タブレット

Amazonプライム入ったんやがKindleって買った方が良い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/27(土) 01:05:58.71 ID:ael+QytX0.net
Amazonプライム入ったならKindle買った方が良いのは知ってるけどもうiPad持ってるからどうなんだろって思ってる
ちなみに読書は普段はたまに嗜む程度

ソニー、デジタルペーパー・タブレットの新機種を発売。解像度が大幅アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ののの ★ 2017/05/26(金) 00:42:45.99 ID:CAP_USER9
http://jp.techcrunch.com/2017/05/25/20170524sonys-revamps-its-digital-paper-tablet-with-new-screen-and-interface/
2017年5月25日 by Devin Coldewey

01


Sonyの巨大13インチデジタルペーパー・タブレットは、書き込みのできる大きなKindleとも言える。まだめったに見かけることはないが、私はずっと愛着を持って見守ってきた。だからSonyがこのユニークなデバイスに力を注ぎ、今回大きく改善された新型機を出したことを喜んでいる。

DPTS1に代わるDPT-RP1には、ユーザーが喜ぶにちがいない変更がいくつかある。E InkのMobiusディスプレイを採用した画面は解像度が1200 x 1600から1650 x 2200へと増えた(206 DPIはすばらしい)。解像度の増加によるバッテリー寿命への影響はないようだ。ほかのEペーパーディスプレイと同じく超長寿命で1~2週間使える。

タッチスクリーンも改善され、表面の質感も変わった。Eペーパーディスプレイの反応は決してよくないので、体験を改善する変更はなんであれ歓迎だ。これによって、端末での新たなメモや注釈の機能が可能になるものと思われる。

そしてもちろん、ハードウェア自身も刷新された。重量は変わらないが、デザインがすっきりしてベゼルがわずかに細くなった。

02

左が新型機

ミニマルなルックスになってよかったと私は思う。ただし、スタイラスの置き場所は別に探す必要がある。

変わらなかったのは高価であること。それでも、700ドルの新型デジタルペーパータブレットは、旧機種よりは安くなった。

Surfaceシリーズを始めとするコンバーチブル・コンピューターやreMarkable等の新規Eペーパー製品がSonyのシェアを奪おうと狙っている。オフィスに何台か置くべきかどうか知るために、使ってみる機会を作るつもりだ。

[原文へ]
https://techcrunch.com/2017/05/24/sonys-revamps-its-digital-paper-tablet-with-new-screen-and-interface/ 

新型iPad Pro 10.5インチの3D画像がWWDC直前にきた!「信ぴょう度100%」!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ののの ★ 2017/05/26(金) 00:14:51.28 ID:CAP_USER9
image: Benjamin Geskin / Twitter

ちょっと大きいかな?

新型「iPad Pro」が、6月6日午前2時(日本時間)に開催されるWWDCで発表される噂。今年のWWDCの見所ですよね。そしてそのiPad Proは、なにやら9.7インチから10.5インチになる、なんて噂もあります。そんな情報を裏付けるように、インターネット上に「10.5インチ iPad Proの3Dレンダリング」とされる画像が流出しているんです。


この投稿を行なったのは、以前にも新型iPad Pro用のケースの画像を公開したBenjamin Geskin氏。彼によれば、ケースメーカーから入手したとされるこの画像の信ぴょう度は100%。すでに量産段階にあるそうです。ま、6月に正式発表されるのならもう量産が始まっていてもおかしくないですよね。

この3D画像は、どうやらモバイル通信が可能なセルラーモデルの様子。画像から確認する限り、外観はほとんど現行モデルと変わっていません。9.7インチ iPad Proからの変更点としては、フラッシュがカメラの下に移動していること、マイク穴が背面中央に位置していることでしょうか。ただしその上となる本体側面にも2つの穴があり、もしかしたら「3マイク仕様」となるかもしれませんね。

http://www.gizmodo.jp/2017/05/ipad-pro-10-3d-render-leak.html

タブレット満足度調査、Microsoft SurfaceがApple iPadを超えて初の消費者満足度首位を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [KR] 2017/05/19(金) 10:55:27.89 ID:f/yzSSvX0.net
市場調査会社のJD Powerが消費者を対象に実施したタブレット製品の満足度調査の結果、Apple iPadを抑えて、Microsoft Surfaceが首位となったことが同社の発表で明らかとなった。

最新のJD Powerタブレット満足度調査によると、1位はMicrosoftで855ポイント(1000ポイントが満点)、2位はAppleで849ポイント、3位はSamsungで847ポイント、3位はLGで836ポイント、4位はAmazonで834ポイント、5位はAcerで814ポイント、そして6位はAsusの812ポイントとなった(平均値は841ポイント)。

JD Powerは、Microsoftが消費者満足度で首位を獲得した理由については、プリインストール済みのアプリ、インターネット接続性、メーカーによるサポートのアクセサリーが入手性の3点で、最高位のポイントを獲得したことを上げている。

http://businessnewsline.com/news/201704062302310000.html

Apple、iPad miniの改訂は終了か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: ノチラ ★ 2017/05/17(水) 17:42:56.79 ID:CAP_USER.net
近々Appleが新しいiPadを出すと噂されている。しかしiPad miniはどうなのか? BGRの最新記事によると、iPad miniの改訂はなさそうだ。そしてiPad miniは終末を迎えるかもしれない。

AppleはWWDCで、10.5インチ画面で外枠の細い新型iPadを発表するらしい。このiPadは現在の9.7インチiPad Proとほぼ同じ大きさなので、iPad Proラインアップでこの小型機を置き換えることになるだろう。

ローエンドでは、最近低価格の9.7インチiPadを発売した。価格はわずか320で399ドルのiPad mini 4よりも安い。

この入門レベルのiPadやiPhone 7 Plus(およびファブレット全般)がiPad miniより人気なのは明らかだ。だからAppleはiPad miniをやめようとしている。iPad miniを店頭からなくすことはAppleにとって苦渋の決断かもしれない。しかし私はAppleがまだ少しの間iPad miniを残すと思っている ―― ゆっくりとフェードアウトしていくのだろう。

2012年に登場したとき、iPad miniはホットな新製品だった。フルサイズのiPadは重量級のモンスターで、だれもがNexus 7やKindle Fireといったタブレットに興奮した。携帯電話には小さな3.5インチディスプレイしか付いていなかった。

みんなが軽くて持ち歩けるデバイスを求めていた。iPad miniはウェブを見てメールを読むなどに最適な端末だった。映画を見るには少々小さかった。私はiPad miniが大好きだった。

しかし、iPadが軽くなり、スマートフォンが大きくなるにつれ、iPad miniは以前ほど便利ではなくなった。そしてタブレット市場全体は成長していない。AppleがiPad miniをどうするつもりか、WWDCを待つことにしたい。
http://jp.techcrunch.com/2017/05/17/20170516apple-could-stop-updating-the-ipad-mini/

パナソニック、タブレットのバッテリー約28万台をリコール 国内外で計16件の発火事故

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ティータイム ★ 2017/05/16(火) 17:15:08.39 ID:CAP_USER9.net
対象となるのは、タフパッド「FZ―G1」シリーズの9機種に搭載されたバッテリーで、2013年1月から17年3月に製造。日本のほか、北米や欧州、オーストラリアなどで販売された。

https://this.kiji.is/237131275313251837 

01

タブレットに明日はあるのか - 縮小する市場に求められるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
a9e0cd4b-s

1: ののの ★ 2017/05/15(月) 22:15:50.15 ID:CAP_USER.net
アップルが米国時間5月2日に発表した2017年第2四半期(1-3月)決算の中で、振るわなかったのはiPadのカテゴリだった。
前年同期比12%減の890万台となり、13四半期連続での前年同期比割れという結果を続けている。

しかしそれでも、アップルはタブレット市場でのトップを堅持している。
IDCが5月4日に発表した2017年第1四半期(1~3月)のタブレット市場動向によると、アップルのシェアは24.6%だった。
2位のサムスンが16.5%、4位のアマゾンが6.0%、5位のレノボが5.7%だった。いずれのメーカーも、販売台数を減少させた。

トップ5の中では唯一、3位のファーウェイが前年同期比31.7%と成長を遂げたが、タブレット市場全体は前年比8.5%減と、市場が縮小している。
01

続きはソースで
http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/14/tablet/?rt=top

タブレット世界出荷台数、17年Q1は8.5%減、10四半期連続で前年割れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
karate-2022336_1280

1: エリオット ★ 2017/05/08(月) 12:52:44.14 ID:CAP_USER.net
 米IDCが現地時間2017年5月4日までにまとめたタブレット端末市場のリポートによると、2017年第1四半期(1~3月月)の世界出荷台数(速報値、以下同様)は3620万台にとどまり、前年同期から8.5%減少した。タブレット端末の世界出荷台数は10四半期連続で前年割れとなった。

 IDCによると、タブレットの市場は、米Appleが2010年に初代iPadを発売したことで誕生した。その後2013年まで、同市場は他の消費者向け電子機器にはなかった急激な伸びで成長したが、やがてピークに到達し、急速な減少が始まった。その主な要因は消費者のスマートフォンへの依存の高まりだと同社は分析している。

続きはソースで
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/050801336/

iPad mini が24800円

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/05/02(火) 15:02:35.66 ID:RRBtJnsU0.net BE:422186189-PLT(12015)?PLT(12015)
01

iPad mini 2 Wi-Fiモデル 16GB – スペースグレイ ¥24,800
iPad mini 2 Wi-Fiモデル 16GB – シルバー ¥24,800
iPad mini 2 Wi-Fiモデル 32GB – スペースグレイ ¥25,300
iPad mini 2 Wi-Fiモデル 32GB – シルバー ¥25,300
iPad mini 3 Wi-Fi 16GB – スペースグレイ ¥27,300
iPad Air Wi‑Fiモデル 16GB – スペースグレイ ¥28,100
iPad Air Wi‑Fiモデル 16GB – シルバー ¥28,100
iPad mini 2 Wi-Fiモデル 64GB – シルバー ¥30,200
iPad Air Wi‑Fiモデル 32GB – シルバー ¥31,600
iPad Air Wi‑Fiモデル 64GB – シルバー ¥35,200
iPad mini 2 Wi-Fiモデル 128GB – スペースグレイ ¥36,900
iPad Air 2 Wi-Fi 64GB – シルバー ¥40,600

https://www.apple.com/jp/shop/browse/home/specialdeals/ipad

シャープ、タブレット端末に再参入へ 鴻海に生産委託か

このエントリーをはてなブックマークに追加
f4e05713

1: ここん ★ 2017/04/19(水) 08:06:10.11 ID:CAP_USER.net
シャープは今年度中に、タブレット端末の販売に再び参入する方針だ。

製品企画を自社で手がけ、生産は親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業に委託することを検討している。主力の液晶パネル工場の稼働率を上げるねらいもある。

続きはソースで
http://www.asahi.com/articles/ASK4L7JDQK4LPLFA00Q.html
ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX
DOS/V POWER REPORT 2017年4月号
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly