4099685c-s

769: Socket774 (ワッチョイ 4f3b-S3Tg) 2019/10/19(土) 02:45:08.01 ID:Ycv9fEot0
AMDは、Zen 5がすでに開発中であることを確認しています
AMDの「飛躍的な」設計チームは、すでに次世代の開発に取り組んでいます

AMDのZen 2プロセッサはすでに印象的なパフォーマンス値を提供していますが、それはRyzenの台頭がそこで止まる必要があるという意味ではありません。AMDは、競争力があるだけでなく、x86 CPU市場でパフォーマンスのリーダーになることを計画しています。これを念頭に置いて、AMDはZen 2の後継機に関して大きな考えを持つ必要があります。

AMDのZen 3コアが「設計完了」であることはすでに確認されています。これは、AMD Zen 3コアアーキテクチャがロックダウンされたことを意味します。AMDは現在、Zen 3のテストおよび製造段階に移行しています。現在、AMDの中核設計チームは、Zen 4とZen 5の両方のアーキテクチャの準備を進めています。AMDは、イタリアのローマで開催されるHorizo​​n Executive Summitで、両方のアーキテクチャが「設計段階」にあることを確認しています。

AMDのZen設計チームは、飛躍的に取り組んでいます。1つのチームは次世代のCPUアーキテクチャで動作し、もう1つのチームは次世代のハードウェアで動作します。
Zen 3の設計が終了したため、AMDのエンジニアは2022年にリリースされるCPUアーキテクチャであるZen 5に移行しました 。
AMDの設計チームに関する注意事項の1つは、コアアーキテクチャの改善をあるアーキテクチャから別のアーキテクチャに移行できることです。例えば、Zen 2の分岐予測に対するいくつかの変更は、Zen 3でのリリースによるものでした。この設計機能は、AMDのZen 3チームの迅速な作業のおかげで、AMDのZen 2コアに移行しました。同様の改善がZen 4からZen 3に移動された可能性があり、AMDの設計チームがどれだけ緊密に連携できるかを強調しています。


以前のEPYCイベントで講演したとき、AMDは顧客からのフィードバックを聞いていて、そのフィードバックを使用して将来のZenアーキテクチャの開発をガイドしていると述べました。これにより、AMDのZenコアがより広範なワークロードにより適したものになり、CPUパフォーマンスの向上が必要な顧客がどこにいるのかがわかります。

AMDは、Zen、Ryzen、EPYCの強力なブランドを作成し、その約束を実行し続けながら顧客に明確なロードマップを提供することで、Intelを1つ強化したいと考えています。AMDは、EPYCが2022年以降も顧客が信頼できるブランドになることを望んでいます。

AMDは2020年に第3世代EPYCおよび第4世代Ryzenプロセッサーの市場投入に取り組んでいますが、同社の設計チームはその後2世代の製品の開発に忙しくしています。これを念頭に置いて、AMDは近い将来CPUのパフォーマンスを向上させる計画を持っていると確信できます。これはPC市場にとって素晴らしいニュースです。 

Zen5設計中だってよ
素晴らしき欲しい時が買い時の時代到来ですよ

774: Socket774 (ワッチョイ d676-1jLk) 2019/10/19(土) 03:29:05.08 ID:oB7FGdps0
まぁどんな世界でも同じで王座が入れ代わるだけなんだがな
陥落したIntel帝国の良い部分を真似ればいい、オレゴンとイスラエルの2チーム体制みたいに
AMDは今までIntelがして支配した事と同じ事をするだけ

778: Socket774 (ワッチョイ 17f1-S3Tg) 2019/10/19(土) 03:47:42.67 ID:gURD4V/j0
まさかAMDが2チームに分かれるほど体力がついたとは…

783: Socket774 (ササクッテロ Sp47-qrWl) 2019/10/19(土) 09:17:30.14 ID:+CZTYdOpp
AMDが2チーム編成しているのはレギュレーション違反なのでは?

784: Socket774 (ワッチョイ 23e5-r0zP) 2019/10/19(土) 09:23:31.18 ID:Sq/2t4YF0
10nmチームと7nmチームが隔離状態にあるIntelと違って
AMDの2チームは情報共有状態にあるから厳密に2チームとは言い難い

つまりBullのモジュールのようなものだ

797: Socket774 (ワッチョイ e3dc-S3Tg) 2019/10/19(土) 11:26:58.87 ID:EdFrm/9u0
>>784
intelは優秀なイスラエルチームと無能オレゴンチームがあるんだっけ

785: Socket774 (ワッチョイ 1eda-eoat) 2019/10/19(土) 10:07:12.12 ID:FjE/pMtP0
実質1チーム分の戦力しかないみたいな例えやめろww

787: Socket774 (ワッチョイ d24d-V8qe) 2019/10/19(土) 10:09:14.41 ID:1gNKxnMD0
つまり半チームに2チームが負けたと

798: Socket774 (ワッチョイ b358-ivkV) 2019/10/19(土) 11:29:27.18 ID:2wt/SMoa0
core 2とSandyがイスラエルチームだった気がする

800: Socket774 (ワッチョイ c67e-KMhZ) 2019/10/19(土) 11:34:47.52 ID:WUdR/fhl0
Pentium4はオレゴンチームだったような

789: Socket774 (ワッチョイ 2f0c-S3Tg) 2019/10/19(土) 10:23:20.28 ID:k5dk8g2+0
インテルは2チームでskylakeばかり作ってる
チック(skylake) タック(sky R) チック(sky RR) タック (sky RRR)

791: Socket774 (ワッチョイ 6fed-aLmU) 2019/10/19(土) 10:32:20.07 ID:qAIe9vA70
途中送信スマン

なるほどつまりZEN、ZEN+は同じチームが担当してZEN2は別のチーム、即ち偶数チームが担当してたって事か
そしてZEN3はZEN、ZEN+開発した奇数チームが担当すると
だからRyzen2xxx台の開発コードはZEN2じゃなくてZEN+だった訳か

792: Socket774 (ワッチョイ 6fed-aLmU) 2019/10/19(土) 10:36:45.12 ID:qAIe9vA70
もしかしたら同じRyzenでもZEN奇数号とZEN偶数号で所々性質違ったりしてな

777: Socket774 (ワッチョイ 9f73-S3Tg) 2019/10/19(土) 03:47:33.68 ID:E0mBMx1K0
AMD製CPUロードマップ

2020年
7nmEUVのZEN3(EUV化の性能改善+1CCX8コア化)

2021年
6nmEUVのZEN4(DDR5メモリやPCIe5.0やUSB4の対応)※ソケットAM5

2022年
5nmEUVのZEN5 (5nm化の性能改善)※ソケットAM5

2023年
5nmEUV+のZEN6(アーキ拡張)※ソケットAM5

782: Socket774 (ササクッテロレ Sp47-Rr4I) 2019/10/19(土) 09:02:11.68 ID:aDmy/2/5p
TSMC頑張ってるなあ
Zen2は7nmになって大きく性能が上がった
5nmも近いうちに拝めそうだ

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/jisaku/1571024131/

スポンサード リンク