PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

スピーカー

JBLからゲーミングスピーカー「Quantum Duo」(光る)が国内発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キン肉バスター(SB-Android) [EU] 2020/11/25(水) 17:59:29.77 ID:4KhJqP3j0●
JBL初のゲーマー向けスピーカー「Quantum Duo」が国内発売。2つのバーチャルサラウンドサウンド機能に対応
https://www.4gamer.net/games/493/G049347/20201125046/

2020年11月25日,ハーマンインターナショナルは,JBLブランドのゲーマー向け2chスピーカーセット「JBL Quantum Duo」(以下,Quantum Duo)を11月27日に国内発売すると発表した。
 本製品は,BlutoothとUSBおよび,アナログ接続に対応したスピーカーで,PCやスマートフォン,ゲーム機と接続して利用可能となっている。また,ステレオ音声だけでなく,5.1chのマルチチャネルソースに対応しており,Dolby Laboratoriesの「Dolby Audio」と,JBL独自方式という2種類のバーチャルサラウンドサウンド機能を利用できるのが特徴だ。
 JBLオンラインストアにおける直販価格は,1万6800円(税込1万8480円)となっている。

no title

お前らって普段どんなスピーカーを使ってんだ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: シントロフォバクター(ジパング) [CN] 2020/08/23(日) 20:05:23.79 ID:rrcuNmPV0
俺氏、パッシブスピーカーデビューする
01

https://www.fostex.jp/products/p804-s/

アンプは中華のsabaj a4


FOSTEX、Sol継承のフルレンジユニット。スピーカーボックスも
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1267549.html

ソニー、78万円の「ニアフィールドパワードスピーカー『SA-Z1』」を6月20日に発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 田杉山脈 ★ 2020/05/28(木) 23:17:41.57 ID:CAP_USER
ソニーは28日、家庭向け高級スピーカーを発売すると発表した。「ニアフィールドパワードスピーカー『SA-Z1』」を6月20日に発売する。価格は税別78万円を想定する。ヘッドホンで聴くような解像度の高い音質とスピーカーならではの臨場感を楽しめる。机の上にスピーカーを置いて近い距離で音楽を楽しむ需要を取り込む。

ソニーは高級ヘッドホンなどパーソナルな空間で音楽体験ができるオーディオ製品を強化している。これまでもスピーカーの近くで音楽を聴く需要は高まっていたが、限られた空間で複数の音源の音波を合成したり、低音域を広げたりするのが難しかった。ソニーはスピーカーの構造を変えるなど独自の技術を搭載し、近くからでも実際の演奏のようなクリアな音を楽しめるようにしたという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59698070Y0A520C2X20000/ 

1
2
3
4
5
6

https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/202005/20-0528/

Ankerの超軽量のBluetoothスピーカー 『Soundcore Ace A0』が発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

1: 名無しさん@涙目です。(空) [DE] 2019/05/17(金) 10:17:57.87 ID:TRQhtDte0●
モバイルバッテリーで有名なAnkerがまたやってくれた。同社最軽量のBluetoothスピーカー
『Soundcore Ace A0』を2019年5月17日より販売開始。

編集部では一足先に入手し使用してみたのだが、その音がとんでもなかった。
見た目は小型で62グラムとちょっとした音が出そうな程度かと思っていたが、舐めていた。
実際にペアリングして音を出してみると鮮明で迫力アルサウンドが響き渡ったのだ。

値段も軽量で税込み2000円となかなか安い。発売初回セールで1600円で販売中。

満充電で同時再生時間が4時間となっている。充電にはmicroUSB経由で行い、
また付属のストラップによりカバンにぶら下げたりすることが可能。

https://gogotsu.com/archives/50663
01
02


ソニーのサウンドバー『HT-X8500』 1台で3次元の音響

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/26(火) 20:04:40.83 ID:CAP_USER
ソニーは26日、バースピーカー1本で3次元の立体音響を楽しめるサウンドバー「HT―X8500」を4月20日に発売すると発表した。重低音を担うサブウーファーを本体に内蔵し、1本で臨場感ある音を実現する。天井のスピーカーなどなしに手軽に3次元の立体音響を楽しめる。

「HT―X8500」は垂直方向の音を実現する技術と、水平方向の広がりを表現する技術を組み合わせた。本体前面に2基のサブウーファーを搭載。高さ約6.4センチメートル、奥行き9.6センチメートルとテレビ前の限られたスペースに収まるサイズにしながら迫力ある音を実現した。

価格はオープンだが市場想定は4万円前後。出力の大きいアンプと力強いサブウーファーで構成する「HT―S350」も5月25日に3万円前後で発売する。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42933580W9A320C1X20000/

ワイヤレススピーカー、日本市場では韓国JBLが人気独占

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2019/02/05(火) 07:49:21.43 ID:V69RIpGh0
ワイヤレススピーカー、JBLが人気を独占! 週間ワイヤレススピーカーTOP5!

1位 JBL GO 2 ブラック JBLGO2BLK(ハーマンインターナショナル)
2位 JBL GO 2 オレンジ JBLGO2ORG(ハーマンインターナショナル)
3位 ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1(ソニー)
4位 JBL FLIP4 ブラック JBLFLIP4BLK(ハーマンインターナショナル)
5位 JBL GO 2 レッド JBLGO2RED(ハーマンインターナショナル)

https://www.bcnretail.com/research/detail/20190204_102634.html

テレビやPCの音を強化、2,699円のサウンドバー「TaoTronics TT-SK018」。USB給電

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: あられお菓子 ★ 2018/05/19(土) 18:39:09.76 ID:CAP_USER
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1122598.html
TT-SK018
01
02


 ニアバイダイレクトジャパンは、サウンドバー型ステレオスピーカー「TaoTronics TT-SK018」をAmazon.co.jpで18日に発売した。価格は2,699円(税込)。5月20日23時59分までの期間限定でクーポンコード「TTSK018A」を入力すると20%オフになる。

全文はソースで

新生Olasonic、「世界最高音質を目指した」Bluetoothスピーカー(6/8発売予定)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: あられお菓子 ★ 2018/05/17(木) 13:06:07.16 ID:CAP_USER
AV Watch 2018年5月17日 11:00
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1121371.html
新生Olasonicブランドの第一弾製品「IA-BT7」。ウォルナットモデル
01

シルクホワイトモデル
02



 インターアクションは、新生Olasonicブランドの第一弾製品として、「世界最高音質のBluetoothスピーカーを目指した」という「IA-BT7」を6月8日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万円前後。ウォルナットとシルクホワイトの2種類を用意する。

 Olasonicは従来、東和電子が展開してきたオーディオブランドだが、昨年10月にインターアクションへと、Olasonicブランドとその事業が譲渡された。その新生Olasonic第一弾製品が「IA-BT7」となる。
開発にあたっては、SOZOデザインが協力。従来のOlasonic製品を手がけた技術者達が多く参加している。

(続きは記事元参照)

現場に響く、上質サウンド。電動工具メーカーのマキタのBluetoothスピーカーがめっちゃカッコイイ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@涙目です。(茸) [EU] 2018/02/19(月) 09:51:57.18 ID:KmC2AEAN0
マキタのBluetoothスピーカー「MR200」は音も仕様も構造も斜め上

 あのマキタがBluetoothスピーカーを売っている。型番は「MR200」。
例によって電動工具用のリチウムイオンバッテリーを使う、青緑色の強そうなやつだ。建設会社の会社員である私は、うちの現場でどうだろうと、編集部経由でメーカーから広報機材を貸していただいた。この製品をオーディオ専門店で見たことはないが、工具などを扱うモノタロウでなら普通に買える (1万1772円)。そこがまず気に入った。

 ちなみに同社からはコーヒーメーカー(CM500DZ)、ラジオ(MR050、MR051、MR052、MR102、MR103、MR106、MR107、MR108)、ロボット掃除機(RC200DZ)など、家電系機器が数多くラインナップされている。いずれも電動工具メーカーの製品という意外性から、ネット民の間では評判だ。

全文はソースで
http://ascii.jp/elem/000/001/634/1634175/

【画像】
01
02

スポンサード リンク
月別アーカイブ

記事検索
ランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを5ちゃんねるからまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に5ちゃんねる使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加