ワオのPCゲーミング環境を10点満点で評価してほC

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/01/12(金) 22:14:43.52 ID:HFAdSVwG0
頼むで
01


PC業界にもAlexaの波 「コルタナ先輩」の憂鬱

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ばーど ★ 2018/01/11(木) 02:30:20.98 ID:CAP_USER9
 2017年秋からスマートスピーカーが続々と日本で発売され、音声アシスタント(AIアシスタント)の存在がより身近になってきた。iPhoneユーザーにとってはSiriがおなじみだが、GoogleアシスタントやAmazon Alexaなども私たちの生活にじわりと浸透しつつある。

 GoogleアシスタントはAndroidスマートフォンで使えるし、Alexaに至っては、米HP、台湾Acer、台湾ASUSがWindows 10 PCの新モデルに搭載すると発表した。

AlexaがASUSのノートPCに搭載
01


 日常生活で「『OK、Google』なんて言うのは恥ずかしい」という声もあるが、PCのマイクに向かって話しかけるだけで、ディスプレイで映画や音楽を再生したり、検索結果を表示したりできるのは便利だろう。

 しかし、Windows 10にはMicrosoftの音声アシスタント「Cortana」(コルタナ)が搭載されている。17年8月には、米Amazon.comと米MicrosoftがAlexaとCortanaを年内に相互接続させる計画も発表していたが、それが実現しないまま今回のAlexa対応がアナウンスされた。「もう、フロントエンドの音声アシスタントとしてCortanaを使う機会はないのでは」──そんな懸念も聞こえてくる。

続きはソースで ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/10/news100.html

スピーカー買ったwwwwwwwwwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/11(木)21:55:11 ID:bAa
テンション上がってきた

01


ASUS、ディスプレイ間のベゼルを隠す「Bezel-free Kit」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
57: Socket774 2018/01/10(水) 15:04:28.20 ID:qLou02ec

Fractal Design、ミドルタワーPCケース「Define R6」シリーズの国内発売日と予価が確定

このエントリーをはてなブックマークに追加
687: Socket774 2018/01/12(金) 11:23:38.02 ID:xZ3EAKwl
“Two cases in one” Fractal Design「Define R6」国内発売日と予価が確定

Fractal Design(本社:スウェーデン)国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は2018年1月12日、ミドルタワーPCケースのNewモデル「Define R6」シリーズについて、国内市場での新規取り扱い開始を発表した。

Define R6 – Black(型番:FD-CA-DEF-R6-BK) 市場想定売価税抜19,780円(1月下旬発売予定)
Define R6 – Blackout(型番:FD-CA-DEF-R6-BKO) 市場想定売価税抜19,780円(2月上旬発売予定)
01

001

https://www.ask-corp.jp/products/fractal-design/middle-pccase/define-r6.html
Define R6 – Black – Tempered glass(型番:FD-CA-DEF-R6-BK-TG) 市場想定売価税抜22,000円(1月下旬発売予定)
Define R6 – Blackout – Tempered glass(型番:FD-CA-DEF-R6-BKO-TG) 市場想定売価税抜22,000円(2月上旬発売予定)
02

002

https://www.ask-corp.jp/products/fractal-design/middle-pccase/define-r6-tg.html

続きはソースで
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0112/248975

AMD、「CPUの脆弱性」に対策するマイクロコードのリリースを予告

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: サーバル ★ 2018/01/12(金) 13:24:03.20 ID:CAP_USER9
 北米時間2018年1月11日,AMDはプロセッサのセキュリティに関する公式メッセージを出し,その中で,同社のSVP兼CTOであるMark Papermaster(マーク・ペーパーマスター)氏は,現行および過去のCPUに向けて「分岐予測の脆弱性に対策するマイクロコード」を提供すると発表した。
001

 4Gamerでもすでにお伝えしているとおり(関連記事1,関連記事2),2017年末から全世界を騒がせている「Googleが発見したCPUの脆弱性」には,Variant1とVariant2,Variant3の3種類がある。

 3種類の概要について詳しくは4Gamerのレポートを参照してほしいが,AMDはこれまで,自社製品について次のとおりアナウンスを行っていた。

Variant1の脆弱性はあるが,これはOSのアップデートで対応が可能
Variant2の脆弱性は,原理的にAMD製のCPUも抱える可能性があるものの,現在のところVariant2を使った攻撃が行えた例はない
Variant3の脆弱性は持たない
GPU製品は今回の脆弱性の対象外
 この3点についてAMDは新しいプレスリリースにおいても見解は変えていないが,にも関わらずCTOは「Variant2へ対策するマイクロコードを作成し配布する」と明らかにしたわけである。

続きはソースで
http://www.4gamer.net/games/300/G030061/20180112005/

IntelがCPUの脆弱性「メルトダウン」「スペクター」対策後のパフォーマンス低下の結果一覧を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
0022

1: ノチラ ★ 2018/01/12(金) 12:59:21.75 ID:CAP_USER
「すべてのプロセッサが安全性と高速性を両立できない問題を抱える」とまで表現される、2018年の年頭から大騒動になっている脆弱性問題「Meltdown(メルトダウン)」「Spectre(スペクター)」への対策パッチを当てた場合にどれぐらいPCの性能が変化するのか、Intelが複数環境下でのベンチマーク結果を発表しました。
今回、Intelが公開したのは、6つの環境下でのSYSMARK 2014 SE・PCMark 10・3DMark Sky Diver・WebXPRT 2015のベンチマーク結果です。ただし、具体的なスコアではなく、本来発揮される性能を100%としたときの相対的な値です。

テスト環境は
・第8世代デスクトップ向けプロセッサ Intel Core i7 8700K(Cofee Lake)/Windows 10/SSD
・第8世代モバイル向けプロセッサ Intel Core i7-8650U(Kaby Lake)/Windows 10/SSD
・第7世代モバイル向けプロセッサ Intel Core i7 7920HQ(Kaby Lake)/Windows 10/SSD
・第6世代デスクトップ向けプロセッサ Intel Core i7 6700K(Skylake)/Windows 10/SSD
・第6世代デスクトップ向けプロセッサ Intel Core i7 6700K(Skylake)/Windows 7/SSD
・第6世代デスクトップ向けプロセッサ Intel Core i7 6700K(Skylake)/Windows 7/HDD
の6つ。

スコアにはばらつきがあるものの、いずれの環境下でも、オフィス用途を想定したベンチマーク内容は95%前後と、影響は軽微。3DMarkに至っては複数種類のベンチマークを行った上で、ほぼ性能低下がないことが示されました。
01

では、影響がないのかというとそうともいえず、SYSMark 2014 SEでのResponsiveness(応答性)に関するベンチマークでは、Core i7 6700KのWindows 7・HDD環境のみ101%と従来より高い数値を示した一方で、ほか5つのSSD環境はいずれも10%以上の低下がみられ、特にCore i7 6700K・Windows 10・SSDという環境では79%と、21%のスコア低下が報告されています。
http://gigazine.net/news/20180112-intel-meltdown-spectre-fix-data-result/

デアゴスティーニ形式でパーツ買って自作PC作るのどうかな

このエントリーをはてなブックマークに追加
01234

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/12(金) 00:10:01.675 ID:RvFOUwta0
初回はマザボと電源、翌月はCPUとファン、翌月はメモリ、翌月はHDDとM.2 Optane、翌月はグラボ、翌月はケースみたいな感じで。
半年位なら型落ち感もないだろうし。
金貯めといて半年後にマルっと買った方がよさげなのはわかるけどさ

国内PC市場、シェア首位NECレノボ、2位富士通、3位日本HP、4位デル、5位東芝・・・MM総研

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 影のたけし軍団 ★ 2018/01/12(金) 00:12:25.48 ID:CAP_USER9
MM総研の2017年度上期(4~9月)の国内PC出荷状況調査によれば、
出荷台数は前年度同期比1.6%増の492万8000万台、出荷金額は同5.2%増の4360億円だった。

2017年度通期の出荷台数は前年度比2%増の1031万3000台を予想する。

上期のメーカー別シェアの順位は2016年度上期と変わらなかった。
首位はNECレノボグループで、シェアは前年度同期比0.2ポイント増の25.8%だった。

2位は富士通、3位は法人向けで伸ばした日本HPである。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/17/100200154/120700021/

01

SteelSeries、TrueMove3+ デュアルオプティカルセンサーを搭載したゲーミングマウス「Rival 600」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
719: UnnamedPlayer (ワッチョイ 4f18-8avC) 2018/01/10(水) 12:00:28.97 ID:KIYttN4X0
rival600か
001

01
02
03
04

別動画でG502を引き合いに出しているあたり、センサーに自信はあるようだが
https://www.youtube.com/watch?v=QzFIAO3e1Vo


ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
Intel CPU Core i9-7900X 3.3GHz 13.75Mキャッシュ 10コア/20スレッド LGA2066 BX80673I97900X 【BOX】
Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応 筋緊張20%軽減 8ボタン 高速充電式 2年間無償保証
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly