2008年06月14日

悩み

お久しぶりです、ってもう誰も見てないのかな〜?とか思ってますが...


俺の方も相変わらずな部分と、いろいろ悩んでることと、なんかようわからなくなってきた感じなのです。


「将来のこと」と書くと仰々しくて大げさな感じもしますので、とりあえずどうすべきなのかがわからんのです。

とりあえずですね、塾講は2月いっぱいで辞めました。2年間で区切りをつけようと思っていたことと、他のこともやってみたいというよくある好奇心ですね。

好奇心ということで、周りも進路のことを考え出してる時期なので、やれ就活だの、やれどこどこの研究室が凄いだの...
そんな中自分は定め切れてないということで、就活も始めつつ、軸は大学院進学です。
大学に入る前から植物に関する研究がしたい、と漠然に思っていたので、それを続けるのであれば博士課程まで行く気力はあります。
研究対象としての植物の魅力はあせることはありません。
いくつかの他大学院、研究所の方々からは直接話しを伺い選んでいる状態です。

就活といえば、高校時代の友人、大学の4年の友人たちは軒並み内定をとっており、自分の学科の専攻しているものとは全く違ったところに就職しているケースが多いのです。いろいろ話を聞いているうちに、そうなった理由だのがわかり、理解できました。なのでそろそろ企業の話を聞きに行くでしょう。


その一つとして、この前経済産業省の秘書課の方にお会いし、長々とお話しを聞きました。
そこで新たに官僚というものへの好奇心を持ちました。
また、大きな魅力も感じました。ただ、壁としては国家公務員擬錣了餝覆鬚箸襪海箸難しいことですね。
自分の性格上、試験対策というのはどうにもならないのです、情けない。



そして、情けないといえば自分への不甲斐なさがあります。
やるべきことを満足にこなせない、とかではなく、学問に対する情熱が萎みに萎みました。何故と言われれば何故なのかははっきりとは言えません。
興味が無くなったわけではないと思うのですが。

閉塞感が襲ってきて、自分の中でいろいろ問いかけるのですが、矛盾だらけなのです。
そして、選択肢のひとつとして、大学を休学もしくは退学しようという思いが強くなってきたのです。
それを酔った勢いでmixiとかに書いてしまったものですから、友人?たちは一律に「辞めるなよー」「寂しくなる」だとか「なんで?」「どした?」とかいう反応しかありませんでした。

むしろ逆に何でみんなは大学に行ってるのか言えるのでしょうかね?

ところが俺も俗物で、まあ俗世にいる限り俗なのですが、こりゃまた仕事のことを考えるとワーキングプアだの「蟹工船ブーム」(笑)のこの時代、大学辞めると満足に生活していけるかも怪しいので辞めるに辞めれないのです。


では、進学か?

研究室のぐだぐだした部分と、妙な人間関係とかが嫌でしょうがない。
あの閉鎖的な感じが受け入れ難いのです。
そして受け入れ先のなさ。

研究職にはつけない、と断言した人のいかに多いことか。
科学技術振興機構の方などの話も聞きましたが、研究職のポストなど、皆無で、そのくせポスドクなど溢れるほどいる現状で制約もいろいろと。


それでも一度は研究したいと決めたのだから突き進みたいもので、植物とは違うのですが、都内にある研究所の幹細胞に関するところでバイトを5月から始めたのです。

そこで都の非常勤職員という形にはなったのですが、金曜には授業を履修せず、6時に起きて通ってます。
バイトというだけあって、雑用をこなします。
マウスのケージを60くらい交換し、チップを黙々と詰めます。

しかし、そこのボスは非常に熱意を持った方で、俺がバイオ系の学生ということで午後には他の研究員の下で実験の技術を磨かせてもらっています。
大学の実験よりさらに実践的で、つきっきりで見てもらいながら技術を習得しています。
よくやるDNAの精製から抽出から始める具合に。

そしてボスが言うにはしばらくしたら研究に参加しなさいとのことで、自分でプロセスを考えて行う予定だそうで。

個人的には全く興味のない分野だったのですが、microRNAの再生医療と幹細胞に関することをマウスを使って解明することで、その分野ではトップを走っているような研究室です。
秋までにはNatureに投稿するそうで、近いうちに今の生命科学のブレイクスルーとなるでしょう。
その論文には俺の名前も入りますが、それだけではなく、来年から外研で来ないかと非常に薦められました。どうにかして入れてくれるらしいのですが、mammalを用いたものなど考えたこともなかったので当惑しています。

周りの研究員の方々も精鋭であるばかりではなく、非常に良い雰囲気で可愛がってくれます。






と長々と現状を書いてみたのですが、具体的な像が浮かべば浮かぶほど、自分がそこにいる、といった像が思い浮かびません。
決定するのにあと半年ほどで決まるのでしょうか、しかもすっきりと決まるのでしょうか。
さらに考えたいと思います。

bluedesert_room336 at 03:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日記/いろいろ 

2007年11月21日

あっという間に冬でしょか?

とりあえず関東はめっちゃ寒いです。懐も...

バイトの給料は今月も6桁なんですが(週2でこれは熱いですね)、支出もやはり。
服なんて全く買ってないんですが、音楽関係と、いわゆる交遊費ですねー

9月には2台で20万するようなスピーカーをアキバで7万で買いまして、プリアンプにオーディオインターフェイスも。
レコードの所有数も軒並み上がりまして、都内のしょっちゅう通ってる店には取り置きのアナログ盤の枚数が増えていく一方でして。

で、土日、と言わずほぼ毎日予定だらけ、遊ぶ??ものばかりですかね???

先週の場合は幕張メッセにチャリのイベントに行ってきまして、90万分のチャリに乗ってきたり、横にルイガノの社長がいたりだの。
日曜は思いつきで友達と片道4時間かけて秩父までドライブに行きつつ、思いつきで酒造見学をしたりだの。和久井酒造さんは親切に相手してくれました。江戸時代から続く小さな酒造さんで、慶長とかを作ってます。

生物系の学科なので醸造はとてもお勉強になりました。日本酒の微妙な味や香りの違いは杜氏さん次第なんですね。

そんなことよりなにより部屋の散らかり具合が異常です。
計画性の無さは明らかな自分の欠点ですが、もはや散らかりに年期が出てきました。
計画性がないためか今年も物理落とします。
いやいや、それはさておき、うまく片付ける人ってのは少しでも散らかったらすぐに片付けるような人なんでしょうねぇ。
俺の場合は今片付けようにも、モノをどこに移せばよいのやら...
移す場所もない...
でも増える一方。
失くし物も増える一方.........


宣言します、今月中に一度綺麗にします。
写真載せます。
ま、どうせほっとんど誰も見てないでしょうからどうなんでしょう?

bluedesert_room336 at 02:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記/いろいろ 

2007年11月03日

どーもー

あー、すっかり放置してたのでもはや誰も見てはいない気もするのですがー

ここ最近寒くなってきたのと同時に、俺も女絡みでいろいろありまして、煙草が友達になってしまいましたよー

さてさて、先週ですが、バイオイメージング学会とやらに出席しました。
眠かったです。
今日は理研やらの主催の植物遺伝子に関する講演に行って来ました。
大したことは言ってませんでした。

うーん、なんかいろいろと手を伸ばすと、何かを見失ってそうな気がします。

bluedesert_room336 at 23:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記/いろいろ 

2007年09月17日

えー

http://www.shin-yasai.jp/order/index.html

大塚製薬のページの一部なんですけど、なんかシュール。

bluedesert_room336 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記/いろいろ 

2007年09月10日

あまりに放置

ちょっと放置しすぎてましたね、みなさん御機嫌よう。

夏の間ですが、夏期講習をこなしながら、実家に帰りつつと、予定に埋まった日々でして、18切符をフルに活用したりしてました。

9月に入ってからは思いつきで友人と電車に乗ってどこか行こうってな感じで急に軽井沢に行ったり。

あとは気が付けばここ最近でレコードの枚数が50枚以上も増えたりと。

渋谷のイベントにも参加したりしてたわけですが、参加といえば、9月の7〜9日まで第71回植物学会に参加したことが印象的です。

学部生なんて学会にはいないもんですが、行きました。

植物学会は創立125周年の植物学でも権威のある学会ですが、全国から集まった研究者の発表を舐めるように見て聞いたのはよかったかなぁと。

まあ、学会なんで新しい発表ばかりですから、今の研究の「流れ」を感じることができました。


一人で周ってたんですが、積極的に発表してた人に話しを伺ったりしてました。
素人に対しても丁寧に応対してくれる方ばかりで嬉しかったです。


ギシギシ属のシュウ酸代謝を研究してる人と長時間話しをしていろいろとためになりました。


そして、これは一番のことなんですが、中学時代からの憧れの塚谷教授と対話しました!!

植物学のなかでも有名人なんですが、たまたまいたので話しました。


そして教授の研究室の話も聞けて、見学することになりました。



とにかくとにかく日々が農耕、じゃなかった、濃厚ですよ。

でももう夏休みが1週間で終わるなんて短すぎる!!!!

bluedesert_room336 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記/いろいろ 

2007年08月07日

業務連絡

この度は12から23までは神戸にいるつもりです、はい業務連絡。

今日ようやく試験終わりましたー
最初のころはかなり気合い入ってたんで快調でした…が、8月入ると毎日夏期講習と、急に暑くなりやがったせいで非常に出来がよろしくなかったです。
特に物理は再再履修の危険高しです。

あと、試験始まってから伸ばした髭、一部剃ったりした結果、友人からは貫禄のある髭になってきたな、と。
髭はおもしろいですね。

さ、あとはレポートがありますので徹夜で完成させますPCR!


bluedesert_room336 at 21:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日記/いろいろ 

2007年07月23日

試験

ああ、今日から試験が始まりました。8月の7日までって...

夏の休みは1ヶ月くらいしかありません。小学生と変わらんね。

なんでこうもまあうちの大がk...(文句を書くと長くなるので省略)


さて、今日は分子遺伝学とやらで、明後日は物理化学。そんつぎは細胞遺伝学と...
ま、今週は少ないほうで、来週やばーいです。再履修の数学やら再履修の物理やら再履修の統計やr...(以下略)


あ、昨日からおなか壊しました。
賞味期限のきれたものだらけなので何が原因なのかはもはやわかりませんし、はたまたストレスなのか、おなかが冷えたとか、暴飲暴食とk...

で、下痢の機構については6月ごろからひそかに独学してたのです。
腸の本と胃の本を読んでたもので。

部屋にブスコパンという(臭化ブチルスコポラミン)腹いたに効く薬があると思ったのですが、意外にもなかったので正露丸で対処。
んで、友達と話してたら正露丸ってよくないとか言ってたんですね。
なんでかはわかってなかったみたいなので、暇じゃないけど調べてました。

以下は俺に勝るとも劣らない暇な人はお読みください。

下痢はそもそも腸内の水分吸収と排出のバランスが崩れたり、異常収縮が原因ですが、臭化ブチルスコポラミンを投与すると、収縮を亢進する要因のアセチルコリンの伝達が多くなるのを、アセチルコリンのレセプターと結合するリガンドとして働くので異常収縮を抑制するのだと言われてます。

で、正露丸の主成分である日局クレオソートはあの強烈な臭いやらで、強力な殺菌作用により腸内の異常繁殖した細菌を殺すのか...と思いきや、2005年の研究室の論文がpdfであったので見ますとhttp://yakushi.pharm.or.jp/FULL_TEXT/125_12/pdf/937.pdf

おお、殺菌作用は吸収濃度においてはさほどではなく、実は塩化イオンチャネルやらCaイオンチャネルに作用するんだなぁと。
サイクリックAMPやらリン酸化は生物学をやっていない人だとわかりにくいと思うので説明...はうまくできません、残念です。
ま、生体内には情報を伝達するためにいろんな物質が働いてるんすよ。
クレオソートだと疎水性の膜も移動できますしね。


それにしても人間の胃や腸の働きって分子から見るとおもしろいんだな、って感じですよー

さ、試験勉強でも今年はしっかりやるつもりです。

bluedesert_room336 at 22:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記/いろいろ | 考察

2007年07月22日

近所

下宿先にて

昨日友達から


「カレー作ったのはいいけど、ご飯がうちになかったー」



ということで冷凍してたご飯をあげました。

bluedesert_room336 at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記/いろいろ 

2007年07月17日

連休

0fa05f7b.jpg金曜に神戸に帰って、月曜に戻ってきた。

特に予定もたてなかったので、昼まで寝て、食べて食べてぼーっとしてまた寝て…

息抜き息抜き…


逆に(何の逆?)充実した4日間でしたとさ。


bluedesert_room336 at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記/いろいろ 

2007年07月10日

突然

今週末、実家に帰ります〜

実験が一通り終わったので4連休になるのです。

試験前の逃避帰省ですなー

bluedesert_room336 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記/いろいろ