液晶モニター/ディスプレイ

シャープ、中国テレビ市場でシェア4倍に

このエントリーをはてなブックマークに追加
f4e05713

1: ノチラ ★ 2017/05/27(土) 17:02:11.38 ID:CAP_USER.net
昨年2月に台湾電子部品企業の鴻海(ホンハイ)に買収されたシャープの中国テレビ市場シェアが1年間で4倍に増えた。サムスン電子、LGエレクトロニクスに次ぐ世界3位の地位を狙うほど急速に成長している。カリスマあふれる郭台銘鴻海会長の指示で一斉に動いた鴻海の職員120万人の「人海戦術」と攻撃的なマーケティングが生み出した結果という分析だ。

◆販売目標を上方修正

市場調査会社IHSによると、今年1-3月期のシャープの中国市場シェアは6.8%だった。前年同期(1.6%)の4倍、前期(3.0%)の倍以上だ。中国市場での躍進を受け、世界市場のシェアも1年間に2.2%から4.1%に増えた。

郭会長が昨年末、470万台のシャープのテレビ出荷量を今年は1000万台まで増やすと公言した当時、世界テレビ業界は信じていなかった。テレビ市場が停滞していたからだ。昨年の世界テレビ販売台数は2億6500万台と、前年(2億7400万台)比で小幅減少した。

しかし今年に入るとシャープは旋風を起こし、販売目標を1500万台に引き上げた。これを達成すれば昨年世界テレビ市場で13位だったシャープは3位に急浮上する。シャープがシェアを拡大する間、他社の販売はそれだけ後退した。TCL、ハイセンス、スカイワースの中国3大テレビメーカーの市場シェアはこの1年間に最大5ポイント減少した。

◆山間僻地まで配達

続きはソースで
http://japanese.joins.com/article/452/229452.html

世界初となる8K液晶搭載の31.5型ワイド液晶ディスプレイ、DELL「UP3218K」を2017年夏に発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ののの ★ 2017/05/24(水) 19:08:51.89 ID:CAP_USER9.net
デルは5月24日、7,680×4,320ドット(8K)解像度の31.5型液晶ディスプレイ「UP3218K 31.5 インチ 8K モニタ」を、日本国内で発売することをアナウンスした。2017年夏ごろに発売する予定。
価格は未定だが、米国での参考価格は4,999.99米ドル前後となっている。
この製品は、2017年初頭に米ラスベガス開催の、CES 2017でも披露されていたものだ。

01

UP3218K 31.5 インチ 8K モニタ

7,680×4,320ドットの8K解像度は、フルHD(1,920×1,080ドット)の16倍。精緻なディテールと鮮明な映像表現が可能。
サポートする色域は、Adobe RGB 100%、sRGB 100%、REC709 100%、DCI-P3 98%、Rec2020 80%超などで、
細かい設定不要で使える「PremierColor テクノロジー」も搭載する。10億7,000万色の色深度を持ち、ポストプロダクション作業を行うビデオ編集者やアニメーションデザイナーに最適としている。

続きはソースで
http://news.mynavi.jp/news/2017/05/24/331/

JAPANNEXT、65型で湾曲画面の4K液晶「JN-VC650UHD」を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
100: 不明なデバイスさん 2017/05/18(木).net
株式会社JAPANNEXTは、65型で湾曲画面を採用する4K液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を5月19日より発売する。
01

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は199,970円だが、5月31日までは4万円引きに159,970円で販売する。

続きはこちらから↓(Impress Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1060512.html

LGの42.5インチ4K液晶ディスプレイ「43UD79-B」が発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

661: 不明なデバイスさん 2017/05/18(木) 19:42:20.59 ID:vpQoeWqc0.net
4K解像度に対応する、LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)の42.5インチ液晶ディスプレイ「43UD79-B」がアキバに登場。
発売は明日19日(金)より開始され、価格は税込79,920円だ。

LGの4K IPS液晶ディスプレイでは過去最大となる、42.5インチモデル「43UD79-B」のサンプル展示が、ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.でスタート。
いずれも明日19日(金)より販売が開始され、価格は税込79,920円(税抜74,000円)。
http://www.gdm.or.jp/crew/2017/0518/207445

世界初、印刷方式で21.6型4K有機ELパネルをJOLEDが開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
oled1_s

1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 10:58:53.97ID:8Q38wTxZM.net
 JOLED(ジェイオーレッド)は5月17日、世界初の印刷方式を採用した有機ELパネルを開発し、4月から
サンプル出荷したと発表した。サンプル価格は60~100万円程度。

 今回出荷を開始したのは医療モニター用途を想定した4K、21.6インチのパネル。ソニーの採用が決定し
ているという。
 JOLEDはソニーやパナソニックなどの合弁により2015年に誕生。印刷方式を含む有機ELパネルの技術
開発を主目的としており、2015年3月に印刷方式の12.2インチ フルHDパネルを開発した。

 2016年1月には19.3インチの4Kパネルも試作し、2016年9月にパイロットラインを整備した。このパイロットラインで製品開発を行ないながら、製品の小ロット生産も行なう。

 同社代表取締役社長の東入來信博氏によれば、現在実用化されている有機EL技術は、サムスンなどのFMM-RGB蒸着法とLGなどの白色EL蒸着法という2通りあるが、前者は10インチ以上の大型サイスはプロセスの問題で難しく、後者は構造上の制約や品質の問題で小型化が難しいという。
 この点、印刷方式は大型から小型まで生産が可能だが、今回は蒸着法では難しい中型パネルから製品化を開始。現在は220ppi程度の細かさを実現可能としているが、将来的に400ppi程度までの精細さは実現できるという。
01

 直近は20~32インチクラスを中心に、ヘルスケア診断用モニターやゲーミングモニター、車載向けモニター用途のパネルを開発していくという。

以下略 (ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/001/484/1484444/

FUNAIテレビが復活!4K/全録3TB HDD搭載機など11機種をヤマダ電機独占販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
02

1: イセモル ★ 2017/05/17(水) 21:37:08.21 ID:CAP_USER9.net
船井電機とヤマダ電機は、FUNAIブランドのテレビとBlu-rayレコーダを6月2日より発売する。
テレビは、HDDを内蔵するなど録画対応が特徴で、4Kテレビを8機種、2Kを3機種の合計11モデルを投入し、2017年度にシェア5%、販売台数30万台、2020年度にシェア20%を目指す。
価格はオープンプライス。
実売価格については、「性能とコストパフォーマンスのバランス。
なるほどという価格を提案させていただきたい。
6月2日の全店一斉販売時に紹介する。それまでのお楽しみとさせていただく」とした。

*****
引用ここまで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1059364.html

Amazonが音声アシスタントAlexa内蔵の激安4Kテレビ「Amazon Fire TV Edition」を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ノチラ ★ 2017/05/17(水) 17:38:10.23 ID:CAP_USER.net
Amazonが55インチで649.99ドル(約7万3000円)の激安4Kスマートテレビ「Amazon Fire TV Edition」を突如として発表しました。注目すべき点はFire TV Editionが音声アシスタント「Alexa」をサポートすること。家庭内のあらゆるスマート家電と接続するハブ機能にAmazonが位置づけようとするAlexaのキラーコンテンツになる可能性があります。

Amazon.com: All-New Element 55-Inch 4K Ultra HD Smart LED TV - Amazon Fire TV Edition: Electronics
https://www.amazon.com/dp/B06XDC9RBJ/

Amazon Fire TV Editionは、Element Electronics社のスマートTV「Element4K Ultra HD Smart LED TV」のAmazon特別エディションで、クアッドコアのCPU、3GBメモリ、16GBストレージを搭載し、SDカードやUSBでのストレージ増強も可能。そして、音声アシスタントAlexaをサポートするのが最大の特長です。43インチ、50インチ、55インチ、65インチの各サイズが用意され、すべてが4K(3840×2160)解像度となっています。
01


Amazon Fire TV Editionは、すでにAmazon.comで予約受付を開始しており、記事作成時点では、43インチモデルが449.99ドル(約5万円)、50インチモデルが549.99ドル(約6万2000円)、55インチモデルが649.99ドル(約7万3000円)、65インチモデルが899.99ドル(約10万円)となっています。日本での発売については未定です。
http://gigazine.net/news/20170517-amazon-fire-tv-edition/

有機EL超えの次世代ディスプレイに「iPodの生みの親」も出資

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: まはる ★ 2017/05/14(日) 06:59:48.93 ID:CAP_USER.net
米アイダホ州に本拠を置くスタートアップ、Rohinni(ロヒンニ)は、大きさ25ミクロンのマイクロLEDを導電材料の上に数千個敷き詰めた「光る紙」を2014年に開発した。

中略

ファデルは、 Rohinniの開発した光る紙が、有機ELの代替品としてテレビやスマホなど幅広い製品に使用することができると考えている。現在、有機EL業界は、サムスン、LG、シャープ、ジャパンディスプレイの4社が独占している。

iPhoneのようにLCDディスプレイを搭載しているスマホは、一般的にLEDをディスプレイの上下に配置してバックライトとして使用している。
ところが、RohinniのマイクロLEDを使えば、ディスプレイの裏側に設置することができ、有機ELのように端末を薄くしたり、ベゼルレスデザインにすることが可能になる。
しかも、Rohinniによると画面は有機ELの10倍も明るいという。しかし、何といっても最大のメリットは、巨額投資をして有機EL向けに新たなサプライチェーンを構築する必要がないことだ。

有機ELを超える性能

「我々は、有機ELよりも優れたディスプレイをより低いコストで生産することができる。また、工場の刷新に数十億ドル投資する必要もない」とファデルは言う。

アップルは、かねてよりマイクロLED に興味を示しており、2014年にはマイクロLEDディスプレイメーカーのLuxVue Technologyを買収している。
Business Koreaの報道によると、アップルは第3世代アップルウォッチ用としてマイクロLEDディスプレイの量産を開始する予定で、10周年記念モデル以降のiPhone向けにも生産を行うという。

https://forbesjapan.com/articles/detail/16180

有機ELテレビ、LGとの価格差“2倍” 日本勢追撃なるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
index_slide03

1: ノチラ ★ 2017/05/12(金) 09:28:37.72 ID:CAP_USER.net
これまでは国内の有機ELテレビ市場はLG電子がほぼ独占していたが、今年は日本メーカー3社が参入。東芝は3月8日に「レグザ910Xシリーズ」、ソニーも「ブラビアA1シリーズ」として有機ELモデルを6月10日に発売する。国内3社は、投資コストを抑えるため、パネル部品については自社生産をせず、LG電子から調達。そのうえで、独自の画質処理や音響技術を加えて、性能を高める戦略をとる。

ただ、販売面で日本勢は厳しい競争を強いられそうだ。平成27年から日本での販売を始めたLG電子の有機ELテレビの市場価格は下落しており、ヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪市北区)では、55型で36万円前後(税込み)で販売される製品もある。同じ型で74万7980円(同)で売られている東芝製品の半値の水準だ。

パナソニックとソニーが発売する有機ELテレビの市場想定価格(税抜き)は55型が50万円前後、65型が80~90万円前後。LG電子との価格差は大きいものの、パナソニックの筒井俊治事業部長は「他社にまねできない技術で、価格の安い商品に対抗できる自信がある」と話している。

全文はソースで
http://www.sankei.com/west/news/170510/wst1705100086-n2.html

ソニーとパナソニックも有機ELテレビ発表したけど

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 04:40:34.49 ID:OrsmGLNi0.net
画質すごいんか?

ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX
DOS/V POWER REPORT 2017年4月号
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly