニュース。
NASAがGuardian of Galaxy(惑星防衛官)の求人を出したところ、9歳の男の子が応募したというニュースです。
以下をクリックすると、英語も訳も掲載されていますので、是非ご欄になってみてください。

まだ9歳だけどやってみたい!NASAの惑星防衛官に応募した男の子に対するNASAの対応が神だった。

nasa9yearsold




ノートパソコンで上のお手紙を見せると、みんなのぞき込んで読んでいました。

もうひとつは、プレゼンサイトTEDより。
ホーキング博士に無重力空間を体験させてあげたというお話。
TEDプレゼンの中では短く、分かり易いです。

ピーター・ディアマンディス:「ゼロGのスティーブン・ホーキング博士」

2008年のプレゼンなのでかなり前です。
TED,素晴らしいプレゼンが多いのですが、大多数が15−20分で、授業で見せるには長すぎる。
一部を切り取って見せるか、短いのを選ぶか、難しいところです。

****

ところで、英検ですが、
今年度から市の方針により中学で受ける子が激増しました。
中学、あるいは高校で受験すれば、部活と都合をつけやすく、担任の先生にも把握して頂けるので以前から可能な人にはそれをお勧めしていました。
準会場は受験者が10人に満たないと実施できないので、私のところは実施者の役目を終えるかな…という感じです。
課題は、受験を希望する小学生ですが。。。
別に英検コースを設けているわけではないので、人数は少ないです。
ちょっと考えますね。

もちろんご指導はさせて頂くのですが、日程調整、連絡などといった細かいやりとりが増えるのも、普段なら原稿を書いている土曜日に試験監督で時間が使えなくなるのも、これまで正直ちょっとつらいところでした。
過去には、中学で実施しているのに当教室で受験したいと言われ、直前になって「部活が」と、特別に別時間を設けて…といったこともありまして。

そんなに推奨する試験なら、宇都宮まで行かずとも良い本会場を設けて欲しいものです。



フードピラミッドのレッスンをしました

  • author: bluecat1115
  • 2017年07月22日

21(金)の小学生クラス。
8月の第1、第2とお祭りやお盆でお休みが続くので、その前にひとがんばり、2時間レッスンを行いました。月曜の子たちも欠席フォローの意味合いも含め声掛けしたら2人参加。

内容は、ちょっとした食育です。

まず、食わず嫌いな妹のお話を読み聞かせ。















「トマトなんか絶対に絶対に食べるもんか」というタイトルですが、
トマトどころか、野菜と果物はほとんど、魚もダメ、パスタさえダメ、一体何を食べるのだこの子は!?という女の子。
お姉ちゃんが一工夫して、
「え?グリーンピースじゃないよ。グリーンランドの空から降ってきたグリーンドロップだよ。超レアもの!」とか
「え?マッシュポテトじゃないよ。似てるけど違う。富士山の尖ったてっぺんから集めてきたフワフワ雲だよ」などと、
名前を変えて、
「いらないなら私が食べるからいいよ」と言うと、
「じゃあ食べる。あれ美味しい。お代わり」となる。そんなお話です。

その後、デザートタイム。

黒板に、vegetables---yellow, red, green
と書いて、それぞれの色の野菜を言ってもらいます。
みんな次々に手を挙げて色々言ってくれました。

「うん、この中にこれから出てくるものはみんな入ってるね」で、順番に冷凍庫から、黄色いの、赤いの、緑色の、、、とシャーベットを出してきて、食材を当ててもらいました。
匂いですぐ分かったみたい。

黄色はかぼちゃ、赤はトマト、緑はキュウリです。





















写真はキュウリしか撮れなかったー
ワイワイ言いながら味見。
人気NO.1はかぼちゃ、2はトマト、最下位がキュウリ。
キュウリはちょっと青臭いかなー
少しミント混ぜてみたらよかったかもしれません。

その後、月曜の4〜5年生が使っているEnglish Time3のページを使って、食べ物の種類を知ります。



















そしてそれらをフードピラミッドにするとしたら、どこに何を入れるか、みんなに考えてもらいます。
残念ながら?スイーツや脂肪の多いもの(fats and sweets)はてっぺんで一番面積が小さい。
次が肉魚類(fish and meat) 乳製品(dairy) その下が野菜&果物(fruits and vegetables) 一番底が穀類(grains)

それを知ってから画用紙にピラミッドを描いて、広告を切り貼りしたり、絵を描いたりして食べ物をそのピラミッドにつけていきます。

仕上げに英語を書きます。
大きい子は私のノートパソコンを使って英単語を自分で調べて書いてもらいました。

「これは数えられるから、sをつけたほうがいい?」と聞いてくる子も(歓喜)

たまにはこういうレッスン、いいですよね!…と自分で書くw

ちなみに、

キュウリのシャーベットは、

種をくりぬいたキュウリ+レモン汁+蜂蜜+水(すべて好みの量)→ミキサーにかける→容器に入れて冷凍庫へ→途中2回くらいフォークで混ぜて空気を含ませる。

かぼちゃのシャーベットは

かぼちゃを砂糖(きび砂糖がお勧め)と水で軟らかく煮る)→フォークで潰す→冷凍庫へ(途中で混ぜるのはキュウリと同じ)

トマトのシャーベットは

湯むきして種を取る→ざく切りにしたトマト+レモン汁+粉砂糖 (水無)あとはキュウリと同じ。

甘味のつけ方は、食材との相性で、蜂蜜だったり、粉糖だったり、微妙に変えると面白いです。
お試しください。



























もうすぐ夏休み

  • author: bluecat1115
  • 2017年07月17日

もうすぐ夏休みですね
新年度レッスン開始からあっという間に夏!
大人になると時が過ぎるのが早い…子供たちにはゆったりとした時間の流れの中で過ごしてほしいなあと思います。今の内ですよね。

小学生、金曜日の一番小さい3年生と、月曜日の2年目の4〜5年生、
レッスン初めのSuper!Happy!Lucky!のチャンツをそれぞれがリーダーになって言えるようになりました。毎回交代で元気よくやってくれています。私はその様子を見るたびに「おお!堂々としている!上手!」と鳥肌が立っています(ホント)
6年生はこのチャンツを卒業して、月替わりで早口言葉です。
これもなかなか上手ですよ。
7月はBとVの発音がポイントの以下です。
     Vivian believes violent, violet bugs have very big value.
(ビビアンちゃんは乱暴なすみれ色の昆虫には大きな価値があると信じている)

読み書き、リスニング、発話ともにイイ感じに伸びている手ごたえがあります。

さて、中高生。

「プリント勉強がしたい!」「明日の単語テストの準備がっ」という子が多いです。
差し迫るものが常にあるのですよね。
それに対応しつつ、リスニングと発話の時間も絶対に少しは確保しています。
これを外したら元も子もなくなる気がするからです。
定期テストの前にはプリント学習を長めに、終わると短めにして、動画や会話を増やしています。

夏休みは普段のレッスンの他に3日間、英検&夏休み課題フォローの時間を作りました。
大学生講師による理数教室もあります。先週ご案内した通りです。
もちろん前日の参加メールでも大丈夫なのですが、人数を把握したいため、出来る限り予定を立てて21日にちくらいまでにご連絡頂けたら大変助かります。

英検。
私は小学生に無理な英検指導をするのは大が100個つくくらい嫌いですが
(そういう学習に抵抗が無く、むしろ「好き、勉強したい、やりたい」という子や
レッスンする内に読み書きの実力がついて無理なく受かる子は別です)
中高生は学校での学習とも絡めることが可能ですし、喜んで受験指導します。
しつこいくらい書いているかもしれませんが、小さいうちにたくさん英語を聴いて慣れておけば中高生になってリスニングを伴うテストに抵抗はないはず。自分の子供時代を振り返ってもそうです。
高校生のうちに2級(準1級は相当難しいですが)を取ればいいなら、それまでのプロセスをなぜ小学生時代にまで前倒ししなくてはならないのか、私の感覚からしたら意味不明です。

とにかく、中高生で
準2級、2級を受ける人は、夏休みにしっかり準備する必要がありますので
時間が許せばぜひ参加してください。

実をいうと、、、
高校の夏休みの長文課題の解説、大好き
良い内容のものが増えましたし、抵抗感を取り去ってあげられたらなあと思います。

さて、最近はまっている曲。
ワイルドスピード8のエンディングテーマ good lifeです。
聴くと「アメリカでの成功って基本こういうことだよな〜ギラギラしてる」と思いますが、
何もないところから築き上げる気概が凄いですよね。







中高生のレッスン

  • author: bluecat1115
  • 2017年06月03日

こんにちは。
今週はどの高校の子も中間試験が終わったこともあり、TEDトークをレッスンに取り入れました。
…といっても、進学校は毎日のように単語テストや模試向け問題集の課題があり、その対応にも追われます。レッスン時間は2時間ですが、やりたいことはとても多い。なので15分〜20分のプレゼンが多いなかで5〜6分の短いものから選びました。
ある高校教科書にも掲載されているものです。
日本語の字幕が出ますので是非ご覧ください。

ウィリアム・カムクァンバ 私がやって見せた風力発電

素晴らしい青年。
彼が言わんとすることを少しでも汲み取って欲しいのはもちろんですが、
高校生が今学校で学習中の表現や、単語集の語彙もたくさんでてきます。
当然ですが言葉は参考書や問題集でのみ覚えるのではない。読んで、聞いて、使ううちに自分のものになると思います。範囲でないから、と考えるのは浅はか。
ちなみに私が英語を好きになったきっかけは音楽と映画でした。歌詞や台詞のかっこよさ。感動したことは忘れないものです。

レッスンでは、TEDサイトが提供してくれている英文と訳文、それに単語集を配布しました。




















いやいや、本当に高校生は忙しい。
学校で学習する内容のフォローも考えると、英検の準備が間に合わないー
(あ、私は小学生の英検受験には否定的ですが、中高で挑戦することは良いことだと思っています)
ということで、時間が作れる週末には時々英検+TEDのレッスンをご案内しますね。

余談ですが、、、、
登壇したウィリアム君はアフリカの人。
彼の母国語とは違いますが、先日アフリカがらみの番組を訳していて、色々調べている時、サン人の言葉をレクチャーしている動画に行き当たり、こ、、、これは発音できない〜〜〜と。
クリック音が混ざるんですが、英語ではその音を!で表記していて「どうすりゃいいの」と苦笑しました。なんだかかわいい音。外国語は、難しいけどおもしろい。














新学期、スタートしています

  • author: bluecat1115
  • 2017年04月23日

こんにちは。
新学期がスタートして2週間が経ちました。
今年は桜が遅かったですね。
ちょうど1週目、教室会場の江戸彼岸桜が見頃でした。




































毎年きれいですよね。

4月、中高生のクラスでは映画LaLaLandからの一曲をテーマ曲にしています。



私個人はちょっと辛口の感想を持っていますが、このテーマ曲はとても好きです。
さあがんばろう、という気になるので朝とか仕事に出かけるときに聴きたい一曲です。

今年、教材にはしませんでしたが資料でTEDを活用したものを取り寄せました。
ted










…じゃなくて
Technology Entertainment Designの略のTED、様々なプレゼンを活用した英語学習教材も出ているんです。
プレゼンが20分弱くらいのものが多く、レッスンで扱うには長めですし厳選が必要ですが、良い刺激を受けるプレゼンがとても多いので、時々取り入れていきたいと思っています。

2400+ talks to stir your curiosity

それから英検のご案内をしますのでご興味があればメールください


ページトップに戻る▲