PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

Intel

Intel、次期「デスクトップ」Meteor Lakeは実際にはオールインワンオールインワンPC向けであると明言

このエントリーをはてなブックマークに追加
805: Socket774 (ワッチョイ 2fde-XYgb) 2023/09/27(水) 16:32:04.03 ID:HDup21VF0
Intel clarifies upcoming 'desktop' Meteor Lake are actually for All-in-One PCs - VideoCardz.com

インテル、PC部門トップの紛らわしい発言を釈明
Meteor LakeにLGA-1851はない。
1

PCWorldのインタビューで、ミシェル・ジョンストン・ホルトハウス(インテル上級副社長兼クライアント・コンピューティング・グループ・ジェネラル・マネージャー)は、Meteor Lakeチップが2024年にデスクトップに登場すると明言した。この発言の問題点は、ホルタウスが実際にデスクトップ・ソケットを意味したのではなく、さまざまなシステムにまたがるデスクトップのフォームファクターを意味したことだ。

もちろん、大多数のユーザーはMini-PCやAll-in-Oneシステムをデスクトップと呼ぶことはないだろうが、技術的にはどちらも机の上に置くことができる。これらのシステムは常にデスクトップ・システムとして販売されているわけではなく、低消費電力のモバイルCPUを使用していることが多い。インテル・コアKシリーズがデスクトップ・プラットフォームとして明確に表示され、販売されているのとは異なります。インテルは現在、デスクトップというのは実際にはAll-in-Oneシステムのことだと説明することで、ホルタウスのこの紛らわしい発言を明らかにしなければならなかった。

「Meteor Lakeは、AIO(All-in-One)などのデスクトップ・フォームファクターを含む、革新的なモバイルおよびデスクトップ設計を支える電力効率に優れたアーキテクチャです。製品の詳細については、今後お伝えする予定です。」
  - インテルの広報担当者がComputerBaseに語った。

ホルタウスはMeteor Lake-Sについて明確には言及しなかったが、デスクトップの発売を確認するかのような率直な回答は大きな混乱を招いた。彼女はさらに、インテルはモバイルとデスクトップの両セグメントで包括的な「上から下まで」の製品ラインナップを確立することを目指していると述べ、別の解釈をする余地をほとんど残していない。

インテルは、NUCシステム用に設計されたCore KBシリーズのようなデスクトップとモバイルのハイブリッドモデルを提供しているが、これらは特定のSKUに限られている。今後発売されるAll-in-Oneシステムがこのようなプロセッサーを搭載しない限り、真のデスクトップとして分類するのは難しいだろう。

この状況は、Mini-PCと伝統的なデスクトップの区別と類似している。現世代のNUC Extremeシステムは小型デスクトップPCに似ており、デスクトップ・ソケットを採用しているとしても、紛れもなくデスクトップ・システムである。

https://videocardz.com/newz/intel-clarifies-upcoming-desktop-meteor-lake-are-actually-for-all-in-one-pcs

はい

Intel、Meteor Lake CPUが2024年にデスクトップPCに搭載されることを確認

このエントリーをはてなブックマークに追加
681: Socket774 (ワッチョイ bf62-rGu+) 2023/09/24(日) 13:15:07.82 ID:TxC0oMeZ0
インテルは、様々な中止の噂がある中、2024年にMeteor Lake CPUをデスクトップ・プラットフォームに投入することを確認した。

インテルMeteor Lake CPUは2024年にデスクトップPCに搭載される、インテルEVPクライアント・コンピューティング・グループが確認

PCWorldのインタビューによると、インテルのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼クライアント・コンピューティング・グループ・ジェネラル・マネージャーが、Meteor Lake CPUは2024年に登場すると語った。様々な噂やリーク情報により、Meteor Lake CPUファミリーはキャンセルされ、代わりにArrow LakeにデスクトップCPUラインアップを集中させることが示唆されていたが、Meteor Lake CPUが再びデスクトップPCで日の目を見ることになったようだ。

以下はインタビューの記録である:

[PCWorld - Mark Hachman] Q- Meteor Lakeデスクトップは登場するのか?

[Michelle Johnston Holthaus - Intel EVP/GM of CCG] A - デスクトップは2024年に登場する。

[PCWorld - Mark Hachman] Q- では、Meteor Lakeデスクトップは確定ですか?

[Michelle Johnston Holthaus - Intel EVP/GM of CCG] A - はい。

[PCWorld - Mark Hachman] Q-モバイル向けのプロセッサファミリとデスクトップ向けのプロセッサファミリが存在する時代に戻ろうとしているのかどうか。

[Michelle Johnston Holthaus - Intel EVP/GM of CCG] A - そうではない。私は両方のセグメントに対して、上から下まで1つのプロセッサ・ファミリーを望んでいる。

PCWorld経由

1


インテルMeteor Lake CPUは、CCG(インテル・クライアント・コンピューティング・グループ)チップとしての性格が強いため、ミシェルが実際にこの製品ラインナップがデスクトップPCに搭載されることを確認したことは大きな意味を持つ。これはまた、インテルが2024年に1つだけでなく2つの異なる製品ラインナップを含む可能性のある次世代CPUプラットフォームをどのように展開するかという新たな視点を与えてくれる。

第1世代Core Ultra Meteor Lake CPUは、明らかに12月14日から、最近明らかになったノートPCのようなモバイルプラットフォームに最初に投入されるため、Meteor Lake CPUのモバイル発売から1カ月も先となる2024年のCESまでには、新しいデスクトップ用パーツが発表されると予想される。

Meteor Lake CPUは以前、Meteor Lake-Pの兄弟から派生した6+8構成で登場すると予想されていたが、その計画が変更され、何か新しいものが登場するかどうかはまだわからない。このCPUは、インテルの第14世代CPUの後継となり、コードネーム「Raptor Lake Refresh」と呼ばれる最後のLGA 1700ソケットCPUファミリーとなる。

これまでのところ、LGA 1851ソケットをベースとし、Meteor Lakeと次世代CPU Arrow Lake-Sに対応するためにI/Oとプラットフォームを大幅に強化するIntel 800シリーズ・プラットフォームについて聞いている。インテルArrow Lake-SデスクトップCPUは2024年後半に計画されているため、Meteor Lake-SデスクトップCPUが市場を獲得するには時間がかかるだろう。

どのような構成にせよ、Meteor Lake-S CPUは、クロック速度の向上と新しいCore i7 SKU以外にそれほど多くのものを提供しないRaptor Lake Refreshラインナップを上回る歓迎すべきアップデートとなるだろう。一方、Meteor Lakeは新しいP-Core(Redwood Cove)と新しいE-Core(Crestmont)アーキテクチャを提供し、新しいArc Xe-LPGグラフィックスを搭載する。

https://wccftech.com/intel-confirms-meteor-lake-cpus-are-coming-to-desktop-pcs-in-2024/
デスクトップにmeteor来るってよ
胡散臭いリークじゃなくてintelの中の人が明言してるからほぼ確定

Intel、AMDの128コアBergamoとArmチップに対抗する288コアXeonプロセッサー「Sierra Forest」

このエントリーをはてなブックマークに追加
585: Socket774 (スップ Sddf-79ia) 2023/09/22(金) 15:12:17.23 ID:GInl0iq7d
インテル・イノベーション・イベントにおいて、インテルはクラウド・プロバイダー向けの2番目のXeon「Sierra Forest」プロセッサーを発表した。最大288コア(XCC)を活用するこのプロセッサは、144コアの製品と共に発売される。従来のXeonスケーラブル・チップとは異なり、Sierra Forestは、より高密度で電力効率の高い「Sierra Glen」Eコア・アーキテクチャを活用する。これは基本的にCrestmontに、クライアント設計に欠けている高度な命令のサポートなど、いくつかのクラウド特有の最適化を施したものである。
1

Xeon Sierra Forestファミリーは、インターポーザー、2つのコンピュート・タイル、2つのI/Oタイルを含む、最大5つのチップレット(またはタイル)を活用する。I/OダイはGranite Rapidsのものと同じで、コンピュート・ダイのプロセス・ノードも同じである: コンピュート・ダイのプロセス・ノードは、高性能ライブラリを搭載したインテル4の強化版であるインテル3となる。
2

Sierra Forestの各コンピュートタイルは、108MBの共有L3キャッシュと6チャネルDDR5メモリをサポートする36個の「Sierra Glen」クラスタで構成される。GracemontやCrestmontと同様に、Sierra Glenコアは4MBのローカルL2キャッシュと、他のクラスタとプールされる3MBのL3キャッシュを備えた4つのクラスタで構成される。1つのタイルで144コア、2つで288コアのXCCバリアントが構成される。
3

Xeon Sierra Forestプロセッサは、2つのI/Oダイを搭載し、SoCとI/Oダイの両方の役割を果たす。これは、2Pサーバー用のx24 UPI接続、CXL 2と相互互換性のある68本のPCIe Gen 5レーン、およびI/Oファブリックで構成される。これらのチップのメモリ・コントローラは、コンピュート・ダイ上に配置されている(各6チャネル)。288コアを搭載するXCCの場合、DDR5-6400(ECC)12チャンネル・メモリがサポートされます。

第6世代Xeon Sierra Forestプロセッサは、144コアと288コアのバリエーションで2024年前半に登場する予定だ。ライバルとは異なり、ハイパースレッディング(SMT)を備えておらず、AMDのEpyc Bergamoラインナップよりも1年近く遅れて登場することになる。

https://www.hardwaretimes.com/intel-unveils-288-core-xeon-processor-to-tackle-amds-128-core-bergamo-and-arm-chips/

Intelの次世代チップ・パッケージングにガラス基板が採用され、相互接続が大幅に向上する見込み

このエントリーをはてなブックマークに追加
500: Socket774 (ワッチョイ 0f7e-79ia) 2023/09/19(火) 20:18:21.94 ID:Wl4jU2wB0
インテルは、既存の有機材料に取って代わり、より高い相互接続性を提供する次世代ガラス基板パッケージング技術を発表した。
1

インテルが披露した技術は「ガラス基板」であり、現在既存のチップに使用されている従来の有機パッケージに代わるものである。インテルは、この技術がどのように機能するのかを深く説明する前に、"ガラス基板 "は将来的に進むべき道であり、このパッケージング技術は産業界、特に最近チップのパッケージングが話題になっているHPCやAIにおいて大規模なイノベーションを急速に可能にすると主張している。

「10年にわたる研究の末、インテルは業界をリードする先端パッケージ用ガラス基板を実現しました。今後数十年にわたり、主要プレーヤーやファウンドリーのお客様に利益をもたらすこれらの最先端技術を提供できることを楽しみにしています。」

-Babak Sabi,、インテル上級副社長
2

特定のチップパッケージング技術を優れたものにする重要な要素は、1つのパッケージに多くの「チップレット」を集積する能力である。インテルは、ガラス基板を使用することで、メーカーが「より大きなチップレット複合体」を搭載できるようになり、単一パッケージのフットプリントを縮小できるようになり、より効率的で強化された性能バンプにつながると開示している。
01


ガラス基板は現在、より大きな温度耐性と平坦な設計を備え、層間接続に貢献している。インテルは、ガラス基板は相互接続密度が驚異的に10倍向上し、シームレスな電力供給につながると述べている。
02
03

上の写真では、上のデモチップの境界部分がガラスのような仕上げになっているのがわかるだろう。通常、最新のチップのこの部分は有機材料で構成されており、それが現在のチップの製造方法だ。しかし、ガラス基板を使用することで、インテルはチップを大幅に薄くできるだけでなく、最大10倍の配線密度を組み込むことができるため、これまで見たこともないような高度なチップレット設計が可能になる。ガラスを使用するため、インテルはすでにチップ開発の主要部品となっているSi(シリコン)を使用することになる。

チーム・ブルーはまだ「ガラス基板」のリリース時期を明言していないが、2030年までに「10億トランジスタ」をパッケージに収めるという目標に近づくことになる。ガラス基板は、HPC/AI業界で最もインパクトを与えるだろう。しかし、次の目標は実際にこの規格を採用することであり、それは今後数年のうちに実現すると思われる。

https://wccftech.com/next-gen-intel-chips-feature-more-sand-as-glass-set-to-replace-organic-substrate-materials/

Intel Core i9-14900KF 6GHzのCPUベンチマークがリーク: 7950Xより最大20%高速、13900Kより15%高速

このエントリーをはてなブックマークに追加
890: Socket774 2023/09/15(金) 06:07:20.52 ID:qBlbxgyd
インテルの第14世代Core i9-14900KFフラッグシップCPUが再びリークされ、今度はGeekbench 6で最速のシングル&マルチスレッド性能を記録した。

インテル第14世代フラッグシップCPU「Core i9-14900KF」、リークされたGeekbenchベンチマークで7950Xと13900Kに対して強力なパフォーマンス向上を示す

最新のベンチマークはGeekbench 6内でリークされ、有名なリーカーであるOne Raichuによって実行された。このリーカーは、Geekbench 6と古いGeekbench 5の両方のベンチマークでインテルCore i9-14900KFのCPUを動作させることに成功した。表示された性能からすると、以前のベンチマークでテストされていたESチップではなく、リテールモデルとほぼ同じチップを見ているのかもしれない。そのため、性能はもう少し良くなると予想され、また、以前のような奇妙なメモリとボードの組み合わせの選択ではなく、適切なベンチマーク環境でのテストが行われています。

スペックから説明すると、インテル Core i9-14900KF CPUは、8+16構成の24コア32スレッドを搭載する。最大36MBのスマートキャッシュを搭載し、基本TDPは125W(253W PL2)。クロック速度は基本3.2GHzで、サーマル・ベロシティ・ブーストにより最大6.0GHzとなる。これは、Core i9-13900Kより+200MHz、Core i9-13900KSと同じ周波数ジャンプとなる。

テスト構成には、ASRock Z790 Taichi マザーボードで純正周波数で動作する Intel Core i9-14900KF CPU と 32 GB の DDR5-7000 メモリが含まれています。性能面では、このCPUはGeekbench 6のシングルコアで3347点、マルチコアテストで23,051点という素晴らしいスコアを記録しました。Geekbench 5では、同じCPUがシングルコアで2412点、マルチコアテストで26,972点を記録した。この結果を最近のインテルやAMDのチップと比較すると以下のようになる:
1

印象的な6GHzの出荷時のクロック速度により、インテルCore i9-14900KFは、シングルスレッド・テストでCore i9-13900Kより最大13%、マルチスレッド・テストで15%高速化し、同じチップは、マルチスレッド・テストでAMD Ryzen 9 7950Xより最大20%、シングルスレッド・テストで15%高速化する。これは、単純なクロック速度の向上によるGeekbenchの性能の飛躍としてはかなりのものだ。第14世代CPUはより優れたIMCをサポートし、より高速なメモリ・サポートにつながるため、これらのテストも理にかなっている。
2

リーク者の一人であるRaichuは、適切な条件下であれば、純正クロックでさらに高いスコアを出せる可能性があるとも述べているが、このチップの真のポテンシャルを引き出すには、かなり強力な冷却設定が必要であることを示している。

このCPUは、マルチスレッドワークロードで最大300ワットに達する、非常識な量の電力を消費することがすでに分かっているため、第14世代プロセッサーを手に入れるつもりなら、準備を整えておいた方がいいだろう。良いニュースは、このチップは700シリーズと600シリーズの両方のマザーボードと互換性があり、来月には小売店頭に並ぶということだ。

https://wccftech.com/intel-core-i9-14900kf-6-ghz-cpu-benchmarks-leak-up-to-20-percent-faster-7950x/

差が開いちゃったね

Intel第14世代Core i9-14900K、i7-14700K、i5-14600Kが10月17日に発売と報じられる

このエントリーをはてなブックマークに追加
f78b9b28

792: Socket774 2023/09/13(水) 08:43:13.67 ID:FnF7qN+L
Intel第14世代Core i9-14900K、i7-14700K、i5-14600Kは10月17日に発売されると報じられている

Intel Raptor Lake Refreshのリリース日が決定
Intel第14世代Coreデスクトップ・ラインナップの発表が1週間後に迫っている。しかし、いつものように、Intelはあと1ヶ月はCPUを市場にリリースしない。

情報筋によると、Intelは10月17日に新シリーズを発表する予定であり、CPUの購入が可能になり、レビューが開始される見込みである。その1日前の10月16日、Intelは「広告」禁止令を出し、小売パートナーからの予約注文の可能性について、より多くの情報が得られる可能性を示唆している。

Intel Raptor Lakeリフレッシュの広告掲載見合わせについて
・広告掲載禁止:2023年10月16日午前6時00分(太平洋標準時)
・セールス+レビューの公開停止:2023年10月17日午前6時00分(太平洋標準時)

このリリース日は、Core i9-14900K(24コア)、Core i7-14700K(20コア)、Core i5-14600K(14コア)を含むKシリーズとKFシリーズ、そして統合グラフィックスをサポートしないKFシリーズの6モデルのみであることに注意が必要だ。これらはすべてTDP 125Wのアンロックモデルで、Kシリーズ以外のTDP 65W以下のモデルは来年のCES 2024年頃に登場する見込みだ。

Intelは、現在9月19日に予定されているInnovation 2023でRaptor Lake Refreshシリーズを発表する準備を進めている。同社は、コードネーム "Meteor Lake "と呼ばれるモバイルCore 100 Ultraラインナップや、おそらくRaptor Lake Refreshシリーズからモバイル向けにリブランディングされた製品など、他にもいくつかの製品を発表する見込みだ。さらに、IntelはArc GPUに関する最新情報を提供する可能性があり、特に新しいACM-G12 GPUが利用可能になったことや、Arc A580 GPUの発売が1年近く遅れていることを考えると、期待されている。

https://videocardz.com/newz/intel-14th-gen-core-i9-14900k-i7-14700k-and-i5-14600k-reportedly-launches-october-17th

Intel Core i9-14900KのCPUベンチマークがリーク: Geekbenchでシングルコア最高性能を達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
156: Socket774 (ワッチョイ ff1f-ODsM) 2023/09/05(火) 20:44:49.74 ID:pmawprK60
IntelのCore i9-14900K Raptor Lake Refresh CPUがGeekbenchでベンチマークされ、最高のシングルコア性能を達成した。

Intel Core i9-14900K、Geekbenchのシングルコアベンチマークで他の全てのCPUを圧倒

Intel第14世代CPUのベンチマークには事欠かないが、最新のベンチマークでは、Intel Core i9-14900Kが、来月発売される地球上で最速のシングルスレッド・チップになることが改めて示された。このCPUはGeekbench 6でベンチマークされ、Core i9-13900KSが保持していた従来の記録を破った。
1

テスト方法に根本的な欠陥があったにもかかわらず、Intel Core i9-14900Kは、シングルコアで3140点という素晴らしいスコアを叩き出し、前世代のフラッグシップCPUを凌駕した。マルチスレッドスコアの低下は電力計画に関連しており、チップをフルに活用すると、シングルコアのタスクよりも常に多くの電力を必要とするからだ。以下は、このチップの競合製品との比較です:
001
002

これは、Core i9-13900Kよりもシングルコアのスコアが6%向上し、Core i9-13900KSよりも1%向上したことを意味する。上記で述べた要素を考慮すると、適切な構成で最終的なチューニングと最適化を行うことで、より良いスコアが得られると思われるので、これはインテル第14世代デスクトップCPUに期待できることのプレビューに過ぎない。

Intel Core i9-14900KデスクトップCPUは、最速のチップになるかもしれないが、非常に消費電力が高く、飼いならすには非常に熱いチップでもある。Core i9-13900Kと13900KSはすでに最も電力を消費するチップで、250~300Wの電力を消費し、全負荷で90~100℃まで動作する。

AMD陣営は、素晴らしいパフォーマンスを提供しながら、より効率的な動作を提供しているため、Intelにするのであれば、これらはトレードオフの一部となる。最も興味深い比較は、ゲームにおけるX3Dパーツの比較だろう。というのも、Intelがシングルコアの増加を売りにしているのは間違いなくゲームだからだ。いずれにせよ、Core i9-14900Kと残りの2つの "Unlocked "SKUは、今月末のイノベーション・イベントで発表される予定だ。


14900KがGB6のST最高記録を更新
メモリDDR5-4800 電力プランバランスのハンデ付き

Intel Core i9-14900K 6.0 GHz ES CPUが初のCPU-Zテストに登場、Core i9-13900Kより8~10%高速化

このエントリーをはてなブックマークに追加
113: Socket774 (オッペケ Sr07-mimm) 2023/09/03(日) 19:33:33.74 ID:42zkTkO0r
Intel Core i9-14900KをCPU-Zでテスト。 Intel最速のLGA1700 CPUが初登場。

IntelのRaptor Lake Refreshラインナップの一部である次期Core i9-14900Kプロセッサーは、既存のCore i9-13900Kと同じコア数を維持し、8個のPコアと16個のEコアで構成される24コアに設定されている。しかし、クロック速度は200MHz向上している。

このCPUの重要な点の1つは、Pコアのサーマル・ベロシティ・ブースト(TVB)としても知られる6.0MHzのブースト機能である。この機能は、14900Kのエンジニアリング・サンプルを示すリークされたスクリーンショットによって実証されているようだ。さらに、このリークでは、プロセッサのTDP(熱設計電力)仕様が125Wであり、このクロック速度を達成するために1.385Vの電圧が必要であることが確認されている。
1
2

Core i9-14900Kプロセッサーは、シングルコアCPU-Zテストで978ポイント、マルチコアで18117.5ポイントを獲得した。このCPUをCore i9-13900Kおよびi9-12900Kと比較すると、14900K CPUは13900Kより9.7%/8.4%、12900Kより19.4%/59%高速であることがわかる。Alder Lakeシリーズの初期のLGA1700 Core i9 CPUと比べてMT性能が大幅に向上したのは、Eコア数が2倍になったためと考えられる。

Intelが今月末に開催予定のイノベーション・イベントで、第14世代Coreシリーズの一部としてCore K-CPUを発表する準備を進めているという噂が流れている。しかし、Raptor Lake Refreshの発表が来月に続くと予想されていることは注目に値する。

https://videocardz.com/newz/intel-core-i9-14900k-6-0-ghz-es-cpu-shows-up-in-first-cpu-z-test-8-10-faster-than-core-i9-13900k
クロック差以上に性能上がってない?

Intel第14世代Raptor Lake CPUの価格は、第13世代CPUより15%上昇するとされる

このエントリーをはてなブックマークに追加
536537a1-s

726: Socket774 2023/08/27(日) 22:18:36.82 ID:Nc557h4O
Intelの第14世代Raptor Lake RefreshデスクトップCPUは、第13世代CPUより平均15%値上げされるとMomomo_USが報じている。

Intelの第14世代Raptor Lake CPUは、第13世代CPUと比較して平均15%高価になる可能性

昨日、インテルの第14世代Raptor LakeデスクトップCPUが小売店によってリストアップされ始めたことをお伝えした。現在、Momomo_USは、今年10月に発売されると予想されるこれらの次世代チップの価格と思われるものを掲載している。

価格は、Intel Core i9-14900Kが695ドル、Core i9-14900KFが660ドル。これは、Core i9-13900KとCore i9-13900KFに比べて14%と16%の値上げとなる。Core i7-14700KとCore i7-14700KFの価格は、それぞれ485USドルと470USドルになるという。これは、Core i5-13700KとCore i5-13700KFの14%増と15%増だ。また、Core i5-14600KとCore i5-14600KFの価格はそれぞれ380ドルと345ドルだ。これらのチップの価格は、前モデルのCore i5-13600KとCore i5-13600KFより15%と13%高い。


続きはソース元で

【悲報】13世代をOCしただけの14世代、15%も値上げされてしまうwww

スポンサード リンク
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
ランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを5ちゃんねるからまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に5ちゃんねる使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加