2006年07月

2006年07月31日

クトゥルフ神話〜イスの偉大なる種族が精神転移した精神について

クトゥルフ神話〜イスの偉大なる種族が精神転移した精神について

★ラヴクラフト全集3巻「時間からの影」P234より
箇条書き以下。精神の個数が不明のものは個数の記載なし。


★測り知れない歳月の後に金星に棲むはずの精神
★600万年まえに木星の外衛星に棲んでいた精神
★新生代初期の古第三紀の南極に棲んでいた海星状の頭部を備える有翼の半植物種族の精神(一つ)
★伝説にうたわれるヴァルーシアの蛇人間の精神(一つ)
★人類誕生以前にヒューペルボリアでツァトゥグアを崇拝していた柔毛に覆われる種族の精神(三つ)
★忌むべきトゥチョ=トゥチョ人の精神(一つ)
★地球最後の時代に棲む蛛形鋼に属する生物の精神(二つ)
★人類滅亡のすぐ後に栄え<大いなる種族>が大量に精神転移を行う甲虫類の精神(五つ)
★人類の各人種の精神(いくつか)
★紀元5000年に栄えるツァン=チャンという無情な帝国の哲学者イヤン=リーの精神
★紀元前50000年に、南アフリカを支配していた大頭をもつ褐色人種の将軍の精神
★バートロミオ・コルシという12世紀フローレンスの修道士の精神
★ずんぐりした黄色い体をもつイヌート族が西方から到来して征服するまで、10万年にわたってあの壮絶な極地を支配していたロマールの王の精神
★紀元16000年の暗澹たる征服者たちの魔術師ナグ=ソスの精神
★スラの活躍期に執政官をしていたタイタス・センプロニウス・ブライサスというローマ人の精神
★エジプト第14王朝のケフネスの精神
★アトランティス中期王国の司祭の精神
★クロムウェル時代のサフォークの郷紳(ジェントルマン)であるジェイムズ・ウドゥヴィルの精神
★インカ時代以前のペルーの宮廷天文学者の精神
★紀元2518年に死ぬことになるオーストラリアの物理学者ネヴェル・キングストン=ブラウンの精神
★太平洋に消滅したイヘーの大魔道師の精神
★紀元前200年のグレコ=バクトリア人の官吏テオドティデスの精神
★ピエール=ルイ・モンタギューというルイ十三世時代の年老いたフランス人の精神
★紀元前15000年のキンメリアの族長クロム=ヤの精神
★地球の寿命が終焉に近づいた時期、水星の球根状植物の精神(宿るだけかは不明)
★その他多数の精神






blueorb at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(神々・クリーチャー) 

2006年07月30日

クトゥルフ神話〜時間からの影・・・

1587a45a.jpgクトゥルフ神話〜時間からの影・・・

★イスの偉大なる種族が・・・デカイ・・・

blueorb at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)写真・イラスト等 

2006年07月25日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ的夏休みの過ごし方3

クトゥルフ神話〜クトゥルフ的夏休みの過ごし方3

★先日の続きです。クトゥルフ的な過ごし方・・・

イベント等に参加する
 JGCなどに参加する
 ロール&ロールでのイベントを企画・参加
JGCは2006年8月18日(金)〜20日(日)の日程で新横浜プリンスホテルでの宿泊型のアナログゲームを体験するイベントです。例えば新紀元社だけで見ても以下。

【新紀元社】
・R.CON in JGC2006
・深淵セッション
・ルーンバウンド+ボードゲーム体験会 ★
・マンチキン体験会
・バカバカRPGをかたる
・Role&Roll 新作発表会
・鈴木銀一郎トークショー
・安田均トークショー ★
・クトゥルフトークショー★

★は要注目です。クトゥルフトークショーは非常に参加したい。でゲストリストで朱鷺田祐介様も参加されるのが確認できます。

JGCオフィシャルサイト
http://www.arclight.co.jp/jgc/index.htm

そしてロール&ロールステーションではプレイルームが使えます。

平日(1日)…250円(/1人)
土・日・祝日(1日)…2000円(/1卓)

特別なイベントがある場合は多少料金が変わることがありますが、夏休みの平日行けば格安で利用できますし、持込ゲームでもよいですし、貸し出しのゲームもあるので楽しめます。個人的なお勧めは<ルーン・バウンド>です。勿論持ち込みクトゥルフが一押しですが・・・
ロール&ロールステーションはある意味クトゥルフの砦的なお店なので堪能できると思います。お店で「イア!!イア!!ハスター!!」と絶叫する方が出そうなほどクトゥルフです。でリンクは右サイドバーからいけます。夏休みをクトゥルフで楽しみましょう。それでは・・・・


イア!!イア!!ハスター!!





blueorb at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月24日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ的夏休みの過ごし方2

クトゥルフ神話〜クトゥルフ的夏休みの過ごし方2

★先日に続きクトゥルフ的夏休みの過ごし方を提案します。

▲トゥルフ系のゲームをする

★クトゥルフ神話TRPG(エンターブレイン)
★コール オブ クトゥルフ(新紀元社)
★クトゥルフの呼び声(ホビージャパン)絶版
上記は比較的入手し易いものです(絶版は厳しいかと)がこれらを友人達とプレイする。そしてレポをネットで公開。

★独立型エキスパンションでプレイ
 ダークエイジ(新紀元社)
 比叡山炎上(朱鷺田 祐介)(エンターブレイン)
ダークエイジは中世前の暗黒時代(950年〜1050年)前後のヨーロッパ、北アフリカ、一部アラブ世界を舞台にしたもの。比叡山炎上は戦国時代の日本が舞台。一般的なクトゥルフ神話の舞台と年代設定が異なり趣があります。

★拡張エキスパンション&データ本
 アーカム(新紀元社)
 キーパーコンパニオン(エンターブレイン)
 クトゥルフと帝国(エンターブレイン)
アーカムはクトゥルフ神話の主要舞台の街アーカムの詳細なデータ集、読むだけでも結構浸れます。キーパーコンパニオンは禁断の魔道書の詳細データ&異界の種族のデータ本、魔道書データは凄いの一言。クトゥルフと帝国は1920年代〜1930年代の日本が舞台のデータ本で帝国時代の時代背景など興味深くデータが膨大です。

★クトゥルフ神話のカードゲーム
 クトゥルフCCG
 ミソス
 テケリ・リ
クトゥルフCCGとミソスは似ていますが違うカードゲームです。ミソスは絶版ですがどちらもケイオシアム社のサイトでまだ購入できます。テケリ・リは国産のカードゲームで今は入手困難な状況です。一部ショップでも売り切れのようです。

★クトゥルフのPC系ゲーム
 Call of Cthulhu < Dark Corners of the Earth>
海外のみの発売で欧米版ですので英語ですがPC版も出ていますのでプレイしてみるのも良いでしょう。

★その他
各種ゲームをリスペクトして自分なりのシナリオ作成や独自のカードゲームを作成してみるのも良いでしょう。アイデアが出たら即行動!!!

★脳内・・・プレイ
対戦相手のいない方(自分もですが)は脳内妄想プレイをお勧めします。こうじて幻視も・・・


夏はクトゥルフの季節・・・ですので思い切り楽しみましょう。





blueorb at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(1)クトゥルフ 

2006年07月23日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ的夏休みの過ごし方

クトゥルフ神話〜クトゥルフ的夏休みの過ごし方

★もうそろそろ各地の学校では夏休みに入る頃だと思います(もう入っている所もあるかと思いますが)・・・そこでクトゥルフ的夏休みの過ごし方を提案します。

.トゥルフ神話の本を読む

★ラヴクラフト全集1巻〜7巻
★クトゥルー1巻〜13巻(大瀧 啓裕編)
手軽に入手できる上記のもので計20冊、1日1冊のペースで読んでも20日かかります。出来れば友人達と読みまわししたり、読み合わせして配役して劇仕立てにしても良いかもしれません。特に気にいった作品をピックアップして自分のベスト5くらいの作品選び簡単な論文を記述したり・・・その他

★秘神界(歴史編・現代編)<朝松 健編>
日本人の作品を読むのも良いでしょう。こちらは少しボリュームがありますので4日〜6日くらいかけてまったり読むのも良いと思います。興味を持った作家の方がいればその方の関連書籍も読みますと更に勉強になるはず・・・です。

★ブライアン・ラムレイ
 タイタス・クロウの事件簿
 地を穿つ魔
 黒の召喚者
等を読みラムライに浸るのも良い。黒の召喚者は絶版ですが図書館を探せばあるかも知れません。

★インスマス・深きもの系に興味がある方は
 インスマス年代記(上)
 インスマス年代記(下)
 暗黒神ダゴン
勿論<インスマスを被う影><ダゴン>を読み予習しておきましょう。<インスマスを被う影>を読み脳内でインスマスの地図がある程度出来ていれば尚良いですし、TRPGの資料と照らし合わせてもいいかもしれない。

★ネクロノミコンやエジプト・アラブ系作品に興味がある方は
 魔道書ネクロノミコン
 ネクロノミコン(ドナルド・タイソン版)
 小説ネクロノミコン(朝松 健)
 その他ネクロノミコン系関連作品
 アルハザードの遺産(新熊 昇)
 アルハザードの逆襲(新熊 昇)

★クトゥルフ全般を確認する方
 図解クトゥルフ神話(森瀬 繚編)
 クトゥルフ神話ガイドブック(朱鷺田 祐介)
 クトゥルー神話辞典(東 雅夫)

★その他クトゥルフ神話&ラヴクラフト作品を
 ラヴクラフトの遺産
 定本ラヴクラフト全集
 真ク・リトル・リトル神話大系
 ク・リトル・リトル・神話集(荒俣 宏編)

ざっとこんな感じで記述しましたが、まだその他日本人作家関連のクトゥルフ神話作品も多数ありますのでそちらも読んでみるのも良いでしょう。
また自分なりの小論文を書いてみたり、詩や小説を書いてみたりいろいろ挑戦してみて下さい。きっと充実した夏休みを過ごせるでしょう。








blueorb at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月22日

クトゥルフ神話〜ナイアルラトホテップ(ユゴス星より)

クトゥルフ神話〜ナイアルラトホテップ(ユゴス星より)

★イアルラトホテップ(ユゴス星より)<HPL>
真ク・リトル・リトル神話体系2P34より



静寂にさまよいて異様に誇り高く
夕暮れる焔の紅き繊衣を纏い
内なる埃及より 終に来たる
農夫供の礼拝す暗黒異神
押し寄する狂乱の群衆
異神の言葉を欲せど
聞きし意味解せず離れ行く
野獣をして従わせ
御手を舐めさす 鬼神の言葉
国々を畏怖にて拉き
広がり行けり。

今 海より害凶は誕生を始む
雑草被う黄金塔の太古の逸陸
大地裂け極光狂舞し乱れ落つ
人造りし震撼する砦の上に
また 気紛れの形成せし粗方を
混沌の痴神 地上塵垢を一掃しけり。







blueorb at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介) 

2006年07月21日

クトゥルフ神話〜地底湖(ユゴス星より)

クトゥルフ神話〜地底湖(ユゴス星より)

★地底湖(ユゴス星より)<HPL>真ク・リトル・リトル神話体系2P33より



如何な地下より蠢き出るか知らねど
毎夜 護謨様の奇体現れり
膜羽有角 黒き痩躯の悪鬼ども
二股の逆刺の尻尾を持ちて
北風の大波に乗りて群来し
人心蠱惑不気味なる腕に
我が身を掴みて旅さすは
悪夢の井戸の深奥に隠る灰世界。

ソークの高き重峰を超え
彼の徒 我が叫びに留意無く
地下墳墓下りて到る不浄の巨沼
半睡に喘ぐショゴスの重吹あげ
ただ静寂の内に落ち行きて
在るべき場に其の顔面は無し。










blueorb at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介) 

2006年07月20日

クトゥルフ神話〜PROJECT 2044開設2周年に際して

89fcc96e.jpgクトゥルフ神話〜PROJECT 2044開設2周年に際して

★本日7月20日で当BLOGは2周年を向かえました。思えばあっと言う間でしたが・・・その間色々な方々と知り合いになり交流を持つ事もできました。これもラヴクラフト&クトゥルフ神話の導きかも知れません。これからも少しずづですが色々記述していきたいと思います。やりたいことも多々ありますが遅々として進んでいないのですが、これから展開できるよう頑張りたいと思います。それから普段からお世話になっている方々にはお礼申し上げます。


皆様にクトゥルフの祝福があらんことを!!

ふんぐるい むぐるうなふ クトゥルー るるいえ うがふなぐる ふたぐん




blueorb at 23:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月19日

クトゥルフ神話〜マンアフターマン驚愕の世界をご存知ですか?

e014dc3a.jpgクトゥルフ神話〜マンアフターマン驚愕の世界をご存知ですか?

★先日のBLOG記事でも紹介しましたオフ怪での話題で、「マンアフターマン」の話題がでました。アフターマン・・・<人類後の>の人・・・
<アフターマン>と言えば「人類時代から5000万年後の世界」を支配する動物世界を描いた本です。関連本としては<フューチャー・イズ・ワイルド>があります。こちらは2億年後の世界の生態系を描いた本です。どちらも書店にありますし、読み応えあります。そしてこれらの本の著者のドゥーガル・ディクソンが書いたのが<マンアフターマン>なのです。以下説明文


遺伝子工学の発達は、生き残りを模索する人類の未来に新たな選択肢を加えた。
最新理論を駆使したユニークな文章とカラーイラストで、驚くべき進化を遂げた人類の姿を描き出す可能性の人類学図鑑。

とのことですが今や絶版という悲しい状態です。ということで以下サイトなどを堪能したうえで復刊リクエストにご協力頂ければ嬉しい限りです。イラストは・・・


5000万年後の人類は種としての活性力が著しく低減していて肉体単体で生存する事は不可能となっていた。脆弱な肉体で地上生活を営むことはできずいまや生活圏は樹上となり生命を維持するために生命維持カプセルをその肉体に纏っている

・・・です。

アフターマンワールド
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9540/index.html

マンアフターマンの復刊リクエストサイト
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=2628

でも驚愕の人類ですね。ある意味宇宙的恐怖です。





blueorb at 23:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月18日

クトゥルフ神話〜朝松本90冊記念オフ怪参加について

b9c22288.JPGクトゥルフ神話〜朝松本90冊記念オフ怪参加について

★東京会場の方は30人ほど集まり大盛況とのことで、朝松先生のBLOGでもオフ怪の記載がありますが、地方会場でも開催され参加させて頂きました。当初参加予定の方々が諸般の事情で参加出来ない部分もありましたが、濃い方々とのオフ怪は楽しいものでした。メンバーの方のお店でやりましたが、話題はクトゥルフ神話・ラヴクラフト・朝松健・廃墟・古本屋情報・地方怪談話・沖縄・アイヌ文化等など広範囲におよびました。その中での話しですが、沖縄がまだ琉球だったころ既に地中海にまで航海をして、交流を持っていたとの話を聞き大変興味深いものがありましたし、軍艦島の廃墟探索を決行したいとか、とある山の斜面には無数の地蔵があり同一方向を向き何かを封じ込めているとか、出雲地方のおどろおどろしい雰囲気や海にある鳥居が何かを封印しているとか、とある作家の原稿が古本屋で10万円は高いとか、ネクロノミコンというカクテルを作ろうとか様々な話題を話しました。
それで写真は会場のお店の恐怖のオブジェと思われますが、先端が二股になっている蝋燭台で蝋燭を付けては燃やしてとしている内に巨大化したようですが・・・生きているような感じがします。怖いです・・・
今回のようなオフ会というのは初めての参加だったので緊張しましたが、楽しかったです。




blueorb at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月16日

クトゥルフ神話〜クトゥルフと帝国リプレイ<白無垢の仮面>発売について

クトゥルフ神話〜クトゥルフと帝国リプレイ<白無垢の仮面>発売について

★新紀元社の近刊案内でのアナウンスです。以下紹介文&アドレスです。


<クトゥルフと帝国リプレイ 白無垢の仮面>

内山靖二郎京 著 新書判 256頁(予定) 予価950円(税別) 2006年10月上旬発売予定

エンターブレインより好評発売中の『クトゥルフ神話TRPG クトゥルフと帝国』!
その設定をもとにした書き下ろしリプレイを刊行!

舞台は1930年ごろの帝都東京とその周辺。
それぞれ立場の異なる4人のPCたちは、とある秘密結社の存在を知ることとなった。やがて、その秘密結社が邪神シュド・メルを崇拝しており、邪神と交信する巫女として少女を閉じ込めていることを突き止めるPCたち。
彼らは少女を助け出し、秘密結社の陰謀を阻止するために力をあわせて宇宙的恐怖に立ち向かう!

新紀元社(近刊案内)
http://www.shinkigensha.co.jp/kinkan/index.html


とのことです。しかし・・・新紀元社の勇気を称えます。他社の書籍をリスペクト・・・クトゥルフ神話の為に・・・ありがとうございます。しかも帝国!!!
熱い・・・心して待ちます。そして同じく近刊案内で<ルーンバウンド>のリプレイ&ワールドガイドの発売が・・・以下


<ルーンバウンド リプレイ&ワールドガイド>

秋口ぎぐる/グループSNE 著 構成:オフィス新大陸
新書判 256頁(予定) 予価1,200円(税別) 2006年9月中旬発売予定

ルーンバウンドを知らない人にも
ルーンバウンドの熟練プレイヤーにも この本は必要です!

昨年完全日本語版が発売され、次々とエキスパンションが輸入されている傑作ボードゲーム『ルーンバウンド』。TRPGとボードゲームが合体したかのようなストーリー性に満ちたこのゲームのリプレイ集が登場だ!
『Role&Roll』に掲載されたものに加えて、新たに書き下ろしリプレイも収録!
さらに、本国のデザイナーチームによる公式設定をもとにしたワールドガイドも充実!
これ一冊で『ルーンバウンド』のすべてがわかる!

とのことです。こちらも買います!!!



追記:記述したい記事が多くて更新に迷う今日この頃です。
追記2:先日のオフ怪・・・ありがとうございました。楽しい時間はあっと言う間・・・&次の日仕事が無ければ・・・

blueorb at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2006年07月14日

クトゥルフ神話〜7月15日は「朝松本90冊記念オフ怪」です

クトゥルフ神話〜7月15日は「朝松本90冊記念オフ怪」です

★明日7月15日は朝松先生の90冊目の本の発売記念のオフ会が行われます。東京および地方都市にて行われますが私にも招待の御案内を頂きまして、明日は地方会場にてオフ怪に参加させて頂くことになりました。明日はそういうことで<星辰は正しい!!>のです。思えば90冊とは膨大な冊数です。多くのクトゥルフ神話作品を手掛け、プロデュースされ神話の普及に尽力されてきたことも合わせて考えると偉大な<ワーク>です。そういうことを踏まえつつ明日は各地でクトゥルフ系の方々の呪文の詠唱が聞こえるかもしれません。明日参加の方々とお会いできるのを楽しみにしています。それでは明日・・・




ああ、汝、死して横たわりながら夢見るものよ、
汝の僕が呼びかけるのを聞きたまえ。
ああ、強壮なるクトゥルーよ、わが声を聞きたまえ。
夢の主よ、わが声を聞きたまえ。
ルルイエの塔に汝は封じこめられしも、
ダゴンが汝の呪わしい縛めを破り、
汝の王国が再び浮上するであろう。
深きものどもは汝の秘密の御名を知り、
ヒュドラは汝の埋葬所を知れり。
われに汝の印をあたえたまえ、
汝がいずれ地上にあらわれることを知りたいがため。
死が死するとき、汝のときは訪れ、
汝はもはや眠ることはなし。
われに波浪を鎮める力をあたえたまえ、
汝の呼び声を聞きたいがため。

ルルイエの館に死せるクトゥルー夢見るままに待ち
いたり、されどクトゥルー甦り、その王国が地球を支
配せん。








blueorb at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月13日

クトゥルフ神話〜★★★★★★★

06d786b3.jpgクトゥルフ神話〜★★★★★★★

















blueorb at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)写真・イラスト等 

2006年07月10日

クトゥルフ神話〜クトゥルフとイタリア

クトゥルフ神話〜クトゥルフとイタリア

★FIFAワールドカップサッカーがようやく終わりました。まあ自分の中ではとっくに終わっていたのですが・・・

イタリアが優勝しましたね。硬い守りで結局はフランスとの戦いに勝ち(PKにはなりましたが)個人的にはやはりテーマ(コンセプト)のあるチームが強いと思います。日本のチームのコンセプトがいまいち自分には分りません。オシム氏には期待しますが、ストライカーは次の大会でも期待出来ないとおもいます。しっかり防御の出来るチームを作り、キーパーの前での攻防になる前に敵を潰す技術をもっと磨いたほうが良いでしょう。ペナルティエリア内での攻防で、ファールを取られフリーキックされるのは最悪ですから・・・それとバランスです。チーム全体でバランスのとれたゲーム運びをできるようにならないとフォーアードと中盤が裂かれたり、守りが手薄にされたりしますので<防御>&<バランス>そして<コンセプト>のしっかりできたチーム作りを期待します。

それでイタリアの話題がでましたのでイタリア関連の話題を少し。
イタリアの幻想文学アンソロジー「Alia」の企画の参加者マッシモ様の情報からですが日本でも「ALIA」が購入できるようです。イタリア語ですが・・・
それで以下サイト先の本屋から購入できるようです。そしてそのリンク先の左のサイドーバーに紹介文がありました。以下

http://www.progetto.co.jp/

イタリアのトリノのC.S. Coop. Studi Libreria Editriceから出版された国際幻想文学アンソロジープロジェクト『ALIA』。三つの章(イタリア、日本、英米)に分かれた約 400ページに及ぶ分厚い本で、優れた短編が並ぶほか、各章にそれぞれの国の幻想文学の特徴を紹介する序文が掲載されているなど、イタリアでの初めての本格的な幻想文学の紹介となったアンソロジー。特に、これほど多くの現代日本の幻想短篇小説が、イタリアで一挙に紹介されたのは、ALIA以前には例がなく本当の快挙である。内容:「イタリアの章」序文:Vittorio Catani。収録作家:Renato Pestriniero、Gianluigi Pilu、Diego Gabutti、Riccardo Valla、Danilo Arona、Vittorio Catani、Gianluca Cremoni/"Kremo"、Mario Giorgi、Fabio Lastrucci、Silvia Treves、Davide Mana、Massimo Soumare'、Massimo Citi、Alessandro Defilippi。「日本の章」序文:Massimo Soumare'。収録作家:朝松健、坂東眞砂子、菊地秀行、久美沙織、恩田陸、瀬名秀明、篠田真由美、上田朱、井上雅彦、「英米の章」序文: Davide Mana。収録作家:Begum Rokeya-Rokeya Sakhawat Hussain、Robert Ervin Howard、Edmond Hamilton、Catherine Lucille Moore、Clark Ashton Smith。396ページ。イタリア語。監修・訳者(マッシモ・スマレ、ダーヴィデ・マーナ)サイン本。

完コピですいません。でもマッシモ様は日本語が堪能で和伊・伊和翻訳家・作家・監修者・通訳と多彩な活動をされていますマルチな方です。そのマッシモ氏7月5日で38歳になったとのことです。遅ればせながら誕生日おめでとうございます。

ALIAサイト
http://www.arpnet.it/cs/alia/alia.htm


追記:下線部は自分がひきましたが400ページ・・・読み応えありますね。

blueorb at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月09日

クトゥルフ神話〜クトゥルフとメタリカについて

c8515de9.jpgクトゥルフ神話〜クトゥルフとメタリカについて

★7月3日の記事でも記述しましたが、自分はクトゥルフ神話とメタリカをほぼ同時期に出会いましたが、メタリカの曲には「The Call of Ktulu」という曲があり「The Call of Cthulhu」(クトゥルフの呼び声)をリスペクトしているのですが、メタリカのサイトでは若干の説明が記載されていまス。以下。抜粋


The inspiration:
The idea of the song "The Call Of Ktulu" is based upon H.P. Lovecraft's sole book "The Shadow over Innsmouth" which was first introduced to the rest of the band by Cliff Burton. The spark of beeing fascinated by the book began quickly spreading over the rest of the band. The song's name was taken from one of H.P. Lovecraft's main story featuring Cthulhu "The Call of Cthulhu" which has been written in 1928 for the magazine "Weird Tales". The name "Ktulu" is originally written "Cthulhu" by H.P. Lovecraft.


"That is not dead which can eternal lie, And with strange aeons even death may die."
- H.P. Lovecraft

"Not dead which eternal lie stranger eons death may die"
- Metallica (The Thing That Should Not Be)


Ktulu and Cthulhu:
"Cthulhu" is the original writing style which had been used by Howard Phillips Lovecraft. Maybe Metallica wrote on purpose "Cthulhu" in another way to honour the author. Because in some of his stories it is written, that the ordinary mortals aren't allowed neither to spell out his name nor to write it down because his name would call him. Metallica probably used the name "Ktulu" instead of "Cthulhu" because they were afraid "Cthulhu" would be copyrighted.

Klulu and Ktulu:
However in his later works H.P. Lovecraft also used the spelling "Ktulu" as well as "Klulu" for "Cthulhu". The name Klulu was supposed to be pronounced something like "Kuh-LOO-loo".

最期は発音にも言及しています。イメージはラヴクラフトが書いたクトゥルフです。

blueorb at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月08日

クトゥルフ神話〜夏といえば・・・

クトゥルフ神話〜夏といえば・・・

★夏も近づき各地で海開きがされ海水浴等もう行った方もいると思います。そこで海でキャンプなど週末に出かけたりすると思うのですが・・・海でのキャンプといえば、バーベキュー系料理・花火・夜の怪談(探索)です。海のキャンプはイベント満載で良いですがやはり我々は夜の怪談(探索)です。そこで友人などと海でキャンプをされる際は是非<クトゥルフ神話>をそれとなく紹介してみて下さい。例えばラヴクラフトの作品はどれも良いですが海関連といえば幾つか思い当たりますね。

インスマスを覆う影
ダゴン
神殿
白い帆船
霧の高みの不思議家

等がありますがやはり短くてインパクトのある<ダゴン>はお勧めです。キャンプで朗読して最期で「窓に!窓に!」は本当に恐怖です。波の音を聞きながらですとより恐怖できます。そしてやはり<インスマスを覆う影>です。まずキャンプ地を寂れた漁村を選択し寂れた路線バスでむかい、海岸にテントを張るか寂れた民宿に泊まる。そして友人一人がザドック爺さんの役、もう一人は主人公をやる(他の人がいれば静かにギャラリー)。そして海岸に向かい海を眺めつつセリフを読み合わせる。その時海の方に<暗礁>があれば更に良いです。そして最期にザドック爺さんの役の人は走り去ります。後半は寂れた漁村を舞台に主人公役をその他の人は<深きもの>の役をやり追いかけるのです。時間を決めてそれまでに主人公役の人が逃げ切れば勝ちです。その時商品としておくと良いでしょう。これらは他人の迷惑にならないように静かに行うことにして下さい。またこの件でどのような事態になろうとも当方は一切責任を負いません。(本当に深きものに捕まっても!!)
そして海での海難事故にも注意下さい。お酒を飲み泥酔状態での水泳は危険ですし、波や潮の力を侮ってはいけません。

追記:千葉の海岸方面で<夜刀浦>するのもお勧めです。

blueorb at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月06日

クトゥルフ神話〜クトゥルーちゃん?

クトゥルフ神話〜クトゥルーちゃん?

★先日の朝松 健先生のBLOGで紹介されていましたクトゥルーの映像・・・?です。

クトゥルーに対する愛と畏敬を失わぬ、勇気ある者だけが見ることを許さる映像である。

とのことで<愛と畏敬>を持ちつつ映像を拝見しましたが・・・クトゥルーちゃんです。以下のサイトのく緑のクトゥルフ>のロゴから確認して下さい。

Cutethulhu
http://www.newgrounds.com/portal/view/81337

きっと【恐怖】にのたうちまわり、腹を抱えて鳥肌がたったり戦慄したりすることでせう。
との言葉のとおりでした・・・あの方のあんな姿は・・・

blueorb at 23:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月05日

クトゥルフ神話〜ある男の日記・・・

クトゥルフ神話〜ある男の日記・・・

★ある男の日記

今日はアメリカの独立記念日だ。お祝いしないとね。仲良くしたいから・・・
だからおでは今日〜アメリカに〜一杯〜お祝いのロケット花火で〜お祝いしたんだ〜そしてアメリカにメッセージをだしたんだ〜

ラブ・ミー・テンダー!!!!!!!!!!

ってね〜〜〜アメリカ〜〜愛してるよ〜〜〜ララララララ〜〜〜
でもちょっと大きかったかな?ロケット花火・・・ララララララ〜〜〜


blueorb at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月04日

クトゥルフ神話〜7月4日・・・オーガスト・ダーレスの命日

クトゥルフ神話〜7月4日・・・オーガスト・ダーレスの命日

★1909年2月24日〜1971年7月4日・・・ダーレスの生年月日と命日・・・くしくも7月4日はアメリカの独立記念日です。ダーレスの功績については語り尽くされていますが、やはり偉大なのです。今日は朝からダーレスのことを考えていました。ダーレスの作品などを思いながら一日過ごしましたが・・・ダーレスの作品で気に入っているものの一つに「アンドルー・フェランの手記」があります。この作品は挑戦的で、まず<ラバン・シュリュズベリイ博士」の登場とこの作品からの連作に発展するからです。そして気にいっているのは以下の記述などです。

クトゥルー2巻9P参照(「サタデイ・レヴュー」に掲載されて求人広告)

腕力あり有能かつ想像力にとぼしい青年を求める。これらにくわえて多少とも秘書の仕事をはたせる者は、マサチューセッツ州アーカムのカーウェン・ストリート93番地に来られたし。金銭的利益になるやもしれない。

同じく12P参照(博士とフェランの会話)

「ラテン語とフランス語は読めるか」
「ええ、両方ともすらすら読めます」
「ボクシングと柔道の心得は」
「幸い、腕におぼえがあります」

これは明らかに読者に対する挑戦とストーリーの方向性を明確にして読者を引き込むのです。その後はもうダーレスの思惑どおりストーリーに没頭し連作もあっという間に読んだものです。クトゥルー2巻の5つの連作はどれも良かった・・・ラヴクラフトと違う味わいのあるクトゥルフ神話作品群の創造・・・ダーレスに今でも感謝・・・そしてこれからも・・・


追記:セラエノで会いましょう・・・

blueorb at 23:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月03日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ神話との出会い・・・

201b749d.JPGクトゥルフ神話〜クトゥルフ神話との出会い・・・

★皆さんはクトゥルフ神話やラヴクラフトと何時、どんな形で出会いましたか?今回は自分の場合を振り返りつつ記述したいと思います。
自分が中学生の頃、ゲーム全般に興味があり将棋、チェスや人生ゲーム、オセロ等様々なゲームを好んでいました。そんな時です。出会ってしまいました。ホビージャパンから発売されていた「クトゥルフの呼び声」とです。当時仲の良い友人とボード型のウォーゲームやSFのTRPG「トラベラー」をやっていた時期と重なります。それで気がつくと「クトゥルフの呼び声」を購入していました。それで同時期にラヴクラフトを知りHJの「クトゥルフの呼び声」を参考にラヴクラフト全集を購入していたのを思いだします。でルールブックの最初の方のページに参考にしなければならない作品がいくつか載っていてそれを参考に買う順番を考えました。(写真参照下さい)

潜み棲む恐怖
レッド・フックの怪事件
異次元の色彩
ダンウィッチの怪
インスマスの影
魔女の家で見た夢
闇に這う者
忌まれた家
クトゥルフの呼び声
チャールズ・デクスター・ウォードの奇怪な事件
闇に囁く者
狂気の山脈にて
超時間の影
ユゴスの星より

とありました。でまず買ったのが全集の2巻です。「クトゥルフの呼び声」が収録されていたからです。その後1巻、3巻・・・と買い増していきました。でその頃メタリカというバンドの<Ride The Lightning>というアルバムの「The Call of Ktulu」曲が似てると思って聞いていました。でもスペル違うけどな〜と思いながらもメタリカにも傾倒していました。当時メタリカはヨーロッパのコアなメタルファンの間でブレイクしたばかりで、まだまだメジャーなバンドとはいえない時期でしたが、自分は「絶対メタリカの時代が来る!!全米NO1もあるかも知れない・・・」と友人に言ってたことがありますが、「メタリカは無理だよ〜」と返されるのがオチでした。でもその後バンドのベースの<クリフ・バートン>が事故で亡くなり落ち込みました。その当時アメリカの兵隊が首からぶら下げている<ドックタグ>(金属製の認識票)を作る店を知りその認識票にラヴクラフトとクリフ・バートンの名前と生年・没年を刻印してもらい最期にR.I.Pといれました。しばらくしていたのですが、首が金属にアレルギー反応してしまいしなくなりましたが・・・その後それを無くしてしまい悔やんだものです。
話を「クトゥルフの呼び声」に戻しますが、友人と高校ぐらいまで度々プレイした程度ですが自分はそれなりに満足していましたし、全集を読み、メタリカ等のメタルを聞きクトゥルフの世界観に惹かれて過ごしました。幾つかサプリも購入してたのですが、その後引越しの時に紛失してしまいまたしても落ち込みました。思えばこの頃から自分はよく物を無くす癖がありました。勿論今もです。少し前は「クトゥルー」の13巻も無くしました・・・とにかく80年代の黄金期を過ごしてきて、ここ最近のクトゥルフのブームは嬉しい限りですし、この流れを継続できるよう祈るばかりです。


追記:クトゥルフ神話やホラーと音楽の関係については「秘神界」(現代編)の「異次元からの音、あるいは邪神金属」で霜月 蒼様の記述のP744のあたりが自分の出会いの時期と重なりあの頃を思い出します。

blueorb at 22:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月02日

クトゥルフ神話〜夏のイベント・・・&クトゥルフ系の・・・

クトゥルフ神話〜夏のイベント・・・&クトゥルフ系の・・・

★夏が近くなりもうかなり暑い地域も多いと思いますが、夏といえば怪談&ホラー・・・ということで東 雅夫先生のBLOGに記載ありますとおり真夏の恐怖イベントが今年も開催されます。

第十六回 怪談之怪 with 幽

【日時】8月26日(土)11:30 開場/12:00 開演
【場所】京都テルサ テルサホール
【出演】梅田佳声/森山東/平山夢明/福澤徹三/山田誠二/京極夏彦/木原浩勝/東雅夫
【チケット】チケットぴあ、ローソンほかで発売中
【問い合せ先】テレビ大阪事業局 電話06-6947-1912
【ホームページ】http://www.tv-osaka.co.jp/event/kaidan2006/

とのことです。演目予定は以下です。

◇猫特集でも大反響を呼んでいる大長篇紙芝居『猫三味線』の梅田佳声師匠による実演
◇京極夏彦氏による怪談文芸朗読
◇名作『お見世出し』の森山東氏ほかをゲストにお招きしての「京都怪談夜話」
◇木原浩勝vs平山夢明vs福澤徹三の超怖い顔トリオによる怪談バトルロイヤル
 ……等々が予定されております。詳しくは東先生のBLOGで確認下さい。右のリンクからいけます。それともう一つの話題ですが・・・
<黒い森の祠>様でも記載ありますが、クトゥルフ神話関連(TRPG等)で活躍されている内山靖二郎さんがMF文庫Jの新人賞を取り、小説家としてデビューされます。デビュー作「神様のおきにいり」が7月下旬発売(25日予定)とのことです。クトゥルフ系ではないようですが、次回作クトゥルフ系を期待したいと思います。デビューおめでとうございます。応援してます。

以下公式サイト案内
http://www.mediafactory.co.jp/cgi-bin/bunkoj_detail.cgi?id=6947




blueorb at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2006年07月01日

クトゥルフ神話〜最近の自分の中での占有率

クトゥルフ神話〜最近の自分の中での占有率

★普段自分の中の占有率(自己分析)・・・体感値です。

<起きてる時>
クトゥルフ神話 35%
エロス 25%
国際情勢 20%
TRPG・カードゲーム 15%
その他 5%

<睡眠時>
クトゥルフ神話 50%
エロス 30%
ドリームランド 15%
その他 5%

分析・・・睡眠時にクトゥルフ神話占有率が15%UP!!エロスが5%UPでドリームランドはクトゥルフ神話に敢えて含まず別数値として扱いました。
それで思いましたが・・・

クトゥルフ神話 + エロス = 60%(起きてる時)
クトゥルフ神話 + エロス = 80%(睡眠時)

かなり高い数値を上位2位で占めてます。ちなみにクトゥルフ神話の内訳は・・・クトゥルフ神話値を100%としますと・・・

ラヴクラフト 30%
クトゥルフ神話関連生物や神々20%
ミ=ゴ 10% (敢えて別にしました)
朝松 健 10%
大瀧 啓裕 10%
ダーレス 10%
その他 10%

こんな感じです。で上記の方々のクトゥルフ系の夢をよく見ます。自己分析をしてみましたが、・・・自分はクトゥルフとエロスな人間なのだと実感します。


追記:イア!!!!!!!!!!!!!イア!!!!!!!!!!!!エロス!!!!!!!!!!!!!

blueorb at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ