Intel

日本AMD「Ryzen7はここです」

このエントリーをはてなブックマークに追加
939: Socket774 2017/03/05(日) 18:16:04.21 ID:Z7u4KaIO0.net
AMD「Ryzen7はここです(ドコドコドン)」
http://www.amd.com/ja

01


AMD Ryzen登場を前に「Intel焦ってる」状態に、Skylake-Xを急遽12コア/24スレッドに変更か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 海江田三郎 ★ 2017/02/27(月) 14:06:36.36 ID:CAP_USER.net
01

Intelが次期ハイエンドCPU「Skylake-X」を急遽、10コア/20スレッドから12コア/24スレッドに変更する可能性が報じられました。
この動きは2017年3月3日に発売されるAMDの新CPU「Ryzen」を向かえ撃つためであることは明らかで、ついにCPU市場の覇権を賭けたIntel対AMDの本格バトルが始まる模様です。

http://www.bitsandchips.it/52-english-news/8079-rumor-intel-could-commercialize-a-12c-24t-skylake-x


Intelの「Skyalake-X」はLGA 2066プラットフォームを採用する、現行のハイエンドモデル「Broadwell-E」を置き換える次期ハイエンドCPUです。当初から、最上位モデルはBroadwell-Eと同様に10コア/20スレッドでの登場が予定されていましたが、12コア/24スレッドに変更される可能性が浮上しています。
Bits and Chipsのジャンマリア・フォルニ氏は、「8コア/16スレッドのRyzen 7が8コアのBroadwell-Eを上回る性能を見せているという事前情報であふれる現状に、Intelはハイエンドモデルを12コア/24スレッドに変更するだろう」と指摘しています。

あくまで噂レベルに過ぎないハイエンドモデルの仕様変更ですが、Ryzen 7がコストパフォーマンスという点でIntelを圧倒しているという事前情報があふれる中で、少なくともIntelが現行モデルのBroadwell-Eの価格改定に踏み切ることは避けられないという予想が主流となっています。

続きはソースで
http://gigazine.net/news/20170227-intel-skylake-x-12core/

Intel CPUの値下げキタ――(゚∀゚)――!! 7700K(4C8T)$379→$299 7600K(4C4T)$269→$199 6800K(6C12T)$499→$359

このエントリーをはてなブックマークに追加
49c23767

369: Socket774 2017/02/25(土) 22:58:33.16 ID:iCEPYu/e.net
キター
http://wccftech.com/intel-amd-price-war-ryzen-processors/
Intel Core i7-6800K ($359 US) - $140 Price Cut
Intel Core i7-7700K ($299 US) - $80 Price Cut
Intel Core i7-6700K ($259 US) - $140 Price Cut
Intel Core i7-7700 ($289 US) - $50 Price Cut
Intel Core i7-6700 (259 US) - $90 Price Cut
Intel Core i5-7600K ($199 US) - $70 Price Cut
Intel Core i5-6600K ($179 US) - $$90 Price Cut
Intel Core i5-7500 ($189 US) - $30 Price Cut
Intel Core i5-6500 ($179 US) - $50 Price Cut
Intel Core i3-7350K ($159 US) - $20 Price Cut
Intel Core i3-7100 ($114 US) - $15 Price Cut
Intel Core i3-6100 ($109 US) - $20 Price Cut
 01
02
03
04
05

Intelの第8世代Core i7-8000シリーズは第7世代CPU「Kaby Lake」よりも15%高速になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
638: Socket774 2017/02/10(金) 11:42:58.43 ID:/KIK4o3m0.net
インテルは、投資家会合で、コアi7-8000シリーズについて発言。
ロードマップに無いんだが、マジか?
01

1、Core i7 / i5 / i3 8000シリーズ
2、ラップトップ向け 10nm Cannonlake とは別、14nm+で製造
3、Kaby Lakeよりも15%高速
4、2017年の下期に発売

http://wccftech.com/intel-core-i7-8000-series-8th-gen-processors/

Intel、Ryzenに対抗?Kaby Lakeに新モデル「Core i7 7740K」と「Core i5 7640K」を準備中か

このエントリーをはてなブックマークに追加
a2bc0e4b

607: Socket774 2017/02/07(火) 07:24:10.47 ID:+ALC1nt8.net
Intel焦ってんぞ

このニュースの発表に続いて、いくつかの情報源は、これらの2つの情報についての私達に連絡しました。
すべては、Core i7のの7740KとCore i5の7640Kの存在を確認するが、
Core i5の7640Kでのハイパースレッディングの存在または非存在に矛盾する情報を得ています。
サンプルは、この週末に到着すると予想され、我々は、この機能の存在とすべての仕様(周波数、TDPなど)を確認します。 
https://www.cpchardware.com/intel-prepare-la-riposte-a-ryzen/

Intel、メディアワークステーション用の「Xeon Gold」シリーズプロセッサを準備

このエントリーをはてなブックマークに追加
a2bc0e4b

583: Socket774 2017/02/06(月) 23:57:14.50 ID:dZJXaP5z.net
https://www.techpowerup.com/230400/intel-readies-the-xeon-gold-series-processors-for-media-workstations 

同社はクリエイティブなアプリケーションでAMD Ryzen R7-1800Xのコスト/パフォーマンスで "驚いた"と言われており、HEDTプロセッサを使ったMacProデスクトップとメディア制作ワークステーションを使った市場のニッチをターゲットにした新しいプロセッサラインを準備中であるしかし、少し信頼性が必要です。
Xeon Goldシリーズは、14nmの「Skylake-EP」シリコンをベースとし、最大18のCPUコアを搭載します。

”freaked out”とはINTELまじビビってる

Core i3初の「K」付きモデル「Core i3-7350K」が11日に発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

245: Socket774 2017/02/07(火) 08:12:36.84 ID:zJlp2FMl0.net
ようやくか



待望の「Core i3-7350K」が11日に発売、定格4.2GHzでOC対応 - AKIBA PC Hotline! 
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1042827.html

デスクトップ版「Kaby Lake」の開店時間前倒し販売の購入者はわずかだが、通販は好調の模様

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

5: Socket774 2017/01/07(土) 03:40:03.40 ID:jJhBBsnL.net
「今回限りにしてほしい」(1/7) ・・・複数ショップ店員談

開発コードネームKaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサ(デスクトップ版)の販売がスタートした。

続きはこちらから↓(エルミタージュ秋葉原)
http://www.gdm.or.jp/voices/2017/0107/191961

Intel製CPU「Kaby Lake」のデスクトップ版が販売開始 Intel 200シリーズマザーボードも同時に発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

316: Socket774 2017/01/06(金) 02:05:48.44 ID:HufdLAkK0.net
わりと安かったな
いいね
Intel製CPU「Kaby Lake」のデスクトップ版が登場、LGA1151対応の新たなCore i7/i5/i3、Pentium、Celeronの各モデルが一斉に登場、最上位のなど計17モデルが発売された。
通販サイトではすでに販売が始まっているほか、店頭では6日(金)9時から複数のショップが販売を開始する。

今回入荷したのは、Core i7が7700K、7700、7700T、Core i5が7600K、7600、7600T、7500、7500T、7400、7400T、Core i3が7320、7300、7300T、7100、7100T、Pentium G4620、Celeron G3930。店頭価格は、Core i7が税込41,800~46,800円前後、Core i5が税込24,820~32,480円前後、Core i3が税込15,530~20,980円前後、Pentium G4620が税込12,480円前後、Celeron G3930が税込5,580円前後。

続きはこちらから↓(Impress Watch)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1037841.html

Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ

このエントリーをはてなブックマークに追加
8d6be4fa-s

1: Sunset Shimmer ★ 2017/01/04(水) 09:04:28.46 ID:CAP_USER9.net
 日本時間2017年1月4日,Intelは「Kaby Lake-S」(ケイビーレイクS)という開発コードネームで呼ばれていた,Kaby Lake世代のデスクトップPC向けCPUを第7世代Coreプロセッサとして発表した。

 1月4日に発表となったKaby Lakeの製品ラインアップや概要は別記事にまとめているので,参照してもらえればと思うが,Skylake世代と比べて,アーキテクチャ上の変更や改善点のアピールがとくにない点は強調しすぎてもしすぎることはないだろう。
 Skylake世代と比べた場合,Kaby Lake世代が持つ最大の特徴は,改良版14nmプロセス技術である「14nm+」を用いて製造される点だ。Intelによると,14nm+プロセス技術の採用により,CPUの絶対性能や消費電力対性能比の向上を実現しているとのことである。
 つまり,採用する製造プロセスの改良を除くと,基本的にはSkylake世代の直線的な後継製品であって,実際,既存のLGA1151パッケージと互換性を持ち,従来のIntel 100シリーズチップセット搭載マザーボードでもBIOS(UEFI)をアップデートすれば利用可能だ。

 4Gamerでは,そんな第7世代Coreプロセッサの発表時点における最上位モデル「Core i7-7700K」の性能評価用エンジニアリングサンプルを独自に入手することができた。また,対応チップセットである「Intel Z270」(以下,Z270)搭載のマザーボード「MAXIMUS IX FORMULA」はASUSTeK Computerから別途入手できたので,今回はこれらを用いて基礎検証を行い,デスクトップPC向けの4コアKaby Lakeで,従来のデスクトップPC向け4コアSkylake(=Skylake-S)から何が変わったのかを調べてみたいと思う。

 なお,4Gamerでは別途,Kaby Lake-Sがゲーマーに何をもたらすのか,ゲームを軸にしたレビュー記事も同時に掲載している。「ゲーム用途でどうなるのか知りたい」場合は,そちらを参照してもらえれば幸いだ。

「Core i7-7700K」レビュー。最大クロック4.5GHzの倍率ロックフリー版Kaby Lake-Sはゲーマーに何をもたらすか?
http://www.4gamer.net/games/344/G034458/20170103001/

■クロックが高くなり,DDR4-2400に対応したKaby Lake-S

 Kaby Lake-S,そしてi7-7700Kのスペックは別記事が詳しいのだが,テストに先立って,本稿でも紹介しておきたい。
 i7-7700Kは4コア8スレッド対応で,動作クロックは定格4.2GHz,「Turbo Boost Technology」(以下,Turbo Boost)有効時に最大4.5GHz,共有L3キャッシュ容量は8MBというスペックである。
今回,比較対象に用意したSky Lake-S世代の最上位モデル「Core i7-6700K」(以下,i7-6700K)と比べると違いは定格クロックで200MHz,最大クロックで300MHz高くなっているわけだ。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:4gamer http://www.4gamer.net/games/344/G034458/20170102001/

ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX
DOS/V POWER REPORT 2017年4月号
最新記事
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly