Apple

ジョブズ亡きアップルが犯した「最大の過ち」とティム・クックの限界

このエントリーをはてなブックマークに追加
5c0e92e5

1: ノチラ ★ 2017/06/24(土) 12:28:15.13 ID:CAP_USER.net
ジョブズを失ったアップルが犯した最大のミスは何だろう──。質問サイト「Quora」に寄せられた疑問にテクノロジーライターのGlyn Williamsが回答した。

スティーブ・ジョブズ亡き後、アップルが犯した最大の過ちは、パワーユーザーの取り込みに失敗したことだろう。アップルの製品には、ハイエンド・ワークステーションと呼べるマシンがもはや存在しない。

その形状からゴミ箱と揶揄されるMac Proは、拡張性に乏しくユーザーから不評を買っている。iMacは最もパワフルなモデルですらデスクトップクラスのGPU性能を実現できていない。アップルのロイヤルユーザーの中にはVFX(視覚効果)やゲーム開発、VRなどの関係者が多く居るが、彼らの需要に応えるマシンが無いに等しいのだ。

一般的なソフトウェアの開発者の間でも、ハイエンドマシンに対する需要は大きい。これらのパワーユーザーは、裕福で影響力も大きいが、アップルは彼らのニーズに合ったマシンの開発を止めてしまったのだ。

短期的な収益を考えるとアップルの判断は決して間違っていない。ハイエンド・ワークステーション事業がアップルの業績に与える影響は軽微で、ROIもスマホや一般コンシューマ向けPC、スマートウォッチなどと比べて遥かに低いのが実情だ。また、エンジニアたちは最も収益に影響を及ぼすマス市場向けマシンの開発にリソースを集中することができる。

しかし、自動車メーカーがF1に参戦する理由を考えれば、アップルの戦略が大きな誤りであることがわかる。

続きはソースで
https://forbesjapan.com/articles/detail/16704

Appleに見捨てられたGPUメーカー「Imagination Technologies」がついに身売りへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ノチラ ★ 2017/06/23(金) 19:56:43.62 ID:CAP_USER.net
AppleのiPhone・iPad・iPodは、Imagination Technologies(イマジネーション・テクノロジーズ)のGPUを搭載していますが、Appleは2017年4月に「イマジネーション・テクノロジーズとのライセンス契約を2年以内に終了し、独自GPUを開発する」と発表しました。Appleが独自GPUの開発に乗り出すことは、長年使っていたイマジネーション・テクノロジーズのGPUの特許に抵触する恐れがあり、両社は協議を続けているところですが、最大の顧客を失ったイマジネーション・テクノロジーズがグループ全体を売りに出すことを発表しました。
01

イマジネーション・テクノロジーズは収益の半分以上をAppleとのライセンス契約に頼っていました。Appleが契約終了を発表したことで、イマジネーション・テクノロジーズの株価は最大72%も下落し、文字通りの大打撃を受けることとなりました。Appleが独自GPUを開発することについてイマジネーション・テクノロジーズは「我が社の知的所有権を侵害することなく、一からGPUアーキテクチャを作るというのは、極めて挑戦的なことだ」と述べ、法的措置を含めAppleと協議が続けられていました。

2017年5月にイマジネーション・テクノロジーズはAppleとのライセンス契約の協議は解決に向けた手続きに入っていることを発表していましたが、新たに同社は、グループ全体を売りに出すことを発表しています。発表によると、イマジネーション・テクノロジーズはいくつかの会社から売却の打診を受けていたことから、すでに数社との交渉段階に入っているとのこと。ちなみに、Appleとの協議は継続中だそうです。

なお、この発表が報道されたことで同社の株価は早期取引で約15%上昇しましたが、それでもAppleの発表以前と比べると約50%低いままとなっています。
http://gigazine.net/news/20170623-imagination-technologies-for-sale/

iMac Pro、最上位構成のお値段は190万円!?米メディアが推計

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプチャ

1: ノチラ ★ 2017/06/14(水) 09:32:51.05 ID:CAP_USER.net
Appleは、12月に発売を予告しているiMac Proについて、4,999ドル(約55万円)から、と最低価格しか公表していませんが、最上位構成にした場合の予想価格は約17,000ドル(約190万円)になる、との推計が公開されました。
ベースモデルの価格だけ公開されているiMac Pro

WWDC 17の基調講演で「史上最高にパワフル」のフレーズとともに発表されたiMac Proは、プロのニーズに応える高性能が特徴で、最大18コアのXeonプロセッサ、GPUはRadeon Pro Vega、最大128GBのメモリ、最大4TBのSSDストレージというハイスペックが特徴です。

AppleはiMac Proの価格を「4,999ドル(約55万円)から」とベースモデルについてだけ発表しており、構成をカスタマイズした場合の価格は公表していません。米メディアZDNetが、iMac Proを最上位構成にした場合の価格を推計しています。
18コアプロセッサが44万円、128GBメモリが30万円、など

ZDNetは、最上位構成にした場合の価格を、各パーツの市販価格と、カスタマイズ構成した場合にAppleが追加しているオプション料金の比率をもとに推計しています。

続きはソースで
http://iphone-mania.jp/news-171633/

MacBook Pro買ったったwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/11(日) 22:18:36.328 ID:+erAHc1Qp.net
01


アップルが新戦略 iPadを「パソコン化」させて人気復活へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプチャ

1: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/[CN] 2017/06/12(月) 00:13:49.98 ID:FfVRE/gN0.net
■iPadの使い方が変わる

 これまでのiPadシリーズは、iPhoneの延長線上にあるタブレットとして「ファイル」を意識させないユーザーインターフェースが採用されていた。
何かをしたいときは、アプリのアイコンをタップするというのが基本となり、データはそれぞれのアプリで管理する。ファイルやフォルダの存在を徹底的に隠してパソコンの難解さを排除したことによって、iPadは幅広い層に受け入られてきた。

 とはいえ、やはりプロユースも多いiPad Proだと、それが煩雑に感じられることがある。例えばオンラインストレージからファイルをダウンロードして、編集したあと、アップロードして誰かに送るとき。パソコンなら、ファイルを落として適当な場所に保存したあと、編集して、そのままメールなどでファイルを送る。一方のiPadは、使おうとしている編集アプリが普段使っているオンラインストレージやメールアプリに対応していないと、操作が途端に複雑になる。

 こうしたiOSならではの使い勝手の弱点を解消するために、アップルはiOS 11に「ファイル」と呼ばれるファイラーアプリを標準で用意することになった。
これによりオンラインストレージからダウンロードしたファイルをとりあえず保管しておき、アプリで編集後、メールに添付するといったことが可能になる。

全文
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO17446850Y7A600C1000000

Appleが進む道に屍あり

このエントリーをはてなブックマークに追加
1f52199c-s

1: 10分間 ★ 2017/06/11(日) 06:29:12.62 ID:CAP_USER9.net
Apple(アップル)が進む道に屍あり?

Appleは世界一リッチなテクノロジー企業の強みを活かして、同じテクノロジーを推進する(Appleより)小さな競合企業に堂々と類似のアイデアをぶつけ、潰しにかかります。たとえばApple Musicを後出しして、Spotifyを潰しにかかっているのがパッと思いつきますね。

この戦略は「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む(Good artists copy, Great artists steal)」という、故スティーブ・ジョブズの名言にも合います。今のAppleは、誰より最初にイノベーティブなアイデアを生み出して製品化する必要はありません。二番煎じ、三番煎じのアイデアを乗せてアップデートすることで、世界中のAppleユーザーを満足させることができるのです。2017年のWWDCから見えてきた、今年のAppleが殺そうとしているサービスや技術をまとめてみました。

すべてのウェブブラウザ

Chromeの登場後、Google(グーグル)はMicrosoft(マイクロソフト)やその他事業者からウェブブラウザのシェアをじわじわと奪いました。しかしAppleもエンドレスのブラウザ戦争の渦中で戦う気満々のようです。Mac OSの最新アップデートでSafariを改良、Intelligent Tracking Prevention機能により、Webサイトが勝手に「何か」を追跡するのを阻止して迷惑な広告を表示できないようにしたり、自動再生動画広告をブロックすることも発表しました。

VenmoとSquare Cash

Screenshot: AppleVenmoの画面
01




日本ではまだ馴染みがありませんが、Venmo(ベンモー)とは、アメリカの若者の間で人気急上昇の個人間送金アプリ。決済サービスPayPal(ペイパル)傘下の企業です。そして今回、Apple Payに「P2P」の送金サービス(個人間送金)が実装されることが明らかに。iOS 11のiMassageでは、Apple Payで直接送金することが可能になります。
02

VenmoやSquare Cashやその他のP2P送金サービス事業者は、この領域にAppleの進出してきたことに震えているかもしれませんな。

続きはソースで
https://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_120311/

新しい「iMac」、RAMとCPUが(物理的には)換装可能──iFixitの分解で明らかに DDR4 SDRAM

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: trick ★ 2017/06/09(金) 08:11:40.90 ID:CAP_USER9.net
 米Apple製品の分解マニュアルで知られるWebサイトiFixitが6月7日(現地時間)、AppleがWWDC 2017で発表した新しい「iMac」の4K 21.5インチモデルの分解レポートを公開した。

 iFixitが分解したのは、3.0GHzのi5/8GBメモリ搭載の14万2800円のモデル。

 この分解での最大の“発見”は、RAMもプロセッサも従来モデルのようにロジックボードにはんだ付けされておらず、物理的には換装可能だという点だろう。

 ディスプレイやスピーカー、ロジックボードを外した奥に、2枚のSO-DIMMがスロットに刺さっていた。分解したiMacのメモリは韓国SK hynixだった。

01

 ロジックボード上のプロセッサは標準的なIntelのLGA 1151ソケットに取り付けられており、これも取り外せる。

続きはソースで
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/09/news048.html

Apple、Kaby Lake/Radeon Pro搭載の新「MacBook Pro」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: trick ★ 2017/06/06(火) 17:31:54.99 ID:CAP_USER9.net
 Appleは6日、CPUをKaby Lake世代に刷新したクラムシェルノート「MacBook Pro」を発売した。
01

 新MacBook Proは、CPUをSkylakeからKaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサに刷新。13インチモデルには税別142,800円の下位構成が新たに追加され、15インチモデルではRadeon Pro 5xx世代へとGPUが更新されている。

続きはソースで
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1063687.html

Apple、10.5インチの新型「iPad Pro」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: trick ★ 2017/06/06(火) 04:27:13.34 ID:CAP_USER9.net
Apple、10.5インチの新型「iPad Pro」発表 - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news050.html

9.7インチモデルのiPad Proを置き換える。

 米Appleは6月5日(現地時間)、iOS搭載タブレット「iPad Pro」の10.5インチモデルを発表した。
リフレッシュレート120Hz対応のディスプレイや新プロセッサ「A10X」を搭載し、9.7インチモデルのiPad Proを置き換える。本日から注文を受け付け、来週以降に発送するという。価格は649ドルから。

01
02

Apple、「iMac Pro」発表 4999ドルから 最高でCPU 18コアXeon、GPU Radeon Vega、RAM128GB #WWDC2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: trick ★ 2017/06/06(火) 04:27:03.50 ID:CAP_USER9.net
Apple、「iMac Pro」発表 CPU・GPU大幅強化、「過去最高パワーのMac」 - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news049.html

プロ向けの一体型デスクトップ「iMac Pro」が登場。

 米Appleは6月5日(現地時間)、ハイエンド向けの一体型デスクトップPC「iMac Pro」を発表した。27インチの5Kディスプレイに最大18コアのXeonプロセッサ、グラフィックスにRadeon Vega graphicsを搭載。12月に発売する。価格は4999ドルから。

 Mac Proシリーズのパフォーマンスを超え「全てのMacで最もパワフル」(同社)としている。

 外観は27インチの「iMac」とほぼ同じだが、本体カラーにブラック系を採用。プロセッサはワークステーション向けの「Xeon」を8/10/18コアから選択可能。メモリは最大128GB、ストレージは最大4TBのSSDを搭載できる。グラフィックスには単精度で最大11テラFLOPS、半精度で22テラFLOPSの「Radeon Vega graphics」を備える。

 インタフェースにはThunderbolt 3×4、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2、SDカードスロットなどを備えるほか、Mac初の10ギガビットイーサネットを搭載する。

01
02
ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
Intel CPU Core i9-7900X 3.3GHz 13.75Mキャッシュ 10コア/20スレッド LGA2066 BX80673I97900X 【BOX】
DOS/V POWER REPORT 2017年4月号
最新記事
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly