有機EL

シャープ、中国に有機EL工場を検討…投資数千億円規模 国内での生産は断念か

このエントリーをはてなブックマークに追加
f4e05713

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/18(土) 09:17:28.71 ID:CAP_USER.net
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で経営再建中のシャープが、中国でスマートフォン向けに有機ELパネルの量産工場建設を検討していることが16日、分かった。
鴻海の「iPhone(アイフォーン)」の組み立て工場がある河南省鄭州市などが候補に挙がっている。投資規模は数千億円規模になる見込みで、鴻海も出資を検討している。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170217/k00/00m/020/144000c#csidxddc581b2865f414a44dfe4b9438dd8c

中国BOE、1兆6600億円投じて世界最大級の有機EL工場を建設へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 海江田三郎 ★ 2017/02/17(金) 18:01:45.24 ID:CAP_USER.net
Appleが、将来のiPhoneに使用する、フレキシブルアクティブマトリックス有機EL(AMOLED)ディスプレイについて、中国のBOE Technology Groupからの調達を検討しており、テスト段階にある、とBloombergが報じています。
実現すれば、日本と韓国以外の企業で、iPhone用ディスプレイを供給する初のメーカーとなります。

約1.6兆円を投じ、2016年の全世界製造量を上回る製造能力持つ工場を設置
中国のディスプレイ製造大手であるBOEは、中国中西部の四川省に、約1,000億人民元(約1兆6,600億円)を投じてAMOLED工場を2か所設置する計画です。両工場がフル稼働すれば、約160万平方メートルのフレキシブルAMOLEDディスプレイが製造可能となり、
これは調査会社IHSが見積もる、2016年の全世界のAMOLEDディスプレイ製造量を上回る規模となります。

ただし、BOEが設置する工場の1か所では今年のうちに生産を開始するものの、フル稼働が可能となるのは2018年で、今秋の「iPhone8」には間に合いません。また、もう1か所の工場での生産開始は約2年後と見られています。

続きはソースで
http://iphone-mania.jp/news-155104/ 

iPhone8-concepts

LGの55インチ有機ELテレビ、ついに10万円台に値下がり

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 海江田三郎 ★ 2017/01/27(金) 16:23:57.10 ID:CAP_USER.net
01

発光素子を完全にOFFにすることで、引き締まった濃厚な「黒」を再現できるほか、これまで再現できなかった色域までもカバーできるなど、画質面でかなりのアドバンテージがある有機ELテレビ。

今年に入ってようやく国内メーカー各社も参入する意向を発表しましたが、すでに普及価格帯へと値下がり始めています。詳細は以下から。

大手通販サイト「Amazon.co.jp」によると、LGの55インチフルHD(1920×1080)有機ELテレビ
「OLED 55EG9100」が18万5399円で販売されています。なお、注文確定時にクーポンでさらに1万円引きされるため、実質販売価格は17万5399円。

続きはソースで
http://buzzap.jp/news/20170127-oled-55eg9100-sale/

55インチの有機ELテレビが30万円前後まで下落 液晶テレビとの価格差が急速に縮まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/24(火) 13:17:43.27 ID:CAP_USER.net
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ19H0R_U7A120C1MM0000/

画像が鮮明な有機ELテレビの店頭価格が下がっている。人気サイズの最新型は半年前の発売時に
比べて3割安くなり、液晶テレビとの価格差が縮まった。生産量の増加で部材コストが低下しており、「高値」の花だった有機ELテレビが普及期に入りつつある。

 有機ELテレビで売れ筋の55型は現在、韓国LG電子の最新モデル「OLED55B6P」が東京や大阪
の家電量販店で30万円前後(税別)。

約100万円!有機ELテレビ続々発売…一般人が買える値段になるのは何年後か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
e87ae58fd4d869d7a00a83a6345a5af4

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/22(日) 15:43:35.15 ID:CAP_USER.net
「国内メーカーが参入するとなると、さらに注目度は高くなる。ラインナップが増えれば売り場作りも変化させたい」――。
ビックカメラのテレビ担当者がこう期待を寄せるのは、今年、ソニー、東芝、パナソニックから発売が予定されている有機ELテレビだ。
3社とも55インチ以上の大型で、国内の発売時期は東芝が3月上旬、パナソニックとソニーは未定だが、6月頃になるものとみられる。
有機ELテレビとは、有機ELパネルを搭載したテレビを指し、液晶に比べ薄型・軽量で省電力なうえ、画質がより鮮明である点で強みを持つ。
ただ、生産技術が複雑であるため、現在量産しているのは韓国のサムスンディスプレイとLGディスプレイの2社のみだ。

普及のネックはやっぱり「値段」
サムスンはスマホ向け、LGはテレビ向けパネルを製造している。かつてソニーは有機ELパネルを自社生産し、世界初の有機ELテレビ「XEL-1」を2007年に発売したが、11インチで価格が20万円と高額だったため人気が出ず、2010年に生産を終了。有機ELパネルの製造からも撤退した。
そのため、ソニー・東芝・パナソニックの有機ELテレビに搭載されるパネルは3社ともLGディスプレイ製。3社は画像処理エンジンや音響システム、操作性などで差別化を図る方針だ。
期待の大きい有機ELテレビだが、普及のネックとなるのはやはり値段だ。東芝が発売予定の「X910シリーズ」は、予想実売価格が65型で97万円前後、55型で75万円前後となっている。ソニーの「BRAVIA A1E」とパナソニックの「TX-65EZ1000」は価格を公表していないが、メイン部品のパネルの調達先が同じであるため、大きな価格差はないものと予想される

全文はソースで
http://toyokeizai.net/articles/-/154749

LG、有機ELパネルの歩留まり率が15年の45%から85%に大幅改善…画質性能も向上し18年の製造は250万台に到達

このエントリーをはてなブックマークに追加
L05

1: 曙光 ★ 2017/01/16(月) 20:33:20.33 ID:CAP_USER9.net
 LG Display社のパジュ工場における2016年の有機ELパネル生産は、55型換算で約90万枚だった(マザーガラス基板1枚から、55型パネル8枚を生産できる)。
パネルの製造歩留まりも4K品で85%を超えた。2015年は45%前後だったから、かなり頑張った。2016年後半には、4K品で攻勢をかけ、生産量は月産10万枚を超えた。

画質性能面でも顕著な進化があった。パネルが第2世代になり、黒の階調性が向上した。第2世代といっても、時々刻々改良されているため、後になって市場に出る方が画質が上がっている。

これは、セットメーカーの製品を時系列的に見ていると、よく分かる。色再現は、白色を形成する原色レイヤーを増やし、DCIで98%まで向上させた。表示速度も改善した。HDRについては、ピーク輝度を第1世代に比べて25%アップさせた。
2017年の製造は170万台を目指す。第8.5世代の生産ライン「E4-2」が稼働すると、さらに90万台増える見込みだ。2018年度には250万台に到達するとしている。

全文はソースで
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/121500094/011600071/

国内メーカーが揃って有機ELテレビ参入 東芝・パナ・ソニー、韓国LGを追走

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

1: ハイキック(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/01/12(木) 15:37:00.92 ID:uv531YnN0.net
有機ELテレビ市場に日本勢続々参入 東芝・パナ・ソニー、韓国LGを追走

 韓国LGエレクトロニクスが独走する日本国内の有機ELテレビ市場に、日本の電機メーカーが年内の参入を続々と表明している。高精細な4K映像に対応するほか、
くっきりとした明暗表現や臨場感のある音質などを独自技術で実現し、高級テレビを求める富裕層の買い替え需要を狙う。日韓メーカーの競争が激化するとともに、市場活性化につながりそうだ。

続きはソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000001-fsi-bus_all

東芝も有機ELテレビを国内発売へ パネルはLGディスプレーから調達

このエントリーをはてなブックマークに追加
1c70be36-s

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/11(水) 09:52:37.45 ID:CAP_USER.net
東芝は3月上旬に画像が鮮明な有機ELテレビを国内で発売することを決めた。
65型と55型で画像を処理する専用の半導体を自社開発した。有機ELテレビの日本での販売は韓国LG電子が手がけているが、日本メーカーでは東芝が先陣を切ることになりそうだ。

 「レグザ」ブランドで発売する。価格は65型が税別90万円前後、55型が70万円前後となる見通し。パネルはLGディスプレーから調達する。

続きはソースで
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11524090Q7A110C1TI5000/

韓国LG、厚さわずか2ミリの"壁に貼れる"有機ELテレビを発売 価格は65インチで92万円

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 海江田三郎 ★ 2017/01/08(日) 13:20:16.95 ID:CAP_USER.net
米ラスベガスで開催中のCES 2017にて、LGエレクトロニクスのブースを取材した。
最も驚かされたのは、「壁紙テレビ」をコンセプトにうたう有機ELテレビ「LG SIGNATURE OLED TV Wシリーズ」だ。なんと、手で簡単に曲げられるほど薄い。
01
02

壁に掛けるのではなく「貼る」テレビ
新顔のWシリーズは、有機ELテレビに力を入れ続けててきたLGの2017年モデルとしてラインナップに加わる予定。
画面サイズは77型 / 65型 / 55型の3サイズで、LGディスプレイが開発する最新世代の有機ELパネルを使っている。
この有機ELパネルは制御アルゴリズムの最適化などにより、従来比で輝度が約25%アップしたことも特徴だ。

続きはソースで
http://news.mynavi.jp/articles/2017/01/08/ces2017_lg/

ソニー、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1Eシリーズ」を発表 75/65/55型の3サイズを用意

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: カーフブランディング(北海道)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/05(木) 12:53:40.47 ID:cmQqmLs+0.net
ソニーは4日(米国時間)、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1Eシリーズ」を発表した。
75/65/55型の3サイズを用意し、価格や発売日等はおって発表予定としている。

01
02

BRAVIA A1Eは、BRAVIA初の有機ELテレビで、4K/3,840×2,160ドットの有機EL(OLED)パネルを採用。
液晶テレビのフラッグシップ「Z9Dシリーズ」にも搭載している4K HDRプロセッサー「X1 Extreme」などのソニーの高画質化技術を結集しており、自発光デバイスである有機ELパネルの特長を最大限に引き出すという。
HDR方式として、Dolby Visionにも対応する。

続きはソースで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1037619.html

ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
DOS/V POWER REPORT 2017年1月号
自作 PC パーツパーフェクトカタログ 2017 (インプレスムック)
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly