768: Socket774 (ワッチョイ 9973-SOku) 2020/11/01(日) 03:14:17.16 ID:noLde4fj0
Intel Xe MAX GPUが発表され、iGPU、dGPU、CPUを同時に使用するディープリンクテクノロジーを搭載
1

Intelは、自社開発のXe MAX専用GPUと、それに伴うまったく新しいプラットフォームテクノロジーであるIntel DeepLinkについての詳細を発表しました。ディープリンクを使用すると、インテルは基本的に、統合グラフィックス、専用グラフィックス、およびプロセッサーを可能な限りワークロードに同時に利用できます。Xe MAXをiGPUと組み合わせると、グラフィックスワークロードでNVIDIA MX 350を打ち負かし、AI関連のワークロードで同じことを間引きます。

Deep Linkを搭載したIntel Xe MAX。ゲームではMX350よりもわずかに優れており、Deep Linkを使用したAI関連のワークロードではRTX 2080を打ち負かします。

Intel Iris Xe MAXディスクリートGPUは、統合されたものと同じ96 EUを備えていますが、後者とは異なり、クロック速度を1.65GHzに上げることができる、より高いTDPエンベロープを備え、専用の4GBメモリも備えています。可変レートシェーディングとIntelDLBoostを備えており、PCIe4.0で動作します。コアアーキテクチャは、統合された兄弟と同じようにIntel XeLPです。
2

Intel Iris Xe(iGPU)とXe MAX(dGPU)は実質的に同じGPUであるため、Intelがリソースをプールして競合他社を打ち負かすことができるプラットフォームテクノロジーを見つけたいと考えたのは当然のことです。Intelディープリンクはそのテクノロジーの名前です。これは、Intelが統合GPUと専用GPUだけでなく、CPU自体も利用できるようにするプラットフォームの革新です。ベンダー間の構成(NVIDIA-Intelなど)と比較すると、特定のワークロードを実行するデバイスは1つだけです。
3

02
03


続きはソース元で
https://wccftech.com/intel-xe-max-gpu-announcement/