2005年02月

2005年02月28日

クトゥルフ神話〜ルルイエについて

クトゥルフ神話〜ルルイエについて

★ルルイエ(R'lyeh)★
ラ・イラー、ル・リエーとも言われる。南緯47度9分、西経126度43分の太平洋のニュージーランド沖の海底にある巨大な石柱都市。クトゥルフが眠っているといわれる。
1925年2月28日(アメリカでは日付変更線の関係で3月1日)に浮上し、1925年4月2日に再び海底に沈んだと思われる。以下概略。

3月1日(アメリカ)地震と嵐が起こる。地球の裏側では詩人や芸術家が巨大な石造都市の夢をみる。若い彫刻家が眠りながら恐るべきクトゥルフの像をつくりあげた。

3月23日エンマ号の乗組員が未知の島に上陸し6人が死亡する。時を同じく感受性の強い者達の夢がなまなましくなり、巨大な怪物に追われる恐怖を感じ、発狂、妄想状態になる者もいた。

4月2日この日以降、巨大な都市の夢や巨大な怪物に追われるような恐怖を感じる状態が治まる。

blueorb at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(遺跡・都市・場所) 

2005年02月27日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ クイズ(第5回)

クトゥルフ神話〜クトゥルフ クイズ(第5回)

★以下に記述している文章はどの作品の一文でしょうか?作品名を答えて下さい。
青心社「クトゥルー1〜12」より出題してます。

第1問 そしていま、プレアデス星団とセラエノは北西の地平線にのぼっている。わたしは金色の蜂蜜酒を飲んだ。

第2問 「ルルイエの場所を知る者よ、遥かなるカダスの秘密を知る者よクトゥルーの鍵を握る者よ、五芒星形により、キシュの印により、<旧神>の同意により、われは汝を復活させん」

第3問 思い返せば、わたしたちは鉄道の駅で出会い、わが友はあさましくも物見高い群衆に取り巻かれていた。

第4問 このようなわけで、マサチューセッツのインスマスに近い海岸では、イーノック・カンガーについてさまざまなことが噂され・・・

第5問 ロード・アイランド州プロヴィデンス近くの私立精神病院から、ごく最近、はなはだ特異な人物が失踪した。

第6問 「ミクトランテウクトリ、大いなる主よ、奇瑞あり。汝の闇黒の洞窟より奇瑞あり。イア、トナティウ=メツリ。クトゥルー。命じられよ、われはしたがわん」

第7問 八万年まえからプトトヤ=ライは、イハ=ントレイに住みつづけており、オーベッド・マーシュが死んだ後にそこへもどったのだ。

第8問 あいつが見える・・・ここへやって来る・・・地獄の風・・・巨大なにじみ・・・黒い翼・・・ヨグ=ソトース!救いたまえ・・・三つにわかれた燃えあがる眼・・・

第9問 ・・・怖ろしい声で、リチャード・ビリントンがはじめた儀式をつづけた。 いあ! いあ! よぐ・そとほす! おさだごわあ!

第10問 いぐないい! いぐないい! えええ・やややややあ・はああはああはああはああ・んぐふあああ・んぐふあああ・や・や・やああ! そしてあたりは静まりかえった。しかし信じられないことに、窮極の恐怖がわたしたちを待ちかまえていたのだった。

解答はしませんので、調べてみて下さい。
正解が5問以下・・・初級者〜中級者
正解が7問以下・・・中級者〜上級者
正解が9問以下・・・上級者(グレイト!!!)
正解が10問・・・・・「巧」(エクセレント!!!)


blueorb at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(クイズ) 

2005年02月26日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ・ダークエイジ発売時期変更

クトゥルフ神話〜クトゥルフ・ダークエイジ発売時期変更

★以前2月12日のブログでも紹介しました、新紀元社のクトゥルフダークエイジですが、発売時期が3月中旬から4月下旬に変更になりました。以下新紀元社の近刊案内です。

クトゥルフ・ダークエイジ

B5判 164頁予定 予価3,000円(税別) 2005年4月下旬発売予定
★人気TRPGの姉妹編がついに登場!
『クトゥルフ・ダークエイジ』は好評『コール オブ クトゥルフd20』(弊社刊)、『クトゥルフ神話TRPG』(エンターブレイン刊)の姉妹編ともいえるTRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)だ。
ラヴクラフトはもちろん、ハワード、ラムレイらの小説に登場する場所、人物、事件などを網羅し、ゲームのストーリー、背景に簡単に取り入れることができる

少し先になりましたが、より完成度の高い製品にするべく作業されてると思いますので期待して待ちましょう。
(アーカムの完成度は高かったので期待してます)

blueorb at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年02月25日

クトゥルフ神話〜ドールについて

ef058832.jpgクトゥルフ神話〜ドールについて

★ドール Dhole
ドールは巨大な芋虫かミミズのような形をした生物で、どこか遠い世界にいる怪物です。光を嫌い、穴を掘りそこに住んでいるので、見かけることはほとんどない。ドールは口から有毒な酸を含んだ粘液を噴出させることができます。
ドールの特徴はとにかくサイズが巨大であることです。普通のドールで長さ180メートル、直径は6メートルあります。長さ300メートル、直径15メートルのドールも珍しくない。ドールはとにかく光を嫌い地中の深いところに住み、地層を穴だらけにしてしまうこともあり、その地層はまるでスポンジのようになります。ドールは基本的には他のいくつかの惑星に生息していますが、地球にいないとは限りません。いくつかの惑星に生息しているので、特殊な星間移動手段を持っているのか、もしくは他の生物により移動されたのかは不明です。ドールは貪欲に何でも食べてしまいます。新鮮なもの、腐ったもの、あらゆる炭化水素をエサにします。石炭、油、土くれ、死骸などなど。
サイズが大きく、トンネルを掘り続けることをやめないため、ドールは生命体のいる惑星を荒廃させてしまいます。現にある予言・言い伝えでは遥かな未来にヤディス星という星を死滅させるともいわれています。もし地球上でドールに遭遇した場合は関係当局に報告すべきです。ドールの生態系・成長サイクルについては詳しく知られておらず、研究もあまりされていません。ある理論(マーシュ、1980年)によれば、ドールは成長の最終段階にきたクトーニアンだという推論もあります。また多くの異生物学者はこの理論に反対しています。またある仮説(ダンシーズ、1981年)によれば、ドールは通称「ドリームランド」と呼ばれる存在界から来た怪物ともいわれています。この説によれば、ドリームランドにいるボール(Bhole)という怪物がドールを生み、生んだドールを異次元の構造の隙間を通して、他の世界に生み落としているとのことです。ドリームランドの「ナスの谷」に生息しているとも言われる。ドールは粘着性の強い「つば」を飛ばした攻撃をしてくることがありますが、その飛距離は3〜5Kmとも言われています。つばに飲み込まれた場合、動けなくなり生存の可能性は低くなるでしょう。

blueorb at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2005年02月24日

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス生誕96周年に際して

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス生誕96周年に際して

★生誕96周年(執念)にあたり、オーガスト・ダーレスへの公開書簡
ミスター、ダーレス今日はあなたの96回目の誕生日です。あなたが他界されもう34年経ちました。あなたが今生きていて、昨今のクトゥルフ神話の状況を見たら何と言うでしょう。あなたが生涯執念を持ってとり組んだ、神話の継続、繁栄への活動。それを思い今日は記述します。あなたは1909年2月24日、アメリカはウィスコン州ソークシティに生まれました。あなたは、13歳から創作をはじめ、17歳で「ウィアード・テイルズ」に作品を初掲載しました。そうあなたはまさに作家になるべくして生まれ、そのキャリアも早くスタートしました。そして、あなたは運命的な出会いをしてしまう。そう「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト」に出会います。ラヴクラフトの作品に触れ、あなたは心酔し文通を始めましたね。1926年からでした。そうして時が経ち、<運命の日>がやってきます。1937年3月15日です。あなたはラヴクラフトに会うことなく、彼は先立ちました。その後ラヴクラフトサークルも衰退し、ラヴクラフト作品も忘れさられようとした。しかし、そうはならなかった!!。今、2005年も続いているのは何故でしょうか?そうです、ミスター、ダーレス、あなたがいたからです。執念の男ダーレスがいたからです。あなたは<師ラヴクラフト>の作品、クトゥルフ神話を死なせまいとの強い決意と行動で「アーカム・ハウス」を立ち上げ、普及に尽力しましたね。あなたは神話世界を整備し、善悪論的、<旧神>対<旧支配者>、神話生物・神々にそれぞれ属性を持たせたりしました。あきらかに、ラヴクラフトの書いた神話世界と異なる見解や設定を持ち出し、しばしば議論の対象になっています。そう旧約聖書と新約聖書のように。しかし、それはある意味賢明な選択でした。そうする事により神話は広まり、今ルネッサンスのような活況を呈しているのですから。そのことについて、今<師ラヴクラフト>とあの世(天国でも地獄でもなく、あなた達が創造した世界)で議論をされているのではないでしょうか?あなたとラヴクラフトの運命の出会いのおかげで、今多くのファンが神話世界やラヴクラフトの作品に触れることが出来るのです。いつかこの恩をあなたの墓前に報告したいと思います。(経済的理由により、まだまだ先になりそうですが・・・)
今日はあなたの生誕の日です。そう我々ファンにとってはラヴクラフトの誕生日と同じく2大祝祭の日なのです。あなたに哀悼の意を表した団 清二こと荒俣 宏氏のコラムから引用し、結びとしたいと思います。

「活字で組んだ墓碑銘」

すべての「ラヴクラフトの遺産」相続人たちは、HPLと同時に、ダーレスをけっしてわすれないだろう


                         ランドルフ・カーター

blueorb at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作家紹介) 

2005年02月23日

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス作品について

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス作品について

★オーガスト・ダレースのクトゥルフ神話関連作品一覧です。
August William Derleth 1909-1971

風に乗りて歩むもの・奈落より吹く風 The Things that Walked on the Wind 1933 (ク4・真9)
ハスターの帰還 The Return of Haster 1939 (ク1)
サンドウィンの館の怪 The Sandwin Compact 1940 (ク3)
戸口の彼方へ・幽遠の彼方に Beyond the Threshold 1941 (ク5・真4)
アンドルー・フェランの手記 The Trail of Cthulhu 1944 (ク2)
闇に棲みつくもの The Dweller in Darkness 1944 (ク4)
エイベル・キーンの書置・インスマスの追跡 The Watcher from the Sky 1945(ク2・神)
謎の浅浮彫り Something in Wood 1948 (ク9)
丘の夜鷹 The Whippoorwills in the Hills 1948 (ク3)
クレイボーン・ボイドの遺書 The Testament of Claiborne Boyd 1949 (ク2)
ネイランド・コラムの記録 The Keeper of the Key 1951 (ク2)
ホーヴァス・ブレインの物語 The Black Island 1952 (ク2)
谷間の家 The House in the Valley 1953 (ク5)
ルルイエの印 The Seal of R'lyeh 1957 (ク1)

<以下はラヴクラフトとの合作・クレジット作品>

暗黒の儀式 The Lurker at the Threshold 1945 (ク6)
生きながらえるもの・爬虫類館の相続人 The Survivor 1954 (ク6・真1)
破風の窓 The Gable Window 1957 (ク1)
アルハザードのランプ The Lamp of Alhazerd 1957 (ク10・神)
異次元の影 The Shadow out of Space 1957 (ク4)
ピーバディ家の遺産 The Peabody Heritage 1957 (ク5)
閉ざされた部屋・開かずの部屋 The Shuttered Room 1959 (ク7・真2)
ファルコン岬の漁師 The Fisherman of Falcon Point 1959 (ク10)
魔女の谷 Witches' Hollow 1962 (ク9・神)
屋根裏部屋の影 The Shadow 1964 (ク8)
ポーの末裔 The Dark Brotherhood 1966 (真4)
恐怖の巣食う橋・魔界へのかけ橋 The Horror from the Middle Span 1967 (ク6・真3)
インスマスの彫像 Innsmouth Clay 1974 (真9)

タイトルの後ろの表記は収録されている本の種類と巻数です。
ク・・・「クトゥルー」青心社
真・・・「真ク・リトル・リトル神話大系」国書刊行会
神・・・「ク・リトル・リトル神話集」国書刊行会
ラヴクラフトとの合作・クレジット作品はラヴクラフトの名を残すために共同作品として発表したものがほとんどです。


blueorb at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介) 

2005年02月22日

クトゥルフ神話〜SOTA TOYSクトゥルフ・フィギュア

7652a635.jpgクトゥルフ神話〜SOTA TOYSクトゥルフ・フィギュア

★先日のブログでも紹介しました、SOTA TOYSのフィギュアです。以前クトゥルフの人間大の銅像?を見た時リアルに怖いと思ったのは、自分だけでしょうか?今回のSOTA TOYSのフィギュアの3体も怖いと思いませんか?特に「クトゥルフの目」と「開いたダゴンの口」SOTA TOYSのHPで確認下さい。以下説明。イメージはダゴンのフォトの一部です。

TOY FAIR NEWS-NIGHTMARES OF LOVECRAFT REVEALED! - 2/20/2005

Feb. 20, 2005 – H.P. Lovecraft wrote of the most classic and darkest creatures that lived in his mind.
Now SOTA Toys brings takes them from the page and brings them to life!

Each piece is based on the written works of H.P. Lovecraft’s books and short stories as interpreted by the artists of SOTA Toys. These creatures will range in size and come with multiple points of articulation as well as ball-joints, depending on the piece.

“ I wanted this line to be about taking the classic stories of Lovecraft and combining them with an original take by our artists,” says SOTA Toys president Jerry Macaluso. “ I want these to be beautiful and terrifying all at once.”

The first three figures in the line include C’thulhu from “The Call of C’thulhu”, the Ghoul from “Pickman’s Model” and Dagon from “Shadow Over Insmouth.”

Look for the “Nightmares of Lovecraft” in late 2005


アドレス
http://www.sotatoys.com/news.asp#nolr


blueorb at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年02月21日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ関係リリーススケジュール

b63bee07.jpgクトゥルフ神話〜クトゥルフ関係リリーススケジュール

★クトゥルフ関係で確認できてるリリーススケジュールです。

3月★クトゥルフCCG Call of Cthulhu: Forbidden Relics
   3.29ドル、アーカムエディションの拡張セット、ブースターパック
   
  ★クトゥルフデークエイジ(日本語版)新紀元社、予価3000円

4月★アーカムホラー 49.95ドル
   
  ★Call of Cthulhu Card Coffin
   (クトゥルフのカード入れ、アクセサリーBOX)12.95ドル

時期未定(今年後半頃)
  ★SOTA TOYSよりクトゥルフ関係フィギュア3体
   クトゥルフ、ダゴン、グール

  イメージは、クトゥルフです。

blueorb at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年02月20日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト全集7の初期作品などについて

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト全集7の初期作品などについて

★ラヴクラフト全集7の後半、初期作品タイトルなどについて
<初期作品>
洞窟の獣 The Beast in the Cave 1905年4月21日
錬金術師 the Alchemist 1908年
ファン・ロメロの変容 The Transition of Juan Romero 1919年9月16日
通り The Street 1919年
詩よ神々 Poetry and the Gods 1919年

<夢書簡>
ギャラモ宛書簡 1919年12月11日
ラインハート・クライナー宛書簡 1920年5月21日
ラインハート・クライナー宛書簡 1921年12月14日
バーナード・オースティン・ドゥワイア宛書簡 1927年11月
ドナルド・ワンドリイ宛書簡 1927年11月24日
バーナード・オースティン・ドゥワイア宛書簡 1928年1月
クラーク・アシュトン・スミス宛書簡 1933年10月3日
バーナード・オースティン・ドゥワイア宛書簡 日付不明

<資料・断片>
アザトホース Azathoth 1922年6月
末裔 The Descendant 1927年
本 The Book 1933年10月

<作品解題>
大瀧 啓祐

以上





blueorb at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介) 

2005年02月19日

クトゥルフ神話〜ハスターについて

98804ac8.jpgクトゥルフ神話〜ハスターについて

★ハスター(Haster The Unspeakable)
名称しがたきものハスター、黄衣のキングとも呼ばれる。呼び名のとおり謎が多い存在で、外見上の特徴も他のクトゥルフ神話の神々・クリーチャーほど情報が少ない。巨大な二足歩行の生物のようだと言うものもいるし、膨れあがった骨なしの巨人だと言うものもいる。又、恐ろしい顔を持つタコに似た生き物だと言うものもいる。しかし、数少ない情報の中でも、一番多い証言は「黄衣のキング」の姿である。「名称しがたきもの」の化身と言われていて、身長も2メートル40センチ以上、不自然なほど痩せていて、ぼろぼろの黄色の衣(ローブ)をまとっている。顔もローブで覆われ見ることが出来ない。
ハスターはビヤーキーに奉仕されており、星間の飛行生物からも奉仕されています。又チョー=チョー人もハスターを礼拝しています。ハスターはヒヤデス星団のアルデバラン近くの暗黒星にひそみ、その場所は<黒きハリ湖>とも呼ばれることもある。イメージはハスターの印。

blueorb at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2005年02月18日

クトゥルフ神話〜ハスターの聲(こえ)

クトゥルフ神話〜ハスターの聲(こえ)

★ハスターの聲★
恐るべきハスターの聲を聴き、禍の悲嘆の溜息、沈黙の星のただなかにて険悪に渦巻く窮極の風の狂おしい吹きすさびに耳を傾けよ。
 冥き大地の腸にて蛇の牙をもつものが叫び聲を聴き、時を知らぬ秘められたレンの空に広がる咆哮に耳を傾けよ。
 彼のものの力は森を引き裂き、都市を砕くが、蹂躙する手を知る者もいなければ、破壊の化身を知る者もなく、邪悪にも無貌で闊歩する呪われたものは、その姿が人間には知られていない。
 されば無明の刻限に彼のものの聲を聴き、汝の声にて彼のものの叫びに応え、彼のものが通過する際には頭をたれて祈るべし。されど彼のものの御名を口にするなかれ。

                   ネクロノミコンより

blueorb at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(魔道書・アイテム・呪文・詠唱) 

2005年02月17日

クトゥルフ神話〜「アーカムホラー」の再販(新版)について4

5ed178f8.jpgクトゥルフ神話〜「アーカムホラー」の再販(新版)について4

★旧版の中身です。参考までに比較してみて下さい。(英語版)


blueorb at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

クトゥルフ神話〜「アーカムホラー」の再販(新版)について3

89b5ae08.jpgクトゥルフ神話〜「アーカムホラー」の再販(新版)について3

★旧版の外箱のイメージです。参考までに比較してみて下さい。


blueorb at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

クトゥルフ神話〜「アーカムホラー」の再販(新版)について2

4df4af49.jpgクトゥルフ神話〜「アーカムホラー」の再販(新版)について2

★新版の外箱のイメージです。

blueorb at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

クトゥルフ神話〜「アーカムホラー」の再販(新版)について

a8d4c13c.jpgクトゥルフ神話〜「アーカムホラー」の再販(新版)について

★ケイオシアムから「アーカムホラー」の再販のアナウンスがされてます。御覧になった方も多いのではないでしょうか?以前日本版も出ていたクトゥルフのすごろく的なボードゲームです。アーカムを舞台に探索者側が神話側の出現を食い止めるという内容です。以前の物は絶版で値段も結構します。今回は全面的にリニューアルされているようで、以前の物をプレイして方などは別のゲームのように感じられるかもしれません。以下説明、イメージは新版のものです。

Latest details on Arkham Horror 2nd edition


May 2005 release. 1-8 players, ages 12 to adult.
All-new art, including a new gameboard, all counters, cards, playing pieces, etc. A lot of this art is taken from the CCG.
Kevin Wilson worked with original designer Richard Launius to design the new rules. The game is pretty much overhauled from top to bottom.
New non-dice-based movement system.
16 unique playable investigator characters, each with special stats and abilities; there's also a new skill system that allows you to customize your characters during play.
Ancient Ones, which players might (if they're unlucky!) encounter during the endgame. Each Ancient One has particular game-changing abilities and functions that affect how things are played throughout the game (such as increasing the strength of cultists, or spawning more monsters), so it's almost like there are 8 separate games in the box.
There are somewhere between 300 and 400 distinct possible encounters.
Not to mention over 70 "Events" triggered by Mythos cards. (Mythos cards pretty much act like the "Artificial Intelligence" of the game.)
New "Terror Track" - as the Terror level increases, stores start closing and people begin leaving town.
Players of the older version of the game might be interested to know that you can now spend monster trophies and gate trophies to do things, and there are now icons on the board that indicate where you can go to find certain types of items.






blueorb at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年02月16日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ投票サイトを新設しました

クトゥルフ神話〜クトゥルフ投票サイトを新設しました

★クトゥルフの投票サイトをヤフーで開設しました。ネットでは以前よりありましたが、自分も皆さんの意見や好みなどを確認したく新設しました。LIVEDOORのブログに投票機能がない為、やむなく別ブログになりました。
ヤフーのブログタイトルはPROJECT 2044(CTHULHU REBIRTH)です。タイトルはこれ以上長く出来ませんでした。今回は「どれが好きですか?」です。
機能上選択肢が5個までしか作成できませんでした。リンク先にも追加しました。以下アドレスですので、投票してみませんか?

What do you like?
http://blogs.yahoo.co.jp/blueorb2044

blueorb at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年02月15日

クトゥルフ神話〜クトゥルフCCGのカードリスト続報17

a275f872.jpgクトゥルフ神話〜クトゥルフCCGのカードリスト続報17

★クトゥルフのCCGのカードのチェックリストがクトゥルフCCGのHPで確認出来ます。カードの内容は記載ありません、あくまでチェックリストです。アーカムエディションとアンスピーケブルテイルズがのってます。
Arkham Editionは1〜240までとスートリーカード10枚分、Unspeslable Talesは1〜145までの記載です。例えば、以下のような感じです。

Arkaham Edition
1,R(Rはレア、Uはアンコモン、Cはコモン),Thomas F.Malone
240,R,True Magick

Unspeakable Tales
1,R,Agent Jerry Holland
145,R,Train Station

詳細は以下アドレスで確認下さい。(PDFですのでアドビリーダー必要です)
http://www.cthulhuccg.com/cocsupport.php

blueorb at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(カードゲーム) 

2005年02月14日

クトゥルフ神話〜イタクァ・ザ・ウェンディゴについて

d55a4f12.jpgクトゥルフ神話〜イタクァ・ザ・ウェンディゴについて

★イタクァ・ザ・ウェンディゴ(Ithaqua The Wendigo)
<旧支配者>の一つとされ、風の精ともいわれる。北極圏または北極圏に近い地域で目撃されることが多く、アメリカ・インディアンに目撃例が多数である。本来の生息地は外宇宙、氷の平原、ツンドラ地帯、高山地帯で北極圏でも彼等には暖かすぎるようです。彼等は通りがかりの人間などを生贄として連れ去り、そういった生贄は何週間、何ヶ月後に見つかります。まるで高いところから落とされたように、半分土に埋まった状態で、激しい苦痛の表情を浮かべたまま凍りついていて、体のどこかの部分が無くなっている場合もあります。一説には禁断の土地土地を連れまわり、最後は上空から地上に投げ捨てるからだと言われています。
イタクァはほんの小規模の教団をもっているだけですが、シベリア、アラスカなどの極北の地域では非常に恐れられています。又イタクァの発する遠吠えのような声は聞き間違えることはなく、一度聞いたものは二度と忘れることが出来ないでしょう。巨大で人間にも似た生物は風にのって歩くように見えます。又現れるときは凍てつくみぞれや吹雪とともに現れます。1匹で出現することもあれば、小型の小生物の一団を引きつれていることもあります。イタクァは小型の生物を、小型のイタクァに変えてしまい、斥候や仲間、その他の目的の為に使うと思われます。人間やその他の動物が小型のイツクァに変えられると、足の形が完全に崩れ、極寒の温度にも平気で耐えられるようになり、常に人肉を食らいたいという欲求を持つようになり、しまいに気が狂うようです。
イタクァの分布については、太陽系の中をくまなく歩きまわり、寒い世界であれば立ち寄ると言われています。太陽系にあるオート星雲で多くの時間を過ごしているとも言われていますし、他の恒星系にも存在しているとも言われています。イタクァは巨大で、手の平だけで約6〜8メートルもあります。

blueorb at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2005年02月13日

クトゥルフ神話〜オーロラとクトゥルフ

765e6e4f.jpgクトゥルフ神話〜オーロラとクトゥルフ

★クトゥルフ神話の神々やクリーチャーなどの幾つかは、時間や空間を自由に行き来するものがいます。そして空間にひずみが出来てそこから出現することが多いのですが、その時に膨大なエネルギーの放出が発生すのではないでしょうか?例えば、太陽から放出される太陽風などの高エネルギーは、地球の緯度の高い地域の上空にオーロラを発生させます。クトゥルフの神々なども、このようなオーロラを発生させるかもしれません。(オーロラは太陽風以外の高エネルギーでも発生するようですが、地球近郊でもっとも高エネルギーをもたらすものとしては、太陽風が最大のものなのでオーロラは太陽風と同期するようですが)イメージはスペースシャトルから見た地球の上空300Km〜400Km上空のオーロラです。

blueorb at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年02月12日

クトゥルフ神話〜「クトゥルフ・ダークエイジ」3月発売!!!

クトゥルフ神話〜「クトゥルフ・ダークエイジ」3月発売!!!

★新紀元社からアナウンスがありました。クトゥルフダークエイジ3月発売予定!!!。昨年末に確認された方も多いと思いますが、D20、アーカム、に続きクトゥルフ関連作品3作品目です。新紀元社さん、本当によくぞやってくれましたね!!!御社は素晴らしいですよ。これからも期待します。とりあえず、3月の発売を待ってます。詳細は新紀元社HPで確認下さい。以下説明。

クトゥルフ・ダークエイジ

B5判 164頁予定 予価3,000円(税別) 2005年3月中旬発売予定

★人気TRPGの姉妹編がついに登場!
『クトゥルフ・ダークエイジ』は好評『コール オブ クトゥルフd20』(弊社刊)、『クトゥルフ神話TRPG』(エンターブレイン刊)の姉妹編ともいえるTRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)だ。
ラヴクラフトはもちろん、ハワード、ラムレイらの小説に登場する場所、人物、事件などを網羅し、ゲームのストーリー、背景に簡単に取り入れることができる。

新紀元社、近刊案内
http://www.shinkigensha.co.jp/kinkan/index.html

新紀元社の上記説明文を読みましたか?ライバル社のエンターブレインの
「クトゥルフ神話TRPG」の説明もされてます。<D20、BRPの共存>。
新紀元社は本気だった・・・。クトゥルフTRPGの繁栄に向け、かなり本気ですよ・・・。わたくし「ランドルフ・カーター」も頑張ります。

blueorb at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年02月11日

クトゥルフ神話〜ブライアン・ラムレイのHPなどについて

913b5ce7.jpgクトゥルフ神話〜ブライアン・ラムレイのHPなどについて

★ブライアン・ラムレイのHP(ブログの左、リンク先からアクセス出来ます)について

ラムレイのHPではなんと、メンバーに登録するとラムレイ自身からメッセージが頂けるとありました。メンバー登録は2種類ありBASIC会員は会費無料。 ELITE会員は年10ドルの会費です。メッセージはELITE会員のみ貰えるようですが・・・。日本のファンに対しても、良い印象をお持ちのようですので会員登録はいかがでしょうか?又、ラムレイのプライベートフォトもHPで見れます。イメージはラムレイの自宅です。(広い庭、プール付き)

blueorb at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

クトゥルフ神話〜リンク追加

クトゥルフ神話〜リンク追加

★ブログ右のリンクにリンク先を追加しました。

ケイオシアムHP・・・言わずとしれたクトゥルフ関係TRPGなどを取り扱うメーカーサイト。(基本中の基本)

アーカムハウスHP・・・オーガストダーレスが中心に設立した出版社。ラヴクラフト作品を世に送り出すことを主目的に設立。(基本中の基本)

クトゥルフCCG・HP・・・クトゥルフのカードゲームのサイト。(基本)

ヨグ=ソトース・コム・・・クトゥルフの海外の情報が豊富なサイト。ファン同士の情報交換が盛んです。(基本)

The H・P・Lovecraft Archive・・・海外のラヴクラフトのサイトとしては、情報が膨大なサイトのひとつ。(基本)

ブライアン・ラムレイHP・・・ラヴクラフトへの愛情は誰にも負けない、大御所ラムレイの公式サイト。(ラヴクラフトの後継者)

東 雅夫の幻妖怪ブックブログ・・・日本を代表するホラー・ファンタジー系作家・評論家の東 雅夫氏のサイト。(大御所)

今後もクトゥルフ関係のリンク先を随時追加の予定です。

blueorb at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年02月10日

クトゥルフ神話〜「アザトース」について

41fc0e11.jpgクトゥルフ神話〜「アザトース」について

★アザトースについては2004年8月14日のブログに記述しましたが
今回はイメージをのせました。
アザトースは非常に危険な存在で召喚には十分注意が必要です。アザトースは出現後の巨大化のスピードが速く、瞬く間に直径3000メートル以上になってしまいます。イメージでは山を覆いつくすまでに巨大化した、アザトースです。

blueorb at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2005年02月09日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ神話〜「Secrets of Japan」について2

9f561bcd.gifクトゥルフ神話〜「Secrets of Japan」について2

★今回の表紙は鳥のように見えますが、実際は何でしょうか?はっきり情報確認できてません。しかし以前ものと比べると力強さが感じられますし、クールですね。詳細確認出来次第また記述します。イメージは今回の表紙です。


blueorb at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

クトゥルフ神話〜「Secrets of Japan」について

f2825055.jpgクトゥルフ神話〜「Secrets of Japan」について

★先日、ケイオシアムでクトゥルフのTRPGサプリ「Secrets of Japan」のアップデートが発表され発売になりました。カバー変更、レイアウト変更など内容も変更されていると思われます。以前の表紙はちょっとまずいと思いました。ケイオシアムもそう思ったのではないでしょうか?しかし、今見てもひどいですね。アートディレクターはよくOK出したと思います。以下HP説明です。イメージは以前の表紙です。
Secrets of Japan Update

As some of you know, Secrets of Japan was at the printer and expected to release Summer 2004. Then our printer sat on the book for 6 weeks before finally telling us the files were rubbish.

Well a lot has happened since then. We changed the cover, fixed the layout, and sent it to a different printer. We just received the book yesterday afternoon. It's finally real!
We are shipping the book to distributors across time and space right now. The book will be available for sale to your local shop on February 14th. You should be able to find it on shelves around Friday, February 18th.


This book took an immense amount of effort on our part, and that of the author Michael Dziesinski. We hope you enjoy it!




blueorb at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年02月08日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(北極・グリーンランド・オーストラリア他)

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(北極・グリーンランド・オーストラリア他)

★1860年★
プリンストン大学人類学教授ウィリアム・チャニング・ウェップ、西グリーンランド海岸にてエスキモーの一種族による邪神トルナスク崇拝を見聞、クトゥルフ崇拝を呪術師より知る (クトゥルフの呼び声)
★1917年★
8月9日、カール・ハインリッヒ少佐指揮下のドイツ海軍潜水艦U29号海底の神殿を発見 (神殿)
8月20日、ハインリッヒ少佐、北緯20度西経35度の洋上にて手記を投じる、その後消息不明 (神殿)
★1925年★
3月22日、オーストラリアの帆船エンマ号、南緯49度51分西経128度34分の海上で武装艦アラート号と出会い、戦闘、アラート号を乗取る (クトゥルフの呼び声)
3月23日、アラート号、南緯47度9分西経126度43分の地点にて隆起した海岸線および巨石建造物発見 (クトゥルフの呼び声)
4月12日、アラート号に乗ったグスタフ・ヨハンセン、洋上で救出される (クトゥルフの呼び声)
4月18日、オーストラリアのシドニー・ビューリティン紙にヨハンセンの奇怪な体験談が掲載される (クトゥルフの呼び声)
★1935年★
6月3日、アーカム市ミスカトニック大学によるオーストラリア砂漠の遺跡調査団、砂漠に半ば埋もれた石塊を調べる (時間からの影)
7月17日午後11時少し前、ミスカトニック大学のナサニエル・W・ピーズリー教授、単身で砂漠に出かけ、巨大種族の遺跡を発見する (時間からの影)

事件・事象年表は「ク・リトル・リトル神話集」荒俣 宏編を参考にしています。国書刊行会より1170円+税で発売中ですので、興味のある方はご購入をお勧めします。収録作品等については次回以降記述します。





blueorb at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(事件・事象年表) 

2005年02月07日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ボストン・NY・タウンゼント他)2

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ボストン・NY・タウンゼント他)2

★1927年★
11月3日、ヴァーモント州で洪水発生 (闇に囁くもの)
★1928年★
8月2日、ヴァーモント州タウンゼントのH・W・エイクリー、森の中で「ミ=ゴ」を確認 (闇に囁くもの)
8月5日、エイクリーの車を弾丸がかすめる(タウンゼント)(闇に囁くもの)
8月6日、エイクリーの愛犬、森の中で「ミ=ゴ」と遭遇 (タウンゼント)(闇に囁くもの)
8月12日〜13日、エイクリー邸、銃弾射撃を受け、3頭の番犬が射殺される (タウンゼント)(闇に囁くもの)
★1928年★
9月12日、ミスカトニック大学講師アルバート・N・ウィルマート、タウンゼントのエイクリーを訪ねてボストン発8時7分の列車に乗る (闇に囁くもの)
9月12日午後、ウィルマート、ノイズと名乗る男の案内でエイクリー邸に着く (タウンゼント)(闇に囁くもの)
9月12日深夜、ウィルマート、エイクリー邸より逃げ出す (闇に囁くもの)
★1930年★
ランドルフ・カーター、ボストンに現る (銀の鍵の門を越えて)
★1931年★
4月5日、ボストン・ピラー紙にボストン市ガボット博物館に展示されているミイラと円筒についてセンセーショナルな記事が掲載される (永劫より)
8月、インド人スワーミ・チャンドラプトラ、ボストン市ガボット博物館を訪れる (永劫より)
9月、ポリネシア人の悪魔主義者によるガボット博物館のミイラ盗難未遂事件 (永劫より)
セイロン人によるミイラ盗難未遂事件 (永劫より)
11月18日、ペルー・インディアンがミイラの前で昏倒 (永劫より)
11月24日、ガボット博物館で展示されているミイラに異状が認められる (永劫より)
12月1日、ミイラを盗み出そうとした地下宗派に属する2人が死亡 (永劫より)
12月8日午後3時30分ウィリアム・ミノー博士の指揮下、剥製師ウェントワース・ムーア、リチャード・H・ジョンソン博物館長らの名によってミイラの解剖が行われる (永劫より)
★1932年★
ランドルフ・カーターの遺産相続会議がニューオリンズのエティエンヌ・ローレン・ド・マリニー邸で行われる (銀の鍵の門を越えて)
カーターの親友アーネスト・K・アスピンウォール死去 (銀の鍵の門を越えて)
カーターの友人、スワーミ・チャンドラプトラ失踪 (銀の鍵の門を超えて)
★1933年★
2月、ウィリアム・ミノー博士刺殺される (永劫より)
3月、ウェントワース・ムーア失踪 (永劫より)
4月22日、ボストン市ガボット博物館館長リチャード・H・ジョンソン死去 (永劫より)











blueorb at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(事件・事象年表) 

2005年02月06日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ボストン・NY・タウンゼント他)

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ボストン・NY・タウンゼント他)

12月20日の記事より続き
★1879年★
11月初旬、ボストン市カボット考古学博物館に太平洋上の未知の島より発掘されたミイラと円筒が展示される。 (永劫より)
★1907年★
11月1日夜、ニューオリンズ南部沼沢地にてヴードゥー教の狂宴、ジョン・R・ルグラース警部以下20名の警官隊による狂信者47名の検挙。奇怪な神像押収 (クトゥルフの呼び声)
★1908年★
セントルイスにおける「アメリカ考古学協会年次総会」でジョージ・ギャメル・エンジェル教授、ルグラース警部と面会、「クトゥルフ崇拝」について質問を受ける (クトゥルフの呼び声)
★1909年★
「無名祭祀書」出版、ニューヨークにて、ゴールデン・ゴブリン・プレスより
★1915年★
5月1日午前1時頃、ヴァーモント州タウンゼントのヘンリー・W・エイクリー、ダーク山の西に<ミ=ゴ>の声を録音する (闇に囁くもの)
★1922年★
7月3日、パートリッジビルで強度の地震。怪奇作家ハルピン・チャーマズ殺害される (ティンダロスの猟犬)
★1925年★
3月22日深夜、ニューヨークで暴徒が警官を襲撃 (クトゥルフの呼び声)
ロンドンで謎の自殺事件 (クトゥルフの呼び声)
カリフォルニアで神知論者の集会 (クトゥルフの呼び声)
3月末、インド原住民の反乱が取りざたされる (クトゥルフの呼び声)
ハイチでヴードゥーの狂宴 (クトゥルフの呼び声)
★1926年★
ジャスティン・ジョフレイ死去
春、パリ美術館にアンドワ・ボノ「夢の光景」発表 (クトゥルフの呼び声)

blueorb at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(事件・事象年表) 

2005年02月05日

クトゥルフ神話〜クトゥルー神話辞典(新)在庫払底!!!

f57245af.jpgクトゥルフ神話〜クトゥルー神話辞典(新)在庫払底!!!

★先日は東 雅夫氏について記述しました。そして驚くことにクトゥルー神話辞典(新)版が在庫がなくなり絶版・・・?ではなく、なんと第3版の作成に取り掛かっています!!!ついに来た、リアルムーブメント!!!アメリカ並に日本にも本物の波がきた。読者層が広がっているのが実感できます。イメージ左が旧版(第1版)で1995年12月20日発行、右が新版(第2版)で2001年2月21日発行です。第1版から第2版まで5年と2ヶ月程、第3版は約4年・・・ついに。詳細は以下アドレスにて確認下さい。

http://blog.bk1.jp/genyo/archives/2004/11/post_125.html

blueorb at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年02月04日

クトゥルフ神話〜東 雅夫氏について

c53e4d55.jpgクトゥルフ神話〜東 雅夫氏について

★クトゥルー神話辞典など多数のホラー・ファンタジー作品を手がけている方で、プロフィールを御覧頂ければ分りますがいわいる大御所です。クトゥルー神話辞典は学研M文庫より好評発売中です(定価820円)。クトゥルフ神話を少しでも理解したい方にはお勧めです。以下プロフィールです。

プロフィール
 
東 雅夫(ひがし・まさお)
 怪奇幻想文学評論家、アンソロジスト。『幽』編集長。
 1958年4月11日、神奈川県横須賀市に生まれる。
 早稲田大学第一文学部日本文学科卒。在学中、幻想文学会に参加、機関誌『幻想文学』『金羊毛』(『幻想文学』の前身)の編集を担当する。
 卒業後、文芸書出版社の青銅社に一年弱勤務を経て、82年4月『幻想文学』創刊を機に独立、幻想文学会出版局として活動を始める(発行人は川島徳絵)。同社は後に幻想文学出版局と改称、さらに94年7月以降、発行=アトリエOCTA(代表は川島)/企画編集=幻想文学企画室(代表は東)の分業体制に移行した。2003年7月の終刊まで一貫して編集長を務める。
 幻想文学企画室では、他の版元での企画・編集・制作業務も手がけた。おもな出版物に、学研ホラーノベルズ(学習研究社)、HORRORWAVE(ぶんか社)、書物の王国(国書刊行会)、伝奇ノ匣(学研M文庫)等のシリーズがある。
 2004年6月より、メディアファクトリー刊(ダ・ヴィンチ増刊)の怪談専門誌『幽』編集長に就任。
 現在、『小説推理』誌で〈幻想と怪奇〉時評を、『ダ・ヴィンチ』で「怪談之怪」企画を、『ムー』で「日本伝説紀行」「伝奇入門」などを、それぞれ連載中。bk1とのコラボレーションによるメルマガ「幻妖通信」と「幻妖ブックブログ」を展開中。
 主要な編著は下記のとおり。

●著書
ホラー小説時評 1990-2001(双葉社)
百物語の百怪(同朋舎)
新訂 クトゥルー神話事典(学研M文庫)
日本幻想作家名鑑(アトリエOCTA/石堂藍と共著)
幻想文学1500ブックガイド(国書刊行会/石堂藍と共著)
日本幻想文学全景(新書館/須永朝彦と共著)
日本怪奇幻想紀行 妖怪百鬼巡り/祟り・呪い道中/幽霊・怨霊怪譚/妖怪夜行巡り(同朋舎/共著)
ワールド・ミステリー・ツアー13 京都篇/空想篇(同朋舎/共著)
永遠の伝奇小説BEST1000/映画ベスト1000(学研M文庫/共著)
真夜中の檻(創元推理文庫/共著)
京極夏彦の世界(青弓社/共著)

●編著
稲生モノノケ大全 陰之巻(毎日新聞社)
陰陽師伝奇大全(白泉社)
皆川博子作品精華 幻妖(白泉社)
伝奇ノ匣1 国枝史郎ベスト・セレクション(学研M文庫)
伝奇ノ匣2 岡本綺堂妖術伝奇集(学研M文庫)
伝奇ノ匣3 芥川龍之介妖怪文学館(学研M文庫)
伝奇ノ匣4 村山槐多耽美怪奇全集(学研M文庫)
伝奇ノ匣5 夢野久作ドグラマグラ幻戯(学研M文庫)
伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典(学研M文庫)
伝奇ノ匣7 ゴシック名訳集成(学研M文庫)
文藝百物語(角川ホラー文庫)
ホラーを書く!(小学館文庫)
ホラー・ジャパネスクを語る(双葉社)
怪談之怪之怪談(京極夏彦、木原浩勝、中山市朗と共編/メディアファクトリー)
妖髪鬼談(桜桃書房)
屍鬼の血族(桜桃書房)
怪猫鬼談(人類文化社)
怪獣文学大全(河出文庫)
恐竜文学大全(河出文庫)
架空の町/夢/月/怪獣/妖怪/分身(国書刊行会〈書物の王国〉シリーズ)
田中貢太郎・日本怪談大全(国書刊行会)
クトゥルー怪異録(学研M文庫)
少女怪談(学研M文庫)

他詳しく知りたい方は以下にアクセスして確認下さい。
幻妖ブックブログ http://blog.bk1.jp/genyo/






blueorb at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作家紹介)