2005年10月

2005年10月31日

クトゥルフ神話〜家族紹介

1a97f701.jpgクトゥルフ神話〜家族紹介

★自分の家族を紹介します。父です。

blueorb at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月30日

クトゥルフ神話〜対邪神組織などについて

0796ff40.gifクトゥルフ神話〜対邪神組織などについて

★クトゥルフ神話の作品やゲームでは邪神達や邪神の眷属、その復活をすべく活動する人間や組織があります。そしてそれらに対抗する為、軍隊で抵抗したり、邪神を復活・活動を事前に防ぐ組織が度々出てきます。山田正紀の「銀の弾丸」の<H・P・L協会>、ブライアン・ラムレイの<ウィルマース・ファウンデーション>(WF)等等・・・ですが一番知られているのは<デルタ・グリーン>では無いでしょうか?関連本・サプリが多いのですがほとんど日本語に翻訳されていないので、アメリカに比べるといまいち盛り上がらないのが実情です。そんなデルタグリーンの情報を解説・説明して頂いてる方がいますがその中でも群を抜いているのが大凡々屋様です。ぜひ参照してみて下さい。

大凡々屋様
http://www7a.biglobe.ne.jp/~byakhee/
デルタ・グリーン本家サイト
http://www.delta-green.com/home.html

追記:デルタ・グリーンのサプリはケイオシアムでも販売してます。
追記2:ウィルマース・ファウンデーションについては12月頃の発売新作以降で詳しく述べられるでしょう。
追記3:ラムレイの「続・黒の召喚者」にも出てきますクトゥルー眷族邪神群(CCD)と対邪神組織等(WFやH・P・L協会、デルタ・グリーンなど)の陣営がありますが、皆さんはどちらの陣営が好きですか?自分はユゴス銀河同盟なのでどちらでもないのすが・・・

blueorb at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月29日

クトゥルフ神話〜タイタス・クロウの事件簿(作品紹介)

7eeb12e4.jpgクトゥルフ神話〜タイタス・クロウの事件簿(作品紹介)

★先日も紹介したブライアン・ラムレイの作品を紹介します。まず日本では「黒の召喚者」「タイタス・クロウの事件簿」です。「黒の召喚者」は初期作品でクトゥルフ神話以外の作品も収録されていてラムレイを体感できますが絶版です。翻訳は朝松健先生です。「タイタス・クロウの事件簿」は「黒の召喚者」からの作品も収録されていますので、こちらを入手しそれ以外の作品を読みたいときは図書館などで取り寄せて読むのが良いと思います。以下「タイタス・クロウの事件簿」(夏来健次訳)の収録作品です。





タイタス・クロウについての若干の覚え書き
誕生
妖蛆の王
黒の召喚者★
海賊の石
ニトクリスの鏡★
魔物の証明★
縛り首の木★
呪医の人形
ド・マリニーの掛け時計★
名数秘法
続・黒の召喚者

訳者付記
優しい召喚者・・・朝松 健
<タイタス・クロウ>シリーズ

★の付いてる作品は「黒の召喚者」にも収録されています。「タイタス・クロウの事件簿」は創元推理文庫より882円税込みで発売中です。以下東京創元社の紹介文より

●朝松健氏推薦――「ラムレイは、形骸化しつつあったクトゥルー神話に、アクション伝奇の新風を吹き込んだ。」

『ネクロノミコン』はじめ魔道書の数々を解読し、その悪しき智慧を正義のために使う男、タイタス・クロウ。魔教の使徒たちや不死の魔術師、あるいは数秘術を操るテロリストと戦う彼の全中短編を一冊に収録。20世紀最大の怪奇小説作家ラヴクラフトの後継者と称される、現代英国ホラー界の旗手がおくる、連作オカルト探偵小説。

東京創元社
http://www.tsogen.co.jp/np/detail.do?goods_id=1923
アマゾン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488589014/qid%3D1130575098/249-7124305-8529935#product-details


blueorb at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介) 

2005年10月28日

クトゥルフ神話〜ブライアン・ラムレイの新作発売について

40efbc5e.gifクトゥルフ神話〜ブライアン・ラムレイの新作発売について

★先日も少しふれました、イギリスの大物作家の作品発売の記述ですが、その人物はブライアン・ラムレイ氏です。東京創元社より12月頃の発売予定です。タイトルは『地を穿つ魔』(ちをうがつま)です。タイタス・クロウシリーズです。タイタス・クロウはダーレスが創造したラバン・シュリュズベリィ博士のように、ラムレイの作品の多くに出てくるキャラクターです。東京創元社の発行するメールマガジンの10月17日の記事の下の方に以下のように記述があります。





『地を穿つ魔』 ブライアン・ラムレイ著/夏来健次訳
《タイタス・クロウ・サーガ》クトゥルー神話に新境地を拓く、タイタス
・クロウ・サーガ登場!

しかし最近はクトゥルフの勢いが凄いですね。ゲームのサプリや関係書籍が特に。ラムレイ氏関連の記述は後日にしますが、とりあえず嬉しいNEWSです。東京創元社に詳細の確認の電話をしましたが、発売は間違いなく12月ですが何日かはまだ未定、料金も未定とのことでした。11月の中旬には詳細をお知らせできるとの話でした。写真はラムレイ氏です。

東京創元社メールマガジン10月17日記事
http://e6.wingmailer.com/wingmailer/backnumber.cgi?id=E434&b_no=86
ブライアン・ラムレイオフィシャルサイト(右のリンク先からも行けます)
http://www.brianlumley.com/

blueorb at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介) 

2005年10月27日

クトゥルフ神話〜カボチャの季節2

クトゥルフ神話〜カボチャの季節2

★もうすぐハロウィーンですので昨日の記事に続き今回も若干記述します。海外では野菜や果物を使った祭りって多いですよね。トマトをトラック一杯に積んで街でそれを降ろして人々がそれをぶつけあうトマト祭りとか、ブドウ祭りとか、今回のハロウィーンとか色々ですね。ところが去年TVで見た祭りは凄いのです。アメリカなのですがカボチャ飛ばし祭り?があるのです。日本のカボチャのような大きさではなく、もう50僉60cm、場合によっては1m近くの大きさのカボチャを使うのです。それで飛ばすのが人間ではなくて機械を使うのですが、それはもう大型の自走砲そのものなのです。参加者はトラクターや大型の自動車(日本の大型の比では無い)を改造し、自作の砲塔をつけてるのですが、砲塔の長さが10m〜20mほどもある方もいてもう気分は戦争ですよ・・・砲弾がカボチャなだけで。しかしアメリカは凄いですね、こういう事にかけては間違いなく世界一です。そのメンタリティーはさすがですよ!!!その巨大なカボチャを1km程も飛ばすのですから・・・しかもそれ以上飛ばす方も結構いるみたいで、尚更驚きです。
話題は変わりますがハロウィーンは仮装をして楽しむのが一般的ですが、首都圏の方は山の手線では注意して下さい。近年、外国人を中心に山の手線を周回しながら騒ぐ連中がいて一部暴徒化するかも知れませんので。去年もNEWSでやってましたね。皆さんは楽しく安全にイベント等に参加して下さい。仮装グッズ等は東急ハンズかLOFTあたりで購入するか自作しましょう。勿論自作の方はクトゥルフ系にチャレンジしましょう。ニャルラトテップ、クトゥルフ、ミ=ゴ、深きもの、何がいいですか・・・

ハロウィーン関係のサイト

ハロウィーン・ジャパン・インフォ
http://www.h-jp.info/index.htm
ハロウィーン通信
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/maaz/season/halloween-index.htm

追記:22日も記事で日本の江戸時代の海賊の話では、戦国時代には時間的に逆でした。訂正してお詫びします。

blueorb at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月26日

クトゥルフ神話〜カボチャの季節

6be047b1.jpgクトゥルフ神話〜カボチャの季節

★もうすぐハロウィーンですが皆さん何かイベント等企画されたり、参加予定など考えていますか?毎年10月31日はハロウィーンですが最近日本でもイベントやったり仮装して騒いだりしてますよね。アメリカ等ではカボチャを彫刻して顔を彫り蝋燭などで明るく照らして飾ったりします。仮装した子供などが近所の家々をまわり「TRICK OR TREAT!!」と言ってお菓子などを貰います。そしてケイオシアムでもそれにちなんだイベント「Call of Cthulhu Pumpkin Carving Contest」の記事がありました。以下。

Call of Cthulhu Halloween Adventure Contest
Here痴 a second Halloween Contest for those of you unable, or unwilling, to take a knife to a pumpkin.

Write up a short Call of Cthulhu adventure that takes place, at least in part, on Halloween. Adventures can be set in any era you choose.

Winners, and there may be several of them, will receive a copy of our Halloween monograph, the new Miskatonic University sourcebook, and a T-shirt.

Each entry must be between 11,000 -14,000 words. Text files or word documents only. Don稚 submit PDF痴, quark files, etc.

All entries become the property of Chaosium Inc.

All entries must be in English.

Any images or maps that accompany your adventure must be copyright free.

Entries must be emailed to dustin@chaosium.com.

The deadline for entries is midnight October 13th, 2005 mountain time zone USA.

Winning entries will be published as part of a Halloween Monograph, which may or may not be available by the end of October. We値l try, but no promises!

Yes, you can enter both this contest and our Call of Cthulhu Pumpkin Carving Contest.

Entries must be submitted along with your name, email address, and and shipping address.

Chaosium reserves the right to change these rules as often as we like, with no warning.

Good Luck!

とのことです。皆さん準備はいいですか?




blueorb at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月25日

クトゥルフ神話〜「ネクロノミコン アルハザードの放浪」発売決定!!!

e8e9164e.jpgクトゥルフ神話〜「ネクロノミコン アルハザードの放浪」発売決定

★タイトルのとおりですが、「ネクロノミコン アルハザードの放浪」の発売がアナウンスされました。24日の東 雅夫先生のBLOGで確認出来ます。以下詳細。

これはもう極めつきに怪しい!
ドナルド・タイスン著、大瀧啓裕訳による『ネクロノミコン アルハザードの放浪』(学研より11月刊行予定)の予約受付が、このほどビーケーワンで開始された。
『ネクロノミコン』の名を冠する書物は、すでに同じ学研M文庫から、コリン・ウィルスンほかによる『魔道書ネクロノミコン』が邦訳刊行されて多大な反響を呼んだが、今回刊行されるタイスン版には、なんと、狂えるアラブ人アブドゥル・アルハザードによって著されたとされる稀代の魔道書の本文が丸ごと再現されているらしいのである!?
真偽のほどは、是非とも現物を入手、熟読のうえ御判断いただきたく……。

ネクロノミコン
posted with 簡単リンクくん at 2005.10.24
ドナルド・タイスン著 / 大滝啓裕訳
学研 (2005.11)
近日発売 予約可

とのことです。来月です。もうすぐです。特に下線部・・・要注意です。SAN値が持つかな・・・。
イメージはコリン・ウィルソン版?です。
オンライン書店ビーケーワン
http://www.bk1.co.jp/product/2595736

東 雅夫先生BLOG
http://blog.bk1.co.jp/genyo/

追記:噂では某イギリスのビッグネームのクトゥルフ関連書籍発売も耳に入ってきてますが、皆さんももう知ってますよね。

blueorb at 22:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月24日

クトゥルフ神話〜西夏文明等について

0933cc7c.jpgクトゥルフ神話〜西夏文明等について

★先日の記事でも書きました中央アジアの興亡ですが、その中でも西夏文明についてTVで見て気になったので取り上げます。自分は全然歴史に詳しく無いし知識も皆無ですが書かせて頂きます。11世紀〜13世紀(1138〜1227)頃に存在した文明ですが、特殊な文字を使用していました。俗に言う西夏文字です。漢字をより複雑にしたような独自も文字を開発使用していた独自の文明が西夏です。1227年にモンゴル軍に滅ぼされるまでは繁栄していた強力な国だったようです。モンゴル軍に徹底的に破壊されつくし遺跡などが皆無だった為、謎の文明などと呼ばれた時期もあったようです。西夏地方の黒水城(カラホト)などを訪問したNHKの番組(シルクロード)では遺跡等を探索したり住民に伝わる伝説などを聞くなど面白い内容でした。そのなかで(場所は忘れましたが)住民に古くから伝わる伝説の地がありまして、小高い丘(名前も忘れてしまいました)の地下には鬼が住み、近づくものはさらわれる?と言われ誰もその丘に近づかないのです。これって「クトゥルー12」に収録されてるゼリア・ビショップ作(作品の大部分にラヴクラフトが関わっています)の「墳土の怪」にそっくりですよね。実は地下はクン・ヤンに繋がっているのでは?と想像してしまいます。地下世界はどうなっているのでしょうね・・・


追記:イメージは東京書籍の「ビジュアルワイド 図説世界史」の11世紀頃の世界P6〜P7です。中国(宋)の左上の紫の場所が西夏です。5年ほど前の価格で819円(税別?)です。
追記2:西夏文明の始まりの時期は諸説あるようです。

blueorb at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月23日

クトゥルフ神話〜中央アジア等の文明・王朝について

クトゥルフ神話〜中央アジア等の文明・王朝について

★先日は比叡山炎上の魔道書関係の話でしたが、それに付随しての日本の戦国時代のあたりまでに伝来が考えられるルートのユーラシアの興亡などについて記述します。自分は特に中央アジアに強い興味を惹かれます。例えばクトゥルフ・ダークエイジのものが遠く中央アジアを経由(シルクロード等)し日本の戦国時代に到達することも考えれらます。また途中で中央アジアの古来のものと融合したものもあるかも知れません。ダークエイジの時代10世紀〜12世紀前後から15世紀頃までの中央アジア等は実に興味深いです。例えば11世紀頃の中央アジア周辺は以下のような文明・王朝でした。(主なもののみ)

セルジュク=トルコ・・・トルコ〜イスラエル・シリア・イラン・アフガニスタン周辺
カズナ王朝・・・パキスタン・インド北部
チョウーラ朝・・・インド南部
吐蕃・・・チベット周辺
西夏・・・中国西北部(ウイグル周辺)
宋・・・中国中心部
クメール王朝・・・タイ・ビルマ・ラオス・カンボジア周辺
日本・・・平安時代

これが13世紀頃になるとモンゴル軍(元)がユーラシアを席捲し日本にも侵攻を企てます。

元・・・ユーラシアのヨーロッパより東の大部分(中国も支配化)
吐蕃・・・チベット周辺
インドや東南アジアは独自の勢力を保っています。日本は鎌倉時代頃

15世紀頃になるとモンゴルの元は地方ごとに分割し独自の勢力として分裂していきます。

タタール・・・今のモンゴル周辺
チベット・・・チベット周辺
明・・・今の中国の中心部分あたり
ティムール帝国・・・トルコの一部・イラン・イラク・アフガン〜中央アジア一帯
インドや東南アジアは独自の勢力を保っています。日本は室町時代頃

自分はチベットや西夏文明、タタールなど興味を惹かれます。細かい時代区分や諸勢力については述べませんでしたが、中世から近代にかけての広い意味でのアジアの興亡は面白いし勉強になると思いますし、なによりクトゥルフのネタの宝庫だと思いますよ。興味のある方は関連書籍を読んでみてはどうでしょうか?

追記:参考にしたのは東京書籍の「ビジュアルワイド 図説世界史」です。5年ほど前の価格で819円(税別?)です。




blueorb at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月22日

クトゥルフ神話〜比叡山炎上等について

クトゥルフ神話〜比叡山炎上等について

★TRPGデザイナー朱鷺田祐介が手がけるクトゥルフ神話のサプリ比叡山炎上ですが、22日のBLOGに以下のような記述がありました。

『クトゥルフ神話RPG キーパーコンパニオン』をいただく。魔道書の解説が素晴らしい。『比叡山炎上』では、戦国日本に伝来した可能性のある魔道書を色々サポートする予定。あるいは、同じ事象を別の人が観察した内容をいれたいものである。『フサンの七つの謎』とか中国語版があるものを優先的にするが、ムー紀元のものは日本にあって問題なかろう。

とのことです。特に下線部。妄想が膨らみますね。日本語の語源も色々諸説があるように、北、南、東、西?から様々なものが日本に伝わっている?と考えれば色々ありそうです。一番多そうなのが、中国経由で中国物とユーラシア内陸部。その次はヨーロッパ系(シルクロード経由、ポルトガル経由等)でしょうか?あとは東南アジア。日本は江戸時代に海賊行為で結構展開してましたよね。ですからその流れで東南アジアの奥地のトゥチョ=トゥチョ人関係との間接接触もありかと・・・。あとは北ですとロシアや北海道のアイヌ関係でしょうか?アイヌは色々な神話や伝説もありますし・・・。そういえば、以前アイヌの方々の舞台のようなものを目にする機会がありまして、彼等の民族の言い伝えの歌と踊りを見ましたが、凄く幻想的で耳に残るものでした。しばらくたっても耳に残る不思議なもので何かの詠唱のようにも聞こえました。タイトルとか演目は忘れましたが、又見たいと思いました。少し話しがずれましたが、様々なものが収録されそうで楽しみです。たとえ存在しない魔道書(リアルにはほぼ全て存在しませんが)比叡山炎上のオリジナルのものでも小説やBLOGで広めて日本を代表する魔道書・奇書として和製「ネクロノミコン」のようなものが出来ればいいですね。そうしたらその和製「ネクロノミコン」を特別に又別冊のようにして詳しく解説した本も出版しましょう。日本からクトゥルフ神話を発信するのです。(秘神界のように)


TRPGデザイナー朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)様のBLOG
http://suzakugames.cocolog-nifty.com/blog/

追記:シルクロードやチベット・ネパールやインド関係の魔道書が気になります。特にシルクロードは楽しみです。NHKのシルクロードは面白いです。本も出版されていますので興味のある方は読んでみて下さい。いろいろクトゥルフのネタになりそうなものが多いです。西夏文明とか。
追記2:朱鷺田様、比叡山炎上を楽しみにしていまので、製作頑張って下さい。


blueorb at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年10月21日

クトゥルフ神話〜ボードゲーム

42fca698.jpgクトゥルフ神話〜ボードゲーム

★最近はボードゲームが人気が出てきていますが、皆さんはどんなゲームをしていますか?クトゥルフのTRPG、アーカムホラー、人生ゲーム、モノポリー、カタン等等ありますが、最近のお勧めの一つにブロックスというのがあります。以前も少し紹介したと思いますが改めて記述します。テトリスのようなブロックを交互においていき、最後に持っているピースの升目が一番少ない人が勝ちとなるゲームです。これがかなり盛り上がります。又公式大会も行われています。ルールは以下。

〆能蕕麓分の陣地のスタートラインの角からピースはスタート。
⊆分のピースとピースは面どうし接触してはいけない。
自分のピースの角と自分の繋げたいピースの角を付けて置く。
ぜ分のピースが置けなくなったら終了。

通常版2〜4人用と2人用のデュオ(小型)の2種類がありますが、やはり3〜4人で遊ぶのが一番面白いです。攻略としては早めに中央部にピースを伸ばすのと、ピースを繋げる枝を多く作る事、場合によっては相手に先に生かせ、空いたスペースを取りに行きピースを埋める事、長いピースは攻めと守りに重宝するのでここ一番の時に使用すること。相手同士を戦わせ漁夫の利を狙い動く、もしくは早めに自分の行動範囲を確定すること、小さいピースは最後の興亡までとって置くこと、十字ピースや面積の多きいピースは早めに使用することなども重要です。ぜひ皆さんもやってみて下さい。かなりエキサイトしますよ。ただし頭脳ゲームが苦手ばプレイヤーには無理に参加させないほうがいいでしょう。なぜなら突拍子のないピースの置き方をし場の混乱を招きますよ。笑)

株式会社ビバリー
http://www.be-en.co.jp/goods_view/goods_view.php?category_cd=GM01

blueorb at 23:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月20日

クトゥルフ神話〜アブホース

fae845bc.jpgクトゥルフ神話〜アブホース(Abhoth)

★不浄の源、アブホートとも。絶え間なく泡立ち、腕や口や擬肢のようなものを形成します。燐光を放つ大きな水溜りかプールのように見え、泡立つ体の一部から灰色のかたまりを形成し、そのかたまりは這いずるように親から離れます。こうして離れた落とし子を、アブホース自身の擬肢のようなもので再び捕まえ、もとのかたまりの中へ飲み込んでしまいます。中には吸収されず、底知れない暗い洞窟のもっと奥に入っていくものもあります。
落とし子が絶えず生まれてくるので、アブホースに近づくのは危険で容易ではありません。生まれた直後の落とし子は人間よりも小さいのですが、急速に成長しますので注意が必要です。地下世界の場所で、アブホースの落とし子は生態学上重要な部分を占めているともいわれてます。アブホースは人間には崇拝されていないようですが、地下世界のガグや自分の落とし子には崇拝されているかもしれません。
知性があり、一つの場所から動かない、暗い洞窟などを好むことは知られています。また侵入者や探索者が近づくと無視するか、腕や他の器官を伸ばして様子を伺い、攻撃を仕掛けてくるでしょう。捕らえれ飲み込めれ飲み込まれる可能性が高いです。テレパシーでコミュニケーションできるとも言われています。アブホースは地球の原産ではありません。

blueorb at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2005年10月19日

クトゥルフ神話〜精神寄生体

c5ad30fb.jpgクトゥルフ神話〜精神寄生体

★精神寄生体(The Mind Parasites)1967 コリン・ウィルソン

私の友人のカレル・ヴァイスマンが突然自殺したと、彼の秘書のバウムガルトから連絡があった。とても自殺するような人物ではなかったはずだった。そして彼の遺言執行人に私が指名されていた。そんな折、私は考古学の調査で出張先で読んだ雑誌で一人の男ライヒを知りコンタクトを取る。私はヒッタイト文明の調査の為、トルコのブラックマウンタンに赴き、玄武岩の小像いくつか発見する。解読できる範囲で小像の文字を読むと一つには「トゥダリヤスは暗黒王アブホートに臣下の礼をとった」とあった。そこでライヒの機材で地中深くを調査するのだが、地下2マイルに高さが70フィート(約21メートル)の物体を発見する。そしてその物体を確認するためボーリングをし、一部を写真にとったがそこには、暗黒王アブホートの名を表す楔形文字を確認した。巨大な石の塊の発見は世界的ニュースとなり「アブホート石材」と呼ばれるようになる。そんな折アメリカの作家ダーレスより手紙が届き暗黒王アブホートの名はすでにラヴクラフトの作品で使われているとの指摘があった。この発見より先にに何故ラヴクラフトはアブホートの名を知ったのか?興味を持った私とライヒは彼の作品を読み研究を始める。そんな時自殺したカレルの遺品に精神病?心癌についての記述があり、人類に攻撃を加える種族がいるのでは?との推測を得て行動を始めるのだが・・・


作品が書かれたのが1967年で作品の舞台が1994年以降となっている為、少し違和感のあるものがある。テレビ電話、ヘリタクシー、ロケット機など。また、話の展開が遅く、まわりくどく感じる。話の展開に違和感を感じる部分も多く、もっとシンプルにした方が良いと思った。

blueorb at 23:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介) 

2005年10月18日

クトゥルフ神話〜コワモテのスタッフ

0274c79c.jpgクトゥルフ神話〜コワモテのスタッフ

★写真は決してギャングでも極右でもありません。れっきとしたケイオシアムのスタッフのFergieさんです。スキンヘッドに腕の入れ墨・・・でもTシャツには古きものの印が・・・。そんな彼のプロフィールが以下。

Fergie began in 1966, born amidst the depravity of hippie San Francisco. Raised near Berkeley, Fergie remains there to this day, enjoying the damp ocean winds and odd-smelling fogs of the Bay Area. Fergie greatly enjoys his wife Jenn, Mexican Food, his home, drawing, camping in Death Valley, his boy Spencer, Chinese Food, The Ramones, his dog Lucy, and many super friends. Fergie also attends many A痴 games, and every Raider game. Fergie has been to Scotland, England, Mexico, Canada, and Iowa, and found them all to be quite different from the US. Ireland, Hawaii, and Japan are on the list of future destinations. Fergie has seen one UFO, several ghosts, and was once chased by Bigfoot. Fergie can also see in the dark, and has been known to enjoy freezing temperatures.
Fergie started gaming in the late 70痴 with D & D and Champions, and soon after played RuneQuest and Call of Cthulhu. Fergie was quite surprised to learn Chaosium, the publishers of RuneQuest, were also near Berkeley. Though their paths did not cross until recently, Fergie has always wanted to work for Chaosium. Luckily, his chosen path brought Fergie and Chaosium together. Fergie now runs the Chaosium shipping department, and contributes what he can to help Chaosium grow big and strong again, to the benefit of all.


えーとUFOを見たことがある・・・将来的には日本にも来てみたい・・・。うーん濃いですね。腕だけじゃなくて背中や胸・腹にも刺青があったりして。でもクトゥルフ系の刺青してたら筋金入りのマニアですね。きっと。自分だったらもし刺青を入れるとしたら(まず入れませんが)、胸か腕にラヴクラフトの刺青か、背中にクトゥルフ・・・。もしくは、右手にラヴクラフト、左手にダーレス。腹か背中にThat is not dead which can eternal lie,and with strange aeons,even death may die.。・・・・・・でも色んな方がケイオシアムには居るのですね。


Fergieさんの紹介ページ
http://www.chaosium.com/article.php?story_id=49



blueorb at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月17日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ神話アメリカンフットボールリーグ(Football League News)

3e6846cd.gifクトゥルフ神話〜クトゥルフ神話アメリカンフットボールリーグ(Football League News)

★日本ではそうでもないのですが、アメリカではアメリカンフットボールが盛んです。各大学や中核都市には必ずチームがありその選手やチアリーダーは人気の的です。先月からクトゥルフ神話のフットボールリーグが開催?されていてケイオシアムで詳細の記述があります。以下。

From all corners of the globe, from the depths of the dark oceans to lands untouched by the Sun, from lofty mountains and haunted woods to deep chasms or burning sands, teams gather amidst the chaos. One of these mighty teams will rise above the rest and proclaim themselves Champions, to wear upon their brows the prized Crown of Domination.
出場チーム以下。

01 Harag-Kolath Wretches
02 Irem Djinn
03 Y檀a-Nthlei Black Tide
04 R値yeh Green Demons
05 Kingsport Golden Mariners
06 Yian Sorcerers
07 Ponape Headhunters
08 Leng Hierophants
09 K地-Yan Phantoms
10 Bal-Sagoth Crusaders
11 Nile Pharaohs
12 Dunwich Wizards
13 Ahu-Y檀loa Unseen Lurkers
14 Innsmouth Krakens
15 Arkham Scholars
16 N狸ai Shadow Toads

STANDINGS

OCEAN DIVISION
1-0 Y檀a-Nthlei Black Tide
1-0 Ahu-Y檀loa Unseen Lurkers
0-1 Bal-Sagoth Crusaders
0-1 R値yeh Green Demons

SURFACE DIVISION
1-0 Leng Hierophants
1-0 Ponape Headhunters
0-1 Irem Djinn
0-1 Nile Pharaohs

UNDERGROUND DIVISION
1-0 K地-Yan Blue Priests
1-0 N狸ai Shadow Toads
0-1 Yian Sorcerers
0-1 Harag-Kolath Wretches

MISKATONIC DIVISION
1-0 Kingsport Golden Mariners
1-0 Dunwich Wizards
0-1 Innsmouth Krakens
0-1 Arkham Scholars
Week 2 Schedule

DUNWICH @ KINGSPORT
ARKHAM @ INNSMOUTH
BAL-SAGOTH @ Y'HA-NTHLEI
AHU-Y'HLOA @ R'LYEH
IREM @ PONAPE
LENG @ NILE
HARAG-KOLATH @ YIAN
N'KAI @ K'N-YAN
Week 1 Results

KINGSPORT 31 * ARKHAM 14
DUNWICH 17 * INNSMOUTH 14
AHU-Y'HLOA 20 * BAL-SAGOTH 10
Y'HA-NTHLEI 12 * R'LYEH 0
LENG 38 * IREM 35
PONAPE 13 * NILE 3
N'KAI 17 * YIAN 3
K'N-YAN 24 * HARAG-KOLATH 10

Leng HierophantsとIrem Djinn の試合の得点が高いのにNile Pharaohsの3点とYian Sorcerersの得点が3点と低いですね。個人的にはKingsport Golden Marinersを応援します。笑)

アドレス
http://www.chaosium.com/index.php?section_id=38




blueorb at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介) 

2005年10月15日

クトゥルフ神話〜バトンです

クトゥルフ神話〜バトンです

★MIXIで良くして頂いてる葬送隊長様からバトンを頂きました。二者択一バトン。初めて訊きました。以下回答です。


■どっちが好き?
 *東京
 *大阪

 両方好きですが、東京です。何でもあるから。
 大阪人ののりも好きです。自転車に乗って走って
 る男の人が大きな帽子をかぶっているなーと思ったら
 近くでみると頭の上に猫を乗せて走っていました。

■どっちが好き?
 *沖縄
 *北海道

 北海道です。自然・食べ物・温泉・廃墟・・・
 何でもあります。

■久しぶりの再会。してほしいのはどっち?
 *ぎゅっと抱きしめて頭ナデナデ
 *優しくスマイル そっとキス

 抱きしめてナデナデです。

■浮気現場を目撃しました。殺すならどっち?
 *恋人
 *浮気相手
 
 殺しません。終了します。

■どちらの人生を歩みたい?
 *破滅が常に付きまとう短命タイプ
 * 保留しながらも長い人生

 後者です。
 
■SとM。どちらかというと?

 多分両方です。

■生まれ変わるなら?
 *男がいい
 *女がいい

 男です。
 
■好きな人の前で猛烈に太股がかゆくなった。
 *かく!!!
 *かかない・・・

 前者です。

■さぁ一緒に行こう!と言われたら?
 *昔好きだった人
 *知らないけど、ィヶてる人♪

 前者です。

■付き合うならどっち?
 *年上の落ち着いた人
 *年下の甘えッ子
 
 両方です。
 
■告白の後okされたら??
 *抱きつく
 *キスする

 両方です。

■必要なのはどっち?
 *己を磨く向上心
 *人を思いやる優しさ

 優しさです。

■カレーに入ってなくてイヤなのは?
 *じゃがいも
 *にんじん

 両方とも好きです。

■告白されて困るのは?
 *親友と思っていた人
 *親友の恋人

 親友の恋人です。
 
■地球最後の日です。逢えるなら?
 *親友
 *恋人

 遭いません。
 地球の最後をしっかり見たいです。
 その後ミ=ゴと共に宇宙に旅立ちます。

■死ぬ前に一言!
 *何でも可

 多分無言です。何故なら金属製の円筒形の
 物体で永遠の旅にでているからです。

■どちらかとしか付き合えません。
 *自分の事を好いていない想い人
 *自分の事が大好きなデニーズの店員

 前者です。
 
■エッチするならどっち?
 *相手の家
 *ホテル

 両方です。
 
■大人と感じる飲み物は?
 *ビール
 *ブラックコーヒー

 ビールです。
 
■次にバトンを渡す人
 これを読んでる方へ。

以上です。質問傾向がばらばらで多面的に人物像を知るには良いかもしれません。隊長殿、上手く回答できなくてすいません。

追記:三浦和義(ロス疑惑の)のHPとBLOGを発見しました。怪しさ満載?です。以下
URLに注目です。お勧めは五つ★です。

三浦和義コンサルティングス ★★★★★(最高)
http://miurakazuyoshi.com/

三浦和義BLOG ★★★★★(最高)
http://miurakazuyoshi.com/blog/



blueorb at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月14日

クトゥルフ神話〜ドリームランド?

クトゥルフ神話〜ドリームランド?

★先日まではキーパーコンパニオンの情報を記述しましたが、皆さんもう購入してTRPGネタに生かされていると思います。自分は英語版と比較して薄くて持ち易いので最近は持ち歩いて読んでます。キーパーコンパニオンを読むとその魔道書の世界に引き込まれ、妄想が膨らみます。自作の小説にできそうなアイデアも数多く浮かびます。最近は特に色々夢に見たり、妄想が多いのですが最近見た夢は凄いのです。以下
最近のみた夢です。

自分は気が付くと巨大な部屋にいてベット状のものに寝ています。意識はあるのですが体は動きません。横を見ると多くの人間が同じように寝ています。白人・黒人・黄色等人種も男も女も様々です(全て全裸)。そして人間以外の生物(地球外の)も多数同じようにベット状のものに横になっています。突然部屋のドアが開き「イスの偉大なる種族」のような生物が入ってきます。イスの偉大なる種族と異なり、体は少し小さく多数の触手があり、体が粘着性のあるドロドロしたもので覆われていて、体の一部を変形させながら近づいてきます。その生物が何体も現れて、ベットの生物を観察します。一つのベットに3〜5体おり、端のベットから順番にやっています。そして横のベットの生物と人間の番になりました。横の生物は簡単に終わり、自分の番になりました。そのイス人風の生物はまず自分の脚を触手でまさぐりました。ねばねばする粘液が脚につき気持ちが悪くなりそうでしたが、少し経つと皮膚にしっくりきました。そして脚から腰、腹、胸、首、頭と触手でまさぐり、1体が回りのイス人風の生物に何か合図をしました。そうすると1体は私の顔に乗っかりました。そして粘液を垂らしながら体を密着させて触手を首や顔にまき付けてきました。もう1体は自分の胸や腹に乗り自分の性器を口のようなもので吸い始めました。その後様々なことをされ検査?は終了しました。その間も他のベット上の他の生物は検査?されていました。その後意識が無くなり目が覚めると自分がベットに寝ているのを上から見ていました。「エッ!!」と思い自分の今の体を見ると、自分がイス人風生物の体になっていました。

追記:検査?の内容は凄くてこれ以上細かく書けません。恥ずかしいことを一杯されエロ小説のような内容だからです。自分ながら今書いていても自分の夢を分析すると人間の体や精神、性についてイス人風生物に徹底的に分析されたようでした。
追記2:この夢の続きのような夢も何度か見ました。

blueorb at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月13日

クトゥルフ神話〜言語と文学

クトゥルフ神話〜言語と文学

★キーパーコンパニオンでは数多くの魔道書の解説がありますが、巻物、古写本、印刷技術、製本術の記述などがあります。そしてその流れで言語と文学の記述があり、なかなか興味深いので記述します。以下。

アラビア語 300年〜現在
イタリア語 950年〜現在
英語 450年〜現在
エジプト聖刻文学 紀元前3100年〜紀元400年
ギリシャ語 紀元前1400年〜現在
くさび型文字 紀元前3500年〜紀元100年
ケチュア語 ?〜現在
ゴート語 380年頃〜600年
サンスクリット語 紀元前1500年〜現在
スペイン語 800年〜現在
スワヒリ語 1700年〜現在
中国語 紀元前500年〜現在
ドイツ語 1100年〜現在
ナホアトル語 ?〜現在
日本語 紀元前2000年〜現在
ヒンズー語 800年〜現在
フェニキア語/ポエニ語 紀元前鏡さ〜紀元前祇さ
フランス語 800年〜現在
フリースラント語 1300年〜現在
ヘブライ語 850年〜現在
ポルトガル語 850年〜現在
マヤ語 ?〜現在
ミャンマー語 1100年〜現在
ラオ語 1600年〜現在
ラテン語 紀元前550年〜現在
ラバヌイ語 ?〜1850年
ロシア語 1600年〜現在

それぞれの言語の詳しい解説があり興味深いのですが、日本語の部分は?と思いました。印刷ミス?記載ミス?紀元前2000年説は初めて知りましたが・・・どうなんでしょうか?北方起源説と南方起源説や国内での自然発生説、2つ以上の言語のハイブリット説、そして極めつけはムー大陸語元説・・・どうなんでしょう?確かに昔は大陸と地続きでしたから北はカムチャッカ・サハリンや南は朝鮮半島と接触はあったでしょうし、太平洋からの影響もあったから日本語の起源は解明は難しいのでしょうね。

blueorb at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年10月12日

クトゥルフ神話〜魔道書について

0b31708f.JPGクトゥルフ神話〜魔道書について

★キーパーコンパニオンは魔道書が凄い充実していることは何回か記述しましたがそれについて例を幾つか。以下。

★例1★
エイボンの書
ハイパーボリア版・アトランティス版・エジプト版・古代カルタゴ語およびギリシャ語版・ラテン語版・フランス語版・英語版のそれぞれについての説明。呪文説明など。

★例2★
グラーキの黙示録
第鬼〜第将鬼までのテーマと格巻の呪文についての説明。その他の巻の説明など。

★例3★
ドジアンの書
アトランティス版・多言語版・中国語版・英語の草稿・ブラヴァツキー夫人版についての説明。呪文説明など。

★例4★
無名祭祀書
序章〜第20章のそれぞれのテーマと呪文説明。オイジナルのドイツ語版・ブライドウェルの英語版・ゴールデン・ゴブリン版の説明。

とにかく詳しく説明されていて良い感じです。

blueorb at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年10月11日

クトゥルフ神話〜クタート・アクアディンゲンより

クトゥルフ神話〜クタート・アクアディンゲンより



立て!
名もなきものどもよ
汝が時来たりなば
汝によりて選ばれし我らは
汝が呪文と魔術によりて
また夢と魅惑を通じて
汝が到来を知らん
我ら駆けつけて汝に仕えん
緑の水底に眠るクトゥルフの騎士たる
我らが主、汝に仕えん


                大英博物館蔵の写本、11〜12世紀



追記:キーパーコンパニオンP13参照

blueorb at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

クトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(画像4)

8673dccf.JPGクトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(画像4)

★キーパーコンパニオンの目次でも紹介(10月8日記事)しましたが、今回は新しい呪文について紹介します。以下。




歩く死者の招来
暗黒の沈黙の復活(ズ=チェ=クォンの招来・退散)
イブ=スティトルの招来・退散
カダスへの門
ガタノソアの招来・退散
狩を始める(イオドの招来・退散)
狩るものの招来(神格との接触/イオド)
恐怖の鐘に魔力を付与する
クァチル・ウタウスの契約
狂えるクトゥルフの従者の撃退
ゴル=ゴロスの招来・退散
シアエガの招来・退散
守護の魔法円
神格との接触/グロース
神格との接触/バイアティス
神格との接触/ムナガラー
神格との接触/ヨグーソトース
石化
知識を守護者との接触・逃走
導師との接触
トーチに魔力を付与する
ナイハーゴの葬送歌
バグ=シャースの招来
バルザイの印の創造
ファンの醸造酒の製法
炎に声を与える(神格との接触/ヴォルヴァドス)
炎の舞踏
待てる暗黒との会話(神格との接触/シアエガ)
待てる暗黒の解放(シアエガの招来・退散)
魔物の召喚・従属
緑の崩壊
ムーン・レンズの守護者の招来・退散
闇の子らの招致(ナガアエの召喚・従属)
ルリム・シャイコースの招来・退散
ロイガーとの接触

以上です。増えた呪文はクトゥルフ神話TRPG(エンターブレイン社)との対比で見て下さい。

blueorb at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年10月10日

クトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(画像3)

f946a34c.JPGクトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(画像3)

★魔道書関係の次にページが割かれている秘術のアーティファクトについて記述します。紹介されてるものは以下。












アルハザードのランプ
イゴーロナクの手
エイボンの指輪
エメラルド小像
輝くトラペゾヘドロン
ガルの鏡
銀の鍵
真鍮の頭像
セデフカーの像
致死のガラス
ツァンの清められた刀身
トートの短剣
時の時計
ニトクリスの鏡
2本の笏
ハヤマの仮面
魔犬のアミュレット
ムーン=レンズ
ムナールの星石
夢のクリスタライザー
寄せ餌
ルルイエの円盤
レンのガラス

などです。魔道書の時の説明でも書きましたが資料価値が高いです。「買い」です。


blueorb at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年10月09日

クトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(画像2)

5784591c.JPGクトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(画像2)

★先日の記事でも紹介しましたが魔道書関係がかなり充実しています。その合間合間にクトゥルフ関係の人物の紹介があります。画像のように紹介されている人物は以下。











エドワード・ピックマン・ダービイ 1890〜1933
エイボン
アーサー・ブルック・ウィンターズ=ホール牧師 1859〜1933
エイマリー・ウェンディ=スミス卿 1872〜1933
ハロルド・ハドリーコープランド 1860〜1926
フランソワ=オノール・バルフォア
ラバン・シュリュズベリイ博士 1864〜?
ウォード・フィリップ牧師 1767〜1811
アブドゥル・アルハザード(アブド・アル=アズラット) ?〜738
ジョン・ディー博士 1527〜1608
アブナー・エゼキエル・ホーグ 1697〜1753
フリードリッヒ・ウィルヘルム・フォン・ユンツ 1795〜1840
ジャスティン・ジェフリー 1898〜1926

魔道書ですが目次にのっていないものも一覧表で紹介されてます。(ページ半分くらいのスペース)


blueorb at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

クトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(画像1)

08b086d5.JPGクトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(画像1)

★まず本の画像をお届けします。有史以前および人類出現以前の言語です。左列の上から下に、その後右列の上から下へ順に紹介します。

アクロ語、イス人の文字、古のものの文字、エノク語、センザール語、ツァス=ヨ語です。このページの次ページにはナアカル語、ミ=ゴのルーン、ルルイエ文字の紹介もあります。

blueorb at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年10月08日

クトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(目次等)

868a18d9.jpgクトゥルフ神話〜キーパーコンパニオン(目次等)

★10月1日に発売になりました「クトゥルフ神話TRPG・キーパーコンパニオン」について記述します。まず目次です。












禁断の魔道書
(クトゥルフ神話の魔道書)P5
お勧めする選択ルール P5
”クトゥルフ神話TRPG”における魔道書の扱い P6
魔道書の保存 P7
「アザトースその他の恐怖」 P8
「イオドの書」 P8
「エイボンの書」 P9
「エルトダウン・シャーズ」 P10
「怪物とその眷属」 P12
「カルナマゴスの遺言」 P12
「クタート・アクアディンゲン」 P13
「グハーン断章」 P14
「グラーキの黙示録」 P15
「狂える修道士クリタナスの懺悔」 P17
「黄衣の王」 P18
「混沌の魂」 P18
「ザンツー石板」 P19
「屍食教典儀」 P20
「セラエノ断章」 P21
「地底を掘るもの」 P23
「ドジアンの書」 P23
「ナイハーゴ写本」 P25
ナコト断片群 P25
「ナト史」 P27
「ニューイングランドの楽園における魔術的驚異」 P28
「ネクロノミコン」 P29
「ネクロノミコンにおけるクトゥルフ」 P33
「ネスター書簡」 P33
「呪われた者たちより」 P34
「フサンの謎の七書」 P35
「ポナペ教典」 P35
「魔術の真理」 P36
「ミサ・ジ・レクイエム・ペル・シュジャイ」 P37
「無名祭祀書」 P37
「モノリスの人々」 P40
「ヤディスからの幻視」 P40
「妖蛆の秘密」 P41
「ルルイエ異本」 P42
そのほかの魔道書(表) P42

書き言葉の変遷 P43

秘術のアーティファクト P49

異界の種族
 深きもの P67
 ミ=ゴ(ユゴスよりのもの) P71
 食屍鬼 P75
 シャッガイからの昆虫 P78
 オールド・ワン P79
 ヘビ人間 P80
 ヴーアミ族 P82

新しい呪文、新しいクリーチャー
 新しい呪文 P86
 ナガアエ P90
 地底を掘るもの P92

魔道書と正気度:選択ルール P94


見てのとおり魔道書はかなり充実していてかなり満足できます。なにより値段が安く購入し易いのに内容が濃いのでコストパフォーマンスが高いと思います。この程度の値段でこれからも未訳サプリを定期的に発行してもらえれば、ファンの方々の購入率も高くなると考えます。このやり方は正しい判断で良い方向性であると思います。はっきり言いますが「買い」です。もう一度言います「買い」ですよ。エンターブレイン様有難う御座いました。内容については次回以降の記事で詳しく取り上げます。

エンターブレイン
http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_catalog/book/2005/4-7577-2495-0.html


追記:新紀元社様の次回作も期待して待ってます。
追記2:キーパーコンパニオンはルールブックではありませんので、持っていない方はルールブックを買いましょう。エンターブレイン社、新紀元社から異なるシステムルールでそれぞれ発売されています。
追記3:資料として価値もあります。

blueorb at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2005年10月07日

クトゥルフ神話〜ネクロノミコン

クトゥルフ神話〜ネクロノミコン

★ネクロノミコンは実在しない本の中では世界一有名ですが、新聞に「ネクロノミコン求む」と新聞広告をうった方が何人もいたそうです。そのネクロノミコンはラヴクラフトの「アラビアン・ナイト」にまつわる子供のころの思い出に基づいています。
1924年の書簡にこう記されています。

わたしは「アラビアン・ナイト」に夢中になっていました・・・・・・子供ながらに東洋の陶器や骨董品を集め、敬虔なイスラム教徒になったのだといって、「アブドゥル・アルハザード」と名のりました。

「アルハザード」はラヴクラフト家の祖先にあたるハザード家から採られたのかもしれない。

追記:本文のネクロノミコンの経緯は魔道本ネクロノミコンのP236-P237の記載を記述しました。

blueorb at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月06日

クトゥルフ神話〜巨大な雷

31c6b893.gifクトゥルフ神話〜巨大な雷

★夏の暑い夕方、夕立とともに時折起こる雷。雷は毎年何人かの犠牲者がでる天災ですが、空に光るイカヅチは横に流れるように伸びて落ちたり、近くに落ちて大きな音が聞こえてきたりします。特に巨大な雷の一部は宇宙に火柱のように伸び宇宙から見ると巨大な花が咲いたように見えます。それらをスプライト(Sprite)といいます。
大きいもので直径80km、高さが100km程度にもなります。(アザトースの成長段階?)
特に1994年7月4日(奇しくもダーレスの誕生日)のものは巨大だったようです。威力は通常の雷の10倍〜100倍と推測されます。ただしスプライトは近年確認されたのでまだまだ分らないことが多いようです。東北大学のスプライト研究グループのHPの説明文から一部紹介します。


スプライト”と呼ばれる雷雲上空での発光現象は、10年ほど前に偶然発見されました。 Vaugham and Vonnegut [1989] らは、「飛行機のパイロットが雷雲上空で火柱のように光る発光現象を見た!」という事例について報告しています。しかしながら、本当にそのような発光現象が存在するのかどうかということは長い間謎でした。

革命的な大発見は、Franz et al. [1990] によってもたらされました。世界で初めて雷雲上空での発光現象の画像データを取得することに成功したのです!後に、この発光現象は謎の多さから“スプライト”(「妖精」の意)と名付けられました [Lyons, 1994; Sentman et al., 1995] 。以来、スプライトの研究・観測は、全世界で飛躍的に行われるようになりました。

これまでの観測により、スプライトは高度40-90 kmで発光し、水平方向には10-50 kmの空間的広がりをもっていることが明らかとなってきました。スプライトの発光継続時間は、1-100 msecと見積もられています。スプライトの発光部分は複雑な形状をしており、高度70-85 kmでの円盤状の“ぼやっ”とした発光を特に“スプライト・ハロー”と呼び、スプライト・ハローの下部で多くの枝分かれをする発光を特に“スプライト・ストリーマ”と呼んでいます。

とのことです。イメージは以下サイトで確認できます。

東北大学スプライト研究グループ!
http://pat.geophys.tohoku.ac.jp/~thermo/sprites/indexj.htm#Observation

スプライトは2003年2月1日のスペースシャトル・コロンビアの墜落原因とも言われています。



blueorb at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)宇宙・地球・異次元 

2005年10月05日

クトゥルフ神話〜人工知能

fc23f9ea.jpgクトゥルフ神話〜人工知能

★人工知能について面白いものがあります。20Q(トゥエンティキュー)という玩具なのですが、いくつかの質問をするだけで始めに思い浮かべたものを当ててしまう携帯型人工知能です!凄いですよ。アメリカでは大ヒットしたようです。以下説明文。

アナタの心お見通し!
アメリカで大ブレイク!200万個以上の販売実績を誇る20Qがついに日本に上陸!
何かひとつ心の中に好きなものを思い浮かべてください。20Qの約20問の質問に答えていくだけで、あなたが心の中に思っている言葉をズバリ当ててしまう携帯型人工知能です!
お試しゲームもあるので、遊んでみてね!

という感じです。アドレスは

http://www.asovision.com/20q/index.html

で下の方の右側にお試しリンクありますのでそこから入って下さい。11月中旬の発売予定で値段は2100円です。でも人工知能が改良・進化すればロボットが活躍する未来がくるかも知れませんね。マトリックスのような世界は御免ですが。人工知能と言えば「秘神界」(現代編)に収録されてた小林泰三氏の「C市」を思い浮かべます。その中で<学習型C自動迎撃システム>(HCACS)というのがありました。しかも人間を超える存在らしい。コンピューター上のメモリの上だけに存在するものではなく、限りなく生命に近い存在。メカトロニクスと非DNA遺伝子工学の最高芸術だそうです。しかしそれは実は・・・・・・

blueorb at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月04日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト・フィルム・フェスティバルについて

76b2130d.jpgクトゥルフ神話〜ラヴクラフト・フィルム・フェスティバルについて

★今週末ラヴクラフト・フィルム・フェスティバルが行われます。場所はアメリカのオレゴン州・ポートランドです。7日〜9日までHollywood Theatre で行われます。ゲストの中にパティ・スミスの名前も確認できます。7日(金)の午後6時に会場し8日(土)9日(日)は午後1時30分会場で、3スクリーンで様々な映画などを上映やトークなどします。例えば一例では

Beyond The Wall Of Sleep
Dreams In The Witch House
The Thing On The Doorstep
などそしてショートの方は2つのブロックに分かれていて以下のようになっています。

Shorts Block 1

Terror in the Outer Zone
The Statement of Randolph Carter
The Gibbering Horror of Howard Ghomley
Antiques Roadshow: Arkham Ma.
Herbert West - Reanimator: Chapter 1. From the Dark
Call of Cthulhu
Read Me a Story
Let Sleeping Gods Lie

Shorts Block 2

Arcane
The Lovecraft Syndrome
Ryleh
Late Bloomer
Experiment 17
The King in Yellow
March the 13th, 1941
The Courtesy Nudge
The Night of the Octopus
It's the Great Cthulhu
The Vessel
ReCreation

のような構成です。週末時間とお金に余裕のある方は行ってみて下さい。以下サイトURL
The H.P.Lovecraft Film Festival
http://www.hplfilmfestival.com/index.htm




blueorb at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2005年10月03日

クトゥルフ神話〜奇祭・乞食祭り

957f6134.jpgクトゥルフ神話〜奇祭・乞食祭り

★今日、ある雑誌で読んだのですが「乞食祭り」なるものがあるそうです。興味が沸きこれはBLOGで紹介したいと思いましたので記述します。日本は多神教の国で祭りもたくさんありますが(一説には30万)乞食が祭りに出てくるのは、岐阜県川辺町の乞食祭りだけだそうです。名前が凄いですね。毎年4月1日に川辺町の下麻生県神社で行われています。今から100年以上前江戸時代後期あたりから始まったらしいのですが、この地域に雨が降らず米が思ううに作れずにいたところ、神社の境内に一人の乞食が住み着いたそうです。そして村人の一人がその乞食に食べ物を与えたろころ、村に雨が降り米は豊作になったことから神の使いとして崇められたとのことでした。昔の祭りは乞食の変わりに案山子を使って祭りをしていたそうですが、最近は町の人から選ばれた男性がやっています。でも一時期本当の乞食がいたとのことでした。祭りの時には一人の乞食役が境内にゴザみたいなもの(畳1、2枚分くらいの広さ)を引き坐っています。そしてその乞食役に桶に入った赤飯をかぶせるようで、結構地味な祭りですが、赤飯目当てに乞食が集まったこともあるとか。本当に日本は奇祭が多いですね。クトゥルフネタの一つとしてどうでしょうか?

blueorb at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ