PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

マザーボード

BIOSTARが10 COMポート、5PCIスロットを搭載した産業用マザーボード「BIH61-AHA」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
158: Socket774 2024/02/19(月) 17:35:36.67 ID:wQBn9Zre
5本のPCIスロットを搭載するLGA1700対応マザーボード、BIOSTAR「BIH61-AHA」

計10基のCOMポートを搭載 BIOSTAR Microtech International Corp.(本社:台湾)は2024年2月15日(現地時間)、5本のPCIスロットを搭載するLGA1700対応マザーボード「BIH61-AHA」を発表した。

続きはソース元で
https://www.gdm.or.jp/pressrelease/2024/0219/527174 

1
2
b20240108_2

・Support Intel Core i7/i5/i3 processor (LGA1700) with Intel H610 chipset chipset, TDP: 125W
・Support display output : VGA/HDMI/DP++
・Support 2 x DDR5 5600 MHz LONG-DIMM, up to 96GB max
・1 x Intel I219-V GbE LAN, 1 x Intel I225-V GbE LAN
・6 x USB2.0 & 4 x USB3.2 Gen1
・2 x RS232/422/485 ,8 x RS232 (by opt.)
・4 x SATAIII
・1x M.2 M KEY socket, support SATA SSD
・1 x PCIEx16 slot
・1 x PCIEx4 slot
・5 x PCI slot
・Support 0 ~ 60 degree C operating temperature
・Power Supply: ATX power input

https://www.biostar.com.tw/app/en/ipc/introduction.php?S_ID=93

BIOSTARが変態に成って行く

ASRock、電源2個とビデオカード3枚を搭載できる画期的なマザーボードを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [IT] 2023/12/12(火) 11:22:58.00 ID:ZzUiV9HX0
ディープラーニングやレンダリングに効果を発揮する、PCIe Gen5 x16スロットを3基搭載
1

『TRX50 WS』は、3基の PCIe gen5 x16 スロットを搭載しており、PCIe 5.0の高いパフォーマンスでGPUやアドオンカードを支えます。
デザインワーク、ディープ ラーニング、シミュレーション、レンダリングアプリケーションなど、様々なプロフェッショナルワークに効果を発揮します。

ハードワークなワークステーションを安定させるマルチPSUアダプタケーブル
マルチ PSU アダプターケーブルと ATX_Con ヘッダーを使うことで、2nd電源を追加することが可能です。
2nd電源のサポートでメイン電源に余力を作ることで、OCや増設基板などハードに使い倒すワークステーションの動作を安定させます。
no title


(抜粋)
https://ascii.jp/elem/000/004/174/4174893/

AMD TRX50「Threadripper 7000」マザーボードの話題

このエントリーをはてなブックマークに追加
190: Socket774 (ワッチョイ a753-2qxF) 2023/11/25(土) 06:50:18.78 ID:VzmSbZxw0
Zen4スリッパ

AMD TRX50「Threadripper 7000」マザーボードの公式価格が明らかに:ASUS $899、ASRock $799、Gigabyte $599

ASUS、ASRock、GigabyteのAMD TRX50マザーボードが、Threadripper 7000をサポートする正式価格と来月の発売を発表しました。

TRX50「Threadripper 7000」がASUS、ASRock、Gigabyteの新しいエンスージアスト級マザーボードでHEDTアクションを復活させる

AMD Ryzen Threadripper 7000 CPUは11月21日より発売されていますが、最新のTRX50マザーボード、そしてさらにハイエンドのWRX90マザーボードを手に入れるには来月まで待たなければならないようです。とはいえ、これらのハイエンド・デザインの正式な価格が発表されたので、スペックや機能の面で3つのボードを比較しながら、以下で紹介する。

ASUS PRO WS TRX50-SAGE WIFIマザーボード - $899 US

ASUS PRO WS TRX50-SAGE WIFIマザーボードは、AMD Threadripper 7000WX & Ryzen Threadripper 7000 CPUをサポートするsTR5 (SP6 / LGA 4844)ソケットを搭載しています。このソケットは、2つの8ピンコネクタ(もう1つはOCニーズ用に確保されている)で電力を供給する36のパワーステージを備え、複数のアルミニウムフィンと大型ヒートパイプアレイを特徴とする大型VRM冷却ソリューションで冷却される。ソケットは4つのDDR5 DIMMスロットに囲まれており、最大1 TBのECC R-DIMM (1DPC)メモリーをサポートします。このマザーボードは、ヒートシンク・ソリューションの下にアクティブ冷却ファンも搭載しています。
1

ASRock TRX50 WS マザーボード - 799 米ドル

ASRock TRX50 WS マザーボードは印象的な設計で、SP6 ソケットに 110A SPS パワーステージを使用する強力な 18+3+3 フェーズ電力供給を提供します。マザーボードはサーバークラスの12層PCB設計で、3つの8ピンATXコネクタ、2つの8ピンATX 12V、および2つの6ピンATX 12Vコネクタを備えています。CPUとメモリのオーバークロックには、これらのコネクタをすべて接続する必要があります。VRMは2つの巨大なヒートシンクで冷却され、それぞれ2つのファンを搭載しているので、マザーボード上で合計4つのアクティブファンがあります。ヒートシンクには、拡張ヒートパイプ・ソリューションも採用されています。
2

Gigabyte TRX50 AERO Dマザーボード - 699米ドル Gigabyte TRX50 AERO DマザーボードはAMD SP6を採用しています。CPUソケットは16+8+4フェーズのVRMを搭載し、クアッドチャンネルDDR5アレイを確認する4つのDIMMに囲まれた直角レイアウトです。WRX90プラットフォームでは、8チャネルメモリアレイが採用される。CPUソケットには、デュアル8ピンコネクタと標準24ピンATXコネクタが装備されています。
3

一部抜粋、全文はソース元で
https://wccftech.com/amd-trx50-threadripper-7000-motherboards-official-prices-asus-899-asrock-799-gigabyte-599/

7995WX が Cinebench R23 で 210K の壁を突破し、AMD Threadripper の記録破りの勢いが続く
https://wccftech.com/amd-threadripper-record-shattering-continues-7995wx-breaks-210k-barrier-cinebench/

エヴァンゲンリオン コラボマザーボード発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@涙目です。(新日本) [NL] 2023/11/14(火) 10:36:40.13 ID:0tDOdMuC0●
ASUSのエヴァコラボマザボにまさかのスペルミス

 ASUSが11月24日に発売予定のエヴァンゲリオンコラボのマザーボード「ROG MAXIMUS Z790 HERO EVA-02 EDITION」で、I/O部のカバーにおいて「EVANGE“N”LION」とスペルミスがあることが発覚した。

 本製品では、I/O部およびVRMヒートシンク部のカバーにエヴァンゲリオンのデザインがあしらわれているが、公開されているいずれの広報写真でもスペルミスが確認できる。一方でM.2ヒートシンクや製品背面の金属製パネルでは正しく刻印されているため、あくまでもこの部分のデザインでスペルミスが発覚した格好だ。

続きはソース元で
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1546344.html

Intel Z790チップセットを搭載したハイエンドマザーがMSIとGIGABYTEから発売 価格は20万円

このエントリーをはてなブックマークに追加
783: Socket774 2023/10/27(金) 03:14:44.62 ID:YM1CxuME
5インチ液晶搭載のハイエンドマザー「Z790 AORUS XTREME X」がGIGABYTEから、実売約20万円

5インチ液晶ディスプレイを装備したLGA1700マザーボード「Z790 AORUS XTREME X」がGIGABYTEから発売。  
店頭価格は198,000円。

液晶ディスプレイ搭載のハイエンドマザーボード  
Z790 AORUS XTREME XはIntel Z790 Expressチップセットを搭載したE-ATXフォームファクターのマザーボード。LGA1700型ソケットを装備し、第14世代、第13世代のIntel Core、Pentium Gold、Celeronプロセッサーを搭載することができる。

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1542454.html 

1
2
3

https://www.gigabyte.com/jp/Motherboard/Z790-AORUS-XTREME-X#kf

784: Socket774 2023/10/27(金) 03:15:32.83 ID:YM1CxuME
MSIのハイエンドマザー「MEG Z790 GODLIKE MAX」「MEG Z790 ACE MAX」が発売

店頭価格は順に199,980円、119,980円。

各所にブラックミラーを搭載したZ790マザーボード「MEG Z790 GODLIKE MAX」  MEG Z790 GODLIKE MAXは、Intel Z790チップセットを搭載したE-ATXフォームファクタのLGA1700マザーボード。基板の各所にLED装飾付きのブラックミラーを搭載しているのが特徴で、同社は「高級感あふれるE-ATXマザーボード」と訴求している。

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1542406.html 

01
03
02

https://jp.msi.com/Motherboard/MEG-Z790-ACE-MAX

AMD Ryzen Threadripper 7000 CPUに対応したマザーボードをASRockとASUSが発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
659: Socket774 (ワッチョイ 65b1-iKuA) 2023/10/27(金) 04:09:10.39 ID:YM1CxuME0
ASRock、最大 5 つのファンを搭載した AMD TRX50 および WRX90 マザーボードを発表
WRX90 WS EVO および TRX50 WS マザーボード

ASRock はクリエーターと機械学習の生産性を最大化する新しい AMD WRX90 & TRX50 マザーボードを発売しました。
1


大手グローバル・マザーボード・メーカーの ASRock は、新しい AMD Ryzen™ Threadripper™ 7000 および AMD Ryzen™ Threadripper™ PRO 7000 WX シリーズ・プロセッサー向けの新しい WRX90 WS EVO および TRX50 WS マザーボードを発表しました。この新しいマザーボードは、最大1TB/2TBのDDR5 ECC RDIMM、PCI-Express 5.0拡張スロット、Slim-SASやMCIOなどのサーバーグレードのストレージ拡張、10Gbpsイーサネットなどの4/8チャネルメモリをサポートし、コンテンツ作成、ビデオレンダリング、ハイエンドワークステーション、さらにはAI機械学習など、ほとんどすべてのアプリケーションで究極のパフォーマンスを発揮します。
2


究極のパフォーマンスと揺るぎない安定性 AMD Ryzen™ Threadripper™ 7000およびAMD Ryzen™ Threadripper™ PRO 7000 WXシリーズ・プロセッサーのあらゆる条件およびシステム負荷における安定性を確保するため、WRX90 WS EVOおよびTRX50 WSは、フラッグシップクラスのサーバーグレード超低損失PCBと18+3+3フェーズのSPS Dr.MOS VRM設計を採用し、最も厳しいサステインワークロードにさらされた場合でも、究極のパフォーマンスと優れた信頼性を確保します。

続きはソース元で
https://videocardz.com/press-release/asrock-unveils-amd-trx50-and-wrx90-motherboards-with-up-to-five-fans

660: Socket774 (ワッチョイ 65b1-iKuA) 2023/10/27(金) 04:16:49.20 ID:YM1CxuME0
ASUS、Pro WS TRX50-SAGE WIFI マザーボードを発表: 36 フェーズ VRM、Threadripper 7000 OC、1 TB DDR5 サポート
01

ASUSは、AMD Threadripper 7000 CPU用の36フェーズVRMを搭載したフラッグシップマザーボード「Pro WS TRX50-SAGE WIFI」を発表した。

ASUS Pro WS TRX50-SAGE WIFIは、AMD Threadripper 7000 CPU向けの強力なマザーボードです。

最近発表されたAMDのRyzen Threadripper 7000およびThreadripper PRO 7000 CPUをサポートするASUS WS TRX50-SAGE WIFIは、多くの機能を搭載した巨大なマザーボードです。

まず仕様から説明すると、AMD SP6 (LGA 4844)ソケットを採用したCEBフォームファクターです。このソケットは、デュアル8ピンプラグによって電力供給される36のパワーステージを備え、複数のアルミニウム製フィンと大型ヒートパイプアレイを特徴とする大型VRM冷却ソリューションによって冷却される。ソケットは、最大1TBのECC R-DIMM (1DPC)メモリをサポートする4つのDDR5 DIMMスロットに囲まれています。

https://wccftech.com/asus-unleashes-pro-ws-trx50-sage-wifi-motherboard-36-vrm-threadripper-7000-oc-1-tb-ddr/

Amazon専売モデルのAMD Ryzen 7000シリーズに対応したB650チップセット搭載マザーボード、MSI「PRO B650-S WIFI」

このエントリーをはてなブックマークに追加
222: Socket774 (ワッチョイ 65b1-iKuA) 2023/10/21(土) 02:56:22.92 ID:noBYorpj0
MSI、AMD Ryzen 7000シリーズに対応したB650チップセット搭載マザーボードAmazon限定で発売
価格は2万4980円。

エムエスアイコンピュータージャパンは10月27日より、最新のAMD Ryzen 7000シリーズ・プロセッサーに対応したB650チップセット搭載マザーボード「PRO B650-S WIFI」をAmazon限定で発売する。価格は2万4980円。  

https://ascii.jp/elem/000/004/164/4164086/ 

1
2
3

PRO B650-S WIFI

・AMD Ryzen™ 7000シリーズデスクトッププロセッサー対応
・最大DDR5-7200+MHz (OC)
・充実した電源回路: 12+2+1 Duet Rail Power System with P-PAK, デュアル8ピン CPU 電源コネクター, Core Boost, Memory Boost
・Premium Thermal Solution:7W/mK MOSFETサーマルパッド、M.2 Shield Frozrにより、高負荷時でもパフォーマンスを発揮します。
・高品質PCB: 2オンス厚銅層を使用した6層PCB
・Lightning Fast Game experience: PCIe 4.0 スロット, Lightning Gen 4 x4 M.2 with M.2 Shield Frozr, USB 3.2 Gen 2x2
・2.5G LAN with Wi-Fi 6E Solution:マルチメディアユースやプロユースに最適な高度なセキュリティ機能を搭載した高速なネットワーク通信(現在日本国内では6Ghz帯は使用不可能です)
・AUDIO BOOST: スタジオ品質の臨場感あふれるサウンドシステム

https://jp.msi.com/Motherboard/PRO-B650-S-WIFI

Minisforum、BD770iマザーボードを発表: AMD Ryzen 7 7745HX CPUとPCIe 5.0 dGPU対応で399ドル

このエントリーをはてなブックマークに追加
345: Socket774 (ワッチョイ 8dde-qgre) 2023/09/30(土) 23:19:47.50 ID:D3fM3KzO0
7745HXオンボITX板が399ドルだって

Minisforum Intros BD770i Motherboard: AMD Ryzen 7 7745HX CPU & PCIe 5.0 dGPU Support For $399
1

Minisforumは、ハイエンドモバイルチップのパワーをMini-ITXデスクトップマザーボードにもたらすMoDTとして知られる全く新しいカテゴリーのマザーボードを発表し、AMD Ryzen 7 7745HX CPUを搭載した最初のデザインであるBD770iで幕を開けます。

Minisforum BD770i、ハイエンドAMD Ryzen 7 7745HX CPUをMini-ITXマザーボードに搭載、PCIe Gen 5.0 x16 dGPUもフルサポート

Minisforumのサブ部門であるEYERTECは最近、Intel Core i7-12650H Alder Lake-H CPUを搭載したAD650iマザーボードを発表した。このマザーボードは、印象的なCPUとNASの機能を提供するが、1つの欠点は、ディスクリートグラフィックスのサポートがないことだった。BD770iでは、Minisforumがより優れたCPUとI/Oオプションの増加により、さらに優れた選択肢を提供してくれるようだ。

「mini-ITX M/Bは、デュアルPCIe5.0 M.2スロット搭載のAMD Ryzen 7 7745HX CPUを内蔵した初のMoDT(Mobile on Desktop)ボードです。 このMoDTボードは高度な冷却システムを内蔵しており、プロセッサーとデュアルPCIe5.0 SSDの両方が最適なパフォーマンス温度を維持することを保証します。標準的なITXフォーム・ファクターで製造され、豊富なインターフェイスを装備しています。コンパクトなゲームシステム、ホームシアター、コンテンツ制作ワークステーションなど、BD770iはあなたのプロジェクトに堅実で将来性のある基盤を提供します。」

via Minisforum
002

スペックから始めると、Minisforum BD770iマザーボードは、Zen 4「Dragon Range」ラインナップの一部であるAMD Ryzen 7 7745HXCPUを搭載している。8コア、16スレッド、最大5.1GHzのクロック速度、40MBの複合キャッシュを搭載し、デフォルトのTDPは55W(45~75Wの間で設定可能)です。CPUはDDR5-5200メモリをサポートし、PCIe 5.0ハードウェアをフルサポートします。メモリスロットは2つのSO-DIMMモジュールをサポートし、48GBモジュールを使用して最大96GBの容量を得ることができますが、Minisforumには32GBモジュールを使用して最大64GBの容量しか記載されていません。

マザーボードは8ピンコネクターと24ピンATXコネクターから電源を供給するので、このマザーボードを使用する場合はPSUが必要です。このマザーボードを使用する場合、PSUが必要です。SFX PSUは非常に人気があり、様々なPSUブランドから幅広く入手できます。

続きはソース元で
https://wccftech.com/minisforum-bd770imotherboard-amd-ryzen-7-7745hx-cpu-pcie-5-0-gpu-support-399-usd/

【マザーボード】X570-F使ってるんだけど 最近原因不明のフリーズが多発しててやっと原因突き止めたわ チップセットのファンが死んでた

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプチャ

75: Socket774 (ワッチョイ 4f1b-rKCE) 2023/09/22(金) 10:04:34.17 ID:irSdCgDr0
X570-F使ってるんだけど
最近原因不明のフリーズが多発しててやっと原因突き止めたわ

チップセットのファンが死んでた
これって普通常時回ってるよね?
PC立ち上げの電源入れるときだけ少し回って後は停止してたわ
コレもっと交換し易く汎用ファン使ったり冷えるようにデカいヒートシンク着けられなかったのかよ…

スポンサード リンク
月別アーカイブ
記事検索
ランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを掲示板からまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に掲示板使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加