PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

Radeon

Radeon RX 7900 GRE搭載のグラフィックスカードが一斉に発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
352: Socket774 2024/02/28(水) 12:27:53.93 ID:ds8mn7Zk0
Radeon RX 7900 GRE搭載のグラフィックスカードが一斉に発表。早い物は3月1日発売で税込10万円前後
1
2
3
4

2024年2月27日,CFD販売は,AMDのデスクトップPC向け新型GPU「Radeon RX 7900 XT」を搭載するASRock,GIGA-BYTE TECHNOLOGY(以下,GIGABYTE),TulのPowerColorブランド,玄人志向のグラフィックスカードを発表した。税込価格はいずれも10万円前後となっている。

続きはソース元で
https://www.4gamer.net/games/660/G066019/20240228019/

AMD Radeon RX 7900 GRE 16 GB GPUが549ドルでグローバル発売、NVIDIA RTX 4070がターゲット

このエントリーをはてなブックマークに追加
238: Socket774 2024/02/26(月) 07:15:30.88 ID:xoTSgt+X0
AMDは、NVIDIA GeForce RTX 4070に対抗するハイエンド・カテゴリーにおいて非常に魅力的な選択肢となる549ドルという価格帯のRadeon RX 7900 GRE GPUの世界的な発売をついに発表した。
1

AMD Radeon RX 7900 GRE GPUは、NVIDIA GeForce RTX 4070よりも多くのVRAMを提供し、価格は同じ549ドルで、現在世界中で入手可能です。

AMD Radeon RX 7900 GRE GPUは、DIYおよびSI SKUとして昨年初めて中国で発売された。欧州市場でも発売されたが、当初はシステム・インテグレーターに限定されていたが、特定のAIBパートナーを通じてDIYセグメントでも徐々に発売されるようになった。本日、AMDはこのSKUを549米ドルという新価格で世界的に発売することを発表した。
2
3

仕様に関しては、AMD Radeon RX 7900 GREグラフィックス・カードは、80個のRDNA 3コンピュート・ユニットまたは5120個のストリーム・プロセッサを搭載するNavi 31 GPUを削減し、84個のコンピュート・ユニットまたは5376個のストリーム・プロセッサを搭載する7900 XTに対して、前述の16GBメモリとともに256ビットのスリム化されたメモリ構成を備えている。Infinity Cacheは6つのMCD内のバスインターフェイスに接続されているため、RX 7900 XTより26MB少ない64MBのIFCが期待できます。

続きはソース元で

$549は11万くらいか

ZLUDAのおかげで、未変更のNVIDIA CUDAアプリがAMD GPUで実行できるようになりました

このエントリーをはてなブックマークに追加
882: Socket774 2024/02/13(火) 07:32:22.20 ID:qblXjyfK0
でもラデはCUDAガーとは

ZLUDA のおかげで、未変更の NVIDIA CUDA アプリが AMD GPU で実行できるようになりました

AMDは、ZLUDAと呼ばれる一人の開発者のプロジェクトを引き継いだと報じられている。 実装であった。このプロジェクトはすでに中止されているが、CUDAアプリをインテルハードウェア上でネイティブに実行することを可能にしていた。 AMDはこのプロジェクトの開発者に連絡を取り、このツールをインテル製ハードウェアに移植することに興味があるかどうかを確認した。 このツールをHIP/ROCmプラットフォームを通じてAMD GPU上で実行できるように移植することに興味があるかどうかを確認するためだ。

VRAY-CUDA-ON-AMD-ROCM

Phoronixのレポートによると、このプロジェクトは、CUDAアプリをAMDハードウェア上で実行できるようにするための努力を再開したとのことだ。 すべてのアプリがまだネイティブに動作するわけではないが(NVIDIA Optixなど)、 しかし、開発者は現在、Radeon GPU上で変更なしにバイナリを実行できる。唯一の要件は、CUDAを置き換えるZLUDAライブラリを含めることです。
AMD-HIP-VS-CUDA-BLENDER

プロジェクトは息を吹き返したが、実はAMDはサポートを打ち切っていた。しかし、Phoronixはこのライブラリをテストした。 CUDA対応ソフトウェアはROCm上で必要な修正なしにシームレスに動作することが確認されている。

これは本質的に、開発者がCUDAサポートを利用できるようになったことを意味する。 Blender 4.0やV-RayのレンダリングAPIとしてCUDAを使用することが可能だ。Blenderについては これはRadeon GPUがHIPよりもZLUDAライブラリを通じて実際に高速に実行できることを意味します。
2024-02-12-15_25_58-GitHub-vosen_ZLUDA_-CUDA-on-AMD-GPUs

ZLUDAライブラリーは現在オープンソースであり、すでに素晴らしい結果を出している。ライブラリはまだすべてのアプリケーションをサポートしているわけではないが 、このプロジェクトは他の開発者のサポートによって継続することができる。AMDがなぜ AMDがZLUDAプロジェクトに2年間資金を提供し、その後サポートを打ち切った理由は不明だが、Phoronixが指摘するように、 HIPをサポートするソフトウェアは、2年前よりもはるかに少なくなっている。

このプロジェクトを支えた唯一の開発者であるAndrzej Janik氏は、今後も活動を続けるという。探求する価値のあるアイデアの1つは RadeonGPU上でZLUDAを通じてNVIDIA DLSSを有効にすることである。プロジェクトの公式ページはすでに次のように更新されている。 ZLUDAプロジェクトは現在AMD GPUに焦点を当てています。開発者はまた、OpenCL実装と比較した社内ベンチマークの結果も共有しています。

https://videocardz.com/newz/unmodified-nvidia-cuda-apps-can-now-run-on-amd-gpus-thanks-to-zluda

最上位のAMD RDNA4パーツは、半額の価格と低消費電力でRX 7900 XTXのパフォーマンスを提供できる可能性がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

206: Socket774 2024/01/30(火) 06:46:57.37 ID:/3B6XNA+0
TPU記事より

最上位の AMD RDNA4 パーツは、半額の価格と低消費電力で RX 7900 XTX のパフォーマンスを提供できる可能性がある
https://www.techpowerup.com/318426/top-amd-rdna4-part-could-offer-rx-7900-xtx-performance-at-half-its-price-and-lower-power

AMDが次世代RDNA 4グラフィックス・アーキテクチャでエンスージアスト・グラフィックス・セグメントから撤退すると噂されていることは、2023年8月の時点から分かっていた。つまり、RX 7900シリーズの後継製品がNVIDIAの最速GeForce RTX「Blackwell」シリーズの上位モデルと対決することはないだろうということだ。その代わりに得られるのは、RX 5000シリーズRDNAに酷似した製品スタックであり、その最上位部分は400ドル前後で非常に競争力のある価格性能ミックスを提供する。Moore's Law is Deadによる最新のレポートでは、この部分についてさらに詳しく説明している。

どうやら、次世代RDNA4グラフィックス・アーキテクチャに基づくRadeon RX SKUの最上位モデルは、現行のRX 7900 XTXに匹敵する性能を提供しながらも、価格はその半分以下(約400ドル台)に抑えられるようだ。また、より小型でシンプルなシリコンを使用してこの性能目標を達成し、ボードコストを大幅に下げることで、価格につながると予想される。さらに、より新しい4nmクラスのファウンドリー・ノードとRDNA4アーキテクチャ自体への変更により、エネルギー効率が向上する可能性があり、RX 7900 XTXの96よりも少ないコンピュート・ユニット数で目標性能を達成することができます。

全文はソース元で

AMD Radeon RX 7600 XT、329ドルで販売開始: より高速なNavi 33 GPUと16GBメモリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
861: Socket774 (ワッチョイ 1be0-eaRq) 2024/01/25(木) 00:04:34.58 ID:/W2t6OSU0
AMDは、より高速なクロックのコアと16GBのVRAMを搭載した全く新しいRDNA 3 GPU、Radeon RX 7600 XTを329ドルで正式に発売しました。
1

AMD Radeon RX 7600 XT GPUが発売開始: より高速なNavi 33 GPUと2倍のVRAMを搭載し、329米ドルから購入可能

AMD Radeon RX 7600 XT GPUは、Radeon RX 7000「RDNA 3」ラインナップの中でも興味深い存在だ。このGPUは、1080pゲームソリューションとして設計されており、16GBの大容量VRAMを搭載しているため、特定の1440pゲームで力を発揮することができる。このグラフィックスカードは、RX 7600と同じコア構成を維持していますが、クロックが最大2760MHzと高速化され、XT非対応製品より100MHz向上し、TDPが190Wに増加しています。

AMD Radeon RX 7600 XT 16 GB GPUの仕様 - 2倍のVRAMでNavi 33を強化

仕様面では、AMD Radeon RX 7600 XT GPUは、同じNavi 33 GPUコアを搭載したRadeon RX 7600と非常によく似ている。このチップは、32個のコンピュート・ユニットまたは2048個のストリーム・プロセッサー、64個のAIアクセラレーター・コア、最大2.47GHz(ゲーム)および2.76GHz(ブースト)のブースト・クロック速度を提供する。RX 7600に比べ、ゲームクロックで10%、ブーストクロックで4%向上している。メモリは、同じ128ビットバスで容量が8GBから16GBに増加し、18Gbpsの速度で288GB/秒の帯域幅を実現しています。また、32MBの第2世代Infinityキャッシュを搭載しています。
2

Radeon RX 7600 8 GB GPUのシングル8ピンMBAデザインとは大きな違いです。同じディスプレイ出力(DP 2.1 & HDMI 2.1)が搭載されています。

続きはソース元で

うーん7600XTの価格びみょいな

AMD Fluid MotionフレームをサポートしたAMD Software Adrenalin 24.1.1 WHQLがリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
495: Socket774 2024/01/24(水) 07:15:29.96 ID:2X2FdVLF0
1

AMDは、AMD Software Adrenalinドライバの最新バージョン、バージョン24.1.1 WHQLをリリースした。これは、新しいドライバが新しいAMD Radeon RX 7600 XTグラフィックスカードのサポートを追加し、Like A Dragonの初日サポートをもたらすという、非常に大きなアップデートです: また、「Like A Dragon: Infinite Wealth」と「TEKKEN 8」ゲームも初日からサポートされる。また、AMD Fluid Motion Frames (AFMF)もサポートされ、DirectX 11およびDirectX 12のゲームで最大97%のFPS向上が期待できます。AFMFに加え、新ドライバには、AMDビデオ・アップスケーリング、いくつかのビデオ機能向上、AMDスマート・テクノロジー・タブ、AMDアシスタント、およびOS機能サポートが追加されています。また、いくつかの問題も修正されています。

AMDによると、AFMFはAMD Radeon 700M、RX 6000、RX 7000シリーズのグラフィックスカード(デスクトップ版とノートブック版の両方)にフレーム生成技術を追加することでパフォーマンスを向上させる。AMDはまた、AFMFが高速な視覚的動きの際に動的にフレーム生成を無効にすることで、画質を維持するとしている。AMDは、Radeon RX 7600 XTグラフィックス・カードでAFMFとFSR 2を有効化し、クオリティ・モードに設定した場合、1080p解像度の厳選されたタイトルのパフォーマンスが平均97%向上し、同じ設定で同じRadeon RX 7600 XTグラフィックス・カードを1440p解像度に設定した場合、最大103%向上するとしています。
2


以下ソース元で

来たな

AMD Radeon RX 7600 XT 16GBが1月24日に329ドルで発売、コア数は非XTモデルと同じ

このエントリーをはてなブックマークに追加
84: Socket774 2024/01/08(月) 18:44:20.08 ID:kOA4Hqu10
AMD RX 7600 XTが1月24日に登場
より多くのメモリ、より高い価格。
1

NVIDIA RTX 40 SUPERの詳細が発表されたのに続き、Radeon RX 7600 XTの最初の公式仕様が発表されました。 7600 XT、AMDの最新デスクトップ・ゲーミングGPUの初の公式仕様を発表する。このカードの正式価格は329ドルで、数年前に発売されたRX 7600 XTより60ドル高い。このカードは、メモリ容量が2倍になっている一方で 同じ128ビットのメモリバスと18Gbpsのチップを維持し、速度と帯域幅が変わらないことを保証する。

残念なことに、AMDはこのSKUにNavi 32 GPUを使用せず、代わりにNavi 33にこだわることを選択した。その結果 仕様の上限は32コンピュート・ユニットと2048ストリーム・プロセッサーとなっている。主な変更点はクロック クロック速度だ。ゲームクロックとブーストクロックがそれぞれ2.25/2.66GHzから2.47/2.76GHzに向上した。
2

AMDは、メモリサイズの増加により消費電力が165Wから190Wに増加することを確認している。 これは8ピンの電源コネクター1つではまだ可能な範囲だが、レンダーでは2つの構成が示されている。 物理的な仕様に関しては、AMDは、RX 7600 XTカードが必須のDisplayPort 2.1コネクタで出荷され、RX 7600は1.4a仕様で提供される可能性がある。
3

公式には、16GBメモリーを搭載したRX 7600 XTは、最大設定で1080p/1440pで動作するゲームでより高いパフォーマンスを発揮するはずです。 AMDは、FSR2/3またはDLSS 2/3を使用した場合、他のチャートで自社のカードを少し古いRTX 2060カードやRTX 4060と比較しています。 しかし、ポイントは、AMD RX 7600 XTが4060非Tiと競合しているということです。 AMDは、Radeon RX 7600 XTが1月24日に発売されるという我々のリークを確認している。カードの価格は329ドルで、一番安いRTX 4060より30ドルほど高く、RTX 4060 Ti 8GBより55ドル安い。



RX7600XTはnavi33なのか・・・
買う価値ないじゃん

Radeon RX 7600 XT 16GBの噂

このエントリーをはてなブックマークに追加
f4086ecf-s

53: Socket774 (ワッチョイ 8d53-03E5) 2024/01/07(日) 20:37:07.46 ID:5Dv1Hn/f0
噂の7600XT 16GBについて

実際にテストしてみたところ、1/24発売と噂のNavi33 7600XT 16GB は7600無印の2~5%アップらしい>MLID
具体的にはRTX2080と同じくらいの性能で、多くのゲームで4K60Hz/WQHD120Hzを妥当な設定(ULTRA?)で楽しめるカードとのこと
https://youtu.be/fzPqNOK355c?t=161


・価格は今のところ299~349ドルの間(>>299$が有力)で計画されている
・WQHD解像度では無印よりも明らかに優秀で、例えばホグワーツレガシーでは20~30%強力
・対抗は4060(8GB)や、4060Ti(8GB)で、潜在的には3060 2GB
・AMDはすでに6700XTを350ドルで販売しているか、それよりも魅力的なものになる
・7600XT 16GBの発売に伴い、7600 8GBが少し値下げになるかもしれない(6600無印の売り切れと共にさらに価格は下がるだろう)
・価格の隙間も埋めるため7700XTは350~370ドルの安価なモデルが発売される?

過去の実績から発売間近の段階でのMLIDによるRADEON関連リークはかなり確度が高い

AMD、Radeon RX 7600 XT、RX 7700、RX 7800を準備か

このエントリーをはてなブックマークに追加
358125c3-s

849: Socket774 (スッップ Sd5f-HMqq) 2023/12/29(金) 10:08:17.13 ID:BwdHsG/fd
NVIDIAが1月のRTX 40シリーズSUPERグラフィックスカードの発売を間近に控えるなか、AMDは独自の製品スタックアップデートを準備している可能性がある。NVIDIAのリフレッシュがラインナップのハイエンドに重点を置いているのに対し、AMDはメインストリームの性能セグメントにより広く目を向けている。ユーラシア経済委員会への規制当局への提出書類には、「RX 7600 XT」、「RX 7700」、「RX 7800」という用語が記載されており、これらはRX 7600、RX 7700 XT、RX 7800 XTの間を埋めるものである。

230ドルのRadeon RX 7600と450ドルのRX 7700 XTの間にはかなり大きなギャップがあり、AMDはこれをRX 7600 XTとRX 7700(非XT)で埋めようとしている。AMDがこの2つをどのように切り分けるかは興味深いところだ。つまり、RX 7600 XTを作るには、AMDはより大きな(そしてはるかに高価な)「Navi 32」MCMを利用しなければならないかもしれない。RX 7600の32 CU(コンピュート・ユニット)とRX 7700 XTの54 CU(シリコン自体は60 CU)には大きな隔たりがある。CU数以外にも、AMDにはMCD(メモリ・キャッシュ・ダイ)数などのレバーがあり、RX 7600 XTではわずか2個、RX 7700では3個に減る可能性がある。Radeon RX 7800は別物だ。AMDは、RX 7700 XTをRX 7800 XTの50ドル以内に位置づけたことで、かなりの非難を浴びた。RX 7800をこの2つの間に挟むには、AMDはRX 7700 XTを押し下げることで差を広げる必要があるかもしれない。


RX7600XTが出るという噂があるな

スポンサード リンク
月別アーカイブ
記事検索
ランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを掲示板からまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に掲示板使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加