PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

Ryzen

AMDのRyzen 9 5950XはPassmarkで最速のシングルスレッドパフォーマンス - 新しい王が誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
502: Socket774 (ワッチョイ 059c-eP0m) 2020/10/26(月) 21:51:27.87 ID:MtrW7PBy0
Ryzen 5 5600Xに感動した人は、Ryzen 9 5950Xにも感動することでしょう。この16コアのモンスターは、シングルスレッドとマルチスレッドの両方の性能において、メインストリームのプロセッサチャートのトップに躍り出ました。

Ryzen 9 5950Xのスコアはもはや利用できませんが、ドイツのサイトComputerBaseは、Zen 3フラッグシップの結果が消去される前にスクリーンショットを入手することができました。状況を考えると、Ryzen 9 5950Xがオーバークロックされたかどうか、または公式にサポートされているDDR4-3200の仕様を上回るメモリとペアリングされたかどうかは不明です。完全なレビューを待つ間、PassMarkのスコアは話半分に聞き取ることをお勧めします。
1

続きはソース元で

もう消されたらしいけどkassmarkの5950Xスコア:シングル3693、マルチ45563

AMD Ryzen 5 5600X(299ドル)がパスマークのシングルスレッド結果で最速CPUの座を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
119: Socket774 (ササクッテロレ Sp11-U2UZ) 2020/10/23(金) 18:58:55.80 ID:2fXoAiM4p
AMD Ryzen 5 5600X Takes the Crown of the Fastest CPU in Passmark Single-Thread Results | TechPowerUp

AMDはZenコアの設計を改善しており、Ryzen5000シリーズCPUに搭載されている最新のZen3 IPにより、同社は金メダルを獲得したようです。VideoCardzの報告のおかげで、AMDの次期Ryzen 5 5600X CPUがベンチマークされ、他の競合製品と比較されていることがわかりました。すべてのCPUをマルチスレッドおよびシングルスレッドのパフォーマンスで評価するPassMarkと呼ばれるCPUベンチマークでは、AMDのRyzen 5 5600X CPUが、シングルスレッドの結果チャートで最速のCPUの頂点に立っています。驚くべき3495ポイントを獲得し、1Tワークロードで最速のCPUになりました。これにより、CPUはIntelの現在の最高のCore i9-10900K(3177ポイント)を上回ります。これにより、Zen 3コアは競合他社よりも約10%先行しています。

念のため、AMD Ryzen 5 5600X CPUは、ベースクロックが3.7 GHzで、コアの周波数を4.6 GHzに上げる、6コアの12スレッド設計で、すべてTDP65ワットの範囲内です。CPUには、32 MBのレベル3(L3)キャッシュと3MBのL2キャッシュがあります。

2
1

https://www.techpowerup.com/273696/amd-ryzen-5-5600x-takes-the-crown-of-the-fastest-cpu-in-passmark-single-thread-results

AMD Radeon RX6800XTの3DMarkスコアがウェブに登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

495: Socket774 (ブーイモ MM0d-LAyy) 2020/10/23(金) 19:37:21.47 ID:SgYFFNgyM
Ultra-HDの3DMark–レイトレーシングの有無にかかわらずRX6800XTのベンチマークが登場


いつものように、昨日受け取った資料がかなり妥当であるように見えても、そのようなベンチマークには注意する必要があります。2つの情報源、非常に異なるアプローチまたは設定でありながら、最終的には結果の特定の範囲–少なくともすでに特定の傾向を見ることができます。私にとって最も妥当な結果は、3DMarkスイートの3つの既知のベンチマークのUltra-HD実行(「4K」)から得られます。

私が受け取ったものは、AMDとNVIDIAの両方のグラフィックカードを製造するボードパートナーによって実行されたベンチマークに基づいていると言われ、評価モデル(EVTフェーズ)でこれらの3つの後続の実行を実行したと言われています。結果を比較するときは、通常のIntelプラットフォームが基礎として機能している可能性があります。比較とテストの目的で他のカードを自分でベンチマークし、次にパーセンテージの違いを参照するように求められたので、最初に、元の形式で次の形式で送信された純粋なパフォーマンス比較を要約しました。
1
2
続きはソース元で
https://www.igorslab.de/en/3dmark-in-ultra-hd-benchmarks-the-rx-6800xt-without-and-with-raytracing/

Radeon RX 6800XTグラフィックスカードの合成ベンチマーク結果が出回っているようです。

AMD Radeon RX 6800XT、3DMarkの物語

現在、UL 3DMark GPUテストソフトウェアスタックに基づくRadeon RX 6800 XTのベンチマーク結果を提供しているソースは3つある。

AMD Radeon RX 6800XTは、RDNA2アーキテクチャを採用したナビ21ベースのグラフィックスカード。これは、発売時にボードパートナーに提供される唯一のBig Naviバリアントだ。当然のことながら、ボードパートナーはリークの有力な情報源となっている(いつものように)。したがって、現在表面化している結果は、彼らの内部評価から来ています。

3つの異なる情報源が独自のベンチマーク結果を掲載していますが、必ずしもお互いに対応しているとは限りません。私たちはこのデータを集めて、さっそくこのチャートを作ってみました。

Igor'sLAB
Igor Wallosseekは、 2つの異なるソース(パーセンテージ比較とスコア比較)からのデータを共有しました。彼は、データはAMDとNVIDIAの両方のグラフィックカード(おそらくASUS、MSI、またはギガバイト)を提供するボードパートナーによって実行されたベンチマークから生成されたと主張しています。

Wccftech
Wccftechはまた、2つのグループに分かれて、イゴールに非常に似た結果を受けたことが表示されます:パーセントの違いとスコアの違い。
2

CapFrameX
ベンチマークユーティリティの開発元は、どのSKUであるかを確認せずに、Big Naviの初期パフォーマンスの数字を掲載しました。このSKUは、DirectX 11ベースの4KベンチマークであるFire Strike UltraでRTX 3080よりも8%優れたパフォーマンスを提供すると言われています。

@KittyYYuko
今でも別のニックネーム(キティコーギー)で覚えている人が、すでに確認済みのリークを多数提供しています。Yukoは、80 Compute Unitsを搭載しているとされるNavi 21 XTサンプルの4つの異なるベンチマークで結果を提供しました。しかし、私たちが知っていることに基づいて、80CUバージョンはXTXバリアント専用です。

Kittyの結果は@ harukaze5719によってまとめられました:
3

https://videocardz.com/newz/amd-radeon-rx-6800xt-alleged-3dmark-scores-hit-the-web

6800XT最新かつ1番信頼できるリーク


AMD Ryzen 9 5950X 16コアフラッグシップCPUのベンチマークが再び行われ、Intel Core i9-10980XE 18コアHEDTチップを打ち負かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
315: Socket774 (ワッチョイ 110c-tMQb) 2020/10/21(水) 22:55:39.65 ID:6kQC4BmT0
Ryzen 9 5950Xはめちゃくちゃ高速 i9-10980XEを再び圧倒するんだと

AMDの主力製品であるRyzen9 5950X 16 Core Zen 3CPUの新しいベンチマークがGeekbnench5データベースにリークされました。ベンチマークは、以前にリークしたものよりもはるかに優れたパフォーマンスを示しており、IntelのトップHEDTチップでさえそのお金で実行できます。

AMDのRyzen 9 5950Xは、非常に高速な5 GHzのZen3 CPUは、16コアは、インテルのトップ18コアHEDTプロセッサを粉砕する

AMD Ryzen 9 5950Xは、間違いなくAM4プラットフォーム用のエンスージアストチップになるだろう。AMDが示したところによると、1000ドル以下では最速のチップであり、これまでで最速のゲーミングCPUになることを目指しています。AMD Ryzen 9 5950Xの最新ベンチマークがGeekbench 5にリークされましたが、これはTUM_APISAKによって発見されたもので、リークされたベンチマークよりもはるかに優れたパフォーマンスを示しています。
01


ここでも、CPUは5.04GHzの平均クロック速度で動作していることがわかりました。Geekbench5で報告された最大クロック速度は5040MHzで、ほぼ5.0 GHzで動作しています。これは、工場で構成された仕様のフラッグシップのスイートスポットになるでしょう。AMD Ryzen 9 5950Xは、X570チップセットをベースにしたASUSのトップAM4製品の1つであるROG Crosshair VIIIFormulaマザーボードを搭載したテストベンチで紹介されました。テストセットアップは32GBのDDR4RAMを備えていますが、クロック速度は報告されていません。AMDは、DDR4-4000がRyzen 5000CPUのスイートスポットになることを強調しました。
02


ベンチマークについては、AMD Ryzen 9 5950Xがシングルコアで1657ポイント、マルチコアCPUテストで15,860ポイントを獲得しました。これは、昨日見たスコアを大幅に上回っています。これらの数値を主力のIntelCore i9-10980XE 18コアCPUと比較すると、シングルコアで43%のジャンプ、マルチコアテストで7.5%のジャンプが見られます。その前身であるAMDRyzen 9 3950Xと比較して、Ryzen 9 5950Xはシングルコアで28%高速で、マルチコアテストで12.5%高速です。Intel Core i9-10900Kと比較して、Ryzen 9 5950Xはシングルコアで17%高速で、マルチコアテストで42%高速です。
03

この比較を非常に興味深いものにしているのは、Intel Core i9-10980XEと比較して、AMD Ryzen 9 5950Xが200米ドル安くなることです。Intel Core i9-10900Kに対してさえ、5950Xは少し高いだけで、さまざまな小売店で10900Kがまだ不足している間、より多くの量で入手できると予想されるため、非常に価値があります。10900Kの希望小売価格は500米ドルと低くなっていますが、在庫がないため、小売業者によって数量が限られており、700〜800米ドルに達します。また、Ryzen 9 5950Xは、更新されたZen 3コアアーキテクチャのおかげで、より優れたアーキテクチャ、より優れたプロセスノード、場合によってはより低い温度、および消費電力の数値を備えているという事実も考慮する必要があります。

https://wccftech.com/amd-ryzen-9-5950x-16-core-flagship-cpu-benchmark-leaks-crushes-intel-core-i9-10980xe/

AMD Ryzen 9シリーズが一部PCショップで大きく値下がり

このエントリーをはてなブックマークに追加
834: Socket774 2020/10/21(水) 02:25:14.53 ID:6fXN7g3p
Ryzen 9が一部で最大19,000円近く値下がり、3950Xなど上位3モデル

Ryzen 9シリーズが一部ショップで大きく値下がりしています。  

値動きがあったのは、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、ツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店で、20日(火)時点の価格(以下、税込表記)は、Ryzen 9 3950Xが79,800~93,280円(前週の価格は98,780円)、Ryzen 9 3900XTが61,380~62,800円(同65,780円)、Ryzen 9 3900Xが57,980~58,080円(同65,780円)。最上位のRyzen 9 3950Xは前週比でマイナス18,980円と大きく値を下げています。


https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1284133.html
もう少し待ったほうがいい?

AMD Ryzen 9 5950XとRyzen 9 5900X "Zen 3" CPUベンチマークがリーク、5GHzで16コア、シングルスレッドの大幅なパフォーマンスジャンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
dd4789ad

770: Socket774 (ササクッテロル Sp0f-3OkY) 2020/10/20(火) 19:09:58.21 ID:nsk+5590p
AMD Ryzen 9 5950X & Ryzen 9 5900X “Zen 3” CPU Benchmarks Leak Out, 16 Cores At 5 GHz & Huge Single-Threaded Performance Jump

AMDの今後のRyzen95950XおよびRyzen9 5900X 「 Zen3 」CPUの最新のベンチマークが、Geekbenchデータベースにリークされました(TUM_APISAK経由)。Ryzen 9シリーズプロセッサは、Ryzen 5000シリーズのラインナップで利用可能な最大のコア数を特徴とし、熱狂的なゲーム市場を対象としています。

AMD Ryzen 9 5950X16コアおよびRyzen9 5900X 12コアCPUベンチマークがリークアウトし、シングルコアパフォーマンスが大幅に向上 AMD Ryzen 95950XとRyzen9 5900Xのベンチマークは、両方のチップが5 GHzに近い周波数で動作していることを示しています。これは、このようなコア数の多いチップとしては非常に印象的です。両方のRyzen9チップは異なるプラットフォームで実行されていました。Ryzen 9 5950Xは、16 GB(DDR4-3866)メモリを搭載したASUS ROG STRIX X570Iゲーミングマザーボードに搭載され、Ryzen 9 5900Xは、16 GB(DDR4-3600)メモリを搭載したMSIのX570GODLIKEマザーボードに搭載されました。

Geekbench 5では、AMD Ryzen 9 5950Xがシングルスレッドテストで1575ポイント、マルチスレッドテストで13605ポイントを獲得しました。このチップは5GHzに近いクロック速度で動作しており、マルチスレッド・テストでは、CPUがシングルコア・テストで5.01GHzを達成したのに対し、報告されている最大クロック速度は4.983GHzに達しています。
1
2


AMD Ryzen 9 5900Xは、シングルスレッドテストで1605ポイント、マルチスレッドテストで12869ポイントを獲得しました。このチップは、マルチスレッドテストで4.947GHz、シングルスレッドテストで4.95GHzという最高のコアクロックが報告されており、再び定格のブーストクロックを超えてブーストされていました。
3

性能比較となると、AMD Ryzen 9 5950Xは、シングルスレッドテストではAMD Ryzen 9 3950Xよりも約20%高速で、マルチスレッドテストでは約10%高速となっている。AMDのRyzen 9 5900Xもシングルコアでは約20~25%高速だが、マルチコアテストでは前身のRyzen 9 3900Xと比較して平均で約6~8%しか高速化されていない。

続きはソース元で
https://wccftech.com/amd-ryzen-9-5950x-ryzen-9-5900x-zen-3-cpu-benchmarks-leak-out-5-ghz-to-crush-the-competition/

ZEN3 は自動ブーストでベンチ時に下記クロックを記録。
5950X マルチ4.93Ghz/シングル5.01Ghz
5900X マルチ4.94Ghz/シングル4.95Ghz

AMD Ryzen 5 5600Xのベンチマークは、Intel Core i5-10600Kを征服する

このエントリーをはてなブックマークに追加
dd4789ad

379: Socket774 (ワッチョイ 4b0c-fMdf) 2020/10/20(火) 01:54:08.77 ID:uhDhABwf0
AMDがZen 3コアをベースにした次世代Ryzen 5000シリーズのデスクトップ向けプロセッサを発表して以来、誰もがこの新しいプロセッサがどのようなパフォーマンスを発揮するのか気になっていました。詳細なレビューと性能数値については、公式のレビューを待つ必要があります。しかし、今日はRyzen 5 5600X CPUのスコアが出ています。人気ハードウェアリーカーの@TUM_APISAKさんのおかげで、SiSoftware SandraベンチマークスイートのRyzen 5 5600Xの性能数値がリークされました。フードの下を掘ってみると、新しいRyzen CPUには6つのZen 3コアと12スレッドが含まれており、32MBのレベル3 (L3) キャッシュとペアになっています。これらのコアは3.7GHzのベース周波数で動作しており、ブースト速度は4.6GHzに達している。

テスト結果では、AMD Ryzen 5 5600X CPU は、プロセッサの演算処理とプロセッサのマルチメディアのスコアを 255.22 GOPS と 904.38 Mpix/s を獲得しました。我々 はそれらをインテルの製品のいくつかに比較するまで、それ自体ではあまり重要ではありません。インテル Core i5-10600K CPU と比較すると、ターゲットとなる競合カテゴリである可能性が高い, それは 224.07 GOPS と 662.33 Mpix/s のプロセッサ演算とプロセッサ マルチ メディアのテストでそれぞれスコアします。これは、これらのテストでAMD CPUを13.9%と36.5%もリードしており、Zen 3の可能性を示しています。ここでのもう一つの重要な注意点は、これらのCPUの両方が実行するサーマルヘッドルームです。Intelモデルが125WのTDPに制限されているのに対し、AMDモデルはわずか65WのTDPで動作しています。これは、これらの新しいプロセッサが利用する効率性を示す可能性があります。 
1



Ryzen 5 5600XのSandraリークスコア
Processor Arithmetic 255.22 GOPS   Processor Multi-Media 904.38 Mpix/s
i5-10600K        224.07 GOPS                  662.33 Mpix/s

https://www.tomshardware.com/news/amd-ryzen-5-5600x-vs-intel-core-i5-10600k-benchmarks

【噂】「Ryzen 5000」シリーズ初回流通量はそれなりに確保されているようです - 大手ショップ店員

このエントリーをはてなブックマークに追加
dd4789ad

172: Socket774 (ワッチョイ 9fb1-aL6i) 2020/10/19(月) 14:22:54.27 ID:F9BlavQ70
https://www.gdm.or.jp/crew/2020/1017/366885
>正式発表により明らかとなったスペックや性能にまつわる思いの丈を、各ショップの店員に聞いてみた。
>「ショップとしては売れるのが分かっているありがたい製品。在庫の心配をすればいいだけですが、ウワサによると初回流通量はそれなりに確保されているようです。11月の発売が今から待ち遠しいですね」(大手ショップ店員) 

>初回流通量はそれなりに確保されている
>初回流通量はそれなりに確保されている
>初回流通量はそれなりに確保されている

この言葉信じてよろしいか?

AMD Ryzen 5000U「Cezanne/Lucienne」モバイルシリーズのスペックがリーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

16: Socket774 (ワッチョイ 8b73-lr1q) 2020/10/19(月) 07:20:47.06 ID:r45qA9Eq0
AMD Ryzen5000Uシリーズの完全な仕様が明らかになりました。

AMD Ryzen 5000U –CezanneとLucienneのミックス

ExectutableFixによってリークされたRyzen5 5600U仕様に関するストーリーを公開してからわずか数時間後、リーカーはシリーズ全体の完全な仕様を投稿しました。 今後のモバイル低電力プロセッサ(〜15W、10〜25Wの構成可能なTDP)は、CezanneプロセッサとLucienneプロセッサを組み合わせたものになります。これらのコードネームは、使用されているZenアーキテクチャを参照しているため、CezanneはZen3ベースであり、LucienneはZen2ベースです。このやや変わった構成は、過去数週間にわたって多数のリークによってひっくり返されました。ExecutableFixのおかげで、今だけ完全な仕様があります。

ExecutableFixが公開したデータによると、プロセッサは前身のRyzen 4000シリーズ(コードネームは Renoir)よりも最大200MHz周波数が向上しているとのことです。また、GPU構成にも変化がある。AMDはいくつかの部分で、より多くのCUを追加している。例えば、AMD Ryzen 7 5700Uは、5800Uと同じGPU構成(8 CU)と、同じコンピュートコア数(8C/16T)を特徴とする。唯一の違いは、使用されるZenアーキテクチャ(Zen3 vs Zen2)である。CezanneもLucienneも同じGCNベースのRadeon Vegaグラフィックスを採用する。

フラッグシップのRyzen 7 5800U SKUは、8コアと16スレッドを搭載するという。このプロセッサは、2.0GHzでクロックされた8つのGPUコンピュートユニットを搭載する。CPUには16MBのL3キャッシュが搭載され、これはRyzen 4800UとRyzen 5700Uが提供しているSKU(いずれもZen2をベースにした8C/16T SKU)の2倍となる。

興味深いことに、Ryzen 5000UシリーズのSKUはすべてSMTを搭載することになっているが、これはルノアールにはなかったことだ。先代はSMTを無効にした3つのパーツを搭載していた。 リークによると、AMDは2021年にCezanne/LucienneベースのAMD Ryzen 5000Uシリーズを発売するとしている。「仮想」CES 2021の頃には、もしかしたら第1四半期に最初のラップトップが展開されるかもしれないということで、AMDからの続報があるかもしれません。

https://videocardz.com/newz/amd-ryzen-5000u-cezanne-lucienne-mobile-series-specifications-leaked
AMD Ryzen 5000U ? a mix of Cezanne and Lucienne
“Cezanne”のCPUはZen 3ベース
“Lucienne”のCPUはZen 2ベース
スポンサード リンク
月別アーカイブ




記事検索
ランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを5ちゃんねるからまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に5ちゃんねる使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加