PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

AMD

AMD Radeon RX 6800 XT ASUS ROG STRIX Customモデル「AMD Big Navi GPU」は290WのTGPで2.5GHzを超えてブースト

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

181: Socket774 (ワッチョイ c281-gGz3) 2020/10/26(月) 00:18:14.43 ID:2QsRx0NQ0
ROG STRIX Radeon RX 6800 XT 2.5 GHz With 290W TGP!?!?!?!?!?!?!?!?!?

Custom ASUS ROG STRIX Radeon RX 6800 XT “AMD Big Navi GPU” Reportedly Boosts Beyond 2.5 GHz With 290W TGP

AMD Radeon RX 6800 XTカスタム "Big Navi"グラフィックスカードのクロック速度に関するさらなる情報が、パトリック・シュール氏によってリークされました。パトリック氏は最新のツイートで、2.5GHzを超えるブーストクロックを搭載していると報じられているASUSのAMD Radeonグラフィックスカード「ROG STRIX Radeon RX 6800 XT」について語っています。

ASUS ROG STRIX Radeon RX 6800 XT with AMD's Big Navi "Navi 21 XT" GPU Reportedly Features Boost Clocks beyond 2.5 GHz at 290W TGP

この情報はエンジニアリングボードのサンプルに基づいているので、最終的なクロックやTGPは異なるかもしれないが、内部的にはともかく、AIIBがAMDのBig Navi GPUをどこまで押し上げることができたのかは興味深いところだ。ASUSのROG STRIX Radeon RX 6800 XTが今日の注目モデルであり、Patrick氏が3DMark 11でテストした3つのシステムがあると述べているが、いずれも可変クロック速度である。RX 6800 XTはセットTGPが290W、メモリクロックが1000MHzで16.00Gbpsのメモリダイで動作していると伝えられている。 


ASUS ROG STRIX Radeon RX 6800 XT Custom Graphics Card Reported Clocks:
・Average - 2291 / 2289 / 2092 MHz
・Median - 2373 / 2301 / 2320 MHz
・Max (Boost) - 2556 / 2394 / 2489 MHz

There are also entries spotted by Patrick at 255W TGP which are also listed below:
・Average - 2298 / 1993 MHz
・Median - 2357 / 2342 MHz
・Max (Boost) - 2509 / 2557 MHz

リーカーが最初に言及したのは、ドライバに問題があり、それがカスタムAMD Radeon RX 6800 XTグラフィックスカードのクロック速度があるべきほど一貫していない理由です。平均クロック速度の大きなばらつきは、カードが市場に出回る頃には解消されるはずです。

また、255Wと290WのTGPの違いはそれほど大きくは見えないかもしれないが、より高いTGPカードの方がオーバークロックのヘッドルームと安定したクロック速度を提供する可能性がある。3DMark 11は、2020年のグラフィックスカードのために重い作業負荷と考えるべきものではないので、これらのクロック速度が最終モデルで表現できるようになる前に、より最近のアプリケーションを評価する必要がある。
3

繰り返しになりますが、AMD Radeon RX 6800 XTグラフィックスの290Wと255Wの数字は、AMDがGPUとVRAMのパワーだけで判断したTGPです。それは、ボード全体のための数字であるNVIDIAのTGPに相当するものではありません。イゴールはまた、これを述べていたし、290WのTGPバリアントは、効果的に約350-355ワットのボードの総電力で終わる必要があります。

これらのレポートが正確であれば、我々は多かれ少なかれ11月にカスタムバリアントを取得しているが、各AIIBからのトップバリアントは、AMDのRadeon RX 6800 XTグラフィックスカードのビッグナビGPUの可用性に基づいて、11月末または12月中旬頃に期待することができます。

続きはソース元で
https://wccftech.com/asus-rog-strix-radeon-rx-6800-xt-amd-big-navi-gpu-boosts-beyond-2-5-ghz-290w-tgp/

AMD Ryzen 5 5600X(299ドル)がパスマークのシングルスレッド結果で最速CPUの座を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
119: Socket774 (ササクッテロレ Sp11-U2UZ) 2020/10/23(金) 18:58:55.80 ID:2fXoAiM4p
AMD Ryzen 5 5600X Takes the Crown of the Fastest CPU in Passmark Single-Thread Results | TechPowerUp

AMDはZenコアの設計を改善しており、Ryzen5000シリーズCPUに搭載されている最新のZen3 IPにより、同社は金メダルを獲得したようです。VideoCardzの報告のおかげで、AMDの次期Ryzen 5 5600X CPUがベンチマークされ、他の競合製品と比較されていることがわかりました。すべてのCPUをマルチスレッドおよびシングルスレッドのパフォーマンスで評価するPassMarkと呼ばれるCPUベンチマークでは、AMDのRyzen 5 5600X CPUが、シングルスレッドの結果チャートで最速のCPUの頂点に立っています。驚くべき3495ポイントを獲得し、1Tワークロードで最速のCPUになりました。これにより、CPUはIntelの現在の最高のCore i9-10900K(3177ポイント)を上回ります。これにより、Zen 3コアは競合他社よりも約10%先行しています。

念のため、AMD Ryzen 5 5600X CPUは、ベースクロックが3.7 GHzで、コアの周波数を4.6 GHzに上げる、6コアの12スレッド設計で、すべてTDP65ワットの範囲内です。CPUには、32 MBのレベル3(L3)キャッシュと3MBのL2キャッシュがあります。

2
1

https://www.techpowerup.com/273696/amd-ryzen-5-5600x-takes-the-crown-of-the-fastest-cpu-in-passmark-single-thread-results

AMD Radeon RX6800XTの3DMarkスコアがウェブに登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

495: Socket774 (ブーイモ MM0d-LAyy) 2020/10/23(金) 19:37:21.47 ID:SgYFFNgyM
Ultra-HDの3DMark–レイトレーシングの有無にかかわらずRX6800XTのベンチマークが登場


いつものように、昨日受け取った資料がかなり妥当であるように見えても、そのようなベンチマークには注意する必要があります。2つの情報源、非常に異なるアプローチまたは設定でありながら、最終的には結果の特定の範囲–少なくともすでに特定の傾向を見ることができます。私にとって最も妥当な結果は、3DMarkスイートの3つの既知のベンチマークのUltra-HD実行(「4K」)から得られます。

私が受け取ったものは、AMDとNVIDIAの両方のグラフィックカードを製造するボードパートナーによって実行されたベンチマークに基づいていると言われ、評価モデル(EVTフェーズ)でこれらの3つの後続の実行を実行したと言われています。結果を比較するときは、通常のIntelプラットフォームが基礎として機能している可能性があります。比較とテストの目的で他のカードを自分でベンチマークし、次にパーセンテージの違いを参照するように求められたので、最初に、元の形式で次の形式で送信された純粋なパフォーマンス比較を要約しました。
1
2
続きはソース元で
https://www.igorslab.de/en/3dmark-in-ultra-hd-benchmarks-the-rx-6800xt-without-and-with-raytracing/

Radeon RX 6800XTグラフィックスカードの合成ベンチマーク結果が出回っているようです。

AMD Radeon RX 6800XT、3DMarkの物語

現在、UL 3DMark GPUテストソフトウェアスタックに基づくRadeon RX 6800 XTのベンチマーク結果を提供しているソースは3つある。

AMD Radeon RX 6800XTは、RDNA2アーキテクチャを採用したナビ21ベースのグラフィックスカード。これは、発売時にボードパートナーに提供される唯一のBig Naviバリアントだ。当然のことながら、ボードパートナーはリークの有力な情報源となっている(いつものように)。したがって、現在表面化している結果は、彼らの内部評価から来ています。

3つの異なる情報源が独自のベンチマーク結果を掲載していますが、必ずしもお互いに対応しているとは限りません。私たちはこのデータを集めて、さっそくこのチャートを作ってみました。

Igor'sLAB
Igor Wallosseekは、 2つの異なるソース(パーセンテージ比較とスコア比較)からのデータを共有しました。彼は、データはAMDとNVIDIAの両方のグラフィックカード(おそらくASUS、MSI、またはギガバイト)を提供するボードパートナーによって実行されたベンチマークから生成されたと主張しています。

Wccftech
Wccftechはまた、2つのグループに分かれて、イゴールに非常に似た結果を受けたことが表示されます:パーセントの違いとスコアの違い。
2

CapFrameX
ベンチマークユーティリティの開発元は、どのSKUであるかを確認せずに、Big Naviの初期パフォーマンスの数字を掲載しました。このSKUは、DirectX 11ベースの4KベンチマークであるFire Strike UltraでRTX 3080よりも8%優れたパフォーマンスを提供すると言われています。

@KittyYYuko
今でも別のニックネーム(キティコーギー)で覚えている人が、すでに確認済みのリークを多数提供しています。Yukoは、80 Compute Unitsを搭載しているとされるNavi 21 XTサンプルの4つの異なるベンチマークで結果を提供しました。しかし、私たちが知っていることに基づいて、80CUバージョンはXTXバリアント専用です。

Kittyの結果は@ harukaze5719によってまとめられました:
3

https://videocardz.com/newz/amd-radeon-rx-6800xt-alleged-3dmark-scores-hit-the-web

6800XT最新かつ1番信頼できるリーク


AMD Radeon RX 6000グラフィックカードの仕様やRX 6800XT(Navi 21)エンジニアリングボードの写真がリーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
279: Socket774 (ワッチョイ 8958-tMQb) 2020/10/22(木) 20:22:55.18 ID:OHEn/Tua0
AMD Radeon RX 6000グラフィックカードの仕様がリーク– Radeon RX 6900 XTはNavi 21 XTX、Radeon RX 6800シリーズはNavi 21 XT/XL、Radeon RX 6700シリーズはNavi 22
1

RDNA2ベースのRadeonRX 6900、RX 6800、およびRX6700シリーズを含むAMDのRadeonRX6000ラインナップのグラフィックスカードの多くの仕様がVideocardzからリークされました。リークにより、グラフィックカードの仕様と最終的な名前、および各カードが使用するそれぞれのGPUが提供されます。

フルAMDRadeon RX 6000 "RDNA2"グラフィックカードラインナップ仕様リークアウト-RX6900XT用Navi21 XTX、RX6800シリーズ用Navi21 XT / XL、RX6700シリーズ用Navi22

情報筋によると、仕様はAMD自身によってAIBに提供され、仕様、GPU SKU、10月28日または来週に発表されるグラフィックカードの命名スキームなどの情報が含まれています。話すべき情報がたくさんあるので、始めましょう。

Navi 21 XTXGPUを搭載したAMDRadeon RX 6900XTグラフィックスカード
AMD Radeon RX6000シリーズラインナップの主力グラフィックスカードはRadeonRX 6900XTになると言われています。このカードは、80個のコンピューティングユニットまたは5120個のストリームプロセッサを搭載していると言われているNavi 21XTX「BigNavi」GPUを搭載します。基準クロック速度のクロック速度は、約2040MHzゲームおよび2330MHzブーストクロックで推奨されます。

このカードは、512 GB / sの帯域幅出力を備えた256ビットバスインターフェイス全体で16GBのGDDR6メモリを備えています。帯域幅を支援するのに役立つ無限キャッシュソリューションの噂がありますが、現時点ではその特定のキャッシュの正確な量はわかりません。AMD Radeon RX 6900 XTは、非常に限られた数量で発売されていると報告されています。

AMD Radeon RX 6800 XT with Navi 21XTおよびRadeonRX 6800 With Navi 21 XL GPU

AMD Radeon RX 6800シリーズには、2つのRDNA 2ベースのグラフィックカード、Navi21「BigNavi」ベースのRadeonRX 6800XTとRadeonRX6800が搭載されます。AMDRadeonRX6800XTには、Navi 21 XTGPUが搭載されています。 72個のコンピューティングユニットまたは4608個のSPを備えたカットダウンSKU。このカードは、256ビットバスインターフェイス全体で16 GBのGDDR6メモリ、512 GB / sの合計帯域幅、および参照仕様で2015MHzベースと2250MHzブーストのクロック速度も備えています。昨日、Navi 21 XTは、リファレンス用に320W、カスタムバリアント用に355WのTBPを搭載できることが報告されました。

AMD Radeon RX 6800グラフィックスカードは、4096ストリームプロセッサの64コンピューティングユニットを備えた、さらに削減されたNavi21「BigNavi」GPUを備えています。このカードは、16 GB GDDR6メモリと同じVRAM構成、256ビットバスインターフェイスを備えていますが、カードのメモリクロックがわずかに低く14 Gbpsになり、正味帯域幅が448 GB / sになることが報告されています。 。GPUは、リファレンススペックで1815MHzゲームのクロック速度と2105MHzブーストクロックを備えています。また、Navi 21 XLGPUを搭載したAMDRadeon RX 6800は、ストッククロックで290WのTBPを備えている可能性があるとも述べられています。
2

続きはソース元で

AMD Radeon RX 6900 XT Graphics Card With Navi 21 XTX GPU
>The AMD Radeon RX 6900 XT is reportedly launching in very limited quantities.
>very limited quantities

おい・・・ 

AMD Ryzen 9 5950X 16コアフラッグシップCPUのベンチマークが再び行われ、Intel Core i9-10980XE 18コアHEDTチップを打ち負かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
315: Socket774 (ワッチョイ 110c-tMQb) 2020/10/21(水) 22:55:39.65 ID:6kQC4BmT0
Ryzen 9 5950Xはめちゃくちゃ高速 i9-10980XEを再び圧倒するんだと

AMDの主力製品であるRyzen9 5950X 16 Core Zen 3CPUの新しいベンチマークがGeekbnench5データベースにリークされました。ベンチマークは、以前にリークしたものよりもはるかに優れたパフォーマンスを示しており、IntelのトップHEDTチップでさえそのお金で実行できます。

AMDのRyzen 9 5950Xは、非常に高速な5 GHzのZen3 CPUは、16コアは、インテルのトップ18コアHEDTプロセッサを粉砕する

AMD Ryzen 9 5950Xは、間違いなくAM4プラットフォーム用のエンスージアストチップになるだろう。AMDが示したところによると、1000ドル以下では最速のチップであり、これまでで最速のゲーミングCPUになることを目指しています。AMD Ryzen 9 5950Xの最新ベンチマークがGeekbench 5にリークされましたが、これはTUM_APISAKによって発見されたもので、リークされたベンチマークよりもはるかに優れたパフォーマンスを示しています。
01


ここでも、CPUは5.04GHzの平均クロック速度で動作していることがわかりました。Geekbench5で報告された最大クロック速度は5040MHzで、ほぼ5.0 GHzで動作しています。これは、工場で構成された仕様のフラッグシップのスイートスポットになるでしょう。AMD Ryzen 9 5950Xは、X570チップセットをベースにしたASUSのトップAM4製品の1つであるROG Crosshair VIIIFormulaマザーボードを搭載したテストベンチで紹介されました。テストセットアップは32GBのDDR4RAMを備えていますが、クロック速度は報告されていません。AMDは、DDR4-4000がRyzen 5000CPUのスイートスポットになることを強調しました。
02


ベンチマークについては、AMD Ryzen 9 5950Xがシングルコアで1657ポイント、マルチコアCPUテストで15,860ポイントを獲得しました。これは、昨日見たスコアを大幅に上回っています。これらの数値を主力のIntelCore i9-10980XE 18コアCPUと比較すると、シングルコアで43%のジャンプ、マルチコアテストで7.5%のジャンプが見られます。その前身であるAMDRyzen 9 3950Xと比較して、Ryzen 9 5950Xはシングルコアで28%高速で、マルチコアテストで12.5%高速です。Intel Core i9-10900Kと比較して、Ryzen 9 5950Xはシングルコアで17%高速で、マルチコアテストで42%高速です。
03

この比較を非常に興味深いものにしているのは、Intel Core i9-10980XEと比較して、AMD Ryzen 9 5950Xが200米ドル安くなることです。Intel Core i9-10900Kに対してさえ、5950Xは少し高いだけで、さまざまな小売店で10900Kがまだ不足している間、より多くの量で入手できると予想されるため、非常に価値があります。10900Kの希望小売価格は500米ドルと低くなっていますが、在庫がないため、小売業者によって数量が限られており、700〜800米ドルに達します。また、Ryzen 9 5950Xは、更新されたZen 3コアアーキテクチャのおかげで、より優れたアーキテクチャ、より優れたプロセスノード、場合によってはより低い温度、および消費電力の数値を備えているという事実も考慮する必要があります。

https://wccftech.com/amd-ryzen-9-5950x-16-core-flagship-cpu-benchmark-leaks-crushes-intel-core-i9-10980xe/

AMD Ryzen 9シリーズが一部PCショップで大きく値下がり

このエントリーをはてなブックマークに追加
834: Socket774 2020/10/21(水) 02:25:14.53 ID:6fXN7g3p
Ryzen 9が一部で最大19,000円近く値下がり、3950Xなど上位3モデル

Ryzen 9シリーズが一部ショップで大きく値下がりしています。  

値動きがあったのは、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、ツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店で、20日(火)時点の価格(以下、税込表記)は、Ryzen 9 3950Xが79,800~93,280円(前週の価格は98,780円)、Ryzen 9 3900XTが61,380~62,800円(同65,780円)、Ryzen 9 3900Xが57,980~58,080円(同65,780円)。最上位のRyzen 9 3950Xは前週比でマイナス18,980円と大きく値を下げています。


https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1284133.html
もう少し待ったほうがいい?

AMD Ryzen 9 5950XとRyzen 9 5900X "Zen 3" CPUベンチマークがリーク、5GHzで16コア、シングルスレッドの大幅なパフォーマンスジャンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
dd4789ad

770: Socket774 (ササクッテロル Sp0f-3OkY) 2020/10/20(火) 19:09:58.21 ID:nsk+5590p
AMD Ryzen 9 5950X & Ryzen 9 5900X “Zen 3” CPU Benchmarks Leak Out, 16 Cores At 5 GHz & Huge Single-Threaded Performance Jump

AMDの今後のRyzen95950XおよびRyzen9 5900X 「 Zen3 」CPUの最新のベンチマークが、Geekbenchデータベースにリークされました(TUM_APISAK経由)。Ryzen 9シリーズプロセッサは、Ryzen 5000シリーズのラインナップで利用可能な最大のコア数を特徴とし、熱狂的なゲーム市場を対象としています。

AMD Ryzen 9 5950X16コアおよびRyzen9 5900X 12コアCPUベンチマークがリークアウトし、シングルコアパフォーマンスが大幅に向上 AMD Ryzen 95950XとRyzen9 5900Xのベンチマークは、両方のチップが5 GHzに近い周波数で動作していることを示しています。これは、このようなコア数の多いチップとしては非常に印象的です。両方のRyzen9チップは異なるプラットフォームで実行されていました。Ryzen 9 5950Xは、16 GB(DDR4-3866)メモリを搭載したASUS ROG STRIX X570Iゲーミングマザーボードに搭載され、Ryzen 9 5900Xは、16 GB(DDR4-3600)メモリを搭載したMSIのX570GODLIKEマザーボードに搭載されました。

Geekbench 5では、AMD Ryzen 9 5950Xがシングルスレッドテストで1575ポイント、マルチスレッドテストで13605ポイントを獲得しました。このチップは5GHzに近いクロック速度で動作しており、マルチスレッド・テストでは、CPUがシングルコア・テストで5.01GHzを達成したのに対し、報告されている最大クロック速度は4.983GHzに達しています。
1
2


AMD Ryzen 9 5900Xは、シングルスレッドテストで1605ポイント、マルチスレッドテストで12869ポイントを獲得しました。このチップは、マルチスレッドテストで4.947GHz、シングルスレッドテストで4.95GHzという最高のコアクロックが報告されており、再び定格のブーストクロックを超えてブーストされていました。
3

性能比較となると、AMD Ryzen 9 5950Xは、シングルスレッドテストではAMD Ryzen 9 3950Xよりも約20%高速で、マルチスレッドテストでは約10%高速となっている。AMDのRyzen 9 5900Xもシングルコアでは約20~25%高速だが、マルチコアテストでは前身のRyzen 9 3900Xと比較して平均で約6~8%しか高速化されていない。

続きはソース元で
https://wccftech.com/amd-ryzen-9-5950x-ryzen-9-5900x-zen-3-cpu-benchmarks-leak-out-5-ghz-to-crush-the-competition/

ZEN3 は自動ブーストでベンチ時に下記クロックを記録。
5950X マルチ4.93Ghz/シングル5.01Ghz
5900X マルチ4.94Ghz/シングル4.95Ghz

AMD Radeon RX 6000はNavi 21 XTをベースに320W TBP、16Gbps GDDR6メモリを搭載する

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

833: Socket774 (ワッチョイ 0bc8-ntOo) 2020/10/20(火) 17:54:51.57 ID:gNI3H9zf0
AMD Navi 21 XT to feature 320W TGP/TBP

Igor'sLABからのレポートが、Navi 21の消費電力について新たな主張をしています。

AMD Navi 21 XTは320WのTGP/TBPを搭載する Igor Wallossek氏が、Big Naviで初めての「big leak」を公開した。彼のデータによると、AMD Navi 21 XTは、以前に報告された255Wではなく、320W前後のTGPを搭載するという。この違いは、以前のレポートでAMDとNVIDIAの両方でTGPの命名法(Total Graphics Power)を間違って使っていたことに起因しています。Igor氏が説明するように、これらの値は同じではなく、同じものを表しているわけではありません(少なくともその文脈では)。

以前に報告された値は、GPUソケットの電力(GFX、SOC、VDDCI)を表しているに過ぎない。これは、グラフィックスカード全体の消費電力を表すNVIDIAのTGPとは全く逆のことだ。つまり、255Wという値は、AIBカードのソケットパワーを示しているだけで、カスタムグラフィックスカード全体のパワーを示しているわけではないのだ。

それを考慮すると、Navi 21 XTの純正GPUパワーは235Wとなる。したがって、Navi 21 XTをベースにしたAMD Radeon RX 6000グラフィックスカードのTBP(総ボードパワー)は約320Wとなる。この数値は、カスタムボードの場合は355Wまで上昇する。

Igor氏は、カットダウンされたバリアントであるNavi 21 XLの最初のGPUパワー値も掲載した。このモデルは、TGP(またはGPUパワー)が203W、TBPが290Wとされている。

Navi 21 16Gbps GDDR6メモリ

Navi 21ベースのRadeon RX 6000グラフィックスカードは、Samsung製の16Gbpsメモリモジュール(K4ZAF325BM-HC16)を採用するという。レポートによると、これはAMDがボードパートナーに提供するGPUとメモリのバンドルであり、AIIBがSamsung製メモリのみに頼るということではないが、スペックが16Gbpsに設定されていることが確認されている。

Navi 21の可能性

また、AMD Navi 21の入手可能性についても取り上げている。記事によると、最初のカスタムボードは11月中旬に発売され、11月末頃には大型の入手が可能になるという。このボードは、Navi 10(RX 5700)のボードデザインに大幅に似ているため、作業がしやすいと報じられている。これは、256ビットメモリバスとメモリレイアウトに関連している可能性が高い。

AMDは10月28日にNavi 21グラフィックスカードの発表を予定している。

1

AMD Radeon RX 6000 Navi 21XTリファレンスTGP / TBP、ソースIgor'sLAB

2

AMD Radeon RX 6000 Navi 21 XT CUSTOM TGP / TBP、ソースIgor'sLAB

3

AMD Radeon RX 6000 Navi 21 XL TGP / TBP、ソースIgor'sLAB
https://videocardz.com/newz/amd-radeon-rx-6000-based-on-navi-21-xt-to-feature-320w-tgp-16-gbps-gddr6-memory
nvidiaが300W超えたからAMDも超えてもいいよね

AMD Ryzen 5 5600Xのベンチマークは、Intel Core i5-10600Kを征服する

このエントリーをはてなブックマークに追加
dd4789ad

379: Socket774 (ワッチョイ 4b0c-fMdf) 2020/10/20(火) 01:54:08.77 ID:uhDhABwf0
AMDがZen 3コアをベースにした次世代Ryzen 5000シリーズのデスクトップ向けプロセッサを発表して以来、誰もがこの新しいプロセッサがどのようなパフォーマンスを発揮するのか気になっていました。詳細なレビューと性能数値については、公式のレビューを待つ必要があります。しかし、今日はRyzen 5 5600X CPUのスコアが出ています。人気ハードウェアリーカーの@TUM_APISAKさんのおかげで、SiSoftware SandraベンチマークスイートのRyzen 5 5600Xの性能数値がリークされました。フードの下を掘ってみると、新しいRyzen CPUには6つのZen 3コアと12スレッドが含まれており、32MBのレベル3 (L3) キャッシュとペアになっています。これらのコアは3.7GHzのベース周波数で動作しており、ブースト速度は4.6GHzに達している。

テスト結果では、AMD Ryzen 5 5600X CPU は、プロセッサの演算処理とプロセッサのマルチメディアのスコアを 255.22 GOPS と 904.38 Mpix/s を獲得しました。我々 はそれらをインテルの製品のいくつかに比較するまで、それ自体ではあまり重要ではありません。インテル Core i5-10600K CPU と比較すると、ターゲットとなる競合カテゴリである可能性が高い, それは 224.07 GOPS と 662.33 Mpix/s のプロセッサ演算とプロセッサ マルチ メディアのテストでそれぞれスコアします。これは、これらのテストでAMD CPUを13.9%と36.5%もリードしており、Zen 3の可能性を示しています。ここでのもう一つの重要な注意点は、これらのCPUの両方が実行するサーマルヘッドルームです。Intelモデルが125WのTDPに制限されているのに対し、AMDモデルはわずか65WのTDPで動作しています。これは、これらの新しいプロセッサが利用する効率性を示す可能性があります。 
1



Ryzen 5 5600XのSandraリークスコア
Processor Arithmetic 255.22 GOPS   Processor Multi-Media 904.38 Mpix/s
i5-10600K        224.07 GOPS                  662.33 Mpix/s

https://www.tomshardware.com/news/amd-ryzen-5-5600x-vs-intel-core-i5-10600k-benchmarks

スポンサード リンク
月別アーカイブ




記事検索
ランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを5ちゃんねるからまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に5ちゃんねる使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加