aamall

September 24, 2008

ツォンガは辛勝で2回戦突破

今週のATP男子ツアーは北京とバンコクで大会が行われています。本日バンコクの結果は以下のとおりです。

Singles - Second Round
[2] J Tsonga (FRA) d [Q] L Dlouhy (CZE) 76(9) 36 76(1)
[4] G Monfils (FRA) d R Kendrick (USA) 64 76(4)

Singles - First Round
[5] J Nieminen (FIN) d [WC] M Djokovic (SRB) 62 60
V Troicki (SRB) d F Santoro (FRA) 76(4) 62
S Bolelli (ITA) d T Bellucci (BRA) 63 63
M Zverev (GER) d [WC] R Smeets (AUS) 64 64

Doubles - First Round
F Santoro (FRA) / J Tsonga (FRA) d [WC] M Djokovic (SRB) / N Djokovic (SRB) 62 62

ツォンガ第2シードのツォンガはかなり競った2回戦になりました。6月に膝の手術を受けて全仏とウィンブルドンは欠場。復帰戦となった全米は3回戦でロブレドに敗退しました。試合勘を取り戻すにはもう少しといったところでしょうか。しかし、存在感あるキャラですから今大会はジョコビッチと並んで最後まで大会を引っ張っていってもらいたいです。AIGにも参戦という、嬉しいニュースが入ってますね。存在感といえば、サフィンは残念ながら初戦で敗退してしまいました。モンフィスは試合中に脚を負傷したという情報が入っていますが、次戦は大丈夫でしょうか。

そして、上記1回戦の結果にジョコビッチと名前がありますが、今大会ATP本戦ドローデビューを果たしたジョコビッチの弟、マルコ・ジョコビッチです。惜しくもニエミネンに敗れてしまいましたが、ウィリアムズ姉妹同様、強力な練習パートナーがいるわけですから早く飛躍していってもらいたいと思います。

その兄弟がダブルスでなんとペアを組んだんですよね。相手がこれまたサントロ/ツォンガ組という、まるでエキシビさながらの対戦となっています。

人気ブログランキング人気ブログランキングに参加してます。応援のクリックお願いします。