英会話勉強法情報 - livedoor Blog(ブログ)

動画ダウンロードソフトMPX

1: オムコシφ ★:2013/03/05(火) 12:14:12.13 ID:

「桐乃が放つ厳しいセリフに罵倒(笑)されながら、楽しく英語をおさらいできるつくり」という。

 中経出版は4月10日、人気ライトノベルとタイアップした学習参考書「『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』とやり直す中学英語」を刊行する。価格は1400円(税別)。

 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」キャラクターが英語を教えてくれ、「桐乃が放つ厳しいセリフに罵倒(笑)されながら、楽しく英語をおさらいできるつくり」になっているという。
「俺の妹はエロゲー好きだ」など「俺の妹」の設定を織り込んだ例文や描き下ろしイラストを収録する。

http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/04/l_aH_sister1.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/04/l_ah_sister2.jpg

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1303/04/news092.html

◆スレタテ依頼スレッド★51
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1361280712/149
6: なまえないよぉ~:2013/03/05(火) 14:50:08.87 ID:

わけがわからないよ…
10: なまえないよぉ~:2013/03/05(火) 18:39:34.62 ID:

画像が見えないよバカ

続きを読む



bluemoonlightwizard at 22:36コメント(0) この記事をクリップ!

1: ぬこ(埼玉県):2013/03/09(土) 18:16:16.72 ID:

http://img.2ch.net/ico/anime_monar05.gif
ソース(東洋経済オンライン、ジャーナリスト・山田順氏)
http://toyokeizai.net/articles/-/13139

 日本人はどうやって日本人になるのだろうか? そんな誰もが意識したことがないことを、グローバル化という視点でとらえて
いくとどうなるだろうか? 21世紀のグローバル化が私たちに突きつけている問題は、国際標準語(英語)を話す国際人になること
ではない。日本人という確固たるアイデンティティを持って、世界を舞台に活躍できる人材になることだ。

 しかし残念ながら、日本で日本人の両親から生まれ、日本の教育を受けて育つと、真の日本人にならない。一人娘をアメリカと
中国の教育で育てたジャーナリストが、その経験を基に、日本人とは何かを問いかける。

写真=1990年代、駅前留学のコピーで英語ブームを演出したNOVA。2007年に経営破綻した(写真:AFLO)


■トリリンガルになった娘

 私の娘がインターナショナル・スクール(以下インター)のキンダーガーテン(幼稚園)に入ったのは1987年の9月のこと。
娘はまだ3歳だった。以来、娘は学校では英語、家では日本語という生活をしてきたので、バイリンガルに育った。その後、
アメリカの大学と大学院に進み、その間、中国の南京大学で2年ほどを過ごしたため、中国語とのトライリンガルになった。

 この間、親も娘に追いつこうと英語の勉強をしたものの、大人になってからだったせいか、ネイティブの娘には遠く及ばなかった。
今も、娘に「恥ずかしいから、私の前ではそんな英語を使わないで」と言われる。

 思い起こせば、娘がインターに入ったときは、バブル経済の真っ盛り。“ジャパン・アズ・ナンバーワン”が実現したという時代
だった。1985年のプラザ合意まで1ドル=240円だった円は1年後には150円まで上がり、ジャパンマネーは世界を席巻していた。

 何しろ、あのマンハッタンの象徴ともいうべきロックフェラーセンターを三菱地所が買ってしまうという時代だった。

 そして、このバブル期に盛んに言われたのが、“国際化”である。
3: ぬこ(埼玉県):2013/03/09(土) 18:17:22.98 ID:

>>1
 つづき
 日本人は一日も早く「国際人」になるべきだと言われ、大学には国際学部が次々に誕生した。英会話学校が盛況を極め、
英会話ブームが起こり、1990年代に入ると「駅前留学」が大流行した。当時、娘もNOVAのCMのセリフ「No problem. I am NOVA.」を、
何かあると口にしていた。

 そこで、いま思うのは、なぜあのとき、日本は教育を本当に国際化しなかったのか? ということだ。幼児からの英語教育の
重要性も言われていたのだから、このとき公教育の現場で「本当の英語」教育をスタートしていれば、日本経済はここまで
落ち込むことはなかっただろう。

 冷戦終結後のグローバル化の恩恵を受けた国は、大抵が英語を話す国民を有していた。シンガポール、香港、インドはその
典型だ。そして、今、フィリピンがアメリカ企業のオフショアリング先となって確実に経済発展している。韓国は1997年の金融危機後、
一気に国際化教育に舵を切り、その成果が出た。中国も、日本に10年も先んじて、2002年から初等教育段階で英語を導入した。

 これらの国の発展が英語のせいばかりとは言わないが、少なくとも英語ができないで経済低迷する日本の先を行っているのは
事実だ。

 あのバブル崩壊からすでに20年以上が過ぎた。ということは、当時、もし本当の国際化教育がスタートしていれば、今の20代の
日本人はみな国際標準語(英語)を話せることになる。とすれば、日本人の優秀さからいって、韓国や中国の企業に負けることは
なかっただろう。エリートだけでも、彼らより先にバイリンガルになっていれば、こんな結果になるはずがない。

 それがどうだろう、今や英語ができないために、日本人なのにユニクロや楽天にすら入れないという悲劇が起こっている。
10: ぬこ(埼玉県):2013/03/09(土) 18:19:28.33 ID:

>>6
 つづき
 それにしても、なぜここまで経済衰退をしながら、日本人はかたくなにグローバル化を拒否し、英語も不要だと思い込んでいる
のだろうか? 小学校から大学まで英語の授業があるのに話せないという「成果ゼロ教育」を改めないのだろうか?

 国際化、グローバル化、第二の開国など、どれもこれもスローガンだけで、やろうとしないのだろうか?

(※ばっさり中略)

■本当の戦犯は、日教組とPTA

 1980年代から90年代にかけての「国際化」の掛け声とは裏腹に、日本の教育現場で進んだのは「ゆとり教育」だった。
ゆとり教育は、アンチ「詰め込み教育」から生まれたものだが、これが、その後の日本の子供の学力を世界レベルで
落としたのは明白だ。

 ただ、私はゆとり教育そのものを悪かったとは思っていない。ゆとり教育といえば、すぐに“戦犯”として寺脇研氏
(元文科省官僚、現コリア国際学園理事)の名前が挙がるが、本当の戦犯は、学校の教師(日教組)と親(PTA)だ。

 教師と親が、子供たちの自由を尊重する教育という名目で、両者が「怠けられる道」を選んだのが、ゆとり教育である。
このゆとり教育が本格的に始まったのは1992年だが、当時は、私も寺脇氏を許せない人物と思っていた。

 しかし、ゆとり教育が崩壊し、寺脇氏が文科省を退官してから直接話を聞き、これが思い違いだとわかった。詳しくは、
私が編集した寺脇氏の著書『さらばゆとり教育 学力崩壊の「戦犯」と呼ばれて』(2008年、光文社)を読んでほしい。

 いずれにせよ、日本では国際化は進まず、国際化教育に至っては今も行われていない。脱ゆとり教育をするなら、今度こそ
国際化教育と思ったが、そうはならなかった。かろうじて2011年から、小学校高学年からの英語教育がスタートした。しかし、
これは週1時間、年間35時間というもので、「話せなくなる英語教育」がさらに強化されたにすぎない。

 いったい、日本ではいつになったら、「真の日本人」をつくる国際化教育がスタートするのだろうか?

(終わり。ばっさり中略していますので、全文はソース元でどうぞ)

続きを読む



bluemoonlightwizard at 22:35コメント(0) この記事をクリップ!

1: つゆだくラーメンφ ★:2012/09/26(水) 21:28:17.47 ID:

 中国大手検索サイト百度の掲示板に「何も恐いものはないけど日本人の英語だけは恐い!」 というスレッドが立てられ、
スレ主の意見に対してさまざまなコメントが寄せられた。
 スレ主は、日本人の話す英語はさっぱり分からず、話にならないと主張したところ、 次のようなコメントが寄せられた。

・「確かにそのとおりだ。あの発音は我慢(がまん)ならない」
・「そのとおりだね。友人が日本に行ったときに英語で話してみたけど、何を言っているか分からなかったと言っていた」
・「日本語の50音で話す重たい英語だね。これは反論の余地なし」

 など、中国のネットユーザーからはスレ主の意見に同意するコメントが多く寄せられた。
しかし、英語が上手な人もいるという意見もあり、俳優の渡辺健の英語は上手だったというユーザーもいた。
 また、「日本の歌を聞いている時に、ずっと日本語で歌っていると思っていたのに、歌詞を見たら英語だった」
と報告するユーザーや、
「一番恐ろしいのはアニメの声優が話す英語だな。あれはヒドイ」
と主張する意見、
さらには「日本人の英語は日本人にしかわからない」というコメントもあった。
 「ジャパニーズイングリッシュ」と呼ばれるように、日本人が話す英語は発音が独特であると言われる。
一方で、中国語の発音は英語の発音に通じるものがあるため、中国人は英語の発音においては苦労しないと言われる。

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1348631720/l50
31: なまえないよぉ~:2012/09/26(水) 21:47:39.99 ID:

>>1

ブラックラグーンとか絶対笑われてるだろうなwwwww
23: なまえないよぉ~:2012/09/26(水) 21:41:40.99 ID:

買ってから言え
盗み食いしたパンの悪口とか乞食の最底辺だろうに

続きを読む



bluemoonlightwizard at 08:36コメント(0) この記事をクリップ!