2006年03月

2006年03月31日

クトゥルフ神話〜レンのクモの罠の例

55bab005.jpgクトゥルフ神話〜レンのクモの罠の例

★レンのクモ(Leng Spider)の罠の例です。レンのクモは知性があり、手の込んだ罠を仕掛け獲物を捕らえます。罠の一例として落とし穴のケースを記述します。イメージのA〜Fの一連の流れを解説(クトゥルフモンスターガイド参照)


(A)馬鹿な通行人が、クモの糸にくっいている大きな宝石を見つけます。
(B)糸が引っ張られたことで、はね上げ蓋止めがはずれます。
(C)はね上げ蓋が探索者の体重と釣合おもり石の重みによって下へ落ちます。
(D)はね上げ蓋についているボルトのさし込み穴からボルトが抜けます。
(E)釣合いおもり石が下へ落ちます。
(F)釣合いおもり石が穴をふさぎ、中には犠牲者が閉じ込められます。クモは生きたエサ、不注意な間抜けのエサが好きなのです。騒ぎ立てる声でレンのクモは生きのいいエサがかかったことを知ります。







追記:皆さんも罠には注意しましょう。道ばたで大きな宝石を見つけても、不用意にも触らないようにして下さい。レンのクモは巨大ですので逃げ切れる可能性はほとんど無いでしょうから。

blueorb at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2006年03月29日

クトゥルフ神話〜宇宙の広大さ(広さのモデル)

クトゥルフ神話〜宇宙の広大さ(広さのモデル)

★先日も記述した宇宙関連の話の続きです。宇宙の広大さについては多くの方が漠然と認識していると思います。自分もプラネタリウム等に行った時とかに色々と例えて宇宙の広大さをナレーションで聞いた覚えがありますがイマイチ<ピーン>とこないのです。それでその<ピーン>ときたのが最近MIXI日記で「かま猫」様が例えたモデルなのです。「かま猫」様は天文学のプロで実際天文関係のお仕事をされておりまして、またラヴクラフトが大好きなのです。その「かま猫」様の説明文をご本人の了解を得まして掲載させて頂きます。文章のエッセンスを損なわないようにするためにほぼ完全に掲載させて頂きます。これを読めばどれだけ宇宙が広大か<ピーン>とくるはずです。では以下。(テーマはUFOと宇宙人の話です)


目の前にパチンコ玉があると想像してみてください。これを私達の太陽だとします。これを基に、正しいスケールの宇宙の模型を作ることにします…すると地球は直径0.1mmの粒――小麦粉一粒くらい――の大きさになって、大体1m離れたところを回っていることになります。月は地球から4mmの間隔でその周りを回っています。…恐ろしく縮めた模型ですが、この縮尺で、まずは太陽系の大きさを想像してみましょう。大体こんな感じになります。

水星…太陽から40cm、金星…70cm、地球…1m、火星…1.5m、木星…5m、土星…9.5m、天王星…20m、海王星…30m、冥王星…40m。隣の家どころか数軒先の家です。ちなみにこの模型では、太陽系最大の惑星木星でも直径1mmにしかなりません。

ね?思った以上に広いでしょう?でも驚くのはこれからです。夜空に見える星のほとんどは「恒星」、つまり太陽のように大きくて自分で燃えて光っている「よその太陽」です。ウチの太陽は宇宙に散らばる無数の恒星のうちのたった一つに過ぎないわけです。その中でも一番ウチの太陽に近いのが、SFでもお馴染みのαケンタウリ星(厳密にはこの星は連星系で、一番近いのはその中の「プロキシマ」という星)。ここまで、この模型でどのくらいになると思います?

正解は……280km!メートルではありません。キロメートルです。ざっと東京〜仙台間です。言っておきますが、これは「お隣の太陽」までです。他の恒星は、パリのハワイだのニューヨークだの、その辺りにあるパチンコ玉になってしまうのです!
こうして世界の主要都市にパチンコ玉をばら撒いたくらいの密度で星が広がっているのが恒星間宇宙です。ちなみに天文学で使う「1光年」は、この模型だと約60kmに相当します。

でも宇宙はこれで終わりではありません。そんなスカスカ具合ではありますが、ずっと遠くから見ると、恒星たちは2000億個くらいの集団になって、巨大な渦巻きを形作っています。これが「銀河系」。銀河系の直径は約10万光年、この模型の縮尺でもおよそ600万km…また想像の範囲を超えてしまったw
そしてまたまた私達の銀河系は、宇宙に無数にある「銀河」のうちの、たった一つに過ぎないというわけです。

こんなに広大な宇宙の中で、人類のような存在が地球だけにしかいないとは到底思えません、きっとそこいらじゅうにいる事でしょう。なにしろ黴菌のようなものですから、どこにでもわきますw そういうわけで、私は宇宙人はいくらでもいると思っています。しかし、地球までホイホイやってきているかというと、それは話が別なんです。

だって考えてもみてください。この模型で言うと、宇宙人というのはざっとモスクワ辺りのパチンコ玉の周りを、小麦粉一粒くらいの惑星が回っていて、そこに住んでるわけです。そこから目の前のここにある小麦粉の粒の表面に60億住んでいる、人類という存在に気がつくなんて、まずちょっと無理でしょう。…でもまあ百歩譲って、気がついたとしましょう。彼らはその科学力を駆使して、「空飛ぶ円盤」を作ってやってくるわけですが…地球人が作ったもので、今一番遠くまで飛んで行ってるのは、冥王星より遠くを今も飛行中のアメリカの探査機「ボイジャー1号」です。この模型だとざっと90m向こうまで行っています。ただし、そこまで行くのに約30年…。宇宙人は、モスクワからやってこないといけないわけで…めちゃめちゃ大変っすよ、これw

まあそれでも千歩譲って、ものすごい頭のいい宇宙人が、宇宙で最も速い光の速さで飛ぶ円盤を作り上げ、それでやってくるとしましょう。光速というのはご承知の通り、秒速30万km。1秒間に地球の周りを7回半回るスピードです。さて、ではこの模型で考えてみると…1秒で小麦粉一粒の周りを7回半… たいしたことないっつうの! 太陽から地球まで光でおよそ8分です。つまり8分で1mですから、この模型での光速は、だいたいカタツムリの全力疾走くらいになります。つまり、光速の円盤でやって来るにしても、モスクワからカタツムリに乗ってくるくらい大変な旅になるわけです。…ね?無理ですってw

でもまあ分りました。1万歩譲りましょう。超光速飛行やワープを使って(←これ、科学的には相当譲ってますよ)、それでも宇宙人は地球にやってきているとしましょう。でもそういうことのできる人たちは、メチャクチャ頭いいはずですよね? そういう人たちが、せっかく着いたのに、コソコソ隠れて麦畑に模様描いたり、牧場に忍び込んで牛のキンタマ抜いたりすると思います? 私はも少しマシなことすると思いますよ、マジでw

まあそういうわけで、私は宇宙人がここいらまでちょくちょくやって来ては、人攫いやったり、怪しげな人生訓垂れたりしてるとは、信じたくっても信じられないわけですよ。ただ、逆にこういう天文学的事実は教訓的でもあります。人類ってのは、小麦粉の上で領地を争ったり、さらにはこの宇宙全体を作った神という観念の見解の相違とやらで、毎日殺し合いをやってるわけですから…

アマチュア天文学者であったラヴクラフトは、こういう正しいスケールの宇宙観を持っていたはずです。そして人類など歯牙にもかからぬ存在であるという「宇宙的恐怖」の真髄は、こういう宇宙のイメージを持ってはじめて味わえるものだと思うのです。

しかしそれはそれとして、想像力は簡単に光速の壁を破り、そんな広大すぎる宇宙を軽々と飛び越える翼を持っていることもまた事実でしょう。写真は我が銀河系のわりとご近所にあるよその銀河、NGC253です。こういう「スケール感」を持ってよく見ると、この渦巻きの中に、ほら、ヤディスや他の異形の宇宙人たちが無数に住んでいるのが見えてきませんか…




そうなのです。広いのですよ宇宙は・・・<ピーン>ときたでしょう皆さん?となりの恒星までパチンコ玉のモデルで比較して280km・・・遠すぎますよ・・・


追記:かま猫さま掲載許可を頂きありがとうございました。いつかこのお礼をさせて頂きたいと思います。
追記2:カーリングでの御活躍楽しみにしています。


blueorb at 10:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)宇宙・地球・異次元 

2006年03月28日

クトゥルフ神話〜宇宙の広大さ

クトゥルフ神話〜宇宙の広大さ(誕生)

★宇宙について記述します。そもそも宇宙はビックバンで始まったとされて今も膨張を続けています。で果たしていつまで膨張を続けるのだろうか?という疑問と宇宙が誕生する前には何があったのか?とい疑問があります。宇宙が誕生する前には<無>しかないというのですが、そもそも<無>・・・何もないものから、<有>・・・存在するものが生まれるのはどうしてか?ある人は<無>の<ゆらぎ>から生まれたと本で読んだことがありますが、<ゆらぎ>から何故生まれるのか?
今、我々の存在している<宇宙>は全くの原始宇宙でこれ以前に<宇宙>が存在していないならば<無>から<有>が生まれるという議論が最初の大命題になると思う。でも我々の存在している<宇宙>の前に<別の宇宙>が存在していたとするならその<別の宇宙>の他に<別の宇宙2>が存在していたのかとうい疑問も生じる。たとえばある<宇宙>をAといます。<A宇宙>から<B宇宙><C宇宙>が生まれ(アメーバのように分裂、か母親が子を生むような誕生か?は議論しないことにします)でその<B宇宙>から<D宇宙><E宇宙>が生まれ、<C宇宙>から<F宇宙><G宇宙><H宇宙>などの複数の宇宙が次々に生まれることも考えられるし、また生まれて存在している宇宙<X宇宙>と<Y宇宙>がぶつかり融合し<Z宇宙>が生まれることも考えられる。でも究極的にはやはり一番最初の<原始宇宙>はどのように生まれたかの議論に行き着くのですが・・・<無>から<有>が生まれることについての明確な答えを導きだすのは人類には無理かもしれないですね。この広大な宇宙の<ちり>のような存在では・・・でもいずれは解明されるかもしれません。優秀な天文学者や研究者が日々探求し研究していますから・・・そして次回は宇宙の広大さについて、ある方のお話を元に記述します。

blueorb at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)宇宙・地球・異次元 

2006年03月27日

クトゥルフ神話〜VIP?

4a13d486.jpgクトゥルフ神話〜VIP?

★サムライ・・・





blueorb at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月26日

クトゥルフ神話〜ある男の最後の日記

クトゥルフ神話〜ある男の最後の日記

★電燈はまだつかない----かれこれ五分はたったはずなのに。稲妻だけが頼りだ。稲妻が光るたびに安堵するが、何かの感能力が働いているようだ。・・・記憶が混乱している。まえに知らなかったものが見える。他の世界が、他の銀河が、他の宇宙が・・・虚空のなかの始まりが見える・・・闇が・・・ああ、おかしくなりそうだ・・・究極の暗黒・・・見えるはずが無い・・・ああ・・・恐ろしいものが見える・・・やつが見える、そして見つめられる・・・こちらを認識している・・・くそ、おかしくなりそうだ、街の景色と究極の虚空がだぶって見える・・・ああユゴスまで来ている・・・もうそこまで来ている・・・そして・・・稲妻の光が消えたとき・・・・・・
わたしの名前は青木だ。北海道湯阿見沢のノースロップ街2044に家をもつ青木・R・カーターだ・・・わたしはこの惑星にいるのだ・・・
アザトースよ、どうかあわれみを!稲妻はもう走らない---恐ろしいことだ---視力ではありえない異様な感覚がする、光が聞こえる、音が見える、ああ温度の味がする、五感のすべてがおかしくなっている・・・わたしは正気なのか?くそ・・・もうだめだ!光は闇だ、闇は光だ、・・・丘にいるアメリカ人だけが頼りだ・・・もっと明るく蝋燭を灯せ・・・さもないと・・・ああ・・・だめだ・・・イガガ・・・ナウ・・ギ・・・スル・・・イア!!!イア!!!あいつが見える---地獄の嵐・・・黒い翼・・・空の巨大なにじみ・・・光の球体・・・ヨグ=ソトース!救いたまえ---あれは・・・ムアアアニギ・・・・シャ・・・デアウウ・・・
・・・







blueorb at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月25日

クトゥルフ神話〜ヨグ=ソトース!!・・・バミューダの謎・・・

25ea4141.jpgクトゥルフ神話〜ヨグ=ソトース!!・・・バミューダの謎・・・

★本日フジTVのアンビリバボーの3月16日放送分の再放送を見ました。そして強烈な印象を受けたのでご紹介します。メモを取り見て文章をまとめたのですが公式サイトの説明文の方が分り易い為申訳けないのですが、ほぼ完コピで掲載します。


1970年12月4日午後3時、リゾート開発業者ブルース・ジャーノンは小型機でバハマのアンドロス空港からフロリダのパームビーチ空港に向かっていた。同乗したのは父ブルース・シニアと同業者のチャック・レイファエット。視界が良くなってきたので、機体は予定高度3000mまで上昇を始めた。その時、前方に楕円状の雲を発見した。幅は約2.5km、上面の高さは約450mで珍しい形ではないが、通常は5000m以上の上空に出るものだ。
 その雲を上に回避するために上昇を始めたのだが、奇妙なことにその雲は機体を追いかけるように急激に巨大化し白い積雲状に変化した。さらに機体を上昇させると雲も大きくなり、いつしか高度3500mに達していた。
 なんとか振り切ったと思っていたのだが、次に目の前に半円状に広がる雲の壁が出現した。壁の高さは上空およそ12000mで、通常の積雲は海面から数百m離れているのだが、この雲の壁は直にそびえ立っていた。こんな雲を見るのは初めてだった。

 もう上昇するのはやめてこのまま抜けようと思っていたところ、さらに驚くべきことが起こった。前方の雲の壁とさきほど振り切った雲がつながったリング状の雲に機体が囲まれてしまったのだ。出口のないこの雲の直径は50kmはありそうだった。
 15kmほど進んだ頃、前方の雲の上面がV字状に裂けたのでそこを抜けようとした。ところがみるみる上面が膨らみつながって直径1.5kmほどのトンネル状に変化した。機体が近づくと、入口はどんどん縮んでいった。やむを得ず突入すると、機体は大きな衝撃を受けた。
 トンネル内部は濃い霧に覆われており視界が悪かった。しかし奥に進むと明るく光りながら螺旋状に回転していた。出口に差し掛かる頃には、トンネルは両翼に触れるほど縮まっていた。
 そして出た瞬間、エアポケットに落ちたように無重力状態になった。後ろを見ると、雲の出口は崩壊してなくなった。リング状の雲から抜け出しても、まだ機体は霧に包まれたままだった。

機体の位置を確認しようと目を向けると、計器の一部は異常をきたし激しく回転していた。ジャーノンはレーダーで正確な位置を確認してもらおうと管制塔に問い合わせた。離陸から間もなく30分、マイアミ南東150kmのビミニ諸島付近を航行中と思われた。
 ところが管制官の応答は意外なもので、飛行中の航空機が一機もないというのだ。突然無線が不通となり、信じられないことが判明した。陸が見えてきた時に無線が回復すると、「やっと見つけたよ。マイアミビーチを飛んでいる機体だな」というのだ。
 周囲の霧が消滅すると、機体は紛れもなくマイアミビーチを飛んでいた。狐につままれた気分でパームビーチ空港に降り立つと、3人の時計も空港の時計も3 時48分だった。同じ航路を何度も飛行しているが、これまで90分以下で飛行したことはなかった。それが50分足らずで到着したことになる。
 この時ジャーノンが乗っていたビーチクラフト機は最高時速300km、アンドロス空港からパームビーチ空港の距離は400km。最高時速で飛び続けたとしても80分はかかる。しかも、到着した時の消費燃料は50分の飛行分だったのだ。

 追い風が吹いていたというわけでもなく、ジャーノン氏は40分ぶん瞬間移動したとしか考えられないと話す。この時彼が飛んでいた場所は魔の三角形、バミューダ・トライアングルのまっただ中だった。バミューダ・トライアングルとはバミューダ島・マイアミ・プエルトリコを結ぶ海域のことで、ここではこれまでに100を超える船舶や航空機が跡形もなく消え去る怪現象が多数報告されている。
 中でも有名なのは、「フライト19失踪事件」である。1945年12月5日、フロリダから飛び立ったフライト19と呼ばれる5機の海軍機が、方位計器異常という報告を最後に消息を絶ち、海軍による徹底的な捜索にも関わらず残骸すら発見されなかった事件だ。
 バミューダ・トライアングルの怪現象については、巨大竜巻説やUFOによるサンプル採取説、メタンガスによる異常燃焼説などが唱えられてきたが、いずれも残骸が発見されないことには有効な解答を示していない。
 ジャーノン氏の瞬間移動についても全く説明がつかない。実は、過去に彼と同じ瞬間移動を体験した人が存在した。大西洋横断飛行を初めて成功させたチャールズ・リンドバーグだ。生前は誰にも明かさなかったこの体験について、彼は死後出版された自叙伝で初めて公にした。

大西洋横断成功の翌年1928年2月13日の夜明け前、ハバナ空港を離陸しフロリダキーズ諸島上空を飛行中だった。突如羅針盤が激しく回転し始め上昇するにつれて霧が濃くなった。上昇しても下降しても脱出できず、やがて日の出と共に羅針盤の回転も止まったというのだ。
 この時機体はキーズ諸島から東に500kmも外れたバハマ諸島上空を飛行していたという。最高速度で飛び続けても到着する距離ではなかった。
 バミューダから生還した人を襲った計器異常、レーダーからの消失、そして不可解な瞬間移動。ジャーノン氏は自らの体験から驚くべき仮説を唱えた。
 実は彼は1970年の怪現象の26年後にも同じ体験をし、それが謎の解明につながったという。1996年2月、リゾート開発という仕事柄、同じ海域を頻繁に飛行しているジャーノン氏は、この日も妻と一緒にキーズ諸島上空を飛行していた。
 晴天のもと順調に飛行していたのだが、突然濃い霧に包まれ計器が異常をきたした。不安を感じて気象状況を問い合わせたところ、霧はなく視界は10kmまで良好という返答だったのだ。その時の霧は、26年前にリング雲の中で見た霧に似ていた。さらに不思議なことに、霧は機体の真下だけぽっかりと開いていて、時速290kmで飛行する機体にくっついてきた。霧の穴からは後方に走っていく陸地がはっきりと見えた。

やがて白い霧は消滅した。飛行機は霧の中を飛行していたのではなく、霧が機体の周りを付いてきたのだ。
 ジャーノン氏は霧の正体について、「電子霧」だと仮説を立てた。電子とは、物質を構成する最小単位の原子の中心部にある核の周りを回っている、マイナスの電荷を帯びた粒子のことである。ジャーノン氏によると電子霧とは電子が霧状に凝縮されたものであるが、電子霧は理論上のもので現在の科学で立証されたものではない。
 では仮に存在するとすれば、発生のメカニズムはどうなのか。ジャーノン氏はリング状の雲に着目した。これは自然界にはないとされるのだが、ある特殊な状況下で発生すると考えられている。それは地球の磁場だ。磁場が変動する際に帯電した雲がリング状になることは考えられるというのだ。
 さらにジャーノン氏は、バミューダ海域は地球の磁場の影響を受けやすいエリアと考えている。そこに発生したリング雲は内部が帯電しているため電子霧が生まれやすく、マイナス電荷を帯びた電子霧が金属である機体に付着したまま移動すると考える。

 電子霧によって、計器異常の説明はつく。レーダーからの消失も、電波の反射を利用して位置を確認するという仕組みから、電子が電波を反射しないのでレーダーに捉えられないと説明ができる。 では、最大の謎である瞬間移動はどうだろうか。物理学者のキップ・ソーン博士によると、これは「ワームホール」によって説明できるという。ワームホールとは高密度のエネルギーが満ちた場所に生まれる、異なる時間と空間をつなぐトンネルだという。ワームホールを通ることができれば、一瞬にして時空を超えることができるとされる。
 これはアインシュタインの相対性理論により理論上は可能とされ、リンゴなどにできる虫食い穴に例えられて「ワームホール」と呼ばれる。
 ジャーノン氏は、電子霧が発生する際には磁場の乱れが起こり、そこに時空の歪みすなわちワームホールができると考えるのだ。

インディアナ州ではこの電子霧説を裏付けるような事件が起こっていた。衛星画像にリング雲がはっきりと映し出されており、さらにこの時刻に謎の飛行物体を目撃した人物がいたのだ。
 ドナルド・ピルズ氏は1996年8月2日、西の空に直径約80mのダークグレーの平たい物体が浮かび、水平状態からテーブルにコインを立てたような倒立状態になるのを目撃した。物体はその内側から光り始め、一度暗くなって再び明るくなった途端、南に300mほど移動した。
 驚いたのはその後、物体が南に移動しながら上空の開口部の中に消えて行ったことだ。翌日、新聞でリング雲が発生したことを知ったピルズ氏は、自分が見たのはリング雲によって発生したワームホールに謎の飛行物体が侵入する場面だったのではないかと考えた。

 リング雲・電子霧・ワームホール。将来、これらの点が一本の線に繋がった時、バミューダ・トライアングルの謎が解明されるのかもしれない。


とのことなのです・・・最後の下線部は自分が引きましたが、これは紛れもなくヨグ=ソトースです。で番組でも言っていましたが大きな力が作用した場合は時間と空間を超え生還できなくて、今回の生還者の例の場合は働く力が小さかったから生還できたのではないだろうかということでした。確かに、不明になった艦船や飛行機の多さや、残骸が発見されていない例が多すぎることからそのように考えることができると思いました。でバミューダ周辺で邪神を崇拝していて、その信仰のなかでヨグ=ソトースを召喚してしまい、その影響をバミューダ近郊のこれらの事象のような与えてしまっているのではないでしょうか?・・・あくまで仮説、推論、自分の妄想も入っていますが・・・非常に興味深いですね。否定しようにもいろいろな事象が多すぎますね、バミューダは・・・


番組のサイト(今回紹介の3月16日分)
http://www.fujitv.co.jp/unb/index2.html

番組公式サイト(TOP)
http://www.fujitv.co.jp/unb/index2.html


追記:写真などあり分り易いため公式サイトの今回のページにてアクセスしてご確認下さい。また今回は完コピですいません。

追記2:ヨグ=ソトース!!

blueorb at 15:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月24日

クトゥルフ神話〜トピック等

クトゥルフ神話〜トピック等

★発売が待たれるクトゥルフのTRPG「比叡山炎上」ですが、エンターブレインのページで発売が5月と情報更新されていました。予価は3,990円で変わらず。ちなみに「比叡山炎上」はバリアントルールということで「ダークエイジ」のように単体で遊べるようなルールとなっています。戦国時代が主な舞台となり、古き日本と西洋からの技術や文化の流入期が重なりますのでいろいろできそうですね。クトゥルフというとやはり西洋的な舞台を強くイメージしてしまいますが、クトゥルフ関連の邪神群は西洋、東洋は関係なく存在していますのでシナリオの雰囲気が重要だと思います。土着のもの、西洋がらみ、南方、太平洋・・・いろいろ想像してしまいます。期待して5月まで待ちましょう。子供の日がらみやゴールデンウィークあたりが発売よいかも・・・
もう一つのトピックですが「クトゥルー神話辞典(第3版)」東雅夫先生著の発売についてですが、BLOGに記載ありましたがまだ原稿を書いている模様ですのでもう少し待ちましょう。で記事のなかでタイスン版「ネクロノミコン」の発売が好調で増刷が決定した模様です。確かに書店には結構入荷数があり店頭に並んでいましたが、気がつくと売れて無くなっていましたので好調なのは感じていましたが、値段が値段だけに一抹の不安もあったのですが入らぬ心配でした。それと東先生のBLOGの記事に気になる部分を抜粋します。以下。


ちなみに、特に名を秘す同書担当編集者のお話によると、今回の好評が弾みとなって、長年にわたりペンディングになっていた某企画とか、つい最近、海彼から飛びこんできた驚愕の某書とかが、いよいよ出版に向け具体化を始める模様。某国書刊行会でも近々ちょいとした動きが予定されていますし、今年から来年にかけて、クトゥルー出版シーンからは目が離せませんぞ!


ううううっ・・・下線部、力強いコメントです。今年も凄い年になりそうですね。


イアアアアアア!!!!
イアアアアアア!!!!

ヌグ!!! タガ!!! ニフ!!!
ニカッ=ド=レ!!
オサ=マシガヒ!!






blueorb at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月23日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフトの銅像

d4052449.jpgクトゥルフ神話〜ラヴクラフトの銅像

★以前も紹介したかも知れませんがHPLの銅像のご紹介です。最近のMIXIの森瀬様の日記でも記述ありましたが、ラヴクラフトの銅像です。机の上に置き、ラヴクラフト全集を読むと気分が高ぶります。猫を膝に乗せ、夜は天体望遠鏡で夜空を見、友人達に手紙を書く・・・銅像を見ると色々とイメージが湧くはずです。で値段は175ドルです。クトゥルフの銅像もあり100ドルと75ドルの2種類あります。以下紹介文です。


The oldest and strongest emotion of mankind is fear. And the oldest and strongest kind of fear is fear of the unknown." H.P. Lovecraft, August 20, 1890 - March 10, 1937

6 3/4" bust of classical horror writer H.P. Lovecraft on 2" marble base. Inspired by museum busts of writers and musicians, this is a perfect way to show your dedication to the creator of the Cthulhu mythos.

Each piece is individually finished to ensure the highest quality for collectors. The bronze is polished to a high finish then sealed with a wax and buffed to a high sheen.

"H.P. Lovecraft Bust Cold Cast Bronze" $175.00

The Gaijin's Dojo:Bazaar of the Bizarre
http://www.raginggaijin.com/pages/5/





blueorb at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月22日

クトゥルフ神話〜『ホラー・ジャパネスク読本』について

d01f9bc2.jpgクトゥルフ神話〜『ホラー・ジャパネスク読本』について

★3月16日の東先生のBLOGにも記載がありますが、双葉文庫から『ホラー・ジャパネスク読本』が発売になりました。で書店で発見し表紙をめくっての裏に若干の説明が・・・そしてその中に「近著にクトゥルー神話辞典」そう第3版の告知がありました。今春発売予定ですが詳細は未だ不明です。で「ホラー・ジャパネスク読本」の説明ですが、東先生のBLOGより一部抜粋します。


本書は、ホラー・ジャパネスクの最尖端に位置する七人の作家との対話を通じて、その多様な拡がりと幽玄なる特質を探究しようとする試みである。
ホラー・ジャパネスクとは、二十世紀最後のおよそ十年間にいたってにわかに顕在化した、国産ホラーの一潮流を指す。
日本固有の風土や民俗に根ざした神秘幻妖の世界を創作行為の糧にして、新たなる「伝奇と怪異」の文学を生みだそうとする作家たちが、この時期、相呼応するかのように呱々の声を挙げたのであった。
宮部みゆきと京極夏彦、坂東眞砂子と篠田節子、小野不由美と恩田陸、岩井志麻子と津原泰水、加門七海と福澤徹三……一騎当千の実力派ぞろいである彼らの文学は、やがてホラーや伝奇の枠を超えて、驚くほど広範な読者を獲得することになった。

文芸の世界ばかりではない。ハリウッドを席巻した国産ホラー映画『リング』『呪怨』や、日本古来の鬼譚の流れを汲む異形のヒーロードラマ『仮面ライダー響鬼』。あるいは岡野玲子『陰陽師』、今市子『百鬼夜行抄』、漆原友紀『蟲師』をはじめとする漫画作品や、ゲームソフト『SIREN』。そして智内兄助や松井冬子の絵画作品――「和」のテイストを偏愛してやまないホラー・ジャパネスクの潮流は、映画、漫画、ゲーム、アートなどの周辺諸分野へもひそやかに波及し、新世紀を迎えた現在もなお、一向に衰える気配を見せないのである。

私が「ホラー・ジャパネスク」という言葉を創案したのは、一九九四年の七月――雑誌『幻想文学』(第四十一号)で、おりしも興隆の機運が高まっていた現代日本のホラー小説を特集したときのことだ。
 当初は「ホラー・ジャパネスク・ムーヴメント」と銘打つつもりでいたのだが、特集のタイトルとしてはいかにも長すぎるため、土壇場で「ムーヴメント」を省くことにした。
ならば「ジャパネスク・ホラー」もしくは「ジャパニーズ・ホラー」とでもすべきではなかったか、と突っ込まれそうだが、たんなる「日本(風)のホラー」では、私の意図したところとは微妙に意味合いが異なる。
なぜならホラー・ジャパネスクとは、先にも述べたとおり、当時相次いで頭角を現わし、日本のホラー小説シーンに新風を吹きこみつつあった一群の書き手に共通して認められる志向と嗜好――伝承文化の幽暗な領域に好奇のまなざしを注ぎ、想像力を賦活させ、伝奇と怪異の新地平を拓こうとする作家たちの動向を指し示そうとする言葉だったのだから。
ちなみに『幻想文学』に端を発する私のホラー・ジャパネスク探求作業は、日本初の怪談専門誌として二〇〇四年に旗揚げした『幽』においても継続中である。

本書『ホラー・ジャパネスク読本』は、二〇〇三年六月に双葉社より刊行された対談集『ホラー・ジャパネスクを語る』をベースに、各収録作家に関する編者の論考と、原著の企画編集を担当した三津田信三氏との対話を新たに加えることで、ホラー・ジャパネスク・ムーヴメントに関する唯一無二の「読本」を目指したものである。
ちなみに、カバーデザインに使わせていただいた写真家・鬼海弘雄さんの作品は、ななな、なんと間村俊一さんのリクエストによる撮り下ろしなのだとか! いやはや恐縮至極であります。
もひとつちなみに、思えば本書には、ビーケーワン怪談大賞の両選者(加門さん福澤さん)と『幽』怪談文学賞の選考委員3名(岩井さん京極さんとヒガシ)の談話が収録されているわけです(笑)。敵を知り己を知れば百戦あやうからず、とか……そちら方面の関心で読んでも、必ずや有意義な本であると確信しておりまする。


とのことです。詳細は東先生のBLOGでも確認下さい。右のリンク先からもいけます。値段は680円です。下線部、太字は自分が記述しました。

東雅夫の幻妖ブックブログ
http://blog.bk1.co.jp/genyo/
ビーケーワン
http://www.bk1.co.jp/product/2646400

blueorb at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月21日

クトゥルフ神話〜WBC関連・・・世界1!!

ff1ee862.jpgクトゥルフ神話〜WBC関連・・・世界1!!

★今日でWBC関連は終わりにします。えーご存知ですよね。皆さん・・・日本代表<王JAPAN>が世界一になりました!!!おめでとうございます。自分は街の電気屋で途中から見ましたが・・・凄い人だかりでした。先日の韓国戦の2倍はいました。で結果は・・・

10対6

見ていて胃がキリキリしました。やはりキューバは強かった・・・一筋縄ではいきません。一発もあり破壊力もありますので最後まで緊張しました。日本代表は最高の試合をしました。本当におめでとうございます。でいくつか気になった点が・・・

足の遅い選手・・・確か金城だったような・・・3塁からホームにタッチアップで戻るシーンだったような・・・遅い・・・遅すぎる・・・本人はそんなに遅くないと言っていたというけれど、どう見ても遅いのです。以下イメージ

自分「あータッチアップ、スタート遅い・・・ああ・・・」
隣のおっさん「あー遅いなー」
自分「あーまだ着かない・・・」
隣のおっさん「遅いなー」
自分「あー時間が・・・」
隣のおっさん「しかし遅い」
自分「まだ真ん中」
隣のおっさん「時間の進み具合が日本と違うのか?」
自分「それはあるかも・・・」
隣のおっさん「どのくらい遅いのかな時間?」
自分「多分日本で10秒のところ20秒くらいの感覚」
隣のおっさん「あーどうりでスロー再生の感じがした」
自分「あー確かにそんな感じですね」
隣のおっさん「時差だけじゃなく、時間の進み具合も違うのか」
自分「多分そうです」
隣のおっさん「あああ、まだ着かないよホームに」
自分「まだ半分過ぎたとこですね」
隣のおっさん「あー腹へったー」
自分「同じく!!」
隣のおっさん「しかし遅いなーまだホームに着かない・・・」
自分「マックでも行きますか・・・」
隣のおっさん「食べ終わってもまだホームに着いてないかも・・・」
自分「何か、だんだん遅くなってますね、その内止まったりして」
隣のおっさん「今日中に着くかな?ホームに?」
自分「もしかしたら日付変わるかも知れないですね」
隣のおっさん「終電乗り遅れるのやだなー」
自分「今から家に帰ってTVみたら丁度ホームに着くぐらいでは?」
隣のおっさん「あーそうだな。マック買って帰ろー」
自分「あーお疲れ様でした」
・・・・

・・・

・・


自分「あーやっと着いた」
とこのぐらい脳内会話しても時間が余るぐらい遅いのです。

2つ目に気になっていたのはやはりあの男・・・疑惑判定の多いデビッドソン審判・・・もうかなり有名人ですよ・・・もう解説者も「あーもう1塁のジャッジに関しては語るのはやめましょう」みたいな発言・・・確かにもうーあの人って・・・おかしなジャッジがスタンダードになってます・・・さすがアメリカ・・・
偉大な男を審判に起用してくれましたね、ありがとう・・・面白い人を教えてくれて・・・もうおかしくて途中、脳内でまたイメージが・・・

奴をなんとかしなくてはと、ジャパンが取り得る選択肢がいくつか

。盈櫃冒者が進むときデビッドソンにタックル・・・テイクダウンからマウントパンチ(この間わずか0.5秒くらいで終わらせる)

▲ぅ船蹇爾覆匹梁任辰紳乃紊妊乾襯13のようにデビッドソンの額に・・・

F本側が守備の時に1塁に牽制球を投げる・・・勿論ターゲットはデビッドソン

ど當未棒狂兇鯀りこみファーストを守らせる。カメラに写らないように、番長のラリアット・・・

セ邱臍阿・・・

これらは妄想であくまでジョークですので・・・


でも様々な困難を乗り越えよくやってくれました。もう毎回はらはらです。でも本当に今回の大会で日本が優勝した意義は大きいです。アメリカでもなく中南米でもなく、アジアのチームが優勝しそのレベルの高さを証明しました。勿論途中敗退した韓国等他のチームも凄かった・・・今度は3年後でその後は4年に1回の開催だそうです。で今回の試合の詳細は以下サイトで確認できます。

キューバ vs. 日本
http://live.sports.yahoo.co.jp/sportsnavi/211_wbc.htm

WBC関連
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/jpn/wbc/2006/index.html


監督: 王 貞治(ソフトバンク) 背番号89
コーチ: 大島 康徳(打撃コーチ) 背番号87
鹿取 義隆(投手コーチ) 背番号86
武田 一浩(投手コーチ) 背番号84
辻 発彦(内野守備走塁コーチ) 背番号85
弘田 澄男(外野守備走塁コーチ) 背番号88

投手 11 清水 直行 千葉ロッテ
投手 12 藤田 宗一 千葉ロッテ
投手 15 久保田 智之 阪神
投手 18 松坂 大輔 西武
投手 19 上原 浩治 巨人
投手 20 藪田 安彦 千葉ロッテ
投手 21 和田 毅 ソフトバンク
投手 24 藤川 球児 阪神
投手 31 渡辺 俊介 千葉ロッテ
投手 40 大塚 晶則 テキサス・レンジャーズ
投手 41 小林 宏之 千葉ロッテ
投手 47 杉内 俊哉 ソフトバンク
投手 61 石井 弘寿 ヤクルト
捕手 22 里崎 智也 千葉ロッテ
捕手 27 谷繁 元信 中日
捕手 59 相川 亮二 横浜
内野手 1 岩村 明憲 ヤクルト
内野手 2 小笠原 道大 日本ハム
内野手 3 松中 信彦 ソフトバンク
内野手 7 西岡 剛 千葉ロッテ
内野手 8 今江 敏晃 千葉ロッテ
内野手 10 宮本 慎也 ヤクルト
内野手 25 新井 貴浩 広島
内野手 52 川崎 宗則 ソフトバンク
外野手 5 和田 一浩 西武
外野手 6 多村 仁 横浜
外野手 9 金城 龍彦 横浜
外野手 17 福留 孝介 中日
外野手 23 青木 宣親 ヤクルト
外野手 51 イチロー シアトル・マリナーズ


blueorb at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月20日

クトゥルフ神話〜WBC関連・・・各国の野球事情など

クトゥルフ神話〜WBC関連・・・各国の野球事情など

★先日もWBCの関連記述しましたが、本日もその関連記述をします。まず先日の日韓戦の視聴率ですが、平均視聴率は関東が36.2%、関西が35.0%だったそうで、瞬間最大試合終了時に50.3%を記録したそうです。・・・凄すぎます。視聴率ですが視聴率のモニター世帯のTVが電源OFFでもカウントして合計100%ですので、その時間に家に不在でTVを見て無い世帯が30%とすると、70%がTVを視聴したことになって1世帯1TVとすると70%のうち50%がWBCを見ていたことになる・・・すごいです。ちなみにビデオなどの録画は視聴率にカウントしないようです。詳しくはビデオリサーチ社の下記アドレスで確認下さい。

ビデオリサーチ社世帯視聴率の計算方法
http://www.videor.co.jp/rating/wh/09.htm

そして本題ですが今日の朝のTVで韓国の野球事情をレポートしたものを見ました。韓国の中学校の教室の映像で授業中なのに空席が目立つのです。レポーターが何故ですか?と聞くとなんと野球部員は午後は授業免除だそうで午後はひたすら練習だそうです。そしてそれが当たり前だそうです。・・・この時点で気合いが入ってる!!と思いました。でもその野球部の部員全員が100%プロを目指しているのです。その部員の一人の親がTVで言っていたのですが、高校・大学の進学が心配だと言っていました。学年が進むごとに学力が低下しているそうです。で進学もプロも失敗したらもう軍隊しか行くところがないとも言っていました。それだけ野球に集中し中学から背水の陣です。で日韓の野球部のある高校の比較が出てました。以下

日本 4253校
韓国 55校(元プロ野球選手が監督やコーチで在籍しているのが31校)

断然数が違いますが韓国は元プロがかなり指導しています。そしてそれが普通だそうです。で韓国では元野球選手が<コーチアカデミー>という所で受講すれば学校の監督・コーチをできるそうですが、日本では2年以上大学の指導なんとかというのを受けてさらにいくつかの条件をクリアしないと学校の監督やコーチにはなれないようです。日本はプロとアマの対立・・・(いろいろと大人の事情があるのでしょう)・・・壁がありますね。
それで明日対戦するキューバですが違う番組で江本(エモヤン)が言っていましたが12歳から選抜しエリートを養成するようです。結構国を挙げて英才教育してる国があるのですね。そして明日の日本対キューバですが疑惑判定の多いデビッドソン審判が1塁の塁審をやるそうです。彼の判定からは目が離せません。明日午前11時試合開始です。


追記:イチローが燃えていますが、普段アメリカでプレーしてるため今回は日本代表としてプレーできるので気合が入っているのでしょう。事前の発言で韓国等に波紋を呼び、プレイ中はブーイングの嵐。普段ブーイングをほとんど受けないイチローはその件もあって燃えているのではと思いました。あとそれと関係があるか分りませんがライト側で外野席の手前で落ちたフライを捕ろうとして、邪魔された映像が一瞬見えましたが、明らかにボールを捕ろうというファンの手ではなかったと思います。手を左右に振りイチローの手を邪魔していました。何人かは分りませんが・・・イチローの表情でなんとなくは予想はできますが・・・

追記2:自分は反韓ではありませんので誤解のないように・・・御願いします。基本的には中道平和主義ですので。

blueorb at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月19日

クトゥルフ神話〜WBCの結果・・・をうけて

クトゥルフ神話〜WBCの結果・・・をうけて

★WBCとはWorld Baseball Classic(ワールドベースボールクラシック)の略で、世界中の優秀なプレーヤーたちが母国を代表して、世界一を競う国別対抗野球大会のこと。NEWSでもかなり取り上げているので知らない人はほとんどいないと思いますが・・・。本日準決勝が行われました。日本対韓国、キューバ対ドミニカ共和国で本日の結果・・・決勝は日本対キューバとなりました。本日の日本対韓国戦を電気屋のTVで見ていたのですが・・・ハラハラ・・・もう息苦しい感じでした。日韓戦は韓国の反日ムードが特に際立つ試合で、サッカーで言えばイングランド対アルゼンチンのような感じがします。<イギリスとアルゼンチンはフォークランドを巡り戦争したので>で日本でやったワールドカップのイングランド対アルゼンチン戦は荒れる、フーリガンの暴動等が懸念され札幌の中心部は厳戒態勢でした。で感情面がクローズアップされる日韓戦だが実にレベルが高い!!のです。まず守りが堅い、投手がいいので失点が少ない・・・いかに点を入れるかの攻防が注目していました。はっきり言ってどっちが勝ってもおかしくないほどレベルが拮抗してると思います。韓国のプロ野球選手は日本と違い、子供の頃から野球をやってる子供が選抜されてきてプロになるのです。ピラミッドのような階層になっており、野球が好きでも実力がないと振り落とされるシステムになっていて選抜されてきた野球エリートなのです。ですから最近は特に実力をつけてきて、今回も驚異の勝率でした。今日は日本が勝ちましたが、敵ながら韓国はアッパレです。・・・そしてTV観戦後電波が来て・・・時空を超えたドリームチームを妄想してしまいました。以下

1番 サード R・E・ハワード
2番 ショート ドナルド・ワンドレイ
3番 キャッチャー オーガスト・ダーレス
4番 ピッチャー H・P・ラヴクラフト
5番 セカンド C・A・スミス
6番 ファースト ロバート・ブロック
7番 レフト フリッツ・ライバー
8番 ライト ラムジー・キャンベル
9番 センター ブライアン・ラムレイ

各塁コーチャーはリン・カーター、ヘイゼル・ヒールド、コーチ等F・B・ロング他・・・監督はH・P・ラヴクラフト・・・そうです。今流行りの選手兼監督、いわゆるプレイングマネージャーです。ラヴクラフトが投げて、ダーレスが受ける・・・夢の師弟バッテリー・・・感涙ものです。チームの本拠地は勿論<アーカム>です。


追記:自分の私的感想を雑記しましたが自分は野球を詳しく知っている訳ではないので、専門的な突っ込みは困ったりします。

blueorb at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月18日

クトゥルフ神話〜グーグル・マーズ

2ce86099.jpgクトゥルフ神話〜グーグル・マーズ

★検索エンジンのグーグルがまた先進的なサービスを開始しました。その名も「グーグル・マーズ」です。以下記事内容です。

Googleは3月13日、火星の地図を表示する「Google Mars」を提供開始した。

Google Marsは、アリゾナ州立大学の協力の下で作られたものだ。地図は3種類の表示が可能で、高度によって色分けされた「Elevation」タイプ、火星の軌道衛星から撮影された写真を集めて地図にした「Visible」タイプ、赤外線撮影され、高温地域は明るく、低温地域は暗く表示される「Infrared」タイプに分かれている。
地図の元となる写真は、米国航空宇宙局(NASA)の火星探索機「Mars Odyssey」の温度放出画像システム(Thermal Emission Imaging System:THEMIS)によって撮影された。1万7000枚以上の赤外線写真が使われており、火星のグランドキャニオンとされているValles Marinerisも詳細に描写されている。
Google Marsには、検索オプションに「Mountain」(山)、「Canyons」(峡谷)、「Dunes」(砂丘)などがある。それぞれのオプションをクリックすると、山や峡谷のリストが表示され、リストをクリックすると、その場所の位置や名前の由来、名前の付いた年などの情報が表示される。ほかにも、検索ボックスに「Sea」などのキーワードを入力することで、見たい場所を検索することができる。残念ながら、「Hotel」や「Restaurant」の検索結果はゼロとなる。
なお、現時点でGoogle Earthを使って火星のデータを閲覧することはできないが、Googleでは「現在(Google Earthを使った閲覧ができるよう)取り組みを進めている」としている。

とのことです。・・・遂に火星まで。この勢いで土星やあのユゴス(冥王星)もこのサービスが展開され・・・ユゴスの秘密が暴かれたら・・・ユゴスの地下都市・・・円筒形の・・・シリンダー・・・

で画像は結構鮮明でオプションで色々な場所をピックアップできます。お試し下さい。

以下記事元のアドレスです。
http://japan.cnet.com/news/media/story/
0,2000047715,20098393,00.htm?tag=blogger.cr

GOOGLE MARS
http://www.google.com/mars/

blueorb at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月16日

クトゥルフ神話〜インスマス・・・

クトゥルフ神話〜インスマス・・・

★インスマウスの影(ラヴクラフト全集1巻)のP14〜P15にかけての記載を少し考察。

不吉な影のあるインスマウスの名を耳にしたのはこのときが初めてであった。普通の地図にものっていなければ、また最近の案内書にも記載されない町であると聞いただけでも、おそらく充分に興味をそそられたにちがいないところへもってきて、・・・

の文章の下線部なのですがそれに関連して思い出したことがあります。TVで以前やっていたのですが、東京の山奥(奥多摩の方だったと思う)に地図にものっていない町(以前は)があり、廃墟になり山奥の奥深い森林のなかに家々が建っているのです。そして人気はまるでないので、レポーターが家々を散策していると、なんと1件の家に老人が1人住んでいたのです。あまりに突然だったので見ていた自分も驚きました。以前は何かの金属(石炭?)を取っていて少し栄えていた町らしいのです。不気味でした。で話題は変わりますが久しぶりに行ってみたら町が凄く荒んで寂れていたと言う経験はありませんか?人口が減少し、活気を失い、主要な産業が衰退し・・・そのような場所は地方に多いと思いますが、ロシアではソビエト連邦が崩壊して経済的な理由から国政調査が10年ほど出来なかったのですが、あるとき国政調査員がある村を訪問した際には、村人が1人もいなくなっていて、村が崩壊していた事例があったそうです。そのほかの地域にも似たような事例があったのではないでしょうか?日本では平成の大合併が進行中で「あれっ聞いたことの無い町だな?」と思っていたらごく最近までのなじみの名前の町が合併してできたものだったとういことが多くなりました。ですからもう10年経ったら今の地名(町)が地図から消えて、なおかつ町も衰退していたらそれこそインスマスです。ちなみにインスマウスの人口は冒頭の説明で300人〜400人ほどと小説の主人公に説明している駅員の語りは近い将来のどこかの町のような気がしてならないのですが・・・


追記:大都市の近郊でもインスマス的な地域は結構あります。
追記2:そのような地域に潜入、捜査したくなる自分が主人公と被ります。



blueorb at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月15日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト・デー(HPLの命日に際して・・・)

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト・デー(HPLの命日に際して・・・)

★1937年3月15日・・・偉大なる作家HPLの命日・・・毎年3月15日は貴方の功績を偲びラヴクラフト・デーとさせて頂きました。・・・生前は苦労の連続でした。貴方の功績に反比例した人生・・・。貴方は1936年12月頃から体調不良を訴えていました。両足が腫れ、腸の状態が芳しくなく、全身の衰弱が進行し起きることもままならない状態を<奇怪なことになかなか良くなりません>と書簡にも書いていました。その後貴方の趣味(趣味の域を遥かに超えていますが)手紙のやり取りを停滞せざるえませんでした。1日の大半を手紙書きに費やしていたので、日に平均15通も書いていましたね。あまりにも多くの時間と労力を手紙書きに費やしたために、友人達はその分をあなたの著作に向けてもらうよう仕向けるためにわざと返事を遅らせていました。それ程手紙書きがライフワークだったのにその返事すら書けなくなるほど、体調は芳しくなく腸ガンであることは2月に叔母に、そしてHPL貴方には3月2日に医師から伝えられた時のことを思うと・・・切なく悲しくなります。そして運命の日の前日3月14日意識の混濁状態になり・・・3月15日・・・
ですが・・・今もどこかで・・・と感じてしまうのは何故でしょうか?毎日貴方のことを考えているからでしょうか?貴方の作品を手にとり読んでいるからでしょうか?・・・それとも夢に見るからでしょうか?・・・今年も多くのファンと作家や出版関係者が貴方に魅せられています。そしてクトゥルフ神話は去年にも増して盛り上がりそうです。こんな状況になるとは・・・思いましたか?時代を超え、国を超え我々を熱狂させる作品を書いていただいたことに感謝します。


追記:今宵、ウルタールでお会いしましょう。
追記2:拙い文章を添削して下さい。添削代はお支払いします。

blueorb at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)H・P・LOVECRAFT 

2006年03月13日

クトゥルフ神話〜ミ=ゴ?太平洋にて・・・

b4a8bde0.jpgクトゥルフ神話〜ミ=ゴ?太平洋にて・・・

★先週のNEWSでご存知の方も多いと思いますが、太平洋の深海で発見された白い毛に覆われた新種の甲殻類。その姿から「イエティ(雪男)のカニ」と呼ばれているそうです。体長約15センチ。イースター島の南方、深さ2300メートルの熱水が噴き出す海底付近で発見された。でヤフーNEWSでも違う画像が確認出来ます。以下

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060309-04308521-jijp-int.view-001

でも何故かすごくミ=ゴを感じるのはどうしてだろうか・・・ネーミング故にだろうか?でも深海には未知の生物がまだまだいそうですね。でもルルイエに近いと更に恐怖です。

blueorb at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月12日

クトゥルフ神話〜闇をさまようもの・・・

クトゥルフ神話〜闇をさまようもの・・・

★闇をさまようもの・・・ブレイクの最後・・・

二階裏手の窓からブレイクの書斎が覗ける、サイ・デルタ会館にいた学生たちは、九日の朝、西向きの窓にぼんやりした青白い顔を認め、表情がどことなくおかしいと思った。夕方にも同じ姿勢のままでいる同じ顔を見たとき、学生たちは不安になって、ブレイクの住居に灯が点るのを待った。その後、学生たちは闇につつまれる住居の呼鈴をならし、最後には警察を呼んでドアを破った。
ブレイクの体は窓に面する机についたまま硬直しており、ブレイクの書斎に入りこんだ者たちは、ふくれあがり、どんよりした目とひきつった顔にまざまざと残る激しい恐怖の痕を目にしたとたん狼狽し、胸をむかつかせて顔をそむけた。





追記:3月9日、10日のラヴクラフト書簡を読んで関連を確認下さい。

blueorb at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

クトゥルフ神話〜トピックをいくつか

クトゥルフ神話〜トピックをいくつか

★トピックス
 ^柄按松先生がCS放送「ミステリーチャンネル」に出演されましたが、朝松出演番組の一部を観たい方に朗報です。朝松先生のBLOGで記述ありましたが、<<CS放送「ミステリーチャンネル」の朝松出演番組の一部を観たいという方は、月曜の夜までに朝松宛、お知らせください。>>とのことです。のでメールしましょう。詳細は右のリンクから。

◆ Role&Roll』Vol.20でクトゥルフの大型特集。夜刀浦(やとうら)<千葉県九十九里南部の架空の都市、「秘神」での舞台となった町>の特集あり。夜刀浦市周辺地図と市街地図掲載とのこと。比叡山炎上の紹介記事も掲載とのことです。

 「比叡山炎上」の発売が4月下旬にずれ込む見通し。朱鷺田祐介のBLOGで記載あり

ぁ.曠錺ぅ肇如爾近い・・・お返しにクトゥルフ系商品を!!「ラヴクラフト全集」「クトゥルー」、TRPG&サプリ他。「図解クトゥルフ神話」等もお勧め。アマゾンでの24時間以内に発送可とのことで、期日指定で郵送せよ!!との電波が届く。国書刊行会のオンラインオーダーも活用しましょう。「ラヴクラフトの書簡集」を彼女と一緒に・・・読めば・・・「君と彼女」は「御大とソーニャ」になれるかも・・・



blueorb at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月10日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1935年11月10日、オーガスト・ダーレス宛)

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1935年11月10日、オーガスト・ダーレス宛)

★以下定本ラヴクラフト全集10巻、P175より


レンの要塞にて
A・Wへ
・・・・・・新作「闇の跳梁者」を仕上げたばかりですが、タイプに打つだけの価値があるかどうか疑問に思います。”イーリー”(<ウィアード・テールズ>誌の読者欄)で誰かが提案しているのに従って、私はその作品をブロック少年に捧げました。彼が「妖蛆の秘密」でおじいちゃんを楽しげに料理した返礼として、私は彼の息の根を止めてやろうとしているのです、彼は老紳士を部屋中血まみれにさせて放っておきましたが、私は彼をもっときちんとした姿にし、硬直した体を机に向かって坐らせ、西窓の外を凝視し、歪んだ顔に言いようもない恐怖の表情を浮かべさせてやりました。場面はプロヴィデンスで、その犠牲者の住居は66番地です---実際、私はその家をちょっとばかり描写しました。・・・・・・
              貴方の忠実な老人











追記:表記等は国書刊行会の表記です。詳細は購入して確認下さい。
追記2:ブロックの「妖蛆の秘密」は邦訳タイトルが複数あり「妖蛆の秘密」「星からの飛来者」「星から訪れたもの」等ですどれも同じ作品です。クトゥルー7巻収録等で確認してみて下さい。
追記3:「闇の跳梁者」は邦訳タイトル「闇をさまようもの」と同じ作品です。創元推理文庫のラヴクラフト全集3巻等で確認してみて下さい。特にラスト1〜2ページに記載されてる主人公の名前・住所など。
追記4:この書簡の書き出しのA・WですがAugust William Derlethからです。
追記5:先日の記事と合わせてお読み下さい。

blueorb at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)H・P・LOVECRAFT 

2006年03月09日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1935年4月30日、ロバート・ブロック宛)

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1935年4月30日、ロバート・ブロック宛)

★以下定本ラヴクラフト全集10巻、P148より


関係当事者殿
本状はアメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキーのロバート・ブロック殿---「妖蛆の秘密(DE VERMIS MYSTERIIS)」の著者ルートウィッヒ・プリン御大の再来---が、「星からの飛来者」と題された物語中で下記署名の者を描き、殺し、滅ぼし、分解し、変形し、変質し、あるいはその他の方法で処理する権限を有することを証するものである。
 署名 H・P・ラヴクラフト
 証人 アブドゥル・アルハズレッドガスパール・デュ・ノール
    (「エイボンの書<Le Livre d' Eibon>」の翻訳者)
    フリードリッヒ・フォン・ユンツト
    (「無名祭祀書<Unaussprechichen Kulten>」の著者)
    レンのラマ僧チョ=チョ








追記:表記等は国書刊行会の表記です。詳細は購入して確認下さい。
追記2:ブロックの「星からの飛来者」は邦訳タイトルが複数あり「妖蛆の秘密」「星から訪れたもの」等がある。クトゥルー7巻収録等で確認してみて下さい。

blueorb at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)H・P・LOVECRAFT 

2006年03月08日

クトゥルフ神話〜気持ち悪い・・・4足歩行マシン

97ca5f21.jpgクトゥルフ神話〜気持ち悪い・・・4足歩行マシン

★先日見つけてしまいました気持ち悪い4足歩行マシンの映像です。始めは中に人間が入っていて動いているのだと思いました・・・が違いました。でも見た感じ江戸時代の籠を向かい合わせで持っている人間にも見えなくもないですね。でもかなり高性能のようです。画像のように横から人間に蹴られても、上手くバランスをとり転ばないのですがその部分がやけに笑えるのです。何か必死なのです。機械のくせに・・・本当に微妙に人間みたいです。でも思いましたが足元の悪いぬかるんだ場所や砂利、雪、坂道などを上手く歩行します。でもこれ将来的にはかなり有望だと思います。例えば足を6本とか8本くらいにすればかなり安定して動けると思いますし、民間、軍事両方に活躍が期待できるロボットの基礎部分になるような気がします。例えば将来的には歩兵として無人の軍隊の中核として使えそうなロボットが出来るかも知れません。でそのロボットも攻撃用、情報収集用、汎用(工兵)、治安維持用(暴徒鎮圧、情報発信<プロパガンダ>)、もしくはそれら複数の機能を兼ね備えたものなど。例えば日本にオペレーターがいて戦場や治安の悪い地域、離島、に派遣しそのロボットが情報収集、攻撃、警告を行うのを操縦するなども考えられます。航空機・ヘリや無人偵察機等から必要に応じて地上に投下して任務に着き、任務後は回収か必要に応じ自爆(敵部隊への)等軽く考えただけでもこれぐらいできそうです。民間でしたら自動巡回警備、ロボットに顔(モニター)をつけてコミュニケーション機能を付加すれば街中でも結構いろいろ使える用途がありそうです。
でも映像なのですが本当に必死で感じです。以下サイトアドレス(これで一つのアドレスです。ブラウザによっては5行くらいに表示されています)

http://www.youtube.com/watch?v=RGrMMlNjBB8&eurl=http%3A%2F%2F
www%2Etecheblog%2Ecom%2Findex%2Ephp%2Ftech%2Dgadget%2Fbigdog
%2Dthe%2Drobotic%2Dmule



blueorb at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月07日

クトゥルフ神話〜AED(自動体外式除細動器)について

18d2f7ce.jpgクトゥルフ神話〜AED(自動体外式除細動器)について

★突然ですが皆さんはAEDをご存知ですか?自分は以前TVでやっていたのですで知ったのですが正式にはAED(自動体外式除細動器)といいまして英語のAutomated External Defibrillator 略かららしいのですが、突然の心臓停止などの状態になった時に電気ショックを与え、心臓を再び動かす機械なのです。それで最近は病院、公共機関、デパート、学校等等で設置がすすんでいるそうです(まだまだ少ないのですが)。それでTVでやっていたのは、40代と思われる男性が心臓発作を起こし倒れてしまったのですが、近くで見ていた男子学生数人がそのAEDを持ってきて、その男性に使用し助けたのです。しかも一瞬の躊躇もしないでそれを使用したその行動は凄いと思いました。一般的には心臓が止まると1分ごとに約10%ずつ生存率が減り9〜10分で0%になります。ですから救急車が到着してから処置をしても助からないケースが多いのです。又助かっても後遺症が残ってしまうケースが多いのです。で先ほどの男性は後遺症も残らず回復し、今は普段どおりの生活を送っているのです。その男性はその男子学生に感謝したのは勿論、AEDをもっと知ってもらいたいし普及して欲しいと言っていました。このAEDの機械は色々なメーカーから発売されているのでうすが、30万円ほどの価格とTVで言っていました。(価格は各メーカーで異なると思うのですが)ですので普通に公共機関や人の集まるところには設置して欲しいものです。でウィキペディア(Wikipedia)より一部以下抜粋です。


形態としては肩こりや腰痛などの治療を行う低周波治療器に似ている。使い方は、電源を入れ、電極パッドを胸に貼り付けると心電図を解析して電気ショックを与えるべきかを調べる。電気ショックを与えると解析した場合には、機械の指示に従ってスイッチを押すと電気ショックを与える。従来の除細動器は医師などの専門家が使うことを想定しているため手動式であるが、空港などにあるものは操作を自動化して万一の際に一般の人でも使えるように設計されている。操作はいたって簡単で、AEDの発する指示音声に従ってボタンを押すなど2〜3の操作のみで、取り付けもピクトグラムで分かりやすく説明されており、医療知識や複雑な操作なしに電気的除細動が実行される。AEDの施行と併せて、そばにいる者が心臓マッサージ・人工呼吸を継続して行うことも救命のために絶対不可欠である。
実際にAEDを一般市民が使うケースは非常に多いと考えられる。日本では救急車が現場到着するまで平均で約6分強を要するが、心停止した場合、一刻も早く電気的除細動を施行することが必要とされており、6分も待つ余裕は全くない。救急車の到着以前にAEDを使用した症例では、救急隊員や医師による AED使用よりも救命率が数倍も高いことが明らかとされている。AEDをなるべく多数配置するとともに、一人でも多くの住民がAEDに関する知識を有することが非常に重要だとされている。


とのことです。6分・・・救急車の到着の平均時間。生存率が約半分です。AEDがもっと普及して欲しいものです。(各コンビニに設置を義務化するだけで多くの方が安心できると思うのですが・・・)







blueorb at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月06日

クトゥルフ神話〜ブラウザ再考・・・

bc373552.JPGクトゥルフ神話〜ブラウザ再考・・・

★本日はインターネットの環境について記述します。皆さんはインターネットをする時はブラウザを使いますよね。米Janco Associatesは2月23日、2006年1月分のブラウザシェア調査結果を発表したのですが

1位がInternet Explorerの82.83%
2位がFirefoxの12.61%、
3位がNetscapeの2.33%、
4位がMozillaの0.78%

だそうです。依然多くの方がInternet Explorerを使用しています。自分は上記の他にOPERAなども使用しています。でその他には国産ブラウザLunascape3も使用しています。機能的にはタブブラウザで使用感もグッドです。で多くのブラウザを使用してみてるのですが、最近特に使用しているのがFirefoxとLunascape3の2つです。2つとも上の方のバーに最新NEWSの見出しが出てたり、流れていていいです。またスキン(外観)も幾つもありますし。Firefoxの方が断然多いですが・・・で皆さんこれを機会にブラウザを乗り換えるのをお勧めします。無難なところだとFirefox、新しいもの好きやチャレンジャーな方はLunascape3をお勧めします。イメージはLunascape3の画像です。

Lunascape
http://www.lunascape.jp/



blueorb at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月05日

クトゥルフ神話〜戦慄のNews・・・

クトゥルフ神話〜戦慄のNews・・・

★都監察医務院、無断採取の脳を放置5年半、100人分返還せずとのニュースを見て恐怖しました。以下産経新聞3月4日記事より

死因解明のための行政解剖を行う東京都監察医務院(東京都文京区)で、遺族に無断で採取された約百人分の脳の標本が、ずさんな管理のため身元も分からずに五年半も放置されていることが三日、分かった。脳の標本は平成十二年、同医務院の監察医が勝手に持ち出したことが発覚し、同医務院に返還されたが、遺族に連絡を取ることもせず、一部を段ボール箱に入れて解剖室などに置いていた。「死者の尊厳」という観点から医務院の姿勢が問われ、都も調査に乗り出した。
放置されている脳は、平成四年から十二年までの間、行政解剖した監察医らが無断で採取。非常勤監察医だった千葉県内の国立療養所の精神科医二人が個人的な研究のため、統合失調症などの精神疾患、脳性まひ、アルツハイマー症などの人の脳を選び、無断で都精神医学総合研究所(東京都世田谷区)の神経病理研究室に持ち出していた。
十二年八月に持ち出しが発覚し、このうち約百人分の脳は、腐敗を防ぐため切片をパラフィンに埋め込んだ固形標本にされた状態で、医務院に返還されたという。
当時の関係者によると、返還された当初、医務院では遺族に返すことを検討したが、結局は遺族に連絡を取ることもしなかったという。
脳の標本が入った段ボール箱十五個は、返還されたときと同じ状態で、地下一階の解剖室の片隅に雑然と積み上げられたままになっている。当初は身元が分かる管理番号を記したメモが箱に入っていたが、約一年前からは見当たらず、身元の特定は不可能という。
同医務院では、検査のために標本化した臓器をパラフィンに埋め込んで固形化したり、ホルマリンで固定したりしている。こうした臓器の標本は通常、身元や解剖の内容が分かるように管理番号を付し、鍵のかかる臓器保存室に保管。永久保存されるもの以外は医療廃棄物として処分するか、火葬されている。
医務院の関係者は、「身元が分からないのなら、保存をする意味がない。死者の尊厳を守るためにも火葬するなど心ある対応をとるべきだ」と話している。
同医務院の井上隆司事務長は「段ボール箱に入ったまま放置されていた経緯は分からないが、身元を調査する」と説明。また、「(問題が発覚した)十二年以降は、臓器を採取する際、遺族に対する深い配慮と遺体に礼を尽くすよう注意してきた」と強調した。
東京都福祉保健局医療政策部は「早急に調査を進めている」としている。
≪問われる「死者の尊厳」≫
東京都監察医務院で臓器の無断採取が最初に発覚したのは平成十一年六月。環境庁の内分泌攪乱(かくらん)化学物質(環境ホルモン)の人体汚染調査のため、都と大阪府の監察医らが精巣や卵巣、脳の一部などを採取していたことが明らかになり、死体解剖保存法を所管する厚生労働省は当時、「保存については、遺族の承諾があった方が望ましい」とする見解を示した。
その後の平成十二年八月、別の監察医が小児の脳組織を遺族に無断で採取し、乳幼児突然死症候群(SIDS)の研究のために国立精神・神経センター神経研究所(東京都小平市)に提供し、謝礼を受け取っていたことが表面化。その直後には、今回放置されたままであることが分かった約百人分の脳の持ち出しが発覚。同医務院で臓器の無断持ち出しが常態化していたことが露呈した。
 死体解剖保存法は、死因解明が目的なら監察医は遺族の承諾なしに解剖し、臓器を採取することを容認。医学研究のためには死体の一部を標本として保存することも認めている。ただし、「死体の解剖を行い、一部を保存する者は、特に礼意を失わないよう注意しなければならない」と定めている。脳死臓器移植や医療事故への関心が高まる中、医療には高い透明性とモラルが求められている。(長島雅子)


しかしとんでもないですね。でもこの記事でミ=ゴのシリンダー状の容器を想像してしまいました。脳を生かしたままで脳の電気信号を伝えたり、ソケットを解して外部との接触を持つことが出来るのはやはり凄いですね。でこの記事を読んでクトゥルフ的と思ってしまいました。病院や療養所での秘密の研究とかって定番ですが・・・

余談ですがアーカムの医療機関(アーカム、新紀元社より)

アーカム・サナトリアム
聖メアリー病院
ホワイトチャペル療養院
ミスカトニック在郷軍人ホーム
ラーキン研究所

各施設の詳細は新紀元社アーカムで確認下さい。


blueorb at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月03日

クトゥルフ神話〜本日はひな祭りですが・・・

クトゥルフ神話〜本日はひな祭りですが・・・

★本日3月3日はひな祭りですが、皆さんの周りでもイベントしましたでしょうか?ひな人形をかざりましたか?でもひな人形って結構な値段しますよね。フルセットですと何十万もしますし、場所もとりますし何かと大変ですね。それでクトゥルフ的ひな人形を考えてみました。ちなみにひな人形の構成ですが・・・上から

1、2人(男雛、女雛)
2、3人(官女)
3、5人(囃子)
4、2人(随身)
5、3人(衛士)

でそのほかにも飾りつけを行うのですが、以下妄想クトゥルフ人形を脳内作成しました。ラヴクラフトがJ・F・モートンに宛てた書簡の中の奇怪なラヴクラフトの家系図を少し参考に・・・以下

1、2人(男雛、女雛)ヨグ=ソトース、シュブ=ニグラス
2、3人(官女)クトゥルフ、ツァトゥグァ、ニャルラトテップ
3、5人(囃子)アザトース管弦楽団等
4、2人(随身)ダゴン、ハイドラ
5、3人(衛士)古のもの、ショゴス、イスの偉大なる種族等

で要は自分の好きな神々・クリーチャー等を好きに配置して楽しく祭りましょう。各人形などはケイオシアムのサイトのフィギアや自作人形で代用してみてはいかがでしょか。


追記:書簡はクトゥルー神話辞典(第2版、P92)から
追記2:ラヴクラフトはどうやらニャルラトテップ、ヨグーソトース、シュブ=ニグラス、クトゥルフの子孫らしい・・・スミスはヨグ=ソトース、シュブ=ニグラス、ツァトゥグァの子孫らしい・・・?




blueorb at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月02日

クトゥルフ神話〜3月(春先)の予定と最近の雑感など

クトゥルフ神話〜3月(春先)の予定と最近の雑感など

★3月になりようやく暖かい日が多くなり良い感じですが、予定がいくつかありますので確認と雑感など記述します。まず「クトゥルフ神話TRPG 比叡山炎上 (仮)」 (著者)朱鷺田祐介他3,990円 の発売時期がエンターブレイン社で3月になっています。ですが、他の3月発売ものはほぼ出揃っているのですが、「比叡山炎上」はまだ詳細が不明です。おそらく4月以降にずれ込むかも知れません。心して待ちます。それと春先の予定と聞いていた「クトゥルー神話辞典(第3版)」(東 雅夫著)<学研>が発売予定なのでこちらも心して待ちます。それで最近気づいたのですがYAHOOのサービスで<YAHOO!共同購入>というのがあります。サイトの上<オークション>の横にあるのでご存知の方も多いと思います。で思いました・・・これっていいんじゃない!!!・・・クトゥルフものをみんなで共同購入すると安くなるのです。共同購入するものの発注する数が多くなればなるほど値段が下がるのです。家電などは量販店などがあり普段から安く買えますが、本やTRPGなどは思いの他安くなりませんよね。アマゾンなどでは安く購入できますがそれ以上の値引きが期待できるかも知れません。今後注目のサービスですよ<YAHOO!共同購入>は。話は変わりまして当BLOGのことなのですが右の下の方に<livedoor PICS>なる写真をアルバムのように管理するサービスの項目を追加しました。実験的に幾つかの写真・イメージなどをアップしてみました。これで色々楽しいことが出来そうな感じがします。

blueorb at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年03月01日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1927年7月16日、ファーンズワース・ライト宛)

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1927年7月16日、ファーンズワース・ライト宛)

★以下定本ラヴクラフト全集9巻、P109より


親愛なるライト様
「クスルウーの喚び声」が使えそうだとのお知らせ、たいへん嬉しく思います。原稿料は165ドルでまったく申し分ありません。プライスは「霧のなかの不思議の館」を気に入ってくれると思います。もし晴れて掲載のはこびとなれば、わたしが驚きも喜びもすることは間違いなしです!三番目の喜びは「レッドフック街」がアンソロジーに入ることになったという知らせでした。いつか一冊入手していただけるなら、ぜひ見たいものです。いかに小額でも、掲載料が入れば実に実に有効に使うことができますので、ラヴェル氏のほうからお送りいただくようにできないでしょうか・・・・・・。

                        深き親愛と誠意をこめて  HPL









追記:表記等は国書刊行会の表記です。詳細は購入して確認下さい。
追記2:先日から本日にかけてイルカの大群が千葉県の海岸に押し寄せ、打ち上げられています。一部人間の手により救助され海に戻したものの、又海岸や港の戻ってきてしまうようですが、もしや・・・先日のあれが浮上・・・したのか?

blueorb at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)H・P・LOVECRAFT