2005年03月

2005年03月31日

クトゥルフ神話〜神が降臨しました!!

クトゥルフ神話〜神が降臨しました!!

★先日(29日)「秘神界」英語版の記述しましたが、ダゴン様の名で神が降臨しました。神=朝松 健氏本人様です。他の方のいたずらでないとは思いますが・・・。じきじきにコメントを入れて下さいました。有難う御座います。まさか、見て頂いてるとは思いませんでした。以前には東 雅夫様も降臨され、ブログを立てて良かったと思いました。本当に驚きました。そして、最近知ったのですが、自分がよく訪問してるグログ(ほぼ毎日)「ノン・エレクトニック」様ですが、「秘神界」(現代編)の「ルシャナビ通り」の作者、伏見 基様ということが発覚しました。こちらも驚きでした。今回の「秘神界」英語版には残念ながら未収録なのですが、次作(英語版は全4巻の予定)以降に収録予定となります。そして話は変わりますが、人気ブログランキングで2日ほどで、新着部門でランク上がってました。
901位 → 451位 → 178位でした。あと5日で新着のランクから外れますが、小説部門とゲーム部門でエントリーしました。クトゥルフの底力を見せつけようじゃありませんか!!

ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん

「ノン・エレクトニック」様アドレスです。

http://fushimi.cocolog-nifty.com/weblog/

人気blogランキングへ

追記:27日の2足歩行のタコの映像をTB頂きました。TB先から見れます。以下アドレス
http://magic3.net/item/173


blueorb at 20:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0) クトゥルフ 

2005年03月30日

クトゥルフ神話〜2chのスレッドタイトル

クトゥルフ神話〜2chのスレッドタイトル

★皆さんも2chご存知ですよね。そのスレッドタイトルがいつもいかしててセンスがいいなと感じます。今度のスレタイは何になるのでしょう?そろそろ話題に上がるとは思いますが・・・

クトゥルフ卓上総合 12しえのもの
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1103891683/

前スレ クトゥルフ卓上総合(11) ←←← もう少し頑張れたかも
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1098168948/

クトゥルフ卓上総合 大いなるク10ゥルフ
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1095179318/

「クトゥルフの呼び声」 9トーニアンの生け作り http://game9.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1091455328/

「クトゥルフの呼び声」イア! イア! 8スター
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1086448555/

「クトゥルフの呼び声」 7コト写本
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1082183179/

「クトゥルフの呼び声」&d20  6イガーの復活
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1076206069/

「クトゥルフの呼び声」 夜の5ーント
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1072081857/

「クトゥルフの呼び声」 4グ=ソトースの影
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1064711302/

「クトゥルフの呼び声」 3チェック
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1055087238/

「クトゥルフの呼び声」 2ャルラトテップ
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1022270680/

クトゥルフの呼び声  ←←← よくぞ、立ててくれました!!http://game.2ch.net/cgame/kako/997/997845100.html




blueorb at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

クトゥルフ神話〜ブログランキング登録など

クトゥルフ神話〜ブログランキング登録など

★ブログランキングに登録してみました。ランキングの順位はあまり興味はないのですが、少しでもクトゥルフ神話を多くの皆さんに認知してもらう為登録しました。いまいちシステムが理解できないのですが、リンク先アドレスをクリックすると順位があがるようです。以下アドレスです。

人気blogランキングへ

blueorb at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2005年03月29日

クトゥルフ神話〜秘神界(英語版)発売について

f597b6be.MZZZZZZZクトゥルフ神話〜秘神界(英語版)発売について

★以前少し触れましたが秘神界(英語版)が発売になってます。朝松 健氏のHPでも確認できます。秘神界は(歴史編)と(現代編)がありますが、日本人の作家による初のクトゥルフ神話の海外向けアンソロジー作品として発売されることになりました。全部で4巻の構成の予定で、今回は「Night Voices, Night Journeys」というタイトルです。まず日本語版の収録構成です。★は英語版収録作品と順番です。以下詳細。

<歴史編>
序文    「触手ノ思ヒ出」(朝松 健)
山田正紀  「おどり喰い」★9★
神野オキナ 「五月二十七日」★5★
小中千昭  「恐怖率」
松尾未来  「逆しまの王国」
立原透耶  「苦思楽(クスルウー)西遊傳」
田中啓文  「邪宗門伝来秘史(序)
芦辺 拓  「五瓶劇場 戯場国邪神封陣(かぶきのくにクトゥルーたいじ)」
松殿理央  「蛇蜜」
井上雅彦  「夜の聲 夜の旅」 ★4★
紀田順一郎 「明治南島伝奇」
朝松 健  「聖ジェームズ病院」★1★
評論
米沢嘉博  「ラヴクラフトのいる風景─マンガとラヴクラフトの40年─」★10★
鷲巣義明  「映画におけるクトゥルー神話」
安田 均   「ゲームにおけるクトゥルフ」
資料
久留賢治  「日本作家によるラヴクラフト・CTHULHU神話関連作品リスト」★2★
星野 智  「クトゥルー神話コミックリスト」★3★
青木 淳  「ラヴクラフト作品/クトゥルー神話映画リスト」

<現代編>
序文    「鰓ノアル日常」(朝松 健)
佐野史郎  「怪奇俳優の手帳」
竹内義和  「清・少女」
村田 基  「土神の贄」★7★
伏見健二  「ルシャナビ通り」
南條竹則  「ユアン・スーの一夜」
牧野 修  「屍の懐剣(ネクロファロス)」★6★
飯野文彦  「泥濘」
倉阪鬼一郎 「イグザム・ロッジの夜」
田中文雄  「地底湖の怪魚」
安土 萌  「天にまします……」
友成純一  「インサイド・アウト」
柴田よしき 「語りかける愛に」★8★
平山夢明  「ある彼岸の接近」
妹尾ゆふ子 「夢見る神の都」
友野 詳  「暗闇に一直線」
小林泰三  「C市」
荒俣 宏  「道」
評論
霜月 蒼   「異次元からの音、あるいは邪神金属」
原田 実   「現代オカルティズムとラヴクラフト」

<英語版>Night Voices, Night Journeys
ASAMATSU Ken
Foreword: "Recollections of Tentacles"

ASAMATSU Ken ★歴史編★
"The Plague of St. James Infirmary" translated by R. Keith ROELLER

HISADOME Kenji ★歴史編★
"The Cthulhu Mythos in Japan" translated by Edward LIPSETT

HOSHINO Satoshi ★歴史編★
"Cthulhu Mythos Manga List" translated by Ryan MORRIS

INOUE Masahiko ★歴史編★
"Night Voices, Night Journeys" translated by Edward LIPSETT

KAMINO Okina ★歴史編★
"27 May 1945" translated by Steven P. VENTI

MAKINO Osamu ★現代編★
"Necrophallus" translated by CHUN Jin

MURATA Motoi ★現代編★
"Sacrifice" translated by Nora Stevens HEATH

SHIBATA Yoshiki★現代編★
"Love for Who Speaks" translated by Stephen CARTER

YAMADA Masaki★歴史編★
"The Import of Tremors" translated by Kathleen TAJI

YONEZAWA Yoshihiro★歴史編★
"Four Decades of H.P. Lovecraft and Manga" translated by Ryan MORRIS

アマゾンで購入できます。以下アドレス

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4902075113/uncledagontem-22/249-5998004-5023501#product-details

詳しい詳細は朝松 健氏HPで確認下さい。以下アドレス

http://www1.nyan-web.ne.jp/~uncle-dagon/index.htm

イメージは英語版表紙です。



blueorb at 21:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0) クトゥルフ(作品紹介) 

2005年03月28日

クトゥルフ神話〜クトゥルフダークエイジの発売日について

d4c05d8c.gifクトゥルフ神話〜クトゥルフダークエイジの発売日について

★クトゥルフダークエイジの発売日ですが、一部ウェブでも確認できますように4月22日(金)の予定です。新紀元社のHPではまだ更新されていません。
また、製作?アークライト社で、新紀元社が発売元のようです。一部小売店には5月上旬になりそうだとのアナウンスがあり、アークライト社に電話して確認したところ4月22日の予定で鋭意製作に取り組んでいるとの回答でした。ただ若干遅れるかもしれないとも言っていましたが・・・。
そして値段の変更があります。予価3000円でしたが予価5000円になるとのことです。これも確認しました。値段も上がり時期も遅れるかもしれませんが、期待して待ってますので関係各所の皆様方宜しく御願いします。以下詳細。

■株式会社アークライト発行
予価:5,000円■装丁:B5判/総164ページ
■発売日:2005年4月22日

・基本はBRPシステム
・シナリオも付属
・Role&Rollで安定したサポート!
H.P.ラヴクラフトが創始したクトゥルフ神話。その影は中世ヨーロッパにも暗い影を落としていた。近年ギリシャ話に翻訳されたといく「ネクロノミコン」とは?近境でうごめく異端者の正体は?北欧神話、ゲルマン神話はグレート・オールド・ワンと関連しているのでは?・・・その答えがここにある。

クトゥルフ神話ファンをうならす詳細な解説
盛り込まれている情報は、中世ヨーロッパでクトゥルフ神話に挑戦するために必要な背景説明、武器、呪文、神話生物、神格など。ハワードの「黒い石」シリーズも撮り入れられ、従来のゲームでは再現できなかった時代を超えた冒険が体験できる。また、北欧神話やゲルマン神話の神格もクトゥルフ神話に巧みに取りいれられており、より深い恐怖をプレイヤーにもたらすだろう。

http://www.h3.dion.ne.jp/~bookin/trpg.yotei.htm

以下アークライト社アドレス(こちらでは詳細は確認出来ません)

http://www.arclight.co.jp/arclight/

以上です。イメージは英語版ダークエイジです。

blueorb at 18:51|PermalinkComments(2)TrackBack(1) クトゥルフ(TRPG) 

2005年03月27日

クトゥルフ神話〜生物の進化について

0be3d82f.jpgクトゥルフ神話〜生物の進化について

★地球が誕生してからの生物の誕生、進化の歴史は環境の変化に対応して行われるのですが、昨日のブログのように突然変異的に生物の生態に変化が見られるのは驚きです。地球が誕生してからの大きな変化に対し生き残って進化をする生物について、又地球の歴史についてNHKの「地球大進化」は興味深く述べています。詳しくは述べませんが本のタイトルと概略について以下参照下さい。

<第1巻>
46億年前の地球誕生から生命の誕生、生命圏の成立まで
最近10年間で一新された地球誕生のストーリー。原始惑星どうしが衝突を繰り返し巨大化した地球に、直径400キロを越える巨大隕石が襲いかかる。隕石衝突の衝撃は地表を灼熱地獄に変え、生命の源・海洋をすべて蒸発させてしまう。しかし、初期の生命体は地殻内に潜り込み、新たに地下生命圏を誕生させた。絶滅の危機をかいくぐったかれらは、再び海中に進出し多様性を構築する。壮絶な地球創成の物語と生命のサバイバルをスリリングに描く。

<第2巻>
生物巨大化の謎を追う
40億年の生命の歴史のなかで、80%以上の時間、私たちの祖先は微生物のままだった。では、なぜ大きくなったのか。その謎に迫る「全球凍結」仮説が注目を集めている。22億年前と6億年前の2回、地球はすべて凍りついた。光合成による酸素が、空気中のメタンを激減させ、温室効果を低下させたからだ。しかしこの危機が、長い進化の停滞を打ち破った。全球凍結後、一転して高熱になった地球では、光合成が活発化し、そこで作られた酸素を利用して、生物はコラーゲンを大量生産するようになったのだ。コラーゲンが細胞の接着剤となり、生命は大型化を可能にした。

<第3巻>
木との関わりから、手を獲得していった祖先の足取り
現在のわたしたちにつながる人類直系の祖先が上陸を果たすまでを描く。大陸移動と巨大山脈の形成により沿岸環境が不安定になったこの頃、肺と手(前肢)を得た祖先たちは、陸上で多様性を獲得していく。地球最初の樹木・アーキオプテリスの森で繰りひろげられた生命の上陸作戦は、1つの種による「単独の戦い」から連鎖でつながれた「生態系の戦い」へと変質していくことになる。

<第4巻>
絶滅が駆動させた生命の歴史
繰り返された大絶滅。なかでも最大のものは2億5000万年前、古生代ペルム紀末に起きた大量絶滅事件。生物の95%が死滅するという大異変を乗り越えたとき、私たちの祖先は子宮で子どもを育てるという哺乳類の道を歩みはじめた。

<第5巻>
進化する「目」――霊長類はなぜ生き延びたのか
6500万年前の恐竜絶滅から現在まで、地球上の大陸はもっとも分散した状態にあるという。大陸の大移動によって多様性を獲得した生物のなかで、霊長類の祖先は激しい生存競争にさらされた。ライバルをしのぐためにかれらがとった戦略とは何か――「立体視」と「色覚」を得た祖先たちの物語。

<第6巻>
なぜヒトだけが生き延び、地上の「覇者」となったのか
幾多の生と死を乗り越えて、ついに人類が生命史の舞台に登場する。併存したヒトの祖先のなかで、なぜホモ・サピエンスだけが絶滅を免れたのか。「荒ぶる星・地球」に翻弄されつづけた40億年の旅の果てに、私たちがいまここに存在する理由を探る。――シリーズ完結編。

以上が概略です。
今後生物はどのような進化をするのだろうか?人類後はクトゥルフが支配するのですが・・・

追記:先日の2足歩行のタコの映像をネットで発見しました。以下アドレス。
記事本文
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050325k0000m040167000c.html
動画アドレス
http://wmp.mainichi-msn.co.jp/MSN/2005/03/24/050325_1.wmv




blueorb at 22:05|PermalinkComments(1)TrackBack(1) クトゥルフ 

2005年03月26日

クトゥルフ神話〜地球の未来の生物について

a7c188a0.jpgクトゥルフ神話〜地球の未来の生物について

★先日テレビでタコが水中で2足歩行をしている映像を見ました。残り6本は頭部に巻きつけ器用にバランスをとってスムーズに歩行していました。映像として撮られることが初めてらしいのですがほぼ同時期、他の地域の他の種類のタコも2足歩行を行い映像に記録されました。世界規模で何か生物に進化・突然変異の兆候の前触れだろうか?シンクロニシテイー(共時性)だろうか?宇宙・地球上の全く関連性の無いことが時を同じく共鳴しあうように、同じような反応・変化をおこすことをシンクノニシティーと言うが(厳密な定義は知りませんが)、今回のタコの2足歩行もそうであろうか?このような事例としては、日本の本州にいるサルがある時、棒か何かの道具を使うことを覚えたのと時を同じく、沖縄かどこかのサルも棒のようなものを同じように使い始め、その後次々とサルたちが同じ反応を示した事例をテレビでやっていたのを思い出しました。(表現は薄い記憶での記述なので正確さを欠くかもしれませんが)
それで今回のタコの2足歩行ですが、軟体動物でも頭足類(イカ・タコなど)は比較的脳が大きく、すぐれた知能があると言われている。フューチャーイズワイルドという本(ご存知の方も多いはず)では2億年後の地球を支配するのは象のような巨大なイカの仲間の「メガスクワド」と、森の中を生息する同じくイカのような軟体生物(高い知能を持つと言われる)「スクイボン」だと記述してありました。理由として

ヾ靄榲に海に住む生物は気候の変化にあまり大きな影響を受けにくく生存進化の確立が高いこと。
▲ぅなどは世界中に生息し深海、浅海、寒冷地域、温暖地域と生息条件が広い生物種であること。
A綾劼任垢大きい脳を持っていること

などだそうですが・・・
タコの2足歩行を見てるとそういうこともうなずける。話は変わるが以前聞いたのですが現在地球に生息する生物で一番長く種を残し続けているのは「とんぼ」でそうです。環境の変化に巧みに対応し進化した為でそうです。確かにとんぼも世界中に生息していますね。自分はてっきり「ゴキブリ」だと思っていたのですが・・・。
いや我々のクトゥルフや古のもののほうが遥かに長いですが・・・。
イメージはクジラ並に巨大なペンギンの子孫のようです。手前は白熊のようです。


blueorb at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(1) クトゥルフ 

2005年03月25日

クトゥルフ神話〜墳丘の怪について

クトゥルフ神話〜墳丘の怪について

★墳丘の怪 The Mound 1940年
ゼリア・ヴィショップ Zealia Brown Bishop
俘囚の塚とも。クトゥルー12に収録。

インディアン伝説の研究家であるわたしは、アメリカ西部オクラホマの村ビンカー郊外にまつわる幽霊譚を調査に出かける。塚を荒らした者は発狂したり行方不明になっており、ウイタチ族の長老は、塚には<古のもの>の魔法がかかっているとわたしに忠告する。わたしは塚の中から16世紀スペインの探検家の一員だったサマコサの手記を発掘する。サマコナは塚の下に広がる地下世界クン・ヤンに入り込み、そこで蛸頭の神トゥールーと蛇神イグを崇め超科学を有する古代種族に遭遇した。かれらは肉体を自在に変容させる術を身に付けた不死の種族だが、その文化は退廃していた。地上に脱出しようと試みるサマコサの運命は・・・

blueorb at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(作品紹介) 

2005年03月24日

クトゥルフ神話〜ショゴスT-シャツ

e6927309.gifクトゥルフ神話〜ショゴスT-シャツ

★これから春から夏にかけてどうでしょう?ショゴスT−シャツ。TRPGをやる時や、CoCのカードゲームをやる時に着てると周りの羨望の的になるでしょう。
もちろん、普段着てても問題ありません。街で着ていると同志(クトゥルフフリーク)が声を掛けてくるかもしれません。

A「あの〜、そのT−シャツいいですね〜」
B「有難う御座います、ネットで購入しました、アドレスは・・・です」
A「自分も買おう〜、それじゃ〜どうも〜」
B「イア!イア!ハスター!・・・」
A「イア!イア!ハスター!・・・」

と街でプチコンペできるかもしれません。その時、蜂蜜酒と石笛は必須のアイテムです。

値段は19.95ドルでサイズはM、L、XL,XXLです。以下アドレス

http://www.kthulhukitsch.com/shirts.html

ショゴスドットネットからも行けます。


blueorb at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2005年03月23日

クトゥルフ神話〜日本経済新聞記事3月9日朝刊

8a991f1e.jpgクトゥルフ神話〜日本経済新聞記事3月9日朝刊

★大瀧 啓裕氏の記事です

blueorb at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

クトゥルフ神話〜朝日新聞記事3月8日夕刊

64b13532.jpgクトゥルフ神話〜朝日新聞記事3月8日夕刊

★大瀧 啓裕氏の記事です

blueorb at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

クトゥルフ神話〜日本経済新聞(大瀧啓裕氏の記事)

クトゥルフ神話〜日本経済新聞(大瀧啓裕氏の記事)

★先日の続きですが、日本経済新聞3月9日朝刊の文化面に大瀧啓裕氏の記事が載っていましたので記述します。(文化面は地方により異なります。首都圏版は44面、地方版はページ数が少ない為40面とか異なります。)以下詳細

「ラヴクラフト」完訳物語
◇20世紀最大の恐怖小説作家、全集を20年かけ翻訳◇
大瀧 啓裕

エドガー・アラン・ポーの衣鉢を継ぐ、二十世紀最大の恐怖小説作家と呼ばれるハワード・フィリップス・ラヴクラフトは1890年にアメリカのロード・アイランド州プロヴィデンスに生まれた。幼いころから創作に手を染める一方、天文学など科学の動向にも目を向け、こうして培われた科学精神を最大の武器として、恐怖小説に革命を起こした巨星である。
□  □  □
当初は傑作集の予定
作品傾向は活動期間を通じて変化しつづけたが、最終的には幻想宇宙年代記とでも呼ぶべきものを構築して、自作うぃすべて包含するという総合化を果たした。人類誕生以前の太古から人類絶滅後の未来にまでわたる、気宇壮大なヴィジョンの提出であり、従来の局所的な恐怖を、超越的な視点から宇宙的な恐怖に高めた斬新な技法は、恐怖小説のコペルニクス的転回と評されている。ラヴクラフトの幻想宇宙年代記を、さらに人間の視点から捉えなおしたものが、いわゆるクトゥルー神話にほかならない。
わたしは1983年に東京創元社の依頼を受けてラヴクラフト全集の翻訳に着手し、このたびようやく最終巻を上梓することができた。完結するのにおよそ二十年の歳月が流れたことになるが、これはラヴクラフトが翻訳家の生活を脅かす問題児でありつづけたことによる。この事情を簡単に説明しておこう。
もともと依頼されたのは、『ラヴクラフト傑作集』の続刊ということだった。二巻まで刊行されていたこの傑作集は、翻訳された時代の限界による問題点をいくつかはらみ、わたしもかねがね不満をいだいていたので、ラヴクラフトのさまざまな作風を代表する作品を選び、できるかぎり傑作集を編むことにした。
ところが原稿を送付したとたん、傑作集が全集に昇格したのである。苦労して翻訳したものがそのように評価されたことは、素直にありがたく思わなければならないが、正直なところは重荷でしかなかった。ラヴクラフトを翻訳するには大きな壁が二つもひかえているからである。
□  □  □
資料集めに膨大な時間
一つはテクスト問題であって、ラヴクラフトの作品は十分な校訂がなされないまま刊行されており、初出誌や原稿を参照しなくては、翻訳の定本を決定することもできない。傑作集ならテクスト問題の解消されたものを選べばすむが、全集ではすべての作品について調べあへる必要がある。校訂版と称するものも刊行されたが、手持ちの資料と照合すると不備が露呈し、全面的に信頼できるものではないことが判明した。
英米の古書店や古書収集家とのつきあいがあったので、このネットワークを総動員して、徹底したラヴクラフト狩りをはじめるしかなかった。ある古書店主から個人コレクションを譲られるなどの幸運にも恵まれ、初出誌や原稿のコピーをほぼ満足のいく程度まで集められたとはいえ、これに要した時間と費用は負担にすぎるものだった。
もう一つは翻訳作業そのものである。ラヴクラフトは十八世紀のイギリスに憧れ、古風な文体で執筆した。総じて一つの文章が長く、使用だれる語彙(ごい)も豊富である。原文のリズムやレヴェルを日本語に移しかえる作業は、ほとんど石に文字を刻みつけるのにも似た難行というしかない。
翻訳家の伎倆(ぎりょう)のかぎりを試されるような作業なので、翻訳は遅々として進まず、全集一巻分を訳了するのに、少なくとも半年はかかる。校正までふくめて二ヶ月以内に終えなければ、印税での生活は成りたたないので、翻訳家としては自殺行為というに近い。かつてのように本が売れる時代なら、他社の利益で補填(ほてん)することもできたが、いまや遠い昔のことでしかなく、まったく手のつけようのない状況が久しくつづいた。
□  □  □
次は決定版着手に意欲
長びく出版不況もややもちなおし、わたしも少しは身軽になりたいので、致命傷になるかもしれない出血は覚悟して、ついに全集を完結させることができた。わたしが関与していない二冊にふくまっる作品も、他社の短編集に収録するという形で翻訳したので、きわめて変則的な形ながら、ラヴクラフトの個人全訳を果たせるという自負にも動かされている。
ようやく重い荷をおろせたが、テクスト問題はほぼ解消し、翻訳の精度をさらに高めるだけになったいま、文庫版全集はいずれ絶版にして、決定版全集に着手したいと思ってしまうのだから、翻訳家の自尊心とは厄介なものである。

(大瀧 啓裕=翻訳家)



追記:掲載された日本経済新聞社様有難う御座いました。

blueorb at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(作家紹介) 

2005年03月22日

クトゥルフ神話〜朝日新聞(大瀧啓裕氏の記事)

1ecd1339.jpgクトゥルフ神話〜朝日新聞(大瀧啓裕氏の記事)

★ネットで確認した方も多いと思いますが、朝日新聞3月8日夕刊記事にラヴクラフト全集の翻訳を担当された、大瀧啓裕氏の記事がのっていましたので記述します。以下朝日新聞の記事です。


ラヴクラフト全集、31年かけ完結
独特の奇想、日本の作家にも影響

怪奇小説を相次ぎ発表した米国の作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(1890〜1937)。その全小説を網羅した創元推理文庫の「ラヴクラフト全集」全7巻が、30年余をかけて完結した。1巻の初版は74年12月、6巻の刊行は89年11月。なぜこれほど長びいたのか。3巻以降の翻訳と編集を担当した翻訳家・大瀧啓裕(けいすけ)さん(53)に聞いた。  (今井邦彦)

ラヴクラフトは、「かつて地球を支配し、今は深海や地底に潜んでいる悪魔的な宇宙生命が、様々な形で人間社会へ干渉しようとしている」という独特な世界観を築いた。多くの作家に引き継がれ、「クトゥルー神話」という一大ジャンルを作り出した。今も小説や映画、マンガ、ゲームなど各方面で彼の世界観を共有する作品が作り続けられている。日本では作家の菊地秀行さんや、漫画家の諸星大二郎さんらにも影響を与えた。
大瀧さんは神学や神秘主義に詳しく、幻想文学を中心に活躍している翻訳家だ。学生時代からすでに約30年、ラヴクラフト作品の翻訳を手がけてきた。
83年、東京創元社からそれまで「ラヴクラフト傑作集」として2巻まで刊行されていた文庫の3巻目の翻訳を引き受けた。
「既刊の収録作品数は1巻が4本、2巻が3本で、少ないと感じた。3巻は収録作品数を8本に増やし、彼の創作の全体像が見えるように構成した」
大瀧さんのこの方針を出版社側は歓迎し、傑作集を全集に模様替えすることにした。
黒地に幻想文学ファンに人気の高い挿絵画家、ヴァージル・フィンレイによるラヴクラフトの肖像画をあしらった表紙は、大瀧さん自身のデザインだ。印象的な装丁の効果もあってか、同文庫では根強い人気のロングセラーになった。
ラヴクラフトの文章は古風なうえ、独特の言い回しが多く、翻訳者泣かせと言われる。たとえば代表作「アウトサイダー」の冒頭部分(大瀧訳)。稚き(いわけな)頃の記憶が、恐怖と悲哀のみしかもたらさぬ者こそ、不幸なるかな---。
「彼の文章は一つ一つが長いのが特徴。細切れにして訳せば楽ですが、独特のリズムは失われる。18世紀の英文をに適当な日本語を選び、読みにくくならないように、何度も訳文を練り直す必要がありました」
さらに、巻末にラヴクラフトの自伝的文章など参考資料や、掲載された雑誌の挿絵の図版も多数入れた。通常なら文庫1冊の翻訳は1ヶ月で終わるが、この全集は半年かかったという。
「80年代当時の出版界の状況なら、何とか乗り切れると考えた。これほど出版不況がひどくなるとは・・・・・・」
5巻までは1年半に1冊のペースで刊行したが、そのころには1冊に半年かける余裕は失われていた。6巻に取りかかるまでの中断は1年ほどで済んだが、7巻には着手できないまま10年以上が過ぎた。そんな状況も2年ほど前からやや好転。
「長年の重荷が取れた。正直な心境です」
1,2巻に収録された作品もほかのシリーズで訳し直し、ラヴクラフトの全小説の翻訳を達成した。次は評論・エッセーや膨大な書簡も含めた「完全全集」の出版を目指すという。


追記:イメージは大瀧 啓裕氏です。また、掲載された朝日新聞様有難う御座いました。


blueorb at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(作家紹介) 

2005年03月21日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ CCG: Forbidden Relics について

70ae82b4.jpgクトゥルフ神話〜クトゥルフ CCG: Forbidden Relics について

★3月に入り発売になっているクトゥルフ のCCG:Forbidden Relics ですが、本家サイトでも確認できますが値段が高いです。ケイオシアムHPでブースターが2.96ドルです。ざっと確認したところ一番安いサイトでブースターが2.15ドルのところがありました。またBOX(36パック)で67ドルのサイトがありました。購入される方は海外サイトですので送料も計算して一番安いサイトでの購入をしましょう。以下本家サイトHPアドレスです。

http://www.cthulhuccg.com/


blueorb at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(カードゲーム) 

2005年03月20日

クトゥルフ神話〜春分の日(Vernal Equinox)

クトゥルフ神話〜春分の日(Vernal Equinox)

★本日は春分の日です(Vernal Equinox)。昼と夜の長さが同じ日で、これから夏至にかけて昼が長くなっていきます。太陽が真東から昇り、真西へ沈みます。日本では春季皇霊祭と言って、1879(明治12)年から1948(昭和23)年まで実施されていた大祭日でした。宮中の皇霊殿で、天皇自ら歴代の天皇・皇后・皇族等皇祖の神霊を祀る儀式を行った。宗教行事として春分日は重要でした。
そして、先日の記事でもお伝えしましたが、トゥールスチャ(Tulzscha)への礼拝も何処かで行われているかもしれません。日本でももしかしたら、何処かの地下洞窟で礼拝の儀式を行っているかもしれません・・・
日本は地震大国で活火山も結構ありますから、何処かの地下洞窟のマグマが流れ、吹き上げている場所で今まさに生きているような緑色の炎が吹き上げて・・・







blueorb at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2005年03月19日

クトゥルフ神話〜トゥールスチャについて

312ae51d.jpgクトゥルフ神話〜トゥールスチャについて

★トゥールスチャ(Tulzscha)
外なる神。トゥールスチャについてはあまりよく知られていません。トゥールスチャを崇拝している信者も多くはありません。西インド諸島(フランス領)、イタリア、2世紀前までのキングスポートでは確認されています。トゥールスチャへの礼拝は通常地下の神殿などで行われ、特に春分、秋分、夏至、冬至その他の重要な星まわりのときに行われます。(キングスポートでは100年に1回ユールの日に礼拝されている)。トゥールスチャは死と腐敗と衰退を栄養にしている。アザトースの宮廷にあっては、トゥールスチャは燃え上がる緑色の炎の玉として他の外なる神たちとアザトースの前で踊りを踊っています。
我々の世界へ呼び出されると、ガス状形態をとって地球の核にまで浸透していき、それから炎の柱となって地下の深奥から噴出してきます。トゥールスチャは自分が現れた場所から動くことはできません。

blueorb at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2005年03月18日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト・デーの御協力のお礼

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト・デーの御協力のお礼

★3月15日<ラヴクラフトの命日>をラヴクラフト・デーとさせて頂き、御協力頂きました、関係各所の方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

さて先日のことですが、アキバBlog様の方での記事で3月13日に以下のような内容が記載ありました。ご存知も多いと思います。

「メシを食うな、ラヴクラフトを読め!」と

メロンブックス秋葉原店での「ラヴクラフト全集」の宣伝POPです。
わたしは心打たれました。脱帽です。ここまで熱くPOPで宣伝していただき本当に感謝します。一般の書店もこれぐらい力いれてくれれば・・・。
以下アドレスです。

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/16238809.html

追記:クトゥルフ神話を更に広めるべく、次期総選挙<古きもの党>活動と都市部でのフラッシュ・モブも今後必要かと・・・。

blueorb at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2005年03月17日

クトゥルフ神話〜次元と時間(相対性理論と超ひも理論)

5dd9580c.jpgクトゥルフ神話〜次元と時間(相対性理論と超ひも理論)

★先日3月15日のブログの追記で超ひも理論について若干記述しましたが、今回はラヴクラフトの作品における、ラヴクラフトの仮説(理論)を説明します。

銀の鍵の門を越えて(ラヴクラフト全集6、P138より抜粋)

波がカーターに告げた。宇宙のあらゆる形態は---四角が立方体の断面であり円が球の断面であるがごとく---一段高い次元の類似する形態の一面が交差した結果にすぎないのだと。三次元の立方体や球は、人間が推測や夢によってしか知ることのない、四次元の類似する形態の断面ということになる。そしてこの形態も五次元の形態の断面であり、こうして次つぎと繰返していけば、原型的な無限の目眩く到達不可能な高みに達することになる。人間や人間の神々の世界は微小なものの微小な局面にしかすぎない。---ウルム・アト=タウィルが<古きものども>に夢を伝授する、あの<第一の門>によって到達できる小さな統一体の、その三次元の局面にすぎないのだ。人間はそれを現実と呼び、その多次元の原型という考えを非現実と決めつけているが、実際にはその逆こそ真なのである。われわれが実体や現実と呼ぶものは影や幻であり、われわれが影や幻と呼ぶものこそ実体であり現実にほかならない。
波は語りつづけた。時間は不動であり、始まりも終わりもない。時間が動きをもち変化の原因になっているのは幻にほかならない。事実をいうなら、時間そのものが実際には幻なのだ。

以上がラヴクラフトの考えです。アインシュタインの相対性理論の説明本を以前読んでみたのですが、詳しくは理解できませんでした。しかし、今現在を<世界点>と呼び、過去には<世界点>は戻せないが、未来には行ける(時間を早める?)のような説明があったような記憶があります。又超ひも理論も正確には理解できませんでしたが、今の我々は3次元という薄い膜のうえに存在し、時間を含めて四次元と呼び、総計で10次元あると理論の整合性と説明がつくそうです。詳しく知りたい方、興味のある方は調べてみると面白いと思います。

blueorb at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2005年03月16日

クトゥルフ神話〜★必読書★ラヴクラフト全集1〜7

クトゥルフ神話〜★必読書★<ラヴクラフト全集1〜7>創元推理文庫

★ラヴクラフト全集の紹介をします。必読書ですので★

<ラヴクラフト全集1> 1974年

インスマスの影
壁のなかの鼠
死体安置所にて
闇に囁くもの

訳者 大西 尹明


<ラヴクラフト全集2> 1976年

クトゥルフの呼び声
エーリッヒ・ツァンの音楽
チャールズ・ウォードの奇怪な事件
 1、結末と序曲
 2、先人と妖異
 3、探査と招魂
 4、変容と狂気
 5、悪夢と消散

訳者 宇野 利泰


<ラヴクラフト全集3> 1984年

ダゴン
家の中の絵
無名都市
潜み棲む恐怖
アウトサイダー
戸口にあらわれたもの
闇をさまようもの
時間からの影
資料:履歴書

訳者 大瀧 啓裕


<ラヴクラフト全集4> 1985年

宇宙からの色
眠りの壁の彼方
故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実
冷気
彼方より
ピックマンのモデル
狂気の山脈にて
資料:怪奇小説の執筆について

訳者 大瀧 啓裕


<ラヴクラフト全集5> 1987年

神殿
ナイアルラトホテップ
魔犬
魔宴
死体蘇生者ハーバート・ウェスト
レッド・フックの恐怖
魔女の家の夢
ダニッチの怪
資料:「ネクロノミコン」の歴史

訳者 大瀧 啓裕


<ラヴクラフト全集6> 1989年

白い帆船
ウルタールの猫
蕃神
セレファイス
ランドルフ・カーターの陳述
名状しがたいもの
銀の鍵
銀の鍵の門を越えて
未知なるカダスに夢を求めて

訳者 大瀧 啓裕


<ラヴクラフト全集7> 2005年

サルナスの滅亡
イラノンの探求

北極星
月の湿原
緑の草原
眠りの神
あの男
忌み嫌われる家
霊廟
ファラオとともに幽閉されて
恐ろしい老人
霧の高みの不思議な家
初期作品
夢書簡
資料:断片

訳者 大瀧 啓裕


<<<完結>>>










blueorb at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(作品紹介) 

2005年03月15日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフトの命日に際して

536fbcf6.bmpクトゥルフ神話〜ラヴクラフトの命日に際して

★我々、ラヴクラフトと神話作品の恩恵にあずかるものにとって、今日3月15日は特別な日です。1937年3月15日午前6時・・・。あなたは永眠されました。毎日ブログであなたの生み出した、恐怖の作品やクトゥルフ神話の記事を書くわたしにとってもとりわけ特別な日です。あなたの47年の短い人生と不遇な日々・・・。思う事も多々ありますが・・・。今日はホラーに多大な影響を与えたあなたの功績に対し、日本では<ラヴクラフト・デー>とさせていただきました。わたしの独断で勝ってに言ってるだけですが、多くの方も異存は無いでしょう。あなたの事を思い、今日もあなたの作品を読みました。「インスマスの影」を。何回読んだことでしょう。いつも驚きと新鮮さを感じます。あなたは最初この作品が友人達からの評価が低く落胆しましたね。しかしこの作品を誰よりも評価した人間がいました。そうです。あなたを師と仰ぐ執念の男、ダーレスです。彼の功績もあいまってあなたは21世紀も燦然と輝きを放っています。日本ではあなたの作品が刊行され、ゲームが発売されて活況を呈しています。そうです、第二のルネッサンスです、夜明けといっても良いでしょう。この輝きはあなたの想像を超えてますよ・・・、Mr.Lovecraft。
今でも何処かであなたが生きて、この状況を見ていてくれれば・・・。しかし我々は知ってます。フリッツ・ライバーが「アーカムそして星の世界」で言ってしまいましたから・・・。
1937年3月14日の夜、若い紳士(自分のことをI am PROVIDENCE.と言っていたとか)がロード・アイランド病院で息をひきとろうとしたとき、ジェーン・ブラウン病棟にひそかな侵入者があったと・・・、そしてある外科手術のような方法で彼の脳は生きたまま特別な装置で保管され、宇宙をいまでも旅をしている事を・・・。
改めて言いますが、あなたの作品はいまでも輝きを放ち、今日も我々を恐怖の世界へ導いてくれています。そうまさに・・・

そは永久に横たわる死者にあらねど
測り知れざる永劫のもとに死を超ゆるもの

That is not dead which can eternal lie,
and with strange eons even death may die.

そして新たな夜明けです・・・


追記:最近<超ひも理論>によりあなたの言った多次元について論じられています。3次元を含め、10次元での考察が検証されています。

追記2:「アーカムそして星の世界」は「クトゥルー4に収録されています。

blueorb at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(作家紹介) 

2005年03月14日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ神話の舞台、マサチューセッツ州について

クトゥルフ神話〜クトゥルフ神話の舞台、マサチューセッツ州について

★ラヴクラフトの故郷はロード・アイランド州で昨日記述しました。その北側の州はクトゥルフ神話の舞台としてよく出てきますので、今日はマサチューセッツ州について記述します。
州都はボストンで人口約60万程、州全体では約600万人です。白人が約90%、黒人が約5%、日系人も9000人弱います。ボストンは日本とも古くから交流があり、ボストンと京都は姉妹都市提携してますし、州は北海道と姉妹提携してます。
マサチューセッツ州は有名な大学がいくつもある、エリート養成州である。ボストンの河をはさんだ対岸には、ケンブリッジという町がありそこには、ハーバード大学(創立1636年!!)、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ボストンにはボストン大学がある。(アーカムには我らのミスカトニック大学がある)このように知のエリートが集まるため、軍事・ハイテク産業が発展している。著名人としてはケネディ大統領、キッシンジャー国務長官(ドイツより移民)、ブッシュ(父)大統領(出身地)、他多数の政治家を輩出している。
州名は「巨大な丘で」のインディアンの言葉が由来している。ボストン南部の丘陵地帯が該当している。初期は農業・漁業が盛んで、その後繊維・靴などの製造業、19世紀は有力な工業州になる。

追記:クトゥルフ神話の舞台を極めたいと思う方は、ハーバード大学、ハーバードビジネススクール、MIT、ボストン大学留学を口実にすれば長期滞在には良いかも知れません。社会人になれば、会社が留学費用を肩代わりしてくれるところもありますので、会社選びの参考にしてはどどうでしょう。ちなみに聞くところによると、4年で約1000万円ぐらいかかるようです。

blueorb at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(遺跡・都市・場所) 

2005年03月13日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフトの故郷、ロード・アイランド州について

クトゥルフ神話〜ラヴクラフトの故郷、ロード・アイランド州について

★ラヴクラフトはその生涯のほとんどをロード・アイランドのプロヴィデンスで過ごしました。一時期はNYでも生活してましたが、ラヴクラフトには合わなかったようです。また、彼の創作したクトゥルフ神話の多くが、北隣のマサチューセッツ州を舞台にしてます。今回はラヴクラフトの故郷、ロード・アイランド州について記述します。

アメリカの北東部に位置し、建国時の13州の一つでアメリカで一番面積の小さい州です。九州の約10分の1で、人口は約100万人前後で州都はプロヴィデンス。経済の主体は工業で沿岸部だが漁業はあまり盛んではないが、マグロがとれ、日本にも輸入されている。東部のアイビー・リーグ校のひとつ、ブラウン大学は建国前の1764年に創立され、日本の慶応大学と提携関係にあり、日本人留学生も見受けられる。
建国翌年の1777年国旗の星条旗が制定されるが、ロード・アイランド州の場合は13の星(独立時13州のため星は13個)の他に「鐘とHOPE(希望)」の文字を配した旗を1781年まで使用していた個性的な州である。今でも州のモットーは「HOPE」である。
かつてこの土地は、インディアンが支配していたが、16世紀前半はじめて白人が訪れる。1636年イギリス人宣教師ロジャー・ウィリアムズが、北のマサチューセッツから自由をもとめてやってきて(宗教上の迫害のため)プロヴィデンスを植民地として開発した。プロヴィデンスとは「神の意志」を意味している。

宗教の多様性と自由がこの州の特徴で、1639年アメリカ初のバプティスト教団が組織され、1699年アメリカ初のクエーカー教会所が開設された。1763年アメリカ初のユダヤ礼拝所シナゴーグが建設される。その後、イタリア、アイルランド、ポルトガル、フランス領カナダから大量移民があった為アメリカで最もカトリック的州となり、カトリック人口は約65%ほどになる。アメリカは基本的にプロテスタントの国なので特徴的である。住民の気質は自由で独立心が強くアメリカ建国時に加盟するかどうか意見が分れ、13番目の加入となる。他には「良心的で勤勉、洗練されて質素で、よそ者には冷たく無愛想」とのこと。
州の名前はナラガンセット湾の中に島があり、その形がギリシャのロードス島に似ていた為、ロード・アイランドと名づけそれを州名にした。

歴史的な部分をみてもラヴクラフト的です。

blueorb at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(遺跡・都市・場所) 

2005年03月12日

クトゥルフ神話〜クトゥルフの神々・クリーチャーベスト10

クトゥルフ神話〜クトゥルフの神々・クリーチャーベスト10

★クトゥルフ神話には多くの魅力的でかっこいい神々・クリーチャーが存在します。皆さんなりの思い入れのあるものも、あるのではないでしょうか?ショゴス?、ニャルラトテップ?、ヨグ=ソトース?、様々だと思います。自分のベスト10です。

1位 クトゥルフ(Cthulhu) 「クトゥルフの呼び声」の印象が強烈でした。
2位 ニャルラトテップ(Nyarlathotep) 神話界のスーパースターです。
3位 ショゴス(Shoggoth) 原型質のような質感がいいです。
4位 イスの偉大なる種族(Great Race of Yith) その奇抜な外見は強烈です。
5位 ヨグ=ソトース(Yog-Sothoth) 時間と空間を超越する球体のイメージが好きです。
6位 ミ=ゴ<ユゴスよりのもの>(Mi-Go) H.P.Lと星間移動してるはず?
7位 古のもの(Elder Thing) 南極大陸は聖地です。外見が好きです。
8位 深きもの(Deep One) 「インスマスの影」は名作です。
9位 アザトース(Azathoth) 万物の王は最大・最強です。
10位 ウボ=サスラ(Ubbo-Sathla) のたうつ姿に魅了されました。

番外 ピックマン(Pickman) いまや夢の国の屍食鬼のリーダーですから・・・

以上です。

blueorb at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2005年03月11日

クトゥルフ神話〜クトゥルフのCCGなどについて続報18

9987deff.jpgクトゥルフ神話〜クトゥルフのCCGなどについて続報18

★海外では結構盛んにプレイされてるクトゥルフのカードゲームですが、CoCとMythosなどがあります。日本ではどちらもほとんどプレイされていません。販売ルートがほとんど無いのと、日本語化されていないのが大きな理由だと思います。海外の方々は意外と英語が出来るのですが、日本人はおおむね苦手です。勿論英語が出来て、海外の未訳サプリを翻訳してプレイしてる方も結構いるのは知っていますが、いかんせん絶対数が不足しているのです。
そこで、普及させる為には販売ルートの拡大が必要です。イエローサブマリン全店、東急ハンズ、トイザラスなどで網羅して頂けると、比較的入手し易くなります。勿論一般のホビーショップでの販売も必要です。その他には、新紀元社、青心社、エンターブレイン社、コナミ、タカラなどが版権を買い、日本語版を製作し、ゲームブック形式で書店で販売するのはどうでしょうか?例えば週刊クトゥルフ見たいに販売するとか、ルールブックをメインにしてブースターを1パック付けて(オマケのように。勿論ブースターがメインですが)販売するとか?とにかくネットで細々と入手してプレイするだけでは普及しないのです。ケイオシアムのHPにのってましたが、フィンランドではMythosがいまだに健在です。フィンランド国内チャンピオンのデッキがのってましたので参考に見て下さい。日本でもこのように盛んにプレイ出来る日が待ちどおしいですね。いつか必ず・・・


Mythos Finnish Champion for 2004: Iikka Paajala (shown right).
We're told Ikka was very popular at the pub as a result of his second Mythos Finnish Championship win.
Well done Ikka!

The winning deck:

TRANSATLANTIC MAKING:

Investigator: Mad German Inventor

Adventures:
Secrets of The Silver Twilight
Seeking Everlasting Life I (2)
The Auction (2)

Locations:
The Docks
Asylum For The Deranged
Pickman's Apartment (2)
Harvard University Houghton Library (2)
The Office of Dr. Freud
The Auction House (2)
Silver Twilight Lodge (2)

Allies:
John Scott (2)
Arthur Munroe
Raymond Legrasse
Carl Stanford
Randolph Carter (LC)
Simon Orne
William Channing Webb
Albert Shiny
Nikola Tesla

Events:
Police Investigation (LC) (2)
Yithian Mental Contact
Closed-cockpit Monoplane
Thieves in your Attic (2)

Tomes:
Book of Eibon
Unaussprechlichen Kulten (2)
Thaumaturgical Prodigies in the New England Canaan
Azathoth and Others

Spells:
Chant of Thoth (4)
Monatomic Translocation (2)
Call the Unnamed One
Petrify
Mysteries of Thalarion
Resurrection (2)
Fly
Keenness of Two Alike

Monsters:
Dhole (3)

Keep on playing Guys. There's always next year!

左奥の黒いパーカーのフードを被った人がチャンピオンらしいです。



blueorb at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(カードゲーム) 

2005年03月10日

クトゥルフ神話〜朝松 健氏について

クトゥルフ神話〜朝松 健氏について

★Ken Asamatu 1956年〜
北海道札幌市出身。東洋大学文学部卒業。14才の時、ラヴクラフトの「チャールズ・ウォードの事件」(全集2巻、クトゥルー10巻等に収録)を読み熱狂的なラヴクラフティアンになる。出版関係では本名の松井克弘でクトゥルフ関係の企画を精力的に担当する。国書刊行会で、「定本ラヴクラフト全集」「ウィアード・テールズ傑作集」「アーカム・ハウス叢書」「世界悪魔法大全」などのシリーズを担当した。そしてその情熱と溢れんばかりの才能を創作活動に求め退職。朝松 健の名前でデビューする。朝松 健の名前は言わずもがなイギリスの怪奇作家アーサー・マッケンに由来する。1986年「魔教の幻影」で作家デビューを果たす。仏教・日本史に造詣が深く作品にも生かされている。又海外の作家たちとの交流も多く、朝松 健の名前は海外でも知られている。朝松 健氏は1995年11月7日に脳膿瘍で倒れ死に直面する。インフルエンザのウイルスが大脳に侵入し脳が膿みを持って腫れてしまい、頭蓋骨の摘出手術をする。手術後は「頭を押せばゼリーみたいにへこむ」とのコメントを聞くに大変な事態となる。その後人工頭蓋骨移植手術を行い完全復活を果たす。すさまじいい執念を持ち、出版・創作活動を展開してきた男の完全復活・・・。活動内容を見ると朝松 健氏を<日本のダーレス>と呼んでも良いのではないだろうか?以下簡単ですが創作活動の一部を紹介します。

闇に輝くもの 「クトゥルー怪異録」学研ホラーノベルズ 1987年
屍食回廊 ハルキ文庫 1989年
崑央(クン・ヤン)の女王 角川ホラー文庫 1993年
小説ネクロノミコン 学研ホラーノベルズ 1994年
マジカル・シティ・ナイト2 小学館SQ文庫 1995年
十死街 「十の恐怖」角川書店 1995年〜1996年
マウス・オブ・マッドネス 学研ホラーノベルズ 1995年
肝盗村鬼譚 角川ホラー文庫 1996年
秘神黙示 ネクロノーム1 電撃文庫 1998年
水虎論 「水妖」 廣済堂文庫 1998年
かいちご 「チャイルド」 廣済堂文庫 1998年
邪神帝国 ハヤカワ文庫 1999年
「夜刀浦領」異聞 「秘神」 アスペクトノベルズ 1999年
秘神界(歴史編・現代編)作品提供およびエディター 2002年
他多数

書店の検索端末で検索すると多数の作品が確認できます。余談ですが「秘神界」は日本発のクトゥルフ作家のアンソロジーとして英語版も発売されてます。以下アドレス

http://www.kurodahan.com/e/catalog/titles/j0010.html

朝松 健公式HP

http://www1.nyan-web.ne.jp/~uncle-dagon/

病床より復活した朝松 健氏のコメントで締めたいと思います。

「死と間近に接して、わたしは知った。ホラーは、わたしの人生そのものだったと。わたしはホラーを書くために生まれてきた。そして、わたしはホラーを書くために生き返ったのだ、と。」

心より敬意を表したいと思います。





blueorb at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(作家紹介) 

2005年03月09日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ神話関係の名称の発音

クトゥルフ神話〜クトゥルフ神話関係の名称の発音

★クトゥルフ神話関係の名称の発音ですが、ラヴクラフトは非人間的な神話の生物・神々は決して人間的な発音・発声であるはずがない、との考えから発音に苦労するような名称を付けました。名称の発音も例えば「クトゥルフ」「クトゥルー」「ク・リトル・リトル」であったり、「ビヤーキー」「バイアクヘー」だったりですと色々です。ケイオシアムのデータを基にしたものがありますので、簡単ですが記載します。

大文字の音節のアクセントを置きます。
小文字はすべて硬音です。
Sはすべて歯擦音(しゅっしゅっという音)です。
アポストロフィー(’)はきわめて短い「I」の音を表しています。
O → 短いO  AU → 開口音のO  OE → 長いO
A → 短いA  AH → 開口音のA
EまたはEH → 短いE  EE → 長いE
IまたはIH → 短いI  IGH → 長いI
UまたはUH → 短いU  OO → 長いU
Yはすべて「yawn」のように発音する。
OIはすべて「noise」のように発音する。

アザトース [AZ-uh-thoth]
イグ [YIG]
イグーロナク [ee-GOE-laun-ahk]
イス [YITH]
イタクァ [ITH-uh-kwah]
ウェンディゴ [WHEN-dee-goe]
クトゥグァ [kuh-THOOG-hah]
クトーニアン [kuh-THOEN-ee-un]
グラーキ [GLAHK-ee]
シャンタク鳥 [SHAN-tak]
シュド・メル [shood-ih-MEL]
シュブ=ニグラス [shub-NIG-er-ath]
ショゴス [SHOE-gauth]
ダゴン [DAG-aun]
チョー・チョー人 [CHOE-choe]
ツァトゥグア [t'sa-THAUG-wah]
ティンダロス [TIN-dah-lose]
ドール [DOEL]
ニャルラトテップ [NIGH-ar-LATH-oe-tep]
ニョグタ [nee-AUG-thah]
ネクロノミコン [nek-roe-NOM-ih-kahn]
ノーデンス [NOE-denz]
ハイドラ [HIGH-drah]
ハスター [has-TOOR]
ビヤーキー [B'YAHK-ee]
ミ=ゴ [MEE-goe]
ユゴス [YUG-gauth]
ヨグ=ソトース [YAUG-sau-thauth]

クトゥルフハンドブックP43より抜粋しました。正しい発音を掲載しましたが、その発声・発音により、神話生物・神々を召喚しても責任は負いません。あくまで自己責任で御願いします。

いあ! シュブ=ニグラス!

blueorb at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2005年03月08日

クトゥルフ神話〜ラバン・シュルズベリィ博士

クトゥルフ神話〜ラバン・シュルズベリィ博士

★アーカム在住の神秘思想家にして、哲学教授、人類学者、古代神話・宗教の権威。一時ミスカトニック大学で教鞭をとる。博士は1915年から20年間突如行方不明になる。博士は貴重な文献・資料などを保有しており、ミスカトニック大学に保管されているものと同じ手書きの「セラエノ断章」「サセックス草稿」「ザンツー石板」「エルトダウン・シャーズ」がある。又自身の著書「ネクロノミコンにおけるクトゥルフ」「ルルイエ異本を基にした後期原始人の神話型の研究」がある。
博士はもうかなりの年配で、濃い眉毛と長い白い髪をしている。ローマ型のとがった鼻とがっちりしたあごをしている。そして黒い不透明な眼鏡をいつもかけており、両方のふちまで隠れるような眼鏡なので、博士の目を見ることはできない。しかし眼鏡をはずすと眼球のあるところに眼球はなく、穴があいたように眼窩があるのみであるが、視力があるように行動できるし、文字も読める不思議な能力を持つ。博士は人類以前の言語のエキスパートであり、爆発物の知識も若干ある。そして「黄金の蜂蜜酒」の製法も知っている。
博士の行方不明になっていた20年間は、プレアデス星団のセラエノに行きそこの巨大な図書館で禁断の知識を得たといわれる。

blueorb at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ神話(登場人物) 

2005年03月07日

クトゥルフ神話〜セラエノについて

7c3442bf.bmpクトゥルフ神話〜セラエノについて

★セラエノはプレアデス星団(M-45、スバル)の牡牛座のなかにある。プレアデス星団は約434〜464光年の距離にあり、120個ほどの星の集合で形成される。セラエノはプレアデス星団の中の星で、アルシオネ(アルキオーネ)、エレクトラ、マイア、タユゲテ(タイゲタ)に挟まれている。ダーレスはいくつかの小説で、ラバン・シュリュズベリィ博士が地球上から失踪しセラエノへ行き、巨大な図書館で様々な知識の習得をする様子を記述している。(クトゥルー2、永劫の探究第1部〜第5部参照)セラエノの位置は以下HPアドレスの画像で確認下さい。イメージは国立天文台HPからの画像で、プレアデス星団(M-45,スバル)です。

http://homepage2.nifty.com/turupura/guide/nebuler/m045.htm

そして、3月15日(ラヴクラフトの命日)の夜には月に再接近して見ることができます。

blueorb at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ(遺跡・都市・場所) 

2005年03月06日

クトゥルフ神話〜ホワイトデー再考

651e0bae.jpgクトゥルフ神話〜ホワイトデー再考

★3月14日はホワイトデーですが、その事は多くの方はご存知だと思います。そこで、2月14日のお返しに何をプレゼントしようかと考えている方へ、お勧めなのが「Yog!Bear」です。ようはテディ・ベアなのですが、Yog-Sothoth.com のイメージロゴが入っています。これを機にクトゥルフ神話に興味を持ってもらおうという意味でこのテディ・ベアは最適です。
YogSothoth.com のオンラインストアで購入できます。値段は12.99ドルです。
以下アドレス

http://www.cafepress.com/yog.6812891#

そして忘れてはならないのが「H・P・ラヴクラフト」の命日の前日ということです。真面目にラヴクラフウトやクトゥルフ神話について知って貰うのであれば、やはり「ラヴクラフト全集」がプレゼントにはお勧めです。


blueorb at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2005年03月05日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ検索エンジン(Cthuugle)!!!

87cdd738.JPGクトゥルフ神話〜クトゥルフ検索エンジン(Cthuggle)!!!

★ネットで検索をかける時、皆さんは何を使いますか?日本ではYahooが一番多いようです。検索の精度ではGoogleのほうが高いようですが・・・。しかし、クトゥルフの検索精度ではここが一番かもしれません。その名は「Cthuugle」!!!です。Googleに掛けているのは分りますよね。しかし、こんなモノまで作るアメリカ人は凄いですね。(多分アメリカ人ではないかと・・・)いや、アメリカ人が凄いのではなく、クトゥルフのマニアが凄いのか?しかしクトゥルフのマニア・ファンの方々は凄い方が多いと前々から思っていました。たしかファイル交換ソフトのWinnyのダウンロードを早くするソフト名(だったような?)が「Nyarlatotep」ニャルラトテップでしたから。
ブログの右Link先に「Cthuugle」を追加しました。ショゴス・ネットのHPのリンク先にあります。以下アドレス。

http://www.cthuugle.com/

blueorb at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ