スマホ

VAIO、税別24800円でAndroidを採用した「VAIO Phone A」を発売 「Windows10はコンシュマーが使うに厳しいOSだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/22(水) 14:19:40.29 ID:CAP_USER.net
日本通信の「VAIO Phone」と対比する形で「真VAIO Phone」などと呼ばれ、話題を集めたVAIOのWindows 10 Mobile搭載スマホ「VAIO Phone Biz」が、OSにAndroidを採用して、まさかの復活を果たします。
アルミから削り出した筐体やチップセットなどのハードウェアはそのままに、ソフトウェアを刷新。名称も、「VAIO Phone A」になります。

VAIO Phone Aは、VAIO Phone Bizと兄弟機で、ハードウェアの構成は同じです。チップセットには、クアルコムの「Snapdragon 617」を採用。メモリ(RAM)は3GB、ストレージ(ROM)は16GBを搭載しており、ディスプレイは5.5インチのフルHDとなります。背面に1300万画素のカメラを搭載している点も、VAIO Phone Bizから変わっていません。
筐体はアルミを削り出したボディで、最終検品を長野県安曇野市で行う「安曇野FINISH」も施されています。

一方で、OSにはAndroid 6.0を採用しており、それに伴い、いくつかの仕様が変更になっています。
純粋にソフトウェアが異なるだけでなく、ソフトウェアの変更によって、ハードウェアの性能が引き出されている部分もあります。
その1つが、対応周波数。VAIO Phone Aは、3GがBand 1、5、6、8、11、19に対応、LTEがBand 1、3、8、19、21に対応しており、VAIO Phone Bizと比べると、3Gの対応周波数が増え、北米でも使いやすくなりました。もちろん、キャリアアグリゲーションも利用でき、下り最大225Mbpsの速度を実現しています。
同時に、microSDカードスロットと排他となる形でSIMスロットが2つになり、デュアルSIM、デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応しました。
元々VAIO Phone Bizでも、microSDカードスロットはSIMカードスロットと兼用でしたが、Windows 10 Mobileでは、この機能が利用できませんでした。
晴れてAndroidを搭載したことで、VAIO Phone BizのDSDSが解禁になったというわけです 。

(以下略)
http://japanese.engadget.com/2017/03/21/vaio-phone-a-os-android/

スマホを探して充電してくれる「充電ロボ」誕生! KDDIが開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 栓抜き攻撃(宮城県)@\(^o^)/ [US] 2017/03/19(日) 11:52:38.79 ID:ANh1385k0●.net
KDDI総研、自動でスマホを探索して充電する「充電ロボ」を開発
01

KDDI総合研究所は16日、スマートフォンを自動探索・充電するIoTガジェット「充電ロボ」プロトタイプを開発したと発表した。

今回の開発は、KDDI総合研究所が行っている「ミライ ヲ ツクル」プロジェクトの中で行われたもの。
同プロジェクトは、イノベーションを起こすことが出来得るチャレンジングな風土を醸成することを目的に、2015年5月に発足。組織に関係なく横断的に人材を集め、これまで深く取り組んだことのない分野に挑戦し、新しい研究分野の開拓、新規事業化を目指している。

続きはソースで
https://news.biglobe.ne.jp/it/0316/zks_170316_9035499009.html

スマホの「次」が見つからない大手携帯キャリアの焦り

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/15(水) 19:37:55.68 ID:CAP_USER.net
 最近、大手キャリアがドローンやAI、自動運転など新技術に積極的に取り組んでいる。
その背景には、スマートフォンの“次”となる新たなブレイクスルーが見いだせず、業界全体が停滞しかねないという危機感がある。

 携帯電話の大手キャリアは、モバイルデバイスや通信だけでなく、さまざまな技術やサービスの開発、投資も手掛けている。代表的な例は、NTTドコモのコンテンツサービス「dマーケット」や、KDDIのベンチャー支援プログラム「KDDI∞Labo」だ。
特に最近は、ドローンなど注目の最新技術の活用に力を入れ始めている。

(続きはサイトで)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-25021151-trendy-sci

Motorolaの「Moto Z」をW-ZERO3風にするキーボードMod、Indiegogoに登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Sunset Shimmer ★ 2017/03/06(月) 20:31:17.21 ID:CAP_USER9.net
https://www.youtube.com/watch?v=YVd6WWDSthY


01
02


 クラウドファウンディングサイトのIndiegogoで、Motorolaの「Moto Z」に対応した物理キーボードMod「Physical Keyboard Mod For Moto Z」が出資を募っている。
目標額は10万ドルで、量産は2017年6月を予定している。早期出資価格は60ドル(送料別)で、標準価格は120ドルとなる予定。

 Moto Zは背面に独自端子を備え、「Mods」と呼ばれるアタッチメントを装着することで機能を拡張できるスマートフォン。これまで公式アクセサリとして、バッテリ拡張やスピーカー、ハッセルブラッドのカメラモジュールなどが提供されてきた。

 今回のサードパーティによるキーボードModsは、物理キーボード機能を加えるためのもの。5列の配列となっており、ショートカットも利用できるとみられる。
スライダー機構を備えており、非使用時は完全に本体背面に隠すことができる。また、チルト機構も備えており、45度の角度までスマートフォン本体を起こして見やすくできる。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:PC Watch http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1047865.html

小学生のスマホ保有率、わずか1年で37%→60%と大幅増 未成年者の利用実態

このエントリーをはてなブックマークに追加
smartphone-431232_1280

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/04(土) 21:45:07.65 ID:CAP_USER.net
 デジタルアーツ(DAJ)は3月1日、未成年の携帯電話・スマートフォン・インターネットの利用実態に関する最新調査結果を発表した。あわせて同日に都内で記者発表会を開催し、代表取締役社長の道具登志夫氏、管理部広報課課長の吉田明子氏らが登壇し、現状や分析結果の解説を行った。

 この調査は、2011年12月から定期的に行っている「未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査」の第10回目となる。今回の調査では、携帯電話・スマートフォンを所持する10歳~18歳男女(未成年者)618名、0歳~9歳の子どもを持つ保護者層579名、合計1,197名から回答を得た。調査期間は1月10日~1月16日。

 調査は「携帯電話・スマートフォンの所有率・利用時間・利用目的・利用アプリ」「フィルタリングの使用状況」「携帯電話・スマートフォンを使い始めたことによる変化」「ネットを使った小遣い稼ぎ」「リスクに対する考え方」など、さまざまな項目についてアンケートしたものとなっている。

◆「スマホで当たり前」時代? 格安スマホの影響
 記者発表会冒頭のあいさつで道具氏は、学校でのWi-Fi環境の整備、さらに2020年の学習指導要領の変化に言及し、「教育やITの変化の中で、このデータを活用してほしい」とした。この調査データは、政府も利用しているという。
 引き続き記者発表会では、吉田氏が登壇し、データの詳細について解説を行った。今回の調査によると、
未成年者がスマートフォンを所有している割合は80.3%で、前回調査(2016年1月実施)の70.6%から9.7ポイント増加した。特に小学生の所有率が、60.2%(前回37.9%)と、前回より22.3ポイント急増した。

(続きはサイトで)
http://www.rbbtoday.com/article/2017/03/03/149708.html

シャオミが初の「自社製CPU」発表 外部企業への依存から脱却

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/01(水) 16:09:23.36 ID:CAP_USER.net
中国のシャオミはアップルやサムスン、ファーウェイに続き、独自のCPUを製造し、自社製品に搭載する。
シャオミは同社初の自社製CPU「Surge S1」を2月28日に発表した。3月に発売する約218ドルの低価格スマホMi 5Cで採用する。この動きは同社がCPU製造において、クアルコム等の外部企業への依存状態から脱却する狙いがある。

また、他のアンドロイド端末メーカーとの差別化にもつながる。中国で売上首位のスマホメーカーのファーウェイも独自CPUを製造している。
シャオミのレイ・ジュンCEOは「独自CPOの生産能力を持つことは、スマホメーカーにとって究極のゴールの一つだ」と述べた。「CPU開発はイノベーションの核となる技術だ。
今後はハードウェア生産とソフトウェア開発を強固に統合し、より良い製品を送り出していく」とした。

シャオミのCPU製造には中国政府が資金援助を行っているとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は
伝えている。レイ・ジュンは取材に対し、中国政府のテクノロジー省や北京市、さらに北京のハイテクエリアの中関村サイエンスパーク主導で立ち上げたファンドの支援を受けていると述べた。

続きはソースで
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-00015400-forbes-sci

Xperia XZ Premiumキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 世界初4K(3840x2160)HDR液晶&960fpsカメラ搭載!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ミラノ作 どどんスズスロウン(catv?)@\(^o^)/ [DE] 2017/02/27(月) 16:51:48.05 ID:M7+zKE460.net
ソニーモバイルコミュニケーションズは2月27日、Mobile World Congress(MWC) 2017の会場においてXperia Xシリーズの最新モデル4機種を発表した。
昨年のMWCで発表した「Xperia Projector」を「Xperia Touch」として発売することもあわせて発表された。
0102


 「Xperia XZ Premium」は、最大960fpsのスーパースローモーション撮影機能や5.5インチの4K HDRディスプレイを搭載したモデル。
チップセットはSnapdragon 835で、下り最大1Gbpsの通信に対応する。
新開発の1900万画素Motion Eyeカメラを装備する。外部接続端子はUSB3.1 Gen1対応で、従来のUSB2.0の10倍となる最大5Gbpsでのデータ転送が可能。
ボディカラーは、ルミナスクロムとディープシーブラックの2色展開となる。

ソニー、「Xperia XZ Premium」など4機種発表
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/mwc2017/1046404.html

サムスンの次期AndroidにWindows 10 Continuum相当の機能を追加。これはPC終わった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: アトミックドロップ(北海道)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/02/20(月) 12:12:50.26 ID:l+AjIYdC0.net
01

第一弾は韓国サムスンの「Galaxy S8」になる模様。
http://allaboutwindowsphone.com/flow/item/21930_Continuum_Android-style-the_Ga.php

韓国サムスン電子、 アジアスマホ市場で首位から5位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
3d2ff5a9

1: ダイビングヘッドバット(韓国)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/02/05(日) 12:28:58.05 ID:NdGHaSQa0●.net
【ソウル聯合ニュース】サムスン電子がアジア・太平洋のスマートフォン(スマホ)市場のシェアで1位から5位に転落した。中国新興メーカーのOPPO(オッポ)が初めて首位に立った。 

 米調査会社のストラテジー・アナリティクス(SA)は5日、昨年10~12月期にアジア・太平洋のスマホ市場でサムスン電子のシェアは9.4%で、5位だったと発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000010-yonh-kr

Xperiaスマートフォンの2016年出荷台数、わずか1年で「半減」の衝撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 海江田三郎 ★ 2017/02/04(土) 11:36:43.57 ID:CAP_USER.net
01

それでも昨年だけでXperia X、Xperia XA、Xperia X Performance、Xperia XA Ultra、Xperia XZ、Xperia X Compactなど2940万台 1510万台

ソニーのXperiaシリーズスマートフォンの2016第4四半期の出荷台数が判明したようです。

Xperiaスマホの2016年Q4の出荷台数は510万台。

昨年の760万台からは30%ダウン。同時期で見ると、2011年以来の低水準となっています。

昨年の第4四半期と言えば、Xperia XZおよびXperia X Compactがリリースされた直後。

特にXperia XZは久々にそこそこの評価で海外での人気も高かったという印象ですが、それでも以前の売れ行きを取り戻すほどの勢いはなかったようですね。

ちなみに、このグラフから年ごとの出荷台数を計算すると2016年を通してのXperiaスマホの出荷台数は1510万台。

一方、2015年は2940万台なので、Xperiaの出荷台数は過去一年で半減したということになります。
また、この2016年の出荷台数は2010年以来の低い数値。

続きはソースで
http://sumahoinfo.com/2016-xperia-slae-ship-lowest-since-2010-xperia-xz-xperia-x-performance-x-compact-ninki-uriage
ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX
DOS/V POWER REPORT 2017年4月号
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly