PCパーツまとめ

自作PC・ガジェット・IT系まとめブログ

Ryzen

小売業者からAMD Ryzen 3000シリーズのCPUとX570マザーボードの価格がリーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

508: Socket774 (ササクッテロ Spbb-V6AN) 2019/06/17(月) 07:49:44.80 ID:Axydq0GCp
Retailer Leaks Prices of AMD Ryzen 3000 CPUs & X570 Motherboards.

近日中に発売されるRyzen 3000 CPUとX570マザーボードの価格はオンラインでリークされているようです。
このリークは、Komplett.dkで今後の製品の潜在的な価格を発見したRedditユーザーwazernetから来ています。Redditの他のユーザーによると、Komplett.dkは消費税を考慮に入れており、最終的な価格を表すものではないかもしれません。

Ryzen 3000 CPUs – Pricing

Komplett.dkの比較ページによると、近日中に発売されるRyzen 3000 CPUは、以下の価格で販売される可能性があります。
・AMD Ryzen 3 3200G – 899 DKK = $135
・AMD Ryzen 5 3400G – 1399 DKK = $210
・AMD Ryzen 5 3600 – 1849 DKK = $275
・AMD Ryzen 5 3600X – 2299 DKK = $345
・AMD Ryzen 5 3700X – 2999 DKK = $450
・AMD Ryzen 5 3800X – 3649 DKK = $550
・AMD Ryzen 5 3900X – 4599 DKK = $690

上記の価格は、デンマーククローネから米ドルへの変換の結果です。上記の価格は25%の消費税を考慮しており、25%の税が削除されているため、製品スタックは多少異なります。

・AMD Ryzen 3 3200G – $135 = $100
・AMD Ryzen 5 3400G – $210 = $160
・AMD Ryzen 5 3600 – $275 = $205
・AMD Ryzen 5 3600X – $345 = $260
・AMD Ryzen 5 3700X – $450 = $335
・AMD Ryzen 5 3800X – $550 = $410
・AMD Ryzen 5 3900X – $690 = $515
売上税を削除した後、価格は過去に報告されたものと同様に、そしてAMDのMSRPに近い値になります。

01

https://wccftech.com/retailer-leaks-prices-of-amd-ryzen-3000-cpus-x570-motherboards/ 

続く

【CPU】第3世代Ryzenが7月7日に発売されるとして、秋葉とか人うじゃうじゃになるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

312: Socket774 (ワッチョイ bb9c-YCmz) 2019/06/16(日) 20:04:54.74 ID:5CT/D5Jm0
スレ見てるとえらい盛り上がってて7月7日はお祭り騒ぎになるよう思えるけど
なんかいまだに9400Fが~とか言ってるのもいて俺がズレてるのかわからん
今までintel使ってたやつも乗り換えるレベルで7月7日の秋葉とか人うじゃうじゃになるで合ってるよな?

AMD X590チップセットの噂、高PCIeレーン、X570ボードよりもはるかに高い価格で設計されている

このエントリーをはてなブックマークに追加
168: Socket774 (ワッチョイ b602-9ye8) 2019/06/16(日) 02:03:31.77 ID:aDX0kupZ0
001

AMDは、AMD Ryzen 3000プロセッサ用のX570マザーボードを発表しました。そして、当面の間、それはフラッグシップとなる予定でしたが、もはやそうではないようでした。他の高級チップセットであるX590についての言及はComputerbaseによって発見されており、新しいチップセットでもう少し良いI / Oが得られるように見えます。

Ryzen 3000 CPU搭載のAMD X590チップセット、高PCIeレーン、およびプレミアム価格

全体の噂はRyus氏、1usmus氏のためのDRAM Calculatorの作者からの1枚の写真から始まりました。そして、その人はASUSのROGマザーボードの1枚のティーザーをラベル「X590 Coming Soon」で共有しました。メディアの出版物がそれを強調し始めた後、つぶやきはそれ以来削除されました。ちょっとした作業の後、マザーボードは確かにROG Crosshairシリーズであり、すでにHEROとFormulaを見てきたROG Crosshair VIII Extremeのいずれかであり、このマザーボードのデザインはそれらとは非常に異なります。
02

ComputerbaseフォーラムのフォーラムメンバーはX590チップセットの存在についてさらに多くの証拠を提供しました。X570マザーボード用のBIOSファイルの奥深くに隠れていて、X590チップセットはX570の隣にリストされています。現在、X590はX570の内部コード名であると思われるかもしれませんが、なぜそれらが2つの異なる名前で市販のBIOSに記載されているのでしょうか。(一部抜擢、Google翻訳)

どういうこと?

AMD 7nm Ryzen APUの計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

753: Socket774 (ワッチョイ 9ae5-vI2o) 2019/06/14(金) 23:17:10.65 ID:3uH4XhK50
wccftech独占

これは私がAMDの私の情報源の1つから最近受け取った情報の最後の章です。
私はAMDの7nmノードでのRaven Ridgeリフレッシュの計画について尋ねたところ、それが実際に起こっていることを確認でき、同社はそれらを「Naviの発売からおよそ4か月後に」展開する予定である。Naviが7月7日に発売されて以来、それは予想される発表/発売日をおよそ11月下旬に予定していました。それは会社に2つの選択肢を残す。2つの選択肢は、ホリデーシーズンを利用して11月下旬にそれを開始するか、またはCES 2020で大きく明らかにすることである。

AMD 7nm Ryzen APUはNaviから4ヶ月後には準備ができないだろう。ホリデーシーズン2019またはCES 2020の発売?

私は「Raven Ridge 7nm Refresh」と呼んでいますが、より良い用語がないので、14nmプロセスで製造されている既存のRRラインナップに代わるものとなるでしょう。私の情報源は「7nmノードでのraven ridge refresh」という言葉に言及しましたが、これは基本的な構成を維持しながら、これが14nm部分の7nm縮小となり、より高いクロックと最新のアーキテクチャを可能にすると信じています。
7nm Ryzen 3000 CPUを使用しても問題ない場合は、これによってパフォーマンスが大幅に向上し、同時に会社の規模の経済性が高まり、利益率を損なうことなくコストが削減されます。 7nmノードのRaven Ridge APUは、HTPCビルドまたはカジュアルなオールインワンビルドを探していて、設置面積を節約したい消費者にとって最適な選択肢となるでしょう。興味深いことに、Raven Ridge 7nmは最大2 TFLOPの計算が期待されているIntelのTiger Lake製品に対抗する予定です。2020年に入り、インテル、AMD、NVIDIAの両方が爆発的な勢いで登場するなど、テクノロジーの世界では競争が激しくなっています。そして最良の部分は?この血流のすべてにおいて、勝つのは消費者です。(一部抜擢、Google翻訳

https://wccftech.com/exclusive-amds-plans-for-7nm-ryzen-apus/
はやくも7nmAPUの噂が…
Raven Ridge 7nmシュリンクという謎物体だけどw

Ryzen 2700Xおじさんが大量生産される?

このエントリーをはてなブックマークに追加
843: Socket774 (アウアウクー MMfb-aDQK) 2019/06/14(金) 09:49:26.16 ID:3YgUlKsPM

AMDは64コアTreadripperに取り組んでおり、早ければ2019年第4四半期に登場?

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

646: Socket774 (ワッチョイ 36fc-OI2c) 2019/06/14(金) 00:46:44.06 ID:i6Nw7cU80
独占:AMDはモンスター64コアThreadripperに取り組んでおり、早くも2019年第4四半期に上陸します

私は、同社が絶対に巨大な64コア/ 128スレッドのThreadripper部品を2019年第4四半期に発売する準備をしていることを確認しています。
現在、AMD最大のHEDTプロセッサは32コア2990WXです。それは些細なことではなく、すでに最高のコアHEDT部品ですが、世界中でこれらのおいしいコアを十分に入手できないため、AMDは2019年第4四半期に64コアバージョンを発売する予定です。

超HEDT X 599プラットフォームに取り組んでいるAMD:最大64コアのThreadripper CPU
私はAMDがIntelとの混乱を避けるために名前を変えることを検討していると言われていますが、プラットフォームは現在X599と呼ばれています。IntelとAMDのHEDTプラットフォームには同じ命名法があり、混乱を招く可能性があるため、これはそれほど驚くことではありません。また、彼らは「99」という接尾辞を保持することを計画しているとも言われています。AMDは649コアのThreadripper部品と対応するプラットフォームを2019年第4四半期に発売することを計画しています。実際、それはこれらのマザーボードがさまざまなAIBから飛び出し始めることを期待できることです。(google翻訳、以下詳細はサイトで

スリッパ最大64コアの噂。流石にプラットフォーム変えないとメモリきついだろうな

Tyan、最大メモリ256GBのRyzen Threadripper向けWSマザーボード「Tomcat EX S8020」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
747: Socket774 (ワッチョイ bbb1-BAjW) 2019/06/12(水) 11:28:52.63 ID:IhjBLVQS0
来たで

最大メモリ256GBのRyzen Threadripper向けWSマザー、Tyan「Tomcat EX S8020」 - エルミタージュ秋葉原

Tyan Computer(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2019年6月11日(現地時間)、Ryzen Thredripperに対応する、ATXフォームファクタのワークステーションマザーボード「Tomcat EX S8020」(型番:S8020AGM2NR-EX)を発表した。

Intel I210によるデュアルギガビットLANに対応

続きはこちらから↓(エルミタージュ秋葉原)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2019/0612/308764 

Tomcat EX S8020
AMD Ryzen Threadripper Workstation
S8020AGM2NR-EX_b

・12" x 9.6" ATX form factor
・X399 chipset w/ 8 DIMM slots
・2 1000Base-T LAN w/ shared IPMI port
・4 PCIe Gen.3 x16 slots (1 in x8 link)
・1 PCIe Gen.2 x8 slot (w/ x4 link)
・7.1 channel HD audio
・AST2500 BMC with IPMI v2.0 support
・EMC Class B certification

https://www.tyan.com/Motherboards_S8020_S8020AGM2NR-EX

GIGABYTEのX570マザー 新Q-Flash Plus機能テスト時のチップセット冷却ファン動作音

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

218: Socket774 (ワッチョイ bb58-FtNC) 2019/06/13(木) 11:43:08.77 ID:xngrZbnJ0
gigabyteのX570ファン有りマザーのファン動作音が聴けるよ。

ファンコンが効いてない状態かもしれないけど小口径高回転ファンの耳障りな音だな。





AMD Ryzen 9 3950X 16コアCPU、ベンチマークでIntel Core i9-9980XE 18コアCPUを上回る

このエントリーをはてなブックマークに追加
96: Socket774 (アウアウエー Sa52-l688) 2019/06/13(木) 05:14:15.06 ID:yXbPttOha
なんか3950Xが9980XEを亡き者にするみたいなことが書かれてるぞ
AMD Ryzen 9 3950Xプロセッサの性能数値は、(TUM_Apisakによる)Geekbench 4で明らかにされました。システムはAMD Myrtleプラットフォーム上で実行されていました。コードネームは32 GBのDDR4(4100 MHz)とともに、AMDのテストプラットフォーム用に内部的に使用されていました。チップの正確なクロック速度は報告されていません。なぜならベース周波数は3.30 GHzと4.30 GHzで、それぞれベース/ブーストクロックの最終仕様の3.50 GHzと4.70 GHzと比較されているからです。このチップは初期のサンプルかもしれませんが、16コア32スレッド構成を持つ唯一のAM4チップなので、Ryzen 9 3950Xです。

このチップはシングルコアで5868ポイント、マルチコア性能テストで61072ポイントを獲得しました。物事を展望に入れるために、Ryzen Threadripper 2950Xは平均でシングルコアでおよそ4800ポイントとマルチコアテストで38000ポイントを獲得します。AMD Ryzen Threadripper部品は16個のコアを持ち、899米ドルの費用がかかります。
一方、Intel Core i9-9980XEは、シングルコアで5300ポイント、マルチコアパフォーマンステストで42000ポイントを獲得し、18コアで小売価格は2000米ドルです。
01


Intelのラインナップの主流であるCore i9-9900Kは、シングルコアで6200ポイント、マルチコアで31000ポイントを記録しています。9900Kは5 GHzのシングルコア周波数により高いシングルコア性能を持ちますが、主力のAMD製品はそれほど遅れていないようで、5 GHzのOCと同等または同等の性能を発揮します。それに加えて、Robert Hallockは3rd Gen Ryzenプロセッサが最新のPrecision Boost Overdriveアルゴリズムを搭載していることを確認しました。(一部抜擢、google翻訳
https://wccftech.com/amd-ryzen-9-3950x-16-core-cpu-benchmark-leak-crushes-intel-core-i9-9980xe/

ASUSのAMD Ryzen 3000対応X570マザーボードの価格表が、ホラーストーリーを描く

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

838: Socket774 (ワッチョイ 17ba-jeKa) 2019/06/11(火) 20:11:42.84 ID:fcPzAwn20
台湾に本拠を置く信頼できる情報源は、大手メーカーASUSのAMD Ryzen 3000 X 570チップセットマザーボードの価格表を私達と共有しました。米ドルでのこれらのMSRPの価格は、これらのボードがAMD X470チップセットを搭載した前世代のマザーボードよりもかなり高価であるという厳しい見方を描いています。私たちはすでに公の場で彼の言葉をひきしめないことで知られているMSI CEOのCharles Chiang がそれを明らかにしたときにAMD X570マザーボードが高価であるというヒントを得ました業界ではもはやAMDがIntelにとって代わる代替品ではないと考えており、AMDは何世代にもわたってAMDプロセッサの価格が横ばいのままであるにもかかわらず、これらのマザーボードの優れた価格設定を指揮するためにそのパフォーマンスのリーダーシップを発揮するでしょう。 。たとえば、Ryzen 7 3700Xは、Ryzen 7 2700Xとまったく同じ329ドルの発売価格で発売されています。

MSIのCEO、Chiangの声明でさえ、ASUSのマザーボードのラインナップに見合った価格には対応できませんでした。ASUSの最も安いAMD X570マザーボードは、プライムX 570-Pで、その価格は159.99ドルです。その少し強化された双子、TUFゲーミングX 570 - プラスは169.99ドルで行くでしょう。統合されたWi-Fi 6を搭載したこの正確なボードの変形は、184.99ドルで販売されます。これは物事が夢中になるところです。150ドルのPrime X470-Proの精神的な後継者であるPrime X570-Proは、なんと249.99ドルの値札、または100ドル(66%)の上昇を命じるでしょう!最も安いROG(Republic of Gamers)製品であるROG Strix X 570-F Gamingは、HEDTのような299.99ドルの価格で出荷されます。これが想定される「ハイエンド」セグメントの始まりです。

X570-P $159.99
X570-Plus $169.99
X570-Plus Wi-Fi $184.99
Prime X570-Pro $249.99
ROG Strix X570-F Gaming $299.99
ROG Strix X570-E Gaming $329.99
ROG Crosshair VIII Hero $359.99
ROG Crosshair VIII Hero Wi-Fi $379.99
ROG Crosshair VIII Formula $699.99
https://www.techpowerup.com/256443/alleged-asus-amd-x570-motherboard-price-list-paints-a-horror-story

ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
INTEL インテル CPU Corei9-9900K INTEL300シリーズChipsetマザーボード対応 BX80684I99900K【BOX】
Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応 筋緊張20%軽減 8ボタン 高速充電式 2年間無償保証
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームを5ちゃんねるからまとめています。PC関連の雑談が多めです。

2017年12月に5ちゃんねる使用許諾申請済み。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加