PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

SSD

NAS向けNVMe SSD、Western Digital「WD Red SN700」が発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
784: Socket774 (ワッチョイ 4b6e-twAR) 2021/10/15(金) 13:48:33.57 ID:LP5u5F5x0
WDのNAS向けNVMe SSD「WD Red SN700」が発売
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1358682.html


今回入荷したのは250GBモデル「WDS250G1R0C-68BDK0」、500GBモデル「WDS500G1R0C-68BDK0」、1TBモデル「WDS100T1R0C-68BDK0」の3種類。
店頭価格は順に6,380円、11,690円、19,230円。このほか、同社では2TBモデルと4TBモデルも用意しているが、今回は未入荷。

https://shop.westerndigital.com/ja-jp/products/internal-drives/wd-red-sn700-nvme-ssd#WDS250G1R0C
1


Western Digital、NAS向け高耐久のNVMe M.2 SSD「WD Red SN700」シリーズを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

889: Socket774 (ワッチョイ 6b62-RMtz) 2021/09/29(水) 11:52:31.31 ID:+GiHSKZm0
高耐久性を謳うNAS向けSSD WD Red SN700

Western Digital Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2021年9月28日(現地時間)、信頼性・耐久性を重視したNAS向けNVMe M.2 SSD「WD Red SN700」シリーズを発表した。

大規模NASの高速キャッシュに最適

WD Red SN700(発売中)
250GB 直販価格64.99ドル
500GB 直販価格79.99ドル
1TB 直販価格144.99ドル
2TB 直販価格289.99ドル
4TB 直販価格649.99ドル

続きはソース元で
https://www.gdm.or.jp/pressrelease/2021/0929/409951

SSDはSATAとNVMeのどちらを選べばよいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
c1942cb6

1: 田杉山脈 ★ 2021/09/26(日) 15:16:28.69 ID:CAP_USER
SSDは半導体メモリを使用した補助記憶装置であり、HDDに比べて読み書き速度や静音性、消費電力、衝撃耐性の面などで優れています。SSDはさらにSATAやNVMeなど複数の接続規格に分かれていますが、これらの規格がどのようなものなのかをクラウドストレージサービスを提供しているBackblazeが解説しています。

◆SATA
SSDの接続規格の1つがSerial Advanced Technology Attachment(SATA)と呼ばれるもの。SATAは従来から一般的に使われてきた規格であり、転送速度は最大6Gbpsです。

BackblazeはSATAについて、セットアップが煩雑になる点を欠点としてあげながらも、一般的に低コストなため汎用ドライブを探している人にはオススメだとしています。

◆NVMe
次の接続規格がNon-Volatile Memory Express(NVMe)というもの。仕様上限界転送速度の6Gbpsを超えることができないSATAの代わりとして、さまざまな企業の協力のもとこの規格が開発されました。NVMeは理論上最大40Gbpsの転送速度を実現しているため、ゲームプレイや動画編集に最適ですが、価格が高いことが難点だとBackblazeは評しています。

◆M.2
Backblazeは接続方式「M.2」についても解説。M.2は従来の2.5インチのものよりも小型のもので、ケーブル不要でPCのマザーボードに直接接続するタイプのものです。SATAにもNVMeにも対応し、汎用性の高さとサイズからゲーム機などがこの接続方式をとっていることもあります。代表的なものはPlayStation 5で、先日のソフトウェアアップデートにより正式にM.2 SSDに対応しました。実際にSSDを取り付ける手順は以下の記事で確認できます。

続きはソース元で
https://gigazine.net/news/20210925-ssd-sata-nvme/

キオクシア、PCIe Gen 5.0 SSDプロトタイプの性能を発表 - Gen 4.0 SSDと比較して最大14,000 MB/sの読み込み速度と約2倍のIO性能を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
706: Socket774 (アウアウウー Sa43-vfwX) 2021/09/24(金) 14:44:19.32 ID:I6TL7H/Va
キオクシアのGen5は来年発売
Kioxia社は、既存のGen 4.0ソリューションと比較して2倍の帯域幅を提供する次世代PCIe 5.0ベースのSSDソリューションの最初の性能ベンチマークを発表した。
Kioxia社のPCIe Gen 5.0プロトタイプSSDは、より高いIO性能と低いレイテンシで、Gen 4.0 SSDの2倍の帯域幅をすでに提供している。
1

フラッシュメモリ製品の世界第2位のメーカーであるKioxia社は、イベントの中で、最初のPCI Gen 5.0 SSDを早ければ2021年第4四半期に発売することを表明した。このSSDはCD7シリーズと呼ばれ、2.5インチEDSFF E3Sフォームファクターで、最初はGen5.0 x4接続で、その後標準化されたNVMeプラットフォームに移行する予定です。また、このドライブは、まずデータセンター用の8チャネルコントローラとエンタープライズ用の16チャネルコントローラのセグメントに向けられ、その後、コンシューマーセグメントにも導入されます。
2


第5.0世代のSSDの容量は、1.6TBから30TBの範囲で、1-3枚のDWPDを搭載するという。性能に関しては、Kioxia社が既存のCM6 PCIe Gen 4.0 SSDソリューションとプロトタイプのGen 5.0 SSDソリューションを比較したベンチマークのスライドが示された。まだ初期の性能を見ているだけに、その数字には驚かされるばかりだ。
3


続きはソース元で
https://wccftech.com/kioxia-unveils-pcie-gen-5-ssd-prototype-performance-up-to-14000-mbps-read-speeds-almost-double-the-io-performance-lower-latencies/

Samsung SSD 970 EVO Plusのパッケージが縦型デザインに、コントローラーも変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
1


66: Socket774 (スッップ Sd0a-dGLa) 2021/09/16(木) 12:19:49.94 ID:cWOv15XAd
Samsung SSD「970 EVO Plus」の新パッケージが入荷、コントローラーも変更

パッケージデザインが変わった970 EVO Plus、コントローラーも変更  
970 EVO Plusは、Samsung製コントローラーやV-NAND 3 bit MLC NANDフラッシュを搭載したがPCIe Gen 3.0 x4接続のNVMe SSD。転送速度はリード最大3,500MB/s、ライト最大2,300~3,300MB/s(容量毎に異なる)。

全文はソースで元で
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1351437.html

今の価格は今月迄らしい

2つのヒートシンクを付属したリード最大7,000MB/sのNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA A440」が発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ビブリオ(東京都) [RO] 2021/08/24(火) 08:53:22.90 ID:e8bCBJFr0●
2種類のヒートシンクが付属したSSD「CARDEA A440」が入荷、リード最大7,000MB/s

2種類のヒートシンクが付属した、NVMe M.2 SSD「CARDEA A440」がTeamから発売された。容量は1TB(TM8FPZ001T0C327)と2TB(TM8FPZ002T0C327)の2種類で、店頭価格は1TBが22,810円、2TBが43,770円。

ヒートシンクが選べるNVMe SSD、リード最大7,000MB/s

続きはソース元で
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1345337.html 
1
2
3

https://www.teamgroupinc.com/jp/product/cardea-a440


 彡⌒ミ
  (・ω・)   速さはいいから大容量モデル安くしてくれ。
  / し'⌒彡 せめてM.2、nvme、4TBを5万くらいで。
  \  ノ
    YY
    ^ ^

PCIe 4.0に対応したIntel Optane SSD「Optane SSD P5800X」が店頭入荷

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

215: Socket774 (ワッチョイ 9f73-QGZ4) 2021/08/21(土) 01:31:46.88 ID:GTWYrGt+0
遂にOptane P5800Xの国内販売が始まった



https://www.oliospec.com/shopbrand/ct1448/

400GB…164,450円
800GB…282,700円
1.6TB…514,800円

とりあえず「買えない」という事態は回避された(今までもneweggやmouserで買えないこともなかったが)

とはいえ、
・ドライブ全領域に対して連続6GB/s以上で安定した圧倒的な書込速度(800GB・1.6TBのみ)
・100DWPDという圧倒的な書込耐久性
・平均応答時間10μs未満
・超高負荷時でも応答時間70μs未満(廉価NANDSSDのアイドル時並)
・超低レイテンシによる超高速な4kQD1T1ランダムリード(環境次第で400MB/s超・10万IOPS超)
・NANDを遥かに超えるデータ保持性
以上のいずれか、もしくは複数に対して強烈な魅力でも感じなければ、まず選択肢にも挙がらないだろうと思える価格

まぁインメモリでないSQLデータベース置場には、これ以上無い選択肢だとは思うけども

なお、今年中に3.2TBを出すらしいが、1.6TBが50万超な時点で3.2TBの100万超えは確実だろうな

SSDってSATAで十分じゃね?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キロニエラ(茸) [ニダ] 2021/08/13(金) 09:45:38.40 ID:w+dFVO9H0
2021年8月4日、Micronの個人向けブランド「Crucial」初となるPCI Express 4.0対応のNVMe SSD「Crucial P5 Plus」が発表された。

容量は2TB、1TB、500GBの3種類で、

予想実売価格は順に4万8,000円前後、2万4,000円前後、1万4,000円前後で、2021年8月下旬発売を予定している。

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/1342620.html 

image

https://www.crucial.jp/ssd/p5-plus/ct2000p5pssd8

ソニーグループによる高速M.2 SSD発売を発表!

このエントリーをはてなブックマークに追加
NEM-HA2TB_support

1: 名無しさん必死だな 2021/07/08(木) 13:54:04.73 ID:UCpQrt2ad
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b67f64f0392b77c81ba97a07dcb9c7e69f699f6

ソニーグループ傘下のメモリ/ストレージ事業であるNextorage株式会社は、PCI Express 4.0 x4接続のNVMe M.2 SSD「NEM-H」シリーズを21日にAmazonで発売する。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1TBモデルが2万5,190円、2TBモデルは4万8,560円。

スポンサード リンク
月別アーカイブ

記事検索
ランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを5ちゃんねるからまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に5ちゃんねる使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加