SSD

M.2のSSDに変えたけど控えめに言っても神だわ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/05(火) 21:26:51.76 0.net
ちっこい青いやつ
01


SanDisk、64層3D NAND採用の「SanDisk Ultra 3D SSD」シリーズを発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
01

925: Socket774 2017/09/08(金) 07:43:05.49 ID:xlHoZbf/.net
最大2TB、64層3D NAND採用の「SanDisk Ultra 3D SSD」が発売

Western Digitalが展開するSanDiskブランドからコンシューマー向けSSDの新モデルが登場、3D NANDフラッシュメモリを採用した「SanDisk Ultra 3D SSD」シリーズが発売された。  
ラインナップは250GB(SDSSDH3-250G-J25)、500GB(SDSSDH3-500G-J25)、1TB(SDSSDH3-1T00-J25)、2TB(SDSSDH3-2T00-J25)の4製品で、店頭価格(以下、税込表記)は順に11,880円、19,872円、36,828円、69,876円。

続きはこちらから↓(Impress Watch)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1079790.html

Crucial、3D MLC NAND採用のSSD「BX300」

このエントリーをはてなブックマークに追加
710: Socket774 2017/08/29(火) 22:39:56.43 ID:DHGxnI4Y.net
BX300がMLCでなかなか良い性能になってる

The Crucial BX300 (480GB) SSD Review: Back To MLC
01
02
03


http://www.anandtech.com/show/11766/the-crucial-bx300-480gb-ssd-review-back-to-mlc

3D NANDが128TBの超大容量SSDを実現へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: trick ★ 2017/08/20(日) 08:06:09.39 ID:CAP_USER9.net
【福田昭のセミコン業界最前線】3D NANDが128TBの超大容量SSDを実現へ - PC Watch

 メモリセルアレイを立体積層化(3次元化)することで記憶密度を高める3D NANDフラッシュ技術が、記憶容量拡大の階段を急激に駆け上りつつある。

 NANDフラッシュメモリとSSD (Solid State Drive)に関する世界最大のイベント(講演会兼展示会)で、2016年8月8日~10日、米国カリフォルニア州サンタクララで開催されている「Flash Memory Summit (FMS)」では、Samsung Electronics、東芝、Western Digital、Micron Techologyの大手ベンダー各社が、キーノート講演で大容量3D NANDフラッシュ技術の最新開発成果をアピールし

01

Samsungは第5世代技術「V5」で1Tbitの大容量シリコンを発表
 3D NANDフラッシュメモリのトップベンダーは、Samsung Electronicsである。Samsungは昨年(2016年)のFMSまで最近はほぼ毎年キーノート講演に登壇し、新しい世代の3D NANDフラッシュ技術とその技術による大容量化、さらには新しい世代の3D NANDフラッシュメモリを搭載した超大容量SSDを披露することで、聴衆の喝采を浴びてきた。

 たとえば一昨年(2015年)のFMSでは前年の2倍の記憶容量を実現した第3世代の3D NAND技術「V3」と、256Gbitのシリコンダイ、15.36TBの2.5インチSSDを披露した。そして昨年(2016年)のFMSでは、さらに2倍の記憶容量を実現した第4世代の3D NAND技術「V4」と、512Gbitのシリコンダイと、32TBの2.5インチSSDを発表した。

 ところが今年(2017年)のFMSにおけるキーノート講演は、前年の2倍というハイペースは維持したものの、やや勢いが鈍ったようなプレゼンだった。第5世代の3D NAND技術「V5」を発表したのだが、開発成果物が具体性に欠けていた。

 講演では、前世代の「V4」と比べて記憶容量をさらに2倍に増やした1Tbitのシリコンダイと、記憶容量を4倍に増やした128TBと超々大容量の2.5インチSSDを「V5」技術で実現できるとした。ただし実物の披露(以前にはSSDの実物を講演者がポケットから取り出して見せることがあった)や実物写真の提示などはなく、ややものたりない印象を受けた。

 とはいえ、倍々ゲームのように新しい開発成果が毎年披露されていくというのもかなり異常なことなので、ペースが落ち着いたともいえる。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/1076106.html
(続きはソース)

Intel、4TBの2.5インチSSD。1Uラックで1PBを実現する新形状「Ruler」も発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
02

1: ノチラ ★ 2017/08/08(火) 21:00:27.41 ID:CAP_USER.net
Intelは7日(米国時間)、データセンター向けのSSD「Intel SSD DC S4600/S4500」の2製品を発表。
加えて、Ruler(定規)と名付けられた新フォームファクタとなる細長いSSDが開発中であることを明らかにした。
細身な形状により、1Uサーバーラックあたり最大1PBの省スペースかつ大容量なSSDストレージを構築可能とする。さらに、ミッションクリティカルな用途を想定し、冗長化されたデュアルポートのSSD「SSD DC D4500/D4502/D4600」も開発中であるという。
01


全文はソースで
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075009.html

東芝、2.5インチで30TBを実現したエンタープライズ向けSSD「PM5」シリーズを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ニライカナイφ ★ 2017/08/09(水) 20:25:05.11 ID:CAP_USER.net
東芝メモリ株式会社は8日、2.5インチサイズで最大30.72TBの容量を実現したエンタープライズ向けSSD「PM5」シリーズなどを発表した。
すでにOEM向けのサンプル出荷を開始しており、2017年第4四半期以降順次出荷を拡大する。
01

業界で初めて64層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリを搭載したエンタープライズ向けSSD。
容量ラインナップは400GB~30.72TBまでを取り揃えたほか、耐久性は1/3/5/10DWPD(Drive Write Per Day)の4種類を用意した。

また、初めて「MultiLink SAS」アーキテクチャを採用し、シーケンシャルリード最大3,350MB/s、シーケンシャルライト2,720MB/s、ランダムリード40万IOPSを達成。
SASインターフェイスのSSDとしては業界最速を実現でき、PCI Express接続モデルに近い高性能を達成する。

続きはソースで PCWatch 2017年8月9日 11:57
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075071.html

最大50TBの大容量を実現した3.5インチSSD、SMART Modular「Osmium Drive 3.5 SAS SSD」

このエントリーをはてなブックマークに追加
509: Socket774 2017/08/07(月) 13:52:29.69 ID:vLX22uMs.net
エルミタージュ秋葉原  SMART Modular、容量50TBの3.5インチSSD「Osmium Drive 3.5 SAS SSD」
01

SMART Modular Technologies(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年8月4日(現地時間)、最大容量50TBの3.5インチSAS SSD「Osmium Drive 3.5 SAS SSD」シリーズを発表した。インターフェイスはSAS 6Gbpsに対応する。

続きはこちらから↓(エルミタージュ秋葉原)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/0807/217708

WD、コンシューマ向けでは初の64層3D NAND技術を採用したSSD「WD Blue 3D NAND SATA SSD / SanDisk Ultra 3D SSD」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: trick ★ 2017/08/02(水) 19:53:08.10 ID:CAP_USER9.net
WD、容量2TBを実現した2.5インチ/M.2 SSD - PC Watch
01
02

 Western Digital(WD)は8月2日、コンシューマ向けSSDでは初の商用化という64層3D NAND技術を採用した、SATA SSD「WD Blue 3D NAND SATA SSD」および「サンディスク ウルトラ 3D SSD」を発表した。価格はオープンプライスで、8月後半から9月初旬にかけて国内で販売が開始される。

 それぞれ仕様は同じで、2TB/1TB/500GB/250GBの4モデルをラインナップし、税別店頭予想価格は順に76,000円前後、38,000円前後、20,000円前後、12,000円前後の見込み。フォームファクタは7mm厚の2.5インチに加え、WDのみM.2 Type 2280も用意する。

続きはソースで
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073916.html

NVMe M.2 SSD向けRAID拡張カードHighPoint「SSD7101A-1」28日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
931: Socket774 2017/07/24(月) 13:16:21.90 ID:xIXwVhbx.net
エルミタージュ秋葉原  4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できるRAID拡張カード、Highpoint「SSD7101A-1」28日発売
01

株式会社ディラック(本社:東京都千代田区)は2017年7月24日、HighPoint Technologies(本社:アメリカ)のNVMe M.2 SSD向けRAID拡張カード「SSD7101A-1」について、新規取り扱い開始を発表した。
発売は7月28日より開始され、市場想定売価は税抜54,800円。

続きはこちらから↓(エルミタージュ秋葉原)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/0724/215528

中国Colorful Technology製のNVMe SSD「CN600 240G」が11,980円、安すぎワロタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
001

1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@\(^o^)/ [JP] 2017/07/18(火) 13:36:43.16 ID:nzzlAGOT0.net
中国Colorful Technology製のM.2 NVMe SSD。容量は240GBで、店頭価格は税込11,980~12,800円。

TLC NANDフラッシュを搭載したNVMe SSDで、フォームファクタはType 2280。
ネットワークコントローラーやサウンドチップで馴染みのあるRealtek製のコントローラを採用している。
搭載コントローラーは「RTS5760」で、キャッシュメモリはDDR3 256MB。
本体に排熱を効果的に行うためのヒートスプレッダを装備するほか、アクセス状況を視覚的に確認できるアクセスLEDを備えている。

 接続インターフェースはPCIe Gen2 x4で、転送速度はシーケンシャルリードが最大800MB/s、シーケンシャルライトが最大700MB/s。MTBFは150万時間となっており、保証期間は1年間。

全文はソースで
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1070876.html

ブログパーツ
スポンサード リンク
月別アーカイブ
Amazon
Intel CPU Core i9-7900X 3.3GHz 13.75Mキャッシュ 10コア/20スレッド LGA2066 BX80673I97900X 【BOX】
Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応 筋緊張20%軽減 8ボタン 高速充電式 2年間無償保証
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

お問い合わせ
PCパーツ・周辺機器や気になるデジモノIT関連ニュース・PCゲームをまとめています。PC関連の雑談が多めです。

当ブログはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインされたブログ様は勝手にRSSを追加しております。

当ブログで掲載している記事・画像・動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的は全くありませんので、掲載について問題がある場合は問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認後、速やかに対処させていただきます。
当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly