1: きのこ記者φ ★ 2013/07/18(木) 22:08:11.81 ID:???
韓国のサムスン電子は18日、記録容量1テラバイトのソリッドステートドライブ(SSD)を発売した。
ハードディスクドライブ(HDD)に取って代わるストレージ技術と期待されるSSDを通じて、急拡大する記憶装置市場を狙う。
小売価格は650ドル。同じ容量のHDDは、最大手米ウエスタン・デジタル製のもので100ドル未満。

SSDはパソコンの多くで使われているHDDよりも高速であることに加え、軽量で消費電力が少ない。
主に高性能な超薄型ノートパソコンに搭載されている。

アナリストの中には、今後SSDの価格が下落することで、パソコンでのHDDの使用率が2015年までに
50%を下回るとみる向きもいる。野村証券は、世界のSSD需要は今年75%伸びると予想している。
SSDが主にNAND型フラッシュメモリーを搭載していることから、半導体メーカーも新たな需要に期待を高めている。

サムスンはNAND型フラッシュメモリーで世界首位に立つ。 現在中国で70億ドルを投じて半導体工場を建設中だ。

S


http://news.infoseek.co.jp/article/18reutersJAPAN_TYE96H07Y