PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

Radeon

AMD、8GBのHBM2メモリを搭載したNavi 12 GPU搭載のRadeon Pro 5600Mを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
AMD

838: Socket774 (ワッチョイ a3de-XPVa) 2020/06/15(月) 23:52:11.44 ID:pqyAPGLS0
AMD launches Radeon Pro 5600M with Navi 12 GPU featuring 8GB HBM2 memory - VideoCardz.com

AMDは本日、Navi 12 GPUを搭載したRadeon Pro RX 5600Mを発表した。これは、HBM2メモリを搭載した初のNaviプロセッサです。 AMD Radeon 5600MはHBM2メモリを搭載したNavi 12を取得します。

AMD Navi 12 GPUには40のコンピューティングユニットがあり、合計で2560ストリームプロセッサを搭載しています。AMD Radeon Pro 5600Mは、このグラフィックプロセッサを搭載した最初のグラフィックカードです。このカードの理論上のFP32の最大パフォーマンスは5.3 TFLOPです。これは、クロック速度が約1035 MHzと推定されることを意味します。

Radeon Pro 5600Mには、2048ビットで8GBのHBM2メモリがあります。これは、デュアルHBM2ダイ構成です。394 GB /秒のメモリ帯域幅は、1540 MHzの有効なクロック速度に変換されます。

このカードには、Radeon Pro 5500MおよびRadeon Pro 5300Mと同じ50WのTotal Graphics Power(TGP)があります。これが、グラフィックカードのクロック周波数が比較的低い理由です。

新しいRadeon Pro 5600Mは、新しいMacBook Pro用のモバイルグラフィックカードです。現在、Radeon RX 5300MおよびRadeon RX 5500Mとともに提供されています。


https://videocardz.com/newz/amd-launches-radeon-pro-5600m-with-navi-12-gpu-featuring-8gb-hbm2-memory#disqus_thread 

プレスリリース

メモリスピード14GbpsのRadeon RX 5600 XT、GIGABYTE「GV-R56XTWF2OC-6GD」

このエントリーをはてなブックマークに追加
429: Socket774 (ワッチョイ 5da1-FlVV) 2020/06/03(水) 19:42:21.31 ID:m9eXA9Rs0
メモリスピード14GbpsのRadeon RX 5600 XT、GIGABYTE「GV-R56XTWF2OC-6GD」

GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)は2020年6月3日、「WINDFORCE 2X」クーラーを搭載するRadeon RX 5600 XTグラフィックスカード「GV-R56XTWF2OC-6GD」について、新規取り扱い開始を発表した。

https://www.gdm.or.jp/pressrelease/2020/0603/350671

市場想定売価税抜30,200円前後(6月中旬発売)
1
2
3
4

型番 GV-R56XTWF2OC-6GD 
GPU Radeon RX 5600 XT
Core Clock Boost Clock : 最大 1620 MHz Game Clock : 1460 MHz
Stream Processors 2304
Process Technology 7 nm
Memory Clock 14 Gbps
Memory Size 6 GB
Memory Type GDDR6
Memory Bus 192 bit
Memory Bandwidth 336 GB/s
Card Bus PCI-Express 4.0 (x16)
Power requirement 450 W
補助電源 8pin x1
出力 DisplayPort 1.4 x3 HDMI 2.0b x1 冷却 空冷ファン (WINDFORCE 2X) ※2slot占有
セミファンレス ○ 
保証期間 2年(代理店保証)

以下詳細
https://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/amd-graphics/gv-r56xtwf2oc-6gd/release/

GIGABYTEが最安争いに参入するのって珍しいな

Radeon RX 580を搭載したグラフィックボード「RD-RX580-E8GB/OC/DF3」が玄人志向から発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
198: Socket774 2020/06/02(火) 12:48:00.63 ID:n72fWG+T
玄人志向のRadeon RX 580に新モデル、価格は17,800円

Radeon RX 580を搭載したビデオカード「RD-RX580-E8GB/OC/DF3」が玄人志向から発売された。
店頭価格は税抜き17,800円。
以下ソースで
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1255789.html

「RD-RX580-E8GB/OC/DF3」
1
2
3

GPU Radeon RX 580
コアクロック Boost:1350 MHz
メモリクロック 8 Gbps
ビット幅 256 bit
メモリサイズ 8 GB
メモリ規格 GDDR5
I/O DisplayPort x1 HDMI x1 DVI-D x1 バス PCI-Express 3.0 (x16)
補助電源 8pin x1
冷却/スロット 空冷ファン ※2.5スロット占有 セミファンレス
本体寸法 242 x 123 x 40 mm (ブラケットを除く)
付属品 クイックインストールガイド(英語) 電源ケーブル 6pin x1、8pin x1
保証期間 1年

以下詳細
https://www.kuroutoshikou.com/product/graphics_bord/amd/rd-rx580-e8gb_oc_df3/

AMD次世代RDNA 2「Navi 21」GPU搭載Radeon RX&RDNA 1「Navi 10 Refresh」GPU搭載Radeon RXグラフィックスカードがリーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
894: Socket774 (ワッチョイ 079e-hrqg) 2020/05/23(土) 20:16:09.91 ID:eVPFRw0U0
Navi1.Xはリフレッシュ予定みたいだね 
AMDは、次世代のNavi 2X(RDNA 2)およびNavi 10 Refresh(RDNA 1)GPUに基づくRadeon RXグラフィックカードをいくつか準備しているようです。彼の新しい技術ポータルであるRogameで特集された独占記事で、Radeon RXからRadeon Proシリーズのグラフィックスカードに至るまで、さまざまなNavi GPU SKUについて詳しく説明しています。

Navi 21(RDNA 2)およびNavi 10 Refresh(RDNA 1)GPUがリークするAMDの次世代Radeon RXグラフィックスカード、Navi 22およびNavi 23 GPUも発見

AMDが示唆したように、今後のRadeon RXグラフィックスカードは2つの異なるGPUアーキテクチャに分割されます。次世代のRDNA 2ベースのNaviラインナップと、既存のRadeon RX 5000シリーズカードの更新として提供される既存のRDNA 1ベースのパーツを用意します。

繰り返しになりますが、Navi 2Xでは、主な焦点は「Big Navi」GPUとも呼ばれるNavi 21チップです。Navi 21 GPUは、GeForce RTX 2080 TiやGeForce RTX 2080 SUPERなどのNVIDIAの既存のフラグシップに取り組む一方で、Ampere GPUアーキテクチャーに基づくNVIDIAの次世代GeForceラインナップにも挑戦する、AMDのマニアおよびフラグシップ製品を強化することが期待されています。
1

AMD Navi 21(ハイエンドRDNA 2)ゲーミングRadeon RXグラフィックスカード

リークによると、AMDは、愛好家のRadeon RXグラフィックスカードに電力を供給するNavi 21 GPUの少なくとも4つのバリアントを計画しています。この情報は、リークしたGPUのPCI IDから取得されます。以下は、Rogameによって明らかにされた4つのSKUです。

・Navi 21 XTX(0x731F:D0)
・Navi 21 XT(0x731F:D1)
・Navi 21 XL(0x731F:D3)
・Navi 21 XLE(0x731F:DF)

各GPU SKUは、Radeon RX 5000シリーズファミリーの既存のカードを置き換えますが、パフォーマンスセグメントはまったく異なります。比較として、Navi 10には、消費者が利用できる4つのGPU SKUもあります。Navi 10 XTXチップは、Radeon RX 5700 XT 10th Anniversary Editionに電力を供給する最高のビニングパーツであり、次にRadeon RX 5700 XT、Navi 10 XLに電力を供給するNavi 10 XT GPUがRadeon RX 5700に電力を供給し、最後にNavi 10に電力を供給します。 Radeon RX 5600 XTを駆動するXLE。

続く

ロープロファイル対応Radeon RX 550 を搭載したMSI「Radeon RX 550 4GT LP OC」を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
689: Socket774 (ワッチョイ bb58-2pxY) 2020/05/15(金) 13:32:09.83 ID:4IvP20a50
MSI、LowProfileのRadeon RX 550ビデオカード

 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は、LowProfileのRadeon RX 550ビデオカード「Radeon RX 550 4GT LP OC」をアユート専売で発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は8,800円前後の見込み。

以下ソースで
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news_flash/1252663.html 

1
2
7


https://www.msi.com/Graphics-card/Radeon-RX-550-4GT-LP-OC.html

まだRX550の新製品出るのかw

AMD、16GB HBM2搭載したプロフェッショナル向けグラフィックスカード「Radeon Pro VII」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
125: Socket774 (ワッチョイ eb76-Af6G) 2020/05/13(水) 21:55:58.17 ID:x1ihd0ID0
AMDは16GB HBM2メモリとInfinityファブリックリンクを搭載したRadeon Pro VIIを発表

新しいRadeon Proは16 GBのHBM2メモリを備えています。これは、NVIDIA Quadro RTX 5000と同じ容量ですが、帯域幅ははるかに高くなっています(1 TB /秒)。Radeon RX(Radeon VII)モデルとは異なり、ProバリアントにはHDMIディスプレイ出力がありません。代わりに、AMDは8K対応の6つのmini-DisplayPortコネクタを選択しました。

AMD Radeon Pro VIIはPCIe Gen 4.0グラフィックスカードであり、NaviベースのすべてのProモデルが新しいインターフェイスと互換性があることを考えると、当然のことです。ただし、これは、PCIe Gen 3にのみ対応しているTuringベースのQuadro RTXシリーズよりも優れています。Radeon VII(RXシリーズ)はPCIe Gen 3.0のみであることにも言及する価値があります。

このカードの標準的なボード電力は250Wで、RTX 5000(260W)よりわずかに少ないです。単一の8ピンおよび単一の6ピン電源コネクタが必要です。この構成は、カードがデュアル8ピンの295W TBPで仕様化されているため、RXモデルとは異なる違いです。

AMDはまた、Radeon Pro VII用の新しいマルチGPUブリッジを復活させています。ブリッジは「Infinity Fabric Link」と呼ばれ、最大168 GB / sの帯域幅があります。AMDは、100 GB /秒の最大双方向帯域幅を提供できるNVIDIA NVLINKとそのInfinityファブリックリンクを比較しています(RTX 5000の場合、50 GB /秒です)。

更新:
AMDは、Radeon Pro VIIが3840ストリームプロセッサを搭載したVega 20 GPUを備えていることを確認しました。最大倍精度の計算パフォーマンスは、Radeon VII(RXシリーズ)の2倍です。カードの小売価格は1,899米ドルです。
1
2
3
4
5
6


https://videocardz.com/newz/amd-announces-radeon-pro-vii-featuring-16gb-hbm2-memory-and-infinity-fabric-link
おいAMDが革ジャンに被せてラデオンpro7とか出してきたぞ

AMD Radeon RX 5600 XTはさらに高速化され、さらに混乱しています

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

4: Socket774 (ワッチョイ a715-ZoTJ) 2020/05/05(火) 12:18:50.09 ID:AUd+vewj0
AMD RX 5600 XT:人工的な製品のセグメンテーションがメリットよりも問題を引き起こす場合

Radeon RX 5600 XTの悲惨な発売は、小売業者、製造業者、および顧客の間で混乱を引き起こしました。14 Gbpsメモリと150W以上のグラフィックスパワーへの直前の仕様変更により、AIBは発表されたばかりのRadeon RX 5600モデルのパラメーターを変更できました。

カードを出荷しなかったメーカーは最高の立場にあり、モデルのBIOSをアップグレードするだけで済みました。すでにカードを作成している、またはさらに悪いことに、それをディストリビューターに出荷したボードパートナーは、BIOSアップデートをリリースせざるを得ませんでした。カードがより高いメモリ速度で適切に動作する保証がないため、これはトリッキーな操作でした。その結果、一部のブランドはそのままにして新しいモデルをリリースすることを決定し、適切な認証プロセスを経ました。

結局、Radeon RX 5600 XTには信じられないほど混乱する状況があります。購入するモデルを確認する必要があるだけでなく、同梱されているBIOSも確認する必要があります。AMDは、BIOSアップグレードの失敗と、AIBがこの状況をどのように処理するかについては何も約束していません。とはいえ、問題が発生した場合は、自分で対処する必要があります。

ただし、この非常に珍しい状況では、理論的にはAIBの方が理解が深まるはずです。 ただし、この時点でアップグレードされたモデルを購入する可能性が高いため、BIOSのアップグレードは不要な場合もあります。いずれの場合も、提供されているモデルと、BIOSアップグレードで問題が発生した場合のプロセスを、お気に入りの小売業者に正確に尋ねてください。


RX5600XTメモリ14Gbps対応品後出しじゃんけん
AMD、メモリクロック14Gbps対応のRadeon RX 5600 XTグラフィックスカードを発表
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2020/0505/347216
https://www.amd.com/en/graphics/amd-radeon-rx-5600-xt-14gps-models

AMDのBig Navi 7nm フラッグシップGPUは505mm²の大型ダイとRDNA2を搭載しているとされる - RX 5700XTの2倍のパフォーマンスを示唆

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

663: Socket774 (ワッチョイ 6726-IqDb) 2020/04/29(水) 09:07:03.56 ID:f0pu7iG/0
PC出荷フォーラムのユーザーAquariusZiは、過去に最も信頼性の高いリーク情報源の1つであり、彼らは(KOMACHI_ENSAKA経由で)AMDの次期「Big Navi」ラインアップのダイサイズを投稿しました。問題の7nmフラッグシップは、おそらくAMD RX 5950 XTと呼ばれる可能性があります(または他の何でもいいですが、AMDは自由に物事を揺さぶることができます)、巨大な505 mm²のダイが特徴で、単純な計算では、「smol Navi」RX 5700 XT GPUの少なくとも2倍の性能を提供します。それでも、ユーザーは *過去に信頼性がありますが* 私は常に単一のソースからの情報に由来し、検常に細かい注意を促します。

AMDの次世代7nm Navi 21 GPUは、RX 5700 XTの少なくとも2倍の性能を持つ505mm²の巨大なダイを持つことになる。 

ダイサイズが明らかになったのはNavi 21 GPUだけではなく、Navi 22は340mm²、Navi 23は240mm²となっています。Navi 23は、現世代のフラグシップであるRX 5700 XTの後継機になる可能性が高い。情報源によると、これらの測定値には5mm²の誤差があるとのことです。RX 5700XTのダイサイズが251mm²であることを考えると、Navi 21のダイサイズは非常に理にかなっています。


RX 5700XTは、RDNA1アーキテクチャをベースにした40CUを搭載しており、Navi 21 GPUをベースにしたRX 5950XT(またはAMDがそれを呼ぶことにしたもの)は、これらの数字に基づいて80CUを搭載することが容易にできる。これは、合計で5120個のストリームプロセッサになる。RDNA1 から RDNA2 への効率改善を考慮しないと(これは確かにあるでしょうが)、これは少なくとも 2 倍の性能向上になります。

しかし、この仮定には1つの注意点があり、ダイエリアのすべてがシェーダーコアに使用されていることです。もしAMDがNavi 2Xファミリにレイトレーシング専用のハードウェアを導入することを選択した場合、CU数が減る可能性があります。個人的には、AMDは、NVIDIAがTuring上でTensorコアを展開しているような専用コアよりも、むしろレイトレーシングにGPGPUアプローチを採用したいのではないかと推測しています。いずれにしても、物理的なサイズの増加と組み合わされたアーキテクチャ上の利益は、関係なく、少なくとも2倍以上のゲーム性能の増加を見ていることを非常によく推測しています。  
2

今後のAMD次世代GPUのベンチマークがCubeVRに漏れ、非常に強力なカードが作成されていることがわかります。最近、多くのAMDカードもRRA認定に合格したため、AMDはカードの全ラインナップの発売準備を明確に準備しています。AMDから本格的なグラフィックスカードが発売されたすべての明確な兆候がそこにあるので、ハイエンドカードの市場に出ている場合は、AMDが動き出すまで数か月待つ必要があるかもしれません。私たちが聞いたところによると、NVIDIAはAmpere GPUの最終的な価格を決定する前に、AMDがBig Naviのラインナップを展開するのを辛抱強く待っていました。

RRA認定は、特定のGPUがリリースされる時期を予測する最も確実な方法の1つであり、大規模なGPUファミリーがRRA認定に合格したため、AMDは間もなく発売を準備しているようです。これは*簡単に*変更される可能性があるものですが、少なくとも4つのGPUコードネームがEECファイリングで漏洩しました:Radeon RX 5950XT(フラグシップ)、Radeon RX 5950、Radeon RX 5900およびRadeon RX 5800。 AMDから数か月以内にいくつかの新しいGPUがリリースされることを期待できます。コロナウイルスは確かにほとんどの企業の計画に打撃を与えていますが、これらのカードが今年の9月より前に発売されることは間違いありません(注意:私の意見)。

https://wccftech.com/amd-radeon-big-navi-21-gpu-505-mm-die/


BigNavi=RTX5950XTはダイサイズが505m(5700XTの2倍!)
性能も2倍か

AMD Radeon RX 5000シリーズを購入でゲームがもらえるキャンペーン「バイオハザード RE:3」の話題

このエントリーをはてなブックマークに追加
414: Socket774 (ワッチョイ 23b7-CuPJ) 2020/04/03(金) 09:23:56.40 ID:pghkh9Up0
バイオの引き換えキタ!
AMD


バイオハザード™ RE:3のアクティベーションコードは、発売予定の2020年4月3日以降、AMD Rewardsより発行予定となります。


スポンサード リンク
月別アーカイブ





記事検索
ランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを5ちゃんねるからまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に5ちゃんねる使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加