シャープ

シャープ、MEMS-IGZOディスプレイを2017年量産。-30度でも動作

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 柴犬 ★ 2014/09/13(土) 00:33:52.96 ID:???.net
経営の立て直しを進めている大手電機メーカーの「シャープ」は、資本提携を結んだアメリカの半導体メーカーと共同開発した、直射日光のもとでも鮮やかに画像などが表示できるという新しいディスプレーを公開しました。
(略)
このディスプレーは、液晶や有機ELのパネルよりも消費電力を抑えながら、直射日光のもとや寒冷地といった環境でも、画像などが鮮やかに表示できるとしています。
シャープは今年度から鳥取県米子市の工場で試験的に生産を始め、3年後をめどに国内で本格的な量産を開始する方針で、経営の立て直しに向けて主力製品に育てたい考えです。
シャープの方志教和専務は「ディスプレーは、画質以外に省エネやデザイン、それにさまざまな環境での耐久性が求められており、今後も共同開発を強化していきたい」と話していました。
sh01

関連
■MEMSディスプレイ
機械的なシャッターの開け閉めで映像を表示する。
液晶で使われるカラーフィルターが不要のため、バックライトの光を効率よく表示でき、消費電力が低く、高温・低温の環境耐性に優れているという。

シャープが「MEMS」ディスプレイの量産化にメド
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0H70N320140912
シャープ、MEMS-IGZOディスプレイを2017年量産。-30度でも動作
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140912_666559.html
シャープと米クアルコムがディスプレー開発
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140912/k10014560171000.html

シャープが液晶で米マイルストーン賞受賞 テレビ向けディスプレーの確立で評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 幽斎 ★ 2014/06/10(火) 15:00:06.73 ID:???.net
シャープが液晶で米マイルストーン賞受賞 テレビ向けディスプレーの確立で評価
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140610/bsb1406101141002-n1.htm

シャープは10日、米国電気電子学会(IEEE)の
「マイルストーン(道標)賞」を受賞した。本格的なテレビ向け液晶ディスプレーの開発が
液晶産業の発展に貢献したと評価された。同賞は社会や産業の発展に貢献した
画期的な研究成果に贈られる。シャープは「電卓の開発」「太陽電池の商業化」に続き3回目の受賞で、国内最多となる。

 大阪市内のホテルで授賞式が開かれ、IEEEの幹部がシャープの高橋興三社長に記念のプレートを授与。
01

 シャープは1988年に初めて、高画質な14インチの液晶ディスプレーの実用化に成功した。
この開発をきっかけに液晶の大型化が進み、90年代に入ってノート型パソコンが普及。
家庭用テレビはブラウン管から液晶が主流となり、スマートフォンなど携帯端末の登場にもつながった。

 マイルストーン賞はシャープのほかに、国内では日本語ワープロや乾電池の開発などにも贈られている。

シャープ、中国企業にIGZO大量供給 100億円規模の黒字確保へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/29(水) 13:59:49.91 ID:???
経営再建中のシャープが、低消費電力で高精細な液晶パネル「IGZO」を、
中国のスマートフォン(高機能携帯電話)新興メーカー、北京小米科技(シャオミ)から
大量受注していることが29日、分かった。月産で100万台程度とみられる。
テレビより利益率の高いスマホなどの中小型パネルの安定受注により、業績は回復基調。
平成25年4~12月期連結決算で最終利益は3年ぶりに黒字を確保し、
100億円規模になる見通しだ。

受注は昨年後半からで、亀山第2工場(三重県亀山市)で生産。
小米からの受注は、米アップルのiPadミニと並ぶ大型案件となる。
小米は「中国のジョブズ」と呼ばれる雷軍氏が率いる2010年創業の新興メーカーで、
ロイター通信によると昨年のスマホ販売台数は前年比6割増の1870万台、売上高は
5割増の316億元(52億2000万ドル)。小米や華為技術(ファーウェイ)など、
急成長する中国のスマホメーカーは近年、高機能機種の品ぞろえ強化のため、シャープや
ソニーなどの日本製部品調達を増やしている。

亀山第2工場はテレビ向けの大型パネル工場だったが、平成24年に「経営再建の要」
となるIGZOの生産ラインを導入。生産の歩留まりを上げてコストダウンを図り、
中国メーカーへの打診を進めてきた。
シャープはほかに中国・ZTE(中興通訊)向けにもIGZOを受注しているが、
小米の大量受注が加わったことで、今年度の亀山第2工場の中小型パネルの生産比率は
40%に達する見込みだ。

シャープの25年4~12月期連結決算は、前年度の人員削減などリストラ効果に加え、
アップルの新型iPhone(アイフォーン)向けの液晶が堅調。業績予想の上方修正も
検討している。

IGZO
シャープが「経営再建の要」とする新技術。酸化物半導体を、液晶パネルの画質を
制御する部品に使用し、低消費電力や高画質を実現した。
半導体エネルギー研究所(神奈川厚木市)と共同開発。平成24年から亀山第2工場で、
世界初の量産化に成功している。
キャプチャ

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140129/bsb1401291342002-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140129/bsb1401291342002-n2.htm
シャープ http://www.sharp.co.jp/
株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6753

シャープ、完全にフチ(ベゼル)のない液晶「フレームレスIGZO」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/11/11(月) 12:51:21.56 ID:???0
 
シャープは7日、2013年度下期に投入するスマートフォンやタブレットなどに
関する事業説明会を開催し、今後の事業ビジョンや下期に投入予定する各機種、
重点的に取り組んだ内容が紹介されました。

また、説明会では下期に投入されるスマートフォンやタブレットなどが
一同に展示され、さらに、ディスプレイの周りの額縁(ベゼル)が完全にない
「フレームレス IGZOコンセプトモデル」のコンセプトモデルも参考出展していました。
b24659b2

シャープでは、2013年下期にすでに発表されているだけでも国内向けに、NTTドコモに
「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」、「SH-01F DRAGON QUEST」および「AQUOS PHONE EX SH-02F」、
「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」と2機種3モデル、au by KDDIに
「AQUOS PHONE SERIE SHL23」と1機種、ソフトバンクモバイルに「AQUOS PHONE Xx 302SH」
および「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」、「Disney Mobile on SoftBank DM016SH」、
「THE PREMIUM10 WATERPROOF 301SH」の4機種、さらに、NTTドコモには「SH-03E」の新色を発売します。

中でも注目されているのが、ソフトバンクモバイル向けAQUOS PHONE Xx 302SHおよび
AQUOS PHONE Xx mini 303SHで取り組まれたディスプレイの周りの額縁が
非常に狭い「狭額縁化」が重点的に取り組まれたということで、
AQUOS PHONE Xx mini 303SHではディスプレイ占有率が80.5%となっています。

このAQUOS PHONE Xx mini 303SHのような狭額縁化デザインを「EDGEST(エッジスト)」と
名付けてアピールしていくとのこと。

さらに、その先に今回参考展示されたディスプレイ周囲の額縁上左右3辺を
完全になくしたフレームレス IGZOコンセプトモデルを
採用した機種についても開発を検討していくとしていました。
5094d977

http://news.livedoor.com/article/detail/8240115/

工具メーカー・マキタがシャープと提携。

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: サッカーボールキック(やわらか銀行) 2013/09/19(木) 02:58:31.17 ID:mLmWc9nEP
■電動工具メーカーのマキタ、シャープと資本業務提携 約100億円出資

 電動工具メーカーのマキタは18日、シャープとの間で業務・資本提携を行うこととし、
本日シャープとの間で契約を締結したと発表した。

 マキタは今年5月14日にシャープと業務提携することで基本合意。
その後、両社間で具体的に詳細の検討を進めてきたが、
両社が協業することによって商品開発、販売及びアフターサービス網・調達網といった
バリューチェーンで大きな相乗効果が見込まれることが確認できたことから、本日、業務提携契約を締結した。

 業務提携の内容は、
「電動工具・家庭用機器・OPE(Outdoor Power Equipment)分野等における、
 マキタ製品のラインナップの拡充を企図した共同開発、シャープからの商品供給」、
「両社の保有する販売及びアフターサービス網・調達網といったバリューチェーンの相互活用」
など。

 また同時に、業務提携契約をより迅速かつ確実に推進するため、
シャープがマキタを引受先とする第三者割当増資による新株式発行を実施し、
マキタは約100億円の第三者割当に係る株式を引き受けることを内容とした資本提携契約を締結することとした。

キャプチャ

http://www.zaikei.co.jp/article/20130918/152074.html

シャープ、LGから液晶パネル受注 工場稼働率向上を優先

このエントリーをはてなブックマークに追加
sharp
1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/07/23(火) 13:18:52.56 ID:???
経営再建中のシャープが、韓国・LGエレクトロニクスから32インチ型の
テレビ向け液晶パネルを受注したことが22日、分かった。
亀山第2工場(三重県亀山市)で生産する。
32インチ型は安価だが、シャープは当面の工場の稼働率向上を優先させる一方、
中長期的な視野で大口顧客の信用を積み上げ、利益率の高い“本命”の
中小型パネルの本格受注につなげる。

32インチ型は汎用(はんよう)化と価格下落が進んでおり、利益が出にくい。
ただ、LGにとっては、亀山第2工場は、円安効果や生産能力の余剰による
安定供給が見込め、今回の発注につながったとみられる。
シャープは、今年3月に資本提携した韓国・サムスンからも、32型を
受注している。この結果、同工場全体の稼働率は3月時点で50%程度を確保、
6月末時点で80%弱まで上昇している。

シャープは、高精細、省エネ性に優れた虎の子の新型液晶「IGZO
(イグゾー)」など、利益率の高い中小型パネルの生産比率向上が経営課題。
だが、中期経営計画によれば、平成25年4~6月期の中小型パネルの比率は、
生産能力全体の10%程度にとどまる見通しなのが実情だ。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130723/bsb1307230927001-n1.htm
シャープ http://www.sharp.co.jp/
株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6753

シャープ、次世代ディスプレイ「MEMS」の試作品を公開…より省電力、高い色再現性、広視野角に

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/06/10(月) 20:00:41.50 ID:???0
シャープは、クアルコムの100%出資子会社であるPixtronix(ピクストロニクス)と共同で開発を進めている
IGZOを利用したMEMS(Micro Electro Mechanical System:微小電子機械システム)ディスプレイの試作品を、
6月10日に奈良県天理市のシャープ総合開発センターで、報道関係者を対象に実施した新事業分野戦略説明会において公開した。

 公開したIGZOを用いたMEMSディスプレイは、7型のもので、1280×800ドットの解像度を実現。
タブレットやスマートフォンなどへの応用が見込まれている。

 Pixtronixが保有するMEMSディスプレイ技術は、シャッターとLEDを高速で動作させて、色を表示。
シャッターが開いた部分だけLEDバックライトの光が通り、これにより、RGBのLEDが表示されるという仕組みを持つ。
既存の生産インフラを活用して生産が可能であるほか、液晶生産現状の液晶ディスプレイや有機ELと比べて、
省電力性や色再現性、広視野角や高速応答などが実現できる次世代ディスプレイとして注目されており、
Pixtronixが保有するMEMSディスプレイ技術と、シャープが保有するIGZO-TFT技術の統合によって、
両社は、次世代MEMSディスプレイの実用化技術の共同開発を行い、将来における実用化に向け取り組むことを目的とする共同開発契約を結んでいる。
また、共同開発契約による提携を確実に推進するため、クアルコムと出資契約を締結していた。
(中略)
 次世代MEMSディスプレイの試作品を見せられる段階にまで至ったことは、同社の財務戦略上にも大きな意味を持ったものだといえよう。
第1回目に払い込みは約49億円、第2回目の払い込みは約59億円となり、合計で108億円を出資。
これにより、シャープに対するクアルコムの持ち株比率は3.53%となり、韓国サムスン電子の103億円を上回り、第3位となる。

 なお、シャープの代表取締役副社長 水嶋繁光氏は、次世代MEMSディスプレイをはじめとする新規事業分野において、
2015年度に800億円の売上高を目指すことを明らかにした。
02

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130610_602956.html

シャープ、全出荷分に最終兵器「IGZO」搭載へ スマートフォン(スマホ)とタブレットの国内向け

このエントリーをはてなブックマークに追加
sharp
1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/24(金) 07:15:04.22 ID:???
シャープは23日、来年度(2014年度)に国内で出荷するすべてのスマートフォンと
タブレット端末に、同社独自の新開発液晶パネル「IGZO(イグゾー)」を搭載する
方針を明らかにした。高精細表示でありながらバッテリーが長持ちする優位性を大きく
アピールし、数年内にも国内携帯電話のシェア首位を奪還する考えだ。

業績不振の原因となった液晶事業立て直しのため、IGZOの販売拡大に注力する。
昨年度下半期にスマホとタブレットの出荷台数に占めるIGZOの搭載率は40%強まで
上昇したことを受けて、今年度は60%を計画している。

調査会社M総研によると、国内携帯電話市場のシェアは米アップル(25・5%)、
富士通(14・4%)に次ぎ、シャープは3位(14・0%)となっている。
シャープは05年度~10年度までトップを保っていたこともあり、
IGZO搭載の製品拡充によりブランド力構築を図り、シェア奪還を目指す。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130523/bsj1305231836006-n1.htm
シャープ http://www.sharp.co.jp/
株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6753
関連スレは
【PC】ノートPCも高画質の時代へ 世界の亀山工場から--シャープ、ノートPC向けIGZO液晶パネルを生産開始 [05/19]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1368950174/l50

ノートPCも高画質の時代へ 世界の亀山工場から--シャープ、ノートPC向けIGZO液晶パネルを生産開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
sharp
1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/19(日) 16:56:14.26 ID:???
今年の冒頭に開催された世界の名だたる電化製品見本市では、昨年までの3Dテレビは
なりをひそめ、4K画質の液晶テレビを紹介するメーカーが軒を連ねた。しかし、高画質化
への動きは、何も液晶テレビだけに限った話ではない。

PC業界にもまた、同じように高画質の波が押し寄せようとしている。

今や、テレビではなく、PCの画面でフルHDのストリーミング放送やブルーレイの映像を
楽しむ時代だ。マニアでなくとも、より高画質、高精細のディスプレイを一般ユーザーが
求めるのも当然の流れといえる。とくに昨年秋頃くらいから、WQHDのディスプレイが
注目されている。WQHDとは、ディスプレイ画面の表示画素数をあらわす呼称で、HD解像度
(1280×720)の4倍となる。

これまで、WQHDのディスプレイといえば、安くても10万、20万円は当たり前。一般の
ユーザーには敷居の高いものだった。

ところが昨年末から、10万円を切るモデルが、各メーカーから続々と提供されているのだ。
たとえば、米アップルのApple Thunderbolt Display MC914J/A(27インチ)は実売価格
8万円前後と、アップルのモニタとしては安い部類になっている。また、株式会社アイ・オー
・データ機器のLCD-MF271CGBRは実売45,000円?50,000円程度、おなじみのDELLも
同じく27インチDELL U2713HMを49,980円という価格で提供している。

そんな中、シャープは5月14日、業界最高水準の画素密度となるノートPC向けIGZO液晶
パネル3タイプの生産を亀山第2工場で6月から開始すると発表した。

今回生産が発表されたのは、15.6インチ/3200×1800ピクセル(WQHD+、235ppi)、
14インチ/3200×1800ピクセル(262ppi)、11.6インチ/2560×1440ピクセル(WQHD、
253ppi)の3タイプとなる。IGZOは、シャープが世界で初めて量産化に成功した、透明な
人工酸化物半導体。

液晶パネルなどには通常、非晶質半導体のアモルファスシリコンが広く応用されているが、
IGZOはそれに比べて20~50倍で電流を流すことができるのが特徴。その電子移動度の
高さによって、同じ透過率のものと比較して、約2倍の高精細化を実現している。

しかし、ノートPCユーザーにとって、気になるのは消費電力だ。画質のクオリティが上がれば、
それだけ電力消費も大きくなるに違いないと思ってしまうだろう。

ところが、IGZOの最大の強みは、高精細ながら、圧倒的な低消費電力にある。ディスプレイ
消費電力を5分の1から最大10分の1にまで軽減することに成功しており、モバイルシーン
の多いノートPCの長時間駆動には最適だといえる。

◎シャープ(6753)--ノートPC向けIGZO 2液晶パネル 3タイプを生産開始
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130514-f.html

http://economic.jp/?p=19341

ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX
DOS/V POWER REPORT 2017年4月号
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly