空を見上げて
トップページ » ご報告

ご報告

平成22年1月13日、マルが虹の橋を渡りました。

我が家に来て4年と半年と5日の短い一生でした。

マルを愛し、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。




前回の投稿後に撮った、数少ないマルの写真を見てください。

ママの胸の上のマル091203


昨年の12月3日。
座椅子にもたれているママの胸の上でくつろいでいるマルです。

ニコとラブラブBOX091207


昨年の12月7日。
箱に入って寝ているニコのところへマルが押しかけ、20秒ほど一緒にいました。
最後のラブラブBOXです。

顔を洗うマル091223


昨年の12月23日。
変な顔していますが、一生懸命顔を洗っているところです。



今日までの経緯は、長文なので続きに書かせていただきます。


前回の投稿後、マルは低空飛行ながら調子は悪くありませんでした。
食欲にムラがあるので、なかなか上り調子にならないものの、皮膚の状態もどんどん良くなり、7割くらいは毛が生えて傷口も乾いてきていました。

12月の中旬になって食欲不振が激しくなり、スープ以外ほとんど口にしなくなってしまったため、流動食を強制給餌するようになりました。
また、病院へもほぼ毎日連れて行って輸液をしていただき、一旦は調子が戻ったかと思ったのですが、下旬になってとうとうIBDの症状である嘔吐が始まってしまいました。

この時まで飲ませていたアトピカはIBDの治療薬でもあったので、これで皮膚も治ってIBDも抑えられたら・・・と思っていたのですが、マルのIBDには効かなかったようです。アトピカをやめてステロイドの注射に切り替えました。


しかし年末になって、今まで出たことのなかったIBDの症状、下痢を起こすようになってしまいました。
強制給餌をすれば下痢をし、下痢を抑えれば嘔吐するという悪循環。

お世話になっている病院は年末年始も予約さえすれば毎日診ていただけたので、大晦日も元旦も、病院に輸液と注射に通いました。
しかし4日の仕事始めから7日までは病院に連れて行くことが出来ず、その間にもマルはどんどんと痩せていきました。

8日からまた病院に通いはじめて、なんとか持ち直してもらいたいと思った矢先、またひどい下痢になってしまいました。
下痢止めの注射をしてもなかなか止まらず、寝たままウンチを垂れ流してしまうマルに、初めて覚悟しなければいけないことを感じました。


それでも3連休をなんとか乗り越えて火曜日、本当ならずっとマルについていてやりたかったのですが、どうしても仕事を休むわけにいかず、後ろ髪を引かれながら出社し、なんとか病院に間に合う時間に帰宅しました。

「もしかしたら・・・」と覚悟をしながらマルが寝ているママの布団の上の毛布をめくると、丸くなって寝ていたマルがこちらを見上げてくれました。その瞬間、安堵のあまり涙ぐんだママに、マルは久しぶりに優しく「ニャー」と声を掛けてくれ、ママの指を肉球でギュッを握ってくれました。

しかし翌朝になってみると、さらにぐったりとした様子のマル。
入っている毛布のあちこちに湯たんぽをセットして、会社に出かけました。
なんとか早退できないかと頑張ってみましたが、結局5時まで仕事はかかってしまい、前日と同じ時間に帰宅するのがやっとでした。

いつもの毛布をめくってみると、マルはいませんでした。
コタツ布団をめくってみても、いませんでした。
靴の空き箱にも、押入れにもいず、ふと窓際の猫タワーを見るとその箱の中にマルがいました。

でもいつものように丸くなって寝ていませんでした。
2つ開いた出入り口の片方から顔と前足を、片方から後足を出して、ガラス窓に鼻をくっつけるようにして、マルは冷たくなっていました。

箱から出してやると、体の下になっていた左後足だけがまだほんのりと温かく、柔らかでした。


しばらくは何も考えられず、マルの体を撫でて温めようとしていたような気がします。
30分ほどたって、ようやくパパに電話をしました。
パパも朝出る前に、覚悟を決めていたそうで、電話口で絶句しているママに「すぐ帰るから」とだけ言いました。

二人の間に寝かせて、ずっと交互に撫でていました。
そして夜は、前日と同じようにママの布団で一緒に寝ました。


翌日、ママだけ会社を休んで、グレの火葬をお願いしたお寺にマルを連れて行きました。
グレの時は何も考えられず、病院の先生にお任せして引き取ってもらい、火葬した数日後にお骨を返してもらいました。
でもマルはキッチリと見送りたいとおもい、立会い葬をお願いしました。
パパにメールで「早く連れて帰りたいので立ち会い葬にします。」と報告したら「そのほうがいいと思います。マルはさびしがりやだからね。」と返ってきました。

お寺は家から電車とバスを乗り継いで1時間ほどの場所にありました。
棺となるダンボール箱にマルを入れ、お気に入りだったホタテのオヤツとセレクトプロテインのドライを少しずつ入れ、マルに似合いそうなオレンジ色のバラとガーベラの花束を入れました。


小さな箱になったマルは、同じく小さな箱のグレの隣に並べました。我が家の居間が見渡せる場所です。
ニコが一度だけそこに行ってマルの方にだけ片手を置いたのは、「お帰り」だったのか、今までやられてたお返しだったのかはわかりませんが。。。


ここ1ヶ月、家の中はいつも静かでした。
マルの大声が聞かれなくなっていたから。
でも、今の静かさはとってもひんやりとしていて、寂しいです。

トラックバックURL
コメント
1. Posted by ANKO   2010年01月23日 21:57
あっ、更新されてる♪とおじゃましたら....
何と言って良いか.....
てっきり快復したのだと....

マルちゃん、ママさん頑張りましたね。
沢山の愛情を注がれて幸せに暮らした日々。
その楽しい想い出を大切にして下さい。

マルちゃんのことだから、常春の国でもジャイマルなんだろうな〜
ふと、マルちゃんのそんな姿が浮かびました。

ごめんなさい、動転してまとまりの無いコメントになってしまいました。
2. Posted by miyocom   2010年01月23日 23:01
マルちゃん。。。
お疲れ様でした。。

ママさん、パパさん
本当にお疲れ様です。
大変だったと思いまし
今はとてもおつらいと思います。。。

大事に愛されマルちゃんは幸せだったと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。
3. Posted by おかか   2010年01月23日 23:09
ずっとジャイマルの復活を信じていました。
マルちゃん、もう逝ってしまったのね。
最期までよく頑張ったね。
でも、早すぎるよ。

ママさん、パパさん、まだまだ気持ちが落ち着かないでしょう。
ママさん家の子どもでマルちゃんは幸せだったと思います。
ゆっくりと元気になってくださいね。
4. Posted by まゆ   2010年01月24日 17:17
もうびっくりです。
マルちゃんがいなくなっていたなんて。
更新されている時は、皮膚の方で通院されていたし、
マルちゃんの持病の方が悪くなっていたとは
思いもしませんでした。
にこまる★ママさんもお仕事休みたいけど、
休めない状況で苦しかったでしょうね。
きっと今頃はグレちゃんと元気に
走り回りながら、見守ってくれていると思います。
ニコちゃんの様子はいかがですか?
5. Posted by じるにゃんこ   2010年01月24日 22:46
時々心配でどうしてるかと覗いていたのですが。。。
そうだったんだぁ〜
マルちゃん、よく頑張ったね!
きっと今頃はカイカイも治って
我が物顔でその辺を駆け回ってるのでしょうね〜?
マルちゃんはにこまる★ママさんの家の子で幸せだったと思うよ!
にこまる★ママさんお疲れさまでした。

マルちゃんのあの上から目線の台詞が聞けないなんて寂しいです。

マルちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
6. Posted by kitcat   2010年01月25日 03:01
○ 死に目に会えなかったことを後悔されていることでしょう。
 家族のひとりが亡くなったんだから、喪失感は大きいと思います。
 マルちゃんが、フッと戻って来るんではないか…そんな気が時折するのではないでしょうか。
 亡くなった事を受け入れられずに引きずったって、人間なんだからいいと思います。
 マルちゃんのことを、いっぱいいっぱい思ってあげてください。
          <ののちゃんより>           <ののちゃんより>
7. Posted by 山里   2010年01月25日 17:11
長く更新されてなかったのでマルちゃんの調子が悪いのかなぁと心配していました。
このような残念な結果になってしまってとても悲しく思います。
ママさん、パパさんの愛情に包まれて難病と戦ったマルちゃんを凄いと思うと同時にネットを通じて知り合い、記憶に残してくれた彼にとても感謝の気持ちでいっぱいです。
 
とても愛すべき存在であったマルちゃん、今は虹の向こうで知り合った数々のお友達と楽しく過ごしている事でしょうね。
 
本当にありがとう。
 
ママさんにも悲しい気持ちでいっぱいでしょうが、伝えて頂きありがとうございました。
 
8. Posted by めんまねえちゃん   2010年01月25日 20:34
ときどき、覗きにきては、更新してない...って
心配でした。
マルちゃんの具合、よくなかったのですね...
ママがどんなにマルちゃんを愛していたか。
もちろんパパも。
ジャイアンなマルちゃんだけど、でもニコちゃんとの最後のラブラブボックス、泣いてしまいました。

なんといっていいのか、...
マルちゃん、闘病、つらかったね。
でも、きっと今はもっと楽になっていますね!!
天使猫になって、ニコちゃんやパパママを見守ってね。
さびしいです...。

マルちゃん。ママのおうちの、子でよかったね。
本当に、どこにいくよりも、そのおうちの子でよかった。
ゆっくり、休んでください。

それに、ママ、仕事休めないだろうし、
なにもしないのもつらいけど、仕事もつらいでしょう...
ニコちゃんと、くっついて癒されてくださいね...

ブログで、ニコちゃんのこと、少し書かせていただきますね。
よろしくおねがいします。
9. Posted by michigorota   2010年01月25日 21:22
すごくショックです。
悲しいです。
ママさんも辛いですね。

マルちゃんのご冥福をお祈りいたします。

マルちゃん、今までたくさんの癒しをありがとう。
10. Posted by み〜   2010年01月25日 22:13
マルちゃん、ママさんお疲れ様でした
どうぞやすらかに・・・

他人の私がこんなにショックなんだから
さぞかし・・・とお気持ち察してます
きっとあちらでグレちゃんが優しく迎えてくれてるでしょう
もう苦しくもないし元気になってジャイマルに戻ってるかなぁ・・・

大変な年末年始を過ごされたんですね
どうぞお体こわされませんように・・・
そしてニコちゃんも淋しくなるけど元気でマルちゃんも分も長生きしてね♪

マルちゃんのご冥福を心よりお祈りしています
11. Posted by nico   2010年01月26日 00:02
久しぶりにお邪魔させていただいたら・・・。
本当に言葉になりません。
マルちゃんは復活して以前よりもジャイマル振りを発揮してくれるものとばかり思っていました。

マルちゃんよく頑張ったね。
今まで楽しませてくれて本当にありがとう。

ママさん、パパさんお疲れさまでした。
「ここのお家の子でよかった」ってマルちゃんきっと虹の橋でみんなに自慢してると思いますよ。
ニコちゃん、マルちゃんの分も元気で長生きしてね。
12. Posted by スージー   2010年01月26日 16:16
ブログを更新された日に、旦那に教えてもらいました。
マルちゃんの事ずっと気にしていて、毎日のように覗いてたらしいです。
言葉が見つからず、コメント遅くなってごめんなさい…。
マルちゃん…、きっと復活してくれると信じてたのに残念です。
ママさんパパさんのお気持ちを思うと、胸が痛みます。

ジャイマルちゃん、大好きだったよ!
今頃お腹いっぱい食べて、まん丸マルちゃんになったかなぁ〜。
こんなに頑張ったんだから、来世は元気いっぱい健康で生まれて来れるはず!
必ず、ママさんパパさんの元に帰って来てね。
またね…。
13. Posted by 山里   2010年01月27日 11:19
今日の私のブログにてマルちゃんの記事をアップさせてもらいました。
 
事後報告になりますが、お気に入りの写真を2枚お借りしましたがご了承いただけたら嬉しいです。
14. Posted by まきまき   2010年01月27日 21:29
ずっとずっと心配していたんですが・・・。
便りがないのは元気な印だと信じていたかったです。
マルちゃん、信じられないよ。
まだ虹の橋に行くには若すぎるよ・・・。
ママ様、パパ様の心痛を思うと言葉もありません。
お外を眺めながら天使になったんだね。
グレちゃんがお迎えに来てくれたんだよね。
ニコちゃんも一緒にいてくれたんだよね。
絶対ママ様のお家の仔になれて、いっぱいいっぱい幸せだったはずです。
私達のココロの中では永遠に元気なマルちゃんは生き続けていますよ。
ゆっくり休んだら、またママ様のお家に戻っておいでね。
大好きなマルちゃんへ。
いつまでもいつまでも大好きです。
15. Posted by マリー・ミミー   2010年01月27日 22:45
そうでしたか。。。
ブログをお休みされている間、一生懸命
病気と向き合っていると思っていましたし
いつの日かまた賑やかな毎日を拝見できると思っていました。
ただただ残念としか言いようがありません。

大切なものを失った時って、何を言っていいものか。。。
ぽっかりと心に穴があいたような感じです。

マルちゃんご家族の皆さん、お疲れさまでした。
今頃マルちゃんはグレちゃんと一緒に
虹の橋を駆け回っているのでしょうね。
16. Posted by ここ一番   2010年01月28日 17:37
今までマルちゃんが、しおしおな時もヤンチャな時も見守っていました(T_T)
同じ、茶トラ白の友達の様に、、、。

マルちゃん、虹の橋を渡ったら、グレちゃんが居るから寂しくはないですよね。
産まれてから、ずっと一人ぼっちじゃなかった、幸せなマルちゃん、、、。
ずっと覚えてるからね。

にこまる★ママさん、マルちゃんたちと幸せを実感して暮らせましたね。

17. Posted by hanako   2010年01月28日 22:09
マルちゃんのことは気になってたのですが
私もつい忙しさに・・・
私の中にマルちゃんが虹の橋を渡ってしまうという
思いはいっさいなく、元気でいるものと信じていました。
マルちゃん頑張ったんですね。
パパママにこれだけ愛されて幸せな猫生だったね。
病気は辛かったけど
誰よりも幸せなニャンコだなーって私は思ってました。
ご家族の皆様が今どれだけ淋しい思いをしているかと思うと胸が張り裂けそうです。
実は昨日、実家の猫ちゃんが虹の橋を渡りました。
涙ってもう出ないと思うほど出してもまだ出るのですね!
マルちゃんのご冥福をお祈り致します。
そしてパパさん、ママさん、精一杯の御看病お疲れ様でした。
マルちゃん、最後の姿は見せたくなかったんだね。
優しいね、マルちゃん。
18. Posted by にゃんさく   2010年01月29日 23:50
いつ更新されるかなと何度か見に来てましたが、そんなにマルちゃんが悪くなってたなんて・・・。

でも、マルちゃんはママさんパパさんニコちゃんと一緒に暮らせて幸せだったんだな、ってすごく思いました。
マルちゃん、今までみんなを楽しませてくれてありがとう!
19. Posted by Emi   2010年01月31日 13:37
先ほどまきまきさんのブログでマルちゃんの訃報を目にして
信じられない気持で慌てて来ました。
ブログお休みしている間に良くなって来てるのだろうと
思っていたので・・・
ゴメンなさい、頭が真っ白で上手く言葉が出て来ません。

憎めない行動も可愛い仕草もとっても大好きでした。
マルちゃん、ちょっと早すぎたよ。。。
でも、グレちゃんと一緒ににこまる家をいつも
見守っていてくれるよね。
ジャイマルで寂しがり屋なマルちゃん。
本当に今までありがとう。
20. Posted by パンダ   2010年01月31日 18:18
ご無沙汰しております。

更新がなかったので心配しておりましたが・・・。
マルちゃん・・・。
ご冥福をお祈り申し上げます。

ニコちゃんも寂しいでしょうね・・。

ママさんも・・・お気を落としの事と思いますが・・・。
早く元気になってくださいね。
21. Posted by イヴ   2010年02月01日 13:22
あのマルちゃんが・・
信じられない気持ちでいっぱいです。
更新がなかったので気になっていたのですが
残念です・・。
でもマルちゃんは頑張りましたよね。
マルちゃんのご冥福を心からお祈り致します。
ママさんの気持ち考えると
言葉になりません・・。
早く元気になってくださいね。
22. Posted by ケンケンとテンのお母さん   2010年02月11日 22:36
私もインフルやらぎっくり腰で久々にブログを再開し覗きに来てびっくりしました。
今まで几帳面に更新されていたママさんがお休みしてるからまるちゃんの調子が良くないのかと思ってはいましたが・・・まさか・・・
マルちゃんのご冥福をお祈りします。
あんなに一生懸命看病されてたから
マルちゃんもきっと天国でゆっくりしてると思います
でも、ママさんパパさんもそしてニコちゃんも
さぞお寂しい事でしょうね。
ゆっくりゆっくり時間をかけて皆さん元気になってくださ。
23. Posted by ハロ   2010年02月13日 15:18
ママさんお久しぶりです
日記を読みながら私も泣いてしまいました
マルちゃんよくがんばったね
そして、これからはママさんパパさん、ニコちゃんのことをお空から見守ってあげてね

今まりもを膝に乗せて、まりもの匂いを嗅げる幸せを噛み締めています
24. Posted by 古屋   2017年07月18日 21:21
ご無沙汰しております
覚えていらっしゃるかわかりませんが、
マルちゃんを引き取って頂いた古屋です。
遅くなりましたが、今、ブログ拝見致しました
実は、あの時、兄弟で病院に伺いました、マルちゃんの兄弟も2017年4月28日に伝染性腹膜炎で、享年11才で旅立ちました。
とりあえずご報告までと思いまして
返信させていただきました。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星