もうすぐ夏休み

  • author: bluecat1115
  • 2017年07月17日

もうすぐ夏休みですね
新年度レッスン開始からあっという間に夏!
大人になると時が過ぎるのが早い…子供たちにはゆったりとした時間の流れの中で過ごしてほしいなあと思います。今の内ですよね。

小学生、金曜日の一番小さい3年生と、月曜日の2年目の4〜5年生、
レッスン初めのSuper!Happy!Lucky!のチャンツをそれぞれがリーダーになって言えるようになりました。毎回交代で元気よくやってくれています。私はその様子を見るたびに「おお!堂々としている!上手!」と鳥肌が立っています(ホント)
6年生はこのチャンツを卒業して、月替わりで早口言葉です。
これもなかなか上手ですよ。
7月はBとVの発音がポイントの以下です。
     Vivian believes violent, violet bugs have very big value.
(ビビアンちゃんは乱暴なすみれ色の昆虫には大きな価値があると信じている)

読み書き、リスニング、発話ともにイイ感じに伸びている手ごたえがあります。

さて、中高生。

「プリント勉強がしたい!」「明日の単語テストの準備がっ」という子が多いです。
差し迫るものが常にあるのですよね。
それに対応しつつ、リスニングと発話の時間も絶対に少しは確保しています。
これを外したら元も子もなくなる気がするからです。
定期テストの前にはプリント学習を長めに、終わると短めにして、動画や会話を増やしています。

夏休みは普段のレッスンの他に3日間、英検&夏休み課題フォローの時間を作りました。
大学生講師による理数教室もあります。先週ご案内した通りです。
もちろん前日の参加メールでも大丈夫なのですが、人数を把握したいため、出来る限り予定を立てて21日にちくらいまでにご連絡頂けたら大変助かります。

英検。
私は小学生に無理な英検指導をするのは大が100個つくくらい嫌いですが
(そういう学習に抵抗が無く、むしろ「好き、勉強したい、やりたい」という子や
レッスンする内に読み書きの実力がついて無理なく受かる子は別です)
中高生は学校での学習とも絡めることが可能ですし、喜んで受験指導します。
しつこいくらい書いているかもしれませんが、小さいうちにたくさん英語を聴いて慣れておけば中高生になってリスニングを伴うテストに抵抗はないはず。自分の子供時代を振り返ってもそうです。
高校生のうちに2級(準1級は相当難しいですが)を取ればいいなら、それまでのプロセスをなぜ小学生時代にまで前倒ししなくてはならないのか、私の感覚からしたら意味不明です。

とにかく、中高生で
準2級、2級を受ける人は、夏休みにしっかり準備する必要がありますので
時間が許せばぜひ参加してください。

実をいうと、、、
高校の夏休みの長文課題の解説、大好き
良い内容のものが増えましたし、抵抗感を取り去ってあげられたらなあと思います。

さて、最近はまっている曲。
ワイルドスピード8のエンディングテーマ good lifeです。
聴くと「アメリカでの成功って基本こういうことだよな〜ギラギラしてる」と思いますが、
何もないところから築き上げる気概が凄いですよね。







この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲