aamall

September 23, 2008

杉山選手は勝利。モレスモは初戦敗退

今週の女子ツアーは中国の北京でチャイナ・オープンが行われます。世界ランク1位のセレナは当初出場予定でしたがキャンセルに至ったようです。東レで初優勝して自己最高の3位に浮上したサフィーナは下背の具合が良くないとのことで欠場を表明しました。しかし、ヤンコビッチ、イバノビッチ、クズネツィエワほか、トップ10のうち5名参加で、まずまずのメンバーが揃いました。1回戦の結果は以下のとおりです。

First Round
 Daniela Hantuchova (7) def. Gisela Dulko, 6-3, 6-1
 Anabel Medina Garrigues def. Caroline Wozniacki (9), 7-6 (7-3), 6-4
 Dominika Cibulkova def. Amelie Mauresmo, 3-6, 6-4, 6-3

First Round
(8) Anna Chakvetadze (RUS) d. (LL) Iveta Benesova (CZE) 64 75
Francesca Schiavone (ITA) d. (WC) Li Na (CHN) 61 76(4)
Ai Sugiyama (JPN) d. (WC) Yan Zi (CHN) 63 64
Tamarine Tanasugarn (THA) d. Katarina Srebotnik (SLO) 64 75
(Q) Aleksandra Wozniak (CAN) d. Virginie Razzano (FRA) 67(3) 75 64
(Q) Alla Kudryavtseva (RUS) d. (WC) Peng Shuai (CHN) 75 64
Alizé Cornet (FRA) d. (Q) Zhang Shuai (CHN) 61 36 76(7)

モレスモ地元中国勢4名が初戦敗退して残念な結果となっています。杉山選手は危なげなく初戦突破し、順当なら2回戦で世界10位のラドワンスカと対戦予定です。

元世界1位のモレスモが東レに続いて初戦敗退なのは寂しい気はします。この試合ではダブルフォルトを13本犯してなかなか流れを掴むことが出来ず自滅という形になりましたが、8月のシンシナティとニューヘブンで準決勝進出、そして全米では4回戦と、ケガから復帰して少しづつ復調の兆しを見せ始めています。早期敗退が続いた7月のウィンブルドンまでは、一時引退も考えていたと伝えられていましたが、テニスがやはり好きだからもう一度賭けてみたいという前向きなコメントを残しています。

では、以下1回戦後のモレスモのコメントを紹介します。

今年ここまであまり調子が上がらないように見受けられるけどやはりケガの影響がひびいてる?

ここ2ヶ月はまずまずの内容だったけど、今大会の結果にはとてもがっかりしてるわ。

初戦敗退をどう受け止めてる?

自信と信用が欠けてしまい上手くプレー出来なかった。ちょっと期待外れね。今日のことは早く忘れて、なるべく元のようなプレー状態に早く戻るために調整していかなければいけない。

ダブルフォルトが13本と多かったけど風が影響したの?ネットプレーの成功率も低かったようだけど?

風は理由ではないわ。ネットプレーはいつも取り入れてるけど今日はしてはいけないところで無理に前へ出てしまった。

試合の最初は安定していて、突然崩れてしまったようだけど何かあったの?

ケガの代償が大きいのは事実。今は試合に出ながらその中で修正点を見つけて取り組むようにしてるわ。なので、その時々で好不調の波があり、今回だけではなく過去数ヶ月の他の大会でも起こっていたこと。今後も練習に練習を重ねていくつもりよ。成果がいつか出てくれることを願ってね。

若い選手たちは君のようなベテランと対戦するとなると、皆プレッシャーをどこかで感じてしまうと言っているようだけど、この先技術的な向上の面でなにかプランはあるの?

先のことはわからないけど何ヶ月先まではずっと健康であること。そして失敗を教訓にして成功へ結びつけること。試合はいつも目の前にあって待ってはくれない。一つ一つ勝っていくことが大事ね。

人気ブログランキング人気ブログランキングに参加してます。応援のクリックお願いします。