29(日)ハロウィンレッスンを行いました。

  • author: bluecat1115
  • 2017年11月06日

11月29日(日)ハロウィンレッスンを行いました。
この日は夜更けに台風が通過する予定だったので午前中にしてよかったです。
お足元の悪い中お子さんを連れてきてくださって、ありがとうございました。

私のハロウィンは、パーティーというよりはレッスンです。
先日仕事で上京した際に丸ノ内の丸善書店で洋書絵本を見ていたら、以下の絵本を見つけました。
























ズバリ「みにくいアヒルの子」のかぼちゃバージョンです。
実は!
日本のお店で普通「かぼちゃ」として売られているものは英語では「squash(スクワッシュ)」と言います。
下の写真で「パンプキン」は一つだけ。残りは全部「スクワッシュ」なんです。




















どれだかわかります?

教室では、簡単なじゃんけんゲームのあとハングマンゲームの人道的バージョン!?
(ハングマンというのは、ボードに綴りのアルファベットの数だけ〇を繋げて中に入る字を当てる、言葉当てゲームです。言った文字がはずれだと、講師が横に頭、首、胴体…と、人体の部位を一つずつ描いていきます。生徒が言葉を当てる前に人体が完成すると、首吊りされた人が完成して講師の勝ち。ずっと前からあるゲームですが、これが残酷だと一時話題になりました。私は以前から、首を吊るロープを描かず、チャートの横にかわいい子供の絵を描くようにしています。今回はホウキに乗った魔女が完成したら私の勝ちよ、としました。

squash、qやshを当てにくいのでギリギリの勝負でした!
「魔女のマントの皺も描かなくちゃダメ!」
「反対側の手も描かなくちゃダメ!」と発言回数を増やそうとする子供たち。
ギリギリのところでsquashを当て(笑)
ストーリータイム。

その後、テーブルの上にある中でパンプキンは一つだけ、どーれだ?と当てっこしましたが、
正解者は居ませんでした。
左から3番目がパンプキン、残りは全部スクワッシュです。

その後、自宅で蒸してきたかぼちゃを卓上鍋に入れて、バターとお砂糖と牛乳を加えつつ、潰しながら煮詰め、順番に”ABRACADABRA, be delicious!(アブラカダブラ、おいしくなれ)と2回ずつ唱えながら順番にかぼちゃを潰して"squashed squash”を作りました。
squashには「潰す」という動詞の意味もあるのです。
だから、squashed squashは mashed potatoes(マッシュポテト)のスクワッシュバージョンですね。かぼちゃは、日本の「かぼちゃ」を使いました(一番おいしいから)
いい匂いが立ちのぼってきます。





















卓上鍋に付属の、別の浅いグリルパンでアーモンドスライスをロースト。
これもいい匂い。
匂いも場を盛り上げる大切な要素でした。
出来上がったかぼちゃをクラッカーに乗せ、アーモンドをトッピングして頂きました。
「お菓子」とも名付けられないような、超、超簡単なものですが、みんな喜んで何度もお代わり、完食でした。

その後、かぼちゃとスクワッシュは欲しい子たちがじゃんけんして1個ずつお持ち帰り。

あとは恒例のトリック・オア・トリートをして、写真を撮ってレッスンは終わりです。

後日、リアル・パンプキンを当てた子がジャコランタンを作って、お姉ちゃんのクラスの時に見せに来てくれました。




















準備のプレッシャーはあるのものの、当日は「やって良かった!」と思える。
私にとってハロウィンは毎年そんな感じです。
今回原稿の締め切りと重なってしまってつい愚痴ってしまい、何人かのお母さん方に「大丈夫ですか?」と声をかけて頂きました。すみませんでしたーありがとうございました。

一昨日の4日は翌日英検2次を控えた中高生の事前練習。
一生懸命で可愛かったです。
仕事は翻訳に比重を移しつつありますが、教える仕事も好きなので、もう1クラスくらいは増やせるかなあという感じです。
秋から春にかけて(金)5時〜6時の小学校(中学年)を募集中です。
興味のある方はこのサイトのコメント欄か、
chieshuto@gmail.com
までご連絡ください。

おまけ。
以下はハロウィンで配布したプリントです。
こういう時は手描きの方が好きです。


この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲