...::☆Hopkins Diary☆::...背外側前頭前野を極める日々

アメリカで医者を目指している純日本人のまりっぺです!メディカルスクールへの道のりがいかなるものか、記録しています。 2018年にジョンズ・ホプキンス大学を卒業(BS in Neuroscience)。同大学公衆衛生大学院に進学し、2019年に修士号(Master of Health Science)を取得。同大学医学部にて研究員なうお☆

フェーズ1 出勤再開

3ヶ月ぶりに出勤している。

IMG_8811

どこにいる時もマスクが必要。

ようやくフェーズ1に突入した。ボルチモア市はメリーランド州と別のタイムラインを辿っている。リカバリーが遅い。

我々の大学では、フェーズ1で職場に戻るのは絶対に家で仕事ができない人だけと決まっている。フェーズ1メンバーに登録されていないとセキュリティーに止められる。大学が開発したアプリによってリアルタイムでラボの人数が厳密にチェックされている。出勤時間をばらけさせないといけないため、私は午前7時から仕事をしている。マウスの手術をするため、いち早く職場復帰の許可を得た。いい加減Nから始まりeで終わるジャーナルにリビジョンを提出しないと痺れを切らされてしまう。私が手術をしないと追加実験が始められないのだ。

ラボは3つのグループに分けられている。どんな時も1人1部屋にいるよう計算されている。私はずっと動物施設にいるので、少し特別扱いだ。薬品やウイルスを回収するため一瞬だけラボに出向く許可も降りている。その際、3ヶ月ぶりにラボメンに出くわした。ラボ閉鎖直前に、元気でまた会おうねと話した人だったので、嬉しくて大きめの声で挨拶をすると、ガン無視され「なんでここにいるの?」と汚物を見るような目で言われた。事情を説明すると納得したようでどこかに行ってしまった。

そりゃまあ、実験が滞っている中、他の人が同じ部屋にいたら仕事ができないので、焦るだろう。私が危機感なさすぎるのだろうか。手術で毎回ウイルスを扱っているので、それ自体は身近な存在ではある。だが新型ではないし、受験真っ只中(しかもMCATが10日以内)で感染するのは私もごめんだぜ。不安定な時期だからいつも以上にみんな色々抱えているのだろうな…ピリピリしちゃうんだろうな…

と、ぼんやりしょんぼりしながら手術をする。途中で就活関連のメールが届く。書類落ち、面接の知らせ、推薦人の依頼、求人情報…携帯の通知が忙しい。夏の雇用凍結祭りの真っ最中なので、なかなか上手くいかない。基礎研究は分野によってとても厳しい状況になっている。


何はともあれ、私の手技は完璧だ(☆゚∀゚)(笑)
3ヶ月のブランクの影響が全くない。スピードもむしろ速い。麻酔が効く前とインジェクション中の短い待ち時間に暗記カードで試験勉強をする。

この世がいかに変化しようとも、自分の知識と手技だけは確たるものなのかもしれない。これらに自信が持てたら幸せなのだろう。


無事手術が終わりラボに戻ると、同じラボメンがまだいる。音速で色々元の場所に戻してずらかるぞ、と思っていたら、ラボメンがこっちに来てめちゃくちゃ謝ってきた。
自覚あったんかーい!びっくりした!
謝ってくれて良かった。1日中しょんぼりしてしまうところだった。


ラボからバス停に向かう道は普段以上に物騒になってきている。もともと治安悪いのに(泣)
ホームレスや暇そうな若者がウロウロしていて声をかけてくる。今日はやたら絡んでくる青年を無視したらビッチと呼ばれた。


心を殺さなければ生きていけない気がしている。


仕事と試験勉強に集中するので、次のブログ更新は7月になりそうです。
皆様お元気で。



 すずたん:「押してほしいにゃ~」
人気ブログランキング
ギー君:「こっちもこっちも~」
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

両方クリックしていただけたら嬉しいです 







職場復帰!就活!試験勉強!CASPer!…あとJHUのまりっぺ氏、粘着質は嫌いです

夜にCASPerを受けた。時間制限が厳しい中、同居人がうるさく気が散ってしまい焦ったが、わりと上手くいった気がする。テスト結果は開示されず、直接メディカルスクールに送られる。

今週から職場復帰の予定だが、同時に就活を続けている。試験勉強も続けている。セカンダリーのエッセイは優先順位低めで手をつけていない。

簡潔に、あまり詳細を書かないでおこう。なぜなら↓

IMG-8780
IMG-8781

残念な方がいらっしゃいました。お医者様のようですが…?

IMG-8778

ブログは自由気ままに書いていたのでほぼ独り言なのだが、気持ち悪い人も読んでいることを再確認したので、あまりプライベートを晒さないほうが良いと思った。

「まりっぺ」で検索してもゴマンと結果が出るのでエゴサはしないが、情報は回ってくる。色んなソースから(笑)
言っておくが、私の情報網はそんなに小さくない。
たとえ鍵アカだと安心していても、お気をつけになったほうが良いですよ、としか…



 すずたん:「押してほしいにゃ~」
人気ブログランキング
ギー君:「こっちもこっちも~」
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

両方クリックしていただけたら嬉しいです 








ブラックジャックに憧れ抱いた外科医になる夢、追い続けている純日本人女子。🇯🇵YIS→🇺🇸JHU (Neuro, BS)→JHSPH (MHS)。神経学を愛すmad scientist|箏奏者|酒豪|見た目はピノコ|中身はおっさん|目指すは米メディカルスクール🔥٩( ᐛ )و 気軽にフォローミー♪日常ブログ↓
記事検索
Twitter Timeline
Facebook Page
人気ブログランキング
ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

非公開でまりっぺにメッセージを送れるお!

名前
メール
本文
ブログによく登場する単語集

メディカルスクール: アメリカの医学部は4年制の専門職大学院。一般の4年制大学を卒業してから進学する。最近は大学卒業後に研究、ボランティアや修士号取得などをし、さらに有力な受験者になるために時間を取る者が増えている。この期間を"gap year"と言う。受験者全体の7割程が最低1年程取るとされている。

Pre-med/premed: pre-medical; メディカルスクール志望生を指す。

JHSPH: Johns Hopkins School of Public Health; ジョンズホプキンス公衆衛生大学院

MHS: Master of Health Science (私がJHSPHで受ける1年間の修士コース)

BMB: Biochemistry and Molecular Biology; 生化学と分子生物学 (MHSの専門分野)

ボルチ: ボルチモア; ジョンズホプキンス大学がある街

HOME: Hopkins Oriental Music Ensemble (私が立ち上げたアジア伝統楽器のアンサンブル)

友達の名前: ジェニー(大学で出会った大親友、箏の教え子、箏を買ってくれて一緒にHOMEで演奏している); エル(HOMEの編曲者、数学と日本文学が大好き); リーアン(HOMEイベント係); ミッフィー(HOME会計係); コロアイ(コロンビア人の大学の親友); ヘイリー(2年間ホプキンス大学の寮のルームメイト、大学前からの知り合い)