2007年06月

2007年06月28日

クトゥルフ神話〜脳内メーカー

18053795.jpgクトゥルフ神話〜脳内メーカー

★最近流行している脳内メーカーを自分もやってみましたが…


逃げる




この三大要素で成り立っているようです。正直…ビンゴ!!です。脱帽…


脳内メーカー
http://maker.usoko.net/nounai/

名前を入力後「の脳内」ボタンを押すと判定でます。


追記:ニンテンドーDSLiteを衝動買いしてしまいました…
追記2:お勧めゲームありましたらコメントを。
追記3:最近PCのマザーボードいかれててすぐダウンします。



blueorb at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月27日

クトゥルフ神話〜Votomsが24年ぶりにTVシリーズとなり復活

77516f32.jpgクトゥルフ神話〜Votomsが24年ぶりにTVシリーズとなり復活

★TVシリーズより24年、キリコ・キュービイーは新たなる戦場へ赴く…!!

ロボットアニメは数あれど、ここまで戦争的である意味リアル?なアニメは無かった…ガンダムやその他のロボット系アニメも好きだが断然自分はボトムズです。何せ主人公のロボット(アーマード・トルーパー、略してAT)を使い捨てです。ガンダムでは考えられない設定です。ボトムズまでは主人公と主人公のマシンはほぼ最終話まで持ちますが、ボトムズは1話でATが破壊されたりします。前振りが長くなりましたが…


世のボトムズ野郎どもに朗報だ!!!!
キリコが戦場に赴くぞ!!!!
しかもペールズンがらみだ!!!!


それで、ストーリーは以下サイトより

時に百年戦争末期、キリコ・キュービィーは飛び交う銃弾の下にいた。
一方ペールゼンは、レッドショルダーにまつわるスキャンダルで失脚。軍首脳はペールゼンを葬ろうとするが、情報省次官ウォッカムによって法廷から救い出される。
ペールゼンの残した秘密文書に着目したウォッカムは、『異能生存体』の有用性を実験し、戦後における地位の足掛かりにしようと目論んでいた。
かくしてウォッカムの監視下となったキリコは、秘密文書にピックアップされていた4人、バーコフ、ゴダン、ザキ、コチャックとともに、次々と過酷な戦場を転戦させられる。「異能でなければ、生き残れない」

とのこと。秋にはDVDも発売されすが、その前に夏TVアニメで放送開始だ。詳細不明な部分があるが、多分CSで放送だと思う。

以下公式サイト
ボトムスWEB
http://votoms.cocolog-nifty.com/web/

ペールゼン・ファイルズ
http://www.votoms.net/pailsen/index.html

PROMOTION VIDEO(ペールゼン・ファイルズ)
http://www.votoms.net/pailsen/special/index.html

COMMAND VORCT
http://www.hobbyjapan.co.jp/hobbyjapan/votoms/index.html


とにかくプロモーションビデオが素晴らしい!!いかしてます。






blueorb at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月25日

クトゥルフ神話〜セラエノに行ってきました・・・

e5264bad.jpgクトゥルフ神話〜セラエノに行ってきました・・・

★何日かセラエノへ行ってきました…ので更新出来ませんでした…
お知らせ
東先生のBLOGより

このほど『西荻てのひら怪談カードブック』を、下記の地元書店さんで販売していただけることになりました。

 信愛書店(杉並区西荻南2−24−15/電話03-3333-4961)
 古書 音羽館(杉並区西荻北3−13−7/電話03-5382-1587)

 価格は500円です。
 懇親会の席で居合わせた京極さん、加門さん、福澤さん、天野さんに御協力いただき、下のようなサイン入りラッキーカードを少しだけですが作ってみました(表面はCM用書影、裏面に誰か1名のサイン入り)。怪談の女神様がほほえめば、運良くラッキーカード入りの袋に当たるかも知れませんぞ!?

……というわけで小生も挨拶がてら、両店におじゃましてきました。
 まずは南口の信愛書店さん。こぢんまりした店舗ながら、品揃えと棚構成は実に濃密。本好き人種の間で評価が高いのも頷けます。ふと見れば、〈伝奇ノ匣〉シリーズがオイシイ位置にずらりと並んでいるではないですか!(ありがとうございます〜)

↑カードブックが置かれる「怖い本」コーナーでは『てのひら怪談』『クトゥルー神話事典・第三版』のサイン本も販売中。『クトゥルー神話事典』にはクトゥルーちゃんの絵も描いときましたので、よろしく!

とのことです。↑の部分は画像になります。関東近郊の方は東京の西荻窪へGOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!


blueorb at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月21日

クトゥルフ神話〜The Dark Pharaoh, Herald of Nyarlathotep

63f693b9.jpgクトゥルフ神話〜The Dark Pharaoh, Herald of Nyarlathotep

★アーカムホラー関連情報

The Dark Pharaoh, Herald of Nyarlathotep

The Herald represents a powerful supernatural entity that is preparing the way for the Ancient One. Heralds can be used in conjunction with any Ancient One (although they are often much more dangerous in conjunction with a particular Ancient One) and modify the game in a way similar to the Ancient Ones. During setup, the Herald sheet is placed to the left of the Ancient One sheet when used.

To use the Dark Pharaoh as your Herald, print off the Herald sheet below (click the image for a high-res version) and place it by your Ancient One sheet. Then simply follow the rules printed on the sheet over the course of your game of Arkham Horror, in addition to all the normal rules of play.

You do not need to have a copy of Curse of the Dark Pharaoh in order to use the Dark Pharaoh as your Herald; however several of his abilities specifically interact with elements from that expansion.

For the most dangerous use of the Dark Pharaoh Herald, we reccomend using Curse of the Dark Pharaoh and Nyarlathotep as your Ancient One. Good luck!


http://www.fantasyflightgames.com/ah_heralddp.html



blueorb at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(TRPG) 

2007年06月20日

クトゥルフ神話〜Yog-Sothoth.comに紹介されていました。

9d3d369f.jpgクトゥルフ神話〜Yog-Sothoth.comに紹介されていました。

★最近自分のBLOGをGOOGLEで色々調べてみたのですが、結構色々なサイトで紹介されていて驚いています。見ると2CHの掲示板でもスレッドが立つと色々なサイトが紹介されているのですが、<その他お役立ちサイト>の欄でも記載があったり、クトゥルフ関連サイトでもご紹介頂いたりと何か不思議な感じがしました。そんななかで偶然にもヨグ=ソトース.comで自分のBLOGが紹介されていたようです。見るとなんと比叡山炎上関連の記述のころのようで
Sep 17, 2006 1:36 amにCarelessというハンドルネームの方(多分外人?)に投稿されていたようです。以下その紹介記事。


One good turn deserves another Greve. Unfortunately, i find myself unable to post the pictures of the following supplements and so will rely on the kindness of strangers to do so.

The first item is クトゥルフ神話TRPG 比叡山炎上 , roughly translated into Cthulhu Mythos RPG: The Burning of Mt. Hiei.

[img]http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4757728174/ref=dp_image_text_0/249-2236293-9611549?ie=UTF8[/img]

Here's a translation of the Amazon.jp website:

http://translate.google.com/translate?hl=en&sl=ja&u=http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757728174&sa=X&oi=translate&resnum=1&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%25E6%25AF%2594%25E5%258F%25A1%25E5%25B1%25B1%25E7%2582%258E%25E4%25B8%258A%26hl%3Den%26lr%3D%26sa%3DG

Its apparently a stand-alone book that details the intriguing period of Sengoku Jidai - the Warring States period. Central to the story is Oda Nobunaga, the rather famous Japanese warlord who tried to unify Japan under a new Shogunate.

A particular historical situation gives rise to both the name of the book and one of its interlocking scenarios, namely the burning of Mt. Hiei.

Mt. Hiei lies to the north east of Kyoto and is filled with monasteries from the Tendai and Shingon buddhist sects. These temples were built during Kyoto's earlier days, when it was still known as Heiankyo, in order to ward off evil. (the North-east is a perennial unlucky direction according to Onmyodo or Taoist practice). The most important of these temples was Enrakyu-ji, the first temple/monastery dedicated to the Tendai buddhist sect in japan.

During Oda Nobunaga's era, the fearsome damiyo burnt many of the temples on Mt. Hiei in order to quell the rising power of the Sohei, or Warrior-Monks who were gaining enough political clout and martial arms to challenge the damiyos and the samurai class.

........but that's the cover story at least. What if this "mere political manuever" was meant to attack something deeper...something hidden within the various Buddhist sects on Mt. Hiei?

Aside from this intriguing story (and the secret of Oda Nobunaga), the book provides the necessary historical context to run a game in that era. It provides a set of player occupations - everything from shrine maidens, warriors, ninja, and "brown man" according to the search engine translation (from the descriptions i've seen though, this type of person seems very important - able to draw on vast monetary resources and excellent negotiation skills).

It also provides a system for mass combat to simulate the great battles of the era, or even pit such forces against those of the Mythos (and watch them run away screaming Wink )

Being a dark-heroic chronicle, the book also allows for some minimal techniques or powers. I know that will start sending shivers down the CoC Purist spine, but rest assured - they hardly hold a candle in comparison to what a Mythos entity can do to a person.

Here's another translated review that goes into some detail:

http://translate.google.com/translate?hl=en&sl=ja&u=http://blog.livedoor.com/common_theme-35770.html%3Fp%3D5&sa=X&oi=translate&resnum=3&ct=result&prev=/search%3Fq%3DProject%2B%25E6%25AF%2594%25E5%258F%25A1%25E5%25B1%25B1%25E7%2582%258E%25E4%25B8%258A%26hl%3Den%26lr%3D

The other book that I've discovered is クトゥルフ神話TRPG クトゥルフと帝国 , or roughly "Cthulhu Mythos and Empire" referring to the Meiji and Taisho eras of Imperial Japan.

I can't seem to find a good picture of it, and i'd be much obliged if someone could post it. Here's a link

http://d.hatena.ne.jp/asin/4757725825

This book pretty much offers your standard fare for a 1920s book - the political situation, life, culture, and society of Japan during this era. According to one reviewer, this sourcebook for Japan allows the keeper to reproduce the world of Edogawa Rampo (the father of the Japanese detective novel. Hirai Taro's pen name is a phonetic homage to Edgar Allen Poe). http://en.wikipedia.org/wiki/Edogawa_Rampo


Well, i think that's the extent of it, though i should inform you of two final links.

One is Project 2044 - http://blog.livedoor.jp/blueorb/, its apparently a comprehensive blog devoted to HPL and CoC. The person who runs it apparently has put up a test play of the Hieizan burning, but i can't make much sense of it.

http://blog.livedoor.jp/blueorb/archives/50206987.html


と紹介がありました。いやー比叡山炎上の紹介と一緒に紹介されるとは予想外でした。でも海外の方も自分のBLOGをみているのですね…

ヨグ=ソトーーーーーーーーーーーーーーース!!!!






blueorb at 22:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月19日

クトゥルフ神話〜Mansions PDFs

クトゥルフ神話〜Mansions PDFs

★You can download the handouts here at chaosium.com.

We now have Mansions of Madness PDF handouts available for your use. You can find them here.

You can also find handouts for many of our Call of Cthulhu releases, old and new, here.

We'll continue to post more handouts as we get them.

Enjoy!

とのことでケイオシアムでは今までに発売されたサプリなどのデータの一部をPDFでダウンロードできるようになっています。ケイオシアムのTOPページからいけます。(右リンクでも可)それでデータの画像を確認しながら、どのサプリを買おうか検討するとよいと思います。それでそれぞれのファイルが階層的になってます。

今までに発売されたクトゥルフの呼び声等関連のデータ以下リスト
http://www.chaosium.com/downloads/handouts/call_of_cthulhu/

Parent Directory 06-May-2006 14:04 -
[DIR] adv_arkham_country/ 06-May-2006 14:04 -
[DIR] before_the_fall/ 06-May-2006 14:03 -
[DIR] bermuda_triangle/ 06-May-2006 14:04 -
[DIR] cthulhu_casebook/ 18-Jun-2007 08:33 -
[DIR] cthulhu_classics/ 06-May-2006 14:02 -
[DIR] cthulhu_now/ 18-Jun-2007 08:35 -
[DIR] curse_of_cthulhu/ 18-Jun-2007 08:37 -
[DIR] dark_designs/ 18-Jun-2007 08:38 -
[DIR] fatal_experiments/ 18-Jun-2007 08:40 -
[DIR] great_old_ones/ 06-May-2006 14:02 -
[DIR] horror_orient_express/ 18-Jun-2007 08:41 -
[DIR] kingsport/ 18-Jun-2007 08:43 -
[DIR] last_rites/ 06-May-2006 14:03 -
[DIR] mansions_madness/ 16-Jun-2007 10:21 -
[DIR] masksofnyarl/ 06-May-2006 14:04 -
[DIR] rc_goatswood/ 06-May-2006 14:02 -
[DIR] return_dunwich/ 18-Jun-2007 08:44 -
[DIR] secrets/ 06-May-2006 14:03 -
[DIR] secrets_of_japan/ 06-May-2006 14:03 -
[DIR] shadows_yog_sothoth/ 06-May-2006 14:02 -
[DIR] spawn_azathoth86/ 18-Jun-2007 08:46 -
[DIR] tales_miskatonic_val..> 06-May-2006 14:02 -
[DIR] unseen_masters/ 06-May-2006 14:03 -

mansions_madnessのデータは以下
http://www.chaosium.com/downloads/handouts/call_of_cthulhu/mansions_madness/

[DIR] Parent Directory 18-Jun-2007 08:49 -
[ ] momhandoutsred.pdf 16-Jun-2007 10:22 2.1M

blueorb at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月18日

クトゥルフ神話〜ネクロノミコン…

d6e907c1.JPGクトゥルフ神話〜ネクロノミコン…

★ネクロノミコン…

blueorb at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月17日

クトゥルフ神話〜銀の鍵の門を越えて(ヤディス星にて)

クトゥルフ神話〜銀の鍵の門を越えて(ヤディス星にて)

★ラヴクラフト全集6巻「銀の鍵の門を越えて」P148より

師がしわがれた声で話しつづけた---苦労して喉からだす声に疲労のきざしがあらわれはじめていた。さて、ヤディス星ですごした長い時間単位は、それ自体、短い時間では語りつくせぬ物語となる。ストロンティ星、ムトゥラ星、カス星への旅があり、ヤディス星の生物が光線外皮で身をつつむことによって行ける二十八の銀河における他の世界への旅、ヤディス星の魔道士たちの知る銀の鍵をはじめさまざまなシンボルを使っての果てしない時を抜ける旅があった。ヤディス星を掘り抜く原初の隧道での、粘液にまみれる青白いドール族との恐ろしい闘いがあった。現存あるいは死滅した一万世界の知識を集積する図書館での、おごそかな集会があった。<超古代のもの>ブオの精神もふくめ、ヤディス星の他の精神との緊迫した会議があった。ズカウバは自分の個性にふりかかったことを誰にも話さなかったが、ランドルフ・カーターの局面が優勢になったときは、地球と人間の姿に復帰するため、およそ可能な手段を精力的に研究したり、人間の言語を話すことには適さない異質な喉の器官で、やっきになって人間の言葉を話そうとしたりしたものだ。カーター局面は、銀の鍵が人間の姿への復帰を実現できないことをすぐに知り、恐怖にわなないた。



blueorb at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月16日

クトゥルフ神話〜銀の鍵の門を越えて(次元と角度)

クトゥルフ神話〜銀の鍵の門を越えて(次元と角度)

★ラヴクラフト全集6巻「銀の鍵の門を越えて」P140より

波が伝えつづけた。有限の次元に存在する生物の祖先から子孫につづく系統のすべて、そしてこうした生物それぞれの成長段階のすべては、次元を超越する空間における、ただ一つの原型的かつ永遠の存在のあらわれにすぎないのだ。局所的存在のそれぞれ---息子、父親、祖父等々---と固体のそれぞれの段階---幼児、子供、大人---とは、その同一の原型的かつ永遠の存在が、意識=面の角度によってさまざまに切断されることでひきおこされる、無限の局面の一つにしかすぎない。ランドルフ・カーターはあらゆる時代に存在する。ランドルフ・カーターとその祖先のすべては、人間であれ人間以前のものであれ、地球のものであれ地球以前のものであれ、あらゆる時代に存在するのだ。こうしたものはすべて、時間と空間を超越するただ一つの窮極的かつ永遠の<カーター>の局面にすぎない---意識の一面がたまたま永遠の原型を切断する、その角度によってのみ差異が生じる、幻の投影物にすぎないのだから。角度のわすかな変化が、今日の学徒を昨日の子供に変えてしまえる。ランドルフ・カーターを1692年にセイレムからアーカム背後の丘陵地帯に逃げこんだ、あの魔道士エドマンド・カーターにも、2169年に不思議な手段を用いてモンゴル人の群をオーストラリアから撃退する、あのピックマン・カーターにも変えてしまえる。さらに人間のカーターを、原初のヒューペルボリアに棲み、かつてのアークトゥルスをまわっていた二重星キタミールから飛来した、黒く可塑的な体をもつツァトゥグアを崇拝する、太古の実体の一つにも変えてしまえる。地球のカーターを、遠い祖先にあたる無定形のキタミール星人そのものにも、さらに遠い祖先にあたる超銀河の星ストロンティの生物にも、旧時空連続体に存在する四次元のガス状意識にも、信じられない軌道をもつ暗黒の放射性彗星における未来の植物頭脳にも変えてしまえる---このように、果てしない宇宙のサイクルに存在するものに、いくらでも変えてしまえるのだ。




blueorb at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月13日

クトゥルフ神話〜夏の幽イベント等イベントのお知らせ

6dcf4344.jpgクトゥルフ神話〜夏の幽イベント等イベントのお知らせ

★夏が近づくにつれ暑くてだれてる…涼みたい…そんな方々にイベントのお知らせです。まず東雅夫先生のBLOGより幽イベントの情報です。以下BLOGより抜粋。

今夏の『幽』イベントの告知が、『ダ・ヴィンチ』とウェブ幽に掲げられております。
 下記のとおり、どーんと無料御招待いたします(笑)。え、顔ぶれが何かの時と似ている!? き、気のせいですよ、きっと……。

 応募は葉書郵送のみ。どうせ葉書を出されるのですから、余白に『幽』の御感想、リクエスト、スタッフへのメッセージなどお書き添えいただけると、とても嬉しいです。それで当選確率が上がるなんてことはもちろんありませんが(笑)……嬉しいんですよ!

幽PRESENTS 『怪談』トークライブ試写会
『怪談』の夕べ

 今年の8月4日に全国公開予定の映画『怪談』と『幽』の合同イベントを開催します! 三遊亭円朝の『真景累ケ淵』を原作とする、この夏話題の映画『怪談』の試写の後、小説家の京極夏彦氏、平山夢明氏、『幽』編集長の東雅夫と、映画『怪談』の出演者(豪華ゲストを予定しています!)によるトークライブを開催します。今年のイベントは特別版として、ペアで350組(700名)を無料でご招待します。チケットの一般発売はございません。どうぞお早めにご応募ください!

先着で350組700名をご招待!
日程:2007年7月22日(日)
時間:開場15:30 開演16:00
場所:九段会館ホール
出演:映画『怪談』よりゲスト登壇(予定)、京極夏彦、平山夢明、東雅夫
応募方法:官製ハガキに、住所・氏名・電話番号を明記のうえ、以下の宛先までご応募ください。
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-24 ハクバビル4F 株式会社P2
『怪談』の夕べ「ダ・ヴィンチ」係

※発表は招待券の発送をもって代えさせていただきます。個人情報は招待券の発送目的以外には使用いたしません。WEB経由での応募受付はしておりません。

とのことです。いやーいいですねー是非参加できる方はGOです。それと朱鷺田祐介のBLOGより以下紹介します。

★★★ Thanatos6 Friday-night Session 〜21st&22nd〜 ★★★

日時:
第21回 2006年6月22日(金)
第22回 2006年7月27日(金)

 ・オープン: 19時
 ・ゲーム開始:19時30分(予定)
 ・クローズ: 終電
   会場:タナトス6
   http://www.a-third.com/thanatos6/e_index.html

予定ゲスト
 鈴木銀一郎、朱鷺田祐介、松本富之、など

 ……ということで、金曜日の夜にボードゲームとかしたい人は、ぜひどうぞ。
 私は、金曜日6時過ぎまで学校なので、ちょっと遅れる予定。

とのことです。うおー行きたい。シャドウランの話もいろいろ伺いたい…
東京近郊の方は是非行きましょう。でも羨ましいです。



blueorb at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月12日

クトゥルフ神話〜Frontier Cthulhu

0ff4ec2f.jpgクトゥルフ神話〜Frontier Cthulhu

★ケイオシアムからクトゥルフ神話のアンソロジーが発売されます。以下


Frontier Cthulhu
Call of Cthulhu Fiction Anthology for 2007.
Frontier Cthulhu Frontier Cthulhu
CHA 6041
$14.95
isbn 1-56882-219-7

A New Land Founded upon Forgotten Horrors

As explorers conquered the frontiers of North America, they disturbed sleeping terrors and things long forgotten by humanity. Journey into the undiscovered country where fierce Vikings struggle against monstrous abominations. Travel with European colonists as they learn of buried secrets and the creatures guarding ancient knowledge. Go west across the plains, into the territories were sorcerers dwell in demon-haunted lands, and cowboys confront cosmic horrors.


The editor, William Jones, is running a little contest to see who can guess the authors and stories included in the collection. You can read about the contest Here. Meanwhile, we'll hold off on announcing the table of contest here.



blueorb at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月11日

クトゥルフ神話〜崑央の女王の英語版発売のお知らせ!!

クトゥルフ神話〜崑央の女王の英語版発売のお知らせ!!

★クトゥルフ神話のVIP…朝松先生の<崑央の女王>(クンヤンの女王)が今秋に発売予定とのことです。以下朝松先生のBLOG6月6日記事より。


・「崑央の女王」英語版はいよいよ今秋あたりに刊行されそうな気配。表紙は小島文美さん。解説にはアメリカのクトゥルー・ホラー研究家の某氏が担当してくれるとのこと。長編が英訳されて、朝松クトゥルー・ホラーが英米の読者に読んでもらえるとは・・・。感激もひとしおである。


とのこと。オーマイガッ!!!来ました…遂に…日本のクトゥルフのアメリカ侵攻…逆輸入…。秘神界に始まり、NYタイムズに書評がのり…これを機に更なる侵攻(親交・信仰)進めるのです。昨年から情報はありましたが…ああっ遂にやっちゃっいました。秋…もしやワールドコンのタイミングで!?でも<崑央の女王>(The Queen of K`n-yan)とは渋い…
次は、邪神帝国の英語版を待ってます。といことで<崑央の女王>の説明をさせていただきます。

分子生物学者・森下杏里は、地上60階を誇るハイテクビル、通称リヴァイアサンの塔へ出向を命じられた。紀元前1400年古代中国は殷(いん)王朝の遺跡から出土した、完璧なミイラの研究のためであった。そこで杏里は研究には似つかわしくない厳重な警備の中、不気味な実験を強要される。そして、研究が進むにつれ次々と発生する不思議な現象。杏里はついに実験の真の目的を知るが…!?






blueorb at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月10日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1936年2月12日、E・ホフマン・プライス宛)

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1936年2月12日、E・ホフマン・プライス宛)

★以下定本ラヴクラフト全集10巻、P194より(抜粋)

イレムの城砦にて

親愛なるマリックへ
貴方に「狂気山脈」を面白く読んでもらって嬉しく思います。それは10歳の時以来絶えず私に付き纏ってきた死を招く荒涼たる白い南極地方に対する漠然とした感情を突き止めようとする試みだったのです。書いたのは1931年ですが、ライトらに見せたところ、敬意をもって迎えられたため、私はかつてないほど深甚な打撃を受け、私の作家生活も事実上これまでかと思いました。自分が具体化しようと試みた気分を実現できなかったという気がしたため、同じように、つまり同程度の自信や意欲をもって、この種の問題に取り組むことが何故か微妙にできなくなったのです。しかし、たとえ単なる遺作としてにせよ、この作品がついに印刷されたことは多少は慰めとなりました。本文には許しがたい誤りがいくつかあります---例えばpalaeogean(全東半球生物地理圏の)を"palaeocene"(古第三記の)とするなど---が、挿絵は立派です。その画家は文章から太古の存在を完璧に視覚化したのであり、このことから彼が実際に本文を読んだことが分かりますが、これは太守ファーナベイザスのヘボ絵師の大部分がしていることより立派なことです。
…最近作をされているこの小説に対する貴方の入念な分析を私は興味と感謝の念をもって読み、本質的に些細なものに時間と労力と配慮を向けて下さったことに対し、貴方に感謝しなければなりません。私は最初からそれが失敗作であることに気づいていました---「狂気山脈」以後の全作も同様です。本物の芸術家が自分の気分を伝えるために必要とするものが何であるにせよ、私にはそうしたものがまったく欠けているのです。その作品の唯一の執筆目的は、(a)遠方の眺めの不思議な感じと、(b)見捨てられた古い建物に対する潜在的な恐怖心を具体化することでした。明らかに私はどちらも具体化できなかったのです。過去数年間、同様の試みを何十回となくやって、誰にも見せずに破棄した後で、その作品を何故残したのか分かりませんが、人間は時には多少のエゴをもつことがあるものです。とはいえ、さらに実験を続けて大いに効果が上がるかどうかは不明です。二十年前のような具合に自分のしたいことをすることはできないのです。ブラックウッドやダンセイニがもっているような特殊な才能は私にはないのです。…

                          平安あかれし
                     アブドゥル・アルハズレッド






注:表記等はラヴクラフト書簡(国書刊行会)にしたがいました。
追記:詳細は国書刊行会の定本ラヴクラフト全集を購入してご確認下さい



blueorb at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)H・P・LOVECRAFT 

2007年06月09日

クトゥルフ神話〜シャドウラン 4th Edition(TRPG)の紹介

a080eabc.jpgクトゥルフ神話〜シャドウラン 4th Edition(TRPG)の紹介

★クトゥルフ神話関連のVIP朱鷺田祐介様(<クトゥルフ神話ガイドブック>の著者)が翻訳等をてがけたのが、今回ご紹介しますシャドウラン4thです。
世界感は自分の印象ですが、ブレードランナー+ファンタジー(エルフとかドラゴンとか)+未来=少しトラベラー…?な感じがします。(あくまで自分の第一印象ですのでご了承下さい。)それで公式サイトより紹介を抜粋。

シャドウラン公式サイト(ロール&ロール)
http://www.arclight.co.jp/r_r/shadowrun/top.html

舞台は2070年。状況はまだまだ止まらない。
 世紀の変わり目から、世界は想像も及ばない方向に変わった。宇宙の神秘的なエネルギーは確実に力を高め、集中させていき、ついには、魔法をこの世界に戻してしまった。いわゆる〈覚醒〉である。エルフとドワーフ、オークとトロールは、ヒトの姿を脱ぎ捨て、彼らの本来の姿を取り戻した。野生動物たちさえもその姿を神話と伝説の獣に変えていった。さまざまな魔術が現実のものとなり、それを実践する魔法使いたちは新しい世界で居場所を切り拓いている。
 世界を覆う巨大なコンピュータ・ネットワークは不可解なコンピュータ・ウイルスによる攻撃で崩壊した。ドラゴンが空に舞った。疫病と飢饉が世界の人口を激減させた。新しく覚醒した種族と、残された人類との衝突がそこら中で起こった。すべての権力中枢は崩落し、そして、世界は奈落の底に向かってまっさかさまに落ちていった。

 しかし、人類とその仲間たちは、しぶとい生き物である。荒廃と混沌から、脆いながらも新しい社会秩序が、ゆっくりと誕生した。
 超巨大企業(メガコーポ)群が新世界の覇権を握り、自分たちを世界の掟とした。地球上のあらゆる場所で、企業の言葉が標準になった。新円(ニュー・イェン)は世界的な基準通 貨になり、世界最高の裁判所はいまや、トップ10の巨大企業によって成り立つ企業法廷である。
 メガコーポたちは命がけのゲームを続け、そして、少しでも優位に立つために、影の手駒を雇うようになった。

 テクノロジーもまた、人々を変えた。もはや肉体という制限に満足する必要はない。多くの人々はサイバーウェアによって自身を人工的に強化する道を選んだ。より強く、より速く、より賢く。
 より自然な強化を好む者もいた。彼らは医療用培養槽で育てられた強化臓器に目をつけた。バイオウェアだ。
 また、ある者は、パワフルな装着型コンピュータ機器に道を見出し、光学チップや強化タイヤが自分自身の身体の一部であるかのように、コンピュータ・ネットワークや車両を操作するようになった。

 万事が金という2070年の厳しい現実の中では、都市が大きいほど、影は深い。巨大な企業構造の隙間に、あらゆる影の犯罪が住みついている。メガコーポが危ない橋を渡る必要があり、かつ手を汚したくないとき、彼らはそれを任せられる唯一の人種を頼る。

 シャドウランナー、それはいつでも関与を否定できる存在。政府や会社のデータベースのうちで最もヤバいものの中にさえ、会社とシャドウランナーの関係は登録されていないが、彼らのサービスへの需要は高い。
 ハッカーは巨大な会社のデータベース中に音もなく忍び込み、本当に価値ある唯一のもの――情報だ――を盗み出す。ストリート・サムライは、戦闘技術と強化された反射神経による究極の捕食者として雇われる執行人だ。
 リガーは、さまざまな目的に特化した車両(ヴィークル)や無人機(ドローン)を操ることができる。
 現在の地球を包む不思議なエネルギーを操作する、稀有な才能を持つ魔法使いたちは、競争相手をスパイし、敵に対して呪文を浴びせかけ、魔法的な破壊活動を行なうなど、雇い主が夢想するありとあらゆる目的に使えるので、引く手あまたなのだ。
 こうした者たちは皆、生き延びるために腕前を売り、危険すぎて誰も引き受けようとしない仕事を請け負う。その多くは違法であり、いかがわしい仕事ばかりだ。

 友よ、暗黒の未来にようこそ。こいつは、とんでもない旅になりそうだ。


という感じです。現在発売されていますR&Rでの記事紹介もありますし、 朱鷺田祐介様のBLOG<黒い森の祠>(右リンク先あります)でも紹介されています。それで、この世界感では結構色々出来そうです。そう自分の想像力で様々なシナリオやゲームが出来そうで楽しそうです。それでこれからR&R等でもシナリオやサポートもありそうですので、こちらも楽しみです。
値段もお手ごろですので、コストパフォーマンスもいいと思います。

シャドウラン4th Edition
ロブ・ボイル/ほか著 朱鷺田祐介/訳 シャドウランナーズ/訳 、新紀元社 、2007年6月発行
価格:5,000円
ISBN978-4-7753-0542-3 B5判・384ページ

アマゾン(シャドウラン販売ページ)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3-4th-%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%AB/dp/4775305425/ref=sr_1_1/249-9278933-6064304?ie=UTF8&s=books&qid=1181111822&sr=1-1




blueorb at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月08日

クトゥルフ神話〜画ニメ(ダニッチ・ホラー)の紹介

8ba41441.jpgクトゥルフ神話〜画ニメ(ダニッチ・ホラー)の紹介

★明日から渋谷のUPLINKでダニッチホラーの上映が開始されます。記念すべき初日の明日6/9(土)19:00の回は品川監督&山下氏&東雅夫氏がトーク会を開催されるとのこと。おおっ!!行きたい…そして6/15(金)は品川監督&山下氏&風間賢二氏のトークショーが開催されます。ダニッチ・ホラーは毎回19:00です。いいですね。夜にダニッチ…会社帰りに寄れるいい時間です。以下作品紹介

6/9(土)〜6/22(金)
「H・P・ラヴクラフトのダニッチ・ホラー」

監督・脚本:品川亮
美術・造形:山下昇平
音楽:ジム・オルーク
声の出演:ミッキー・カーチス
       遠藤憲一
       柄本祐

数多の作家・ファンを魅了し、現在も増殖中の「クトゥルー神話」。その本家H・P・ラヴクラフトの小説を映像化!

画ニメ
http://www.ganime.jp/jam/index.html

UPLINK
http://www.uplink.co.jp/top.php




blueorb at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月06日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ…拡大…?

クトゥルフ神話〜クトゥルフ…拡大…?

★最近のクトゥルフ神話関連の勢いは凄いことになっているのは周知の事実…関連本もここ何年でいくつ出たことか(右サイドバーの関連本コーナーを見れば一目瞭然です)。それと東先生主催のクトゥルフ神話賞の応募作品の多さ…アーカムホラーの売れ行き…カノン文庫…そして…

何故か急激にアクセスが増加、ここ数日通常の2倍以上のアクセスが…

PROJECT 2044(CTHULHU REBIRTH IN JAPAN)は大丈夫か?

何かえらい事に…しかもこれを書いてる間、雷が激しく光り、振動も凄い…

嗚呼…神よ…雷が…









blueorb at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2007年06月03日

クトゥルフ神話〜カノン文庫(クトゥルフ的な展開…!?)

クトゥルフ神話〜カノン文庫(クトゥルフ的な展開…!?)

★クトゥルフ系VIP様の日記で紹介をされていたのですが…クトゥルフ系の作品に力を入れる出版社の紹介がありました。スタジオセロの手がけるカノン文庫です。それでその方向性についてカノン文庫のBLOGに掲載されていました。以下。


A:カノン文庫の方向性ってなんなの?後発だから何か特色ないと誰も買わないよ?
B:どーせ他レーベルの後追いじゃね?

後追いです。後発で弱小です。いろんなところから「あんたのとこのカノン文庫って大丈夫なの?」とか心配されます。ウチよりも小さいところから心配とかされるとちょっとアレです。
まあとにかく!何にしてもカノン文庫の柱が必要だと思ってます。
ナニを柱にすれば良いか?いろんな人から暖かいアドヴァイスをいただきました。
感謝です。

カノン文庫の柱、それは「シェアワールド方式」
ラブクラフトのクトゥルフ神話の世界観を舞台にしたシェアワールド方式ですよ。そこ古いとか言わない。
実は作家さんたちとはすでにお話してます。興味も持っていただいております。
さらに、カノン文庫は新人作家さんにも広く門戸を開ききってます。
というわけでクトゥルフ神話でシェアワールド! も原稿募集します。
募集要項は以下の通り。

●クトゥルフ神話の基本設定を使い、世界観を尊重した未発表のオリジナル作品であること。
●キャラクターのもつ能力として、オリジナルの超能力や武術、魔術、結社などを登場させても良いが、クトゥルフ神話の世界観を壊さない程度であること。
●クトゥルフ神話の世界観はコズミックホラーであるが、今回新たに書かれるストーリーは厳密にホラーでなくとも良いです。(結末が陰惨なアンハッピーエンドである必然性はまったくない。コミカルな作品、ヒロイックな作品も可とする。もちろん萌えも熱烈歓迎)
●舞台設定は自由です。とくに現代日本でなくともよい。架空の異世界でもかまわない。
●主人公はティーンエイジャーであること。

以上が詳細です。枚数制限とかの詳細はこちら↓
http://www.studiocello.com/kanon.html

もちろんクトゥルフ以外の原稿もお待ちしてます!
どしどし送ってくださいね。
ではまた後で更新します。



とのことです。かなり好感を持てます。ただし…主人公がティーンエジャーであることとなっているのが気になります。出版界の掟かマーケティングの結果そうしたのか分かりませんが…正直、主人公を10代に限定するのはどうかと思いますが…

10代から大人までもが刺激を受け、どんどん読み進めたくなる原稿をお送りください。

と銘打っているのですが…主人公が10代(確定)…

主人公が10代限定ですと、必然ほぼ学生が主人公という感じになってしまいます。勿論10代でも職業につくことも出来ますからその部分では多少は幅はあるでしょう。ですが主人公が考古学者やジャーナリストや政治家などある程度年齢がいってないとなれない職業も多数あります。何が言いたいかと言いますと…

クトゥルフ神話をモチーフにしたコンセプトはすばらしいのに、作品の幅が狭くなりますよ…ということを言いたいのです。例えば学生が主人公と思われる作品が多くなると予測され、結果似たような舞台設定となる可能性が高いのでは?例え時代設定が違えども…10代限定ですとやれることに制限がかかる…よって似たような作品が増え…地盤沈下を起こしかねない…と思われます。
例えば、ラヴクラフト作品やクトゥルーシリーズは多種多様な主人公がおりついている職業もバラバラです。特に一人称の文体で主人公が10代ですとどうなのか…

私はカノン文庫を応援したい…クトゥルフ神話の発展、拡大の為にもです。ですが、神話の取り扱いには注意が必要です。多くの作家や翻訳家や編集者が創り上げてきた世界です。どれだけの苦労と苦悩と努力と尽力があったか考えますと「シェアワールド方式」と簡単には言えないですよ。
クトゥルフ神話のハイクオリティーを維持するためにも良質な作品の掲載を期待したいと思います。

カノン文庫BLOG
http://cello-kanon.at.webry.info/200705/article_3.html

カノン文庫
http://www.studiocello.com/kanon.html

スタジオセロ(カノン文庫の会社です)
http://www.studiocello.com/


blueorb at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月02日

クトゥルフ神話〜ザ・シューター極大射程

クトゥルフ神話〜ザ・シューター極大射程

★久しぶりに見たいと思う映画があり、今日見てきたのですが、その映画は
ザ・シューター極大射程という映画です。(タイトルもう少し工夫必要です)内容は凄腕の海兵隊のスナイパーが相棒と敵の襲撃から仲間の車両を守るため、崖の上で狙撃任務につき敵を次々とスナイプしていく主人公。なのですが、そこで敵の反撃にあい、その時仲間の連中は応援にも来ず無線のスイッチも切り、撤収してしまうのです。その任務で相棒の観測手を失ってしまいます。そして36ヶ月後、自分を裏切った仲間が大統領の暗殺計画があるので、狙撃可能な3都市の狙撃ポイントを割り出すように依頼される。渋々引き受ける主人公なのですが…

まずスナイパー映画として面白い
サバイバル技術の実践も面白い
サスペンスとして面白い

とにかく、主人公のスナイプが完璧で音も、実銃をそこで聞いているような臨場感がありよい。そして狙撃の犯人として追われながらもしぶとく逃げるのがよい。日常品から爆弾やナパームを作ったりしてとにかくマニアは面白いと思います。スナイパー映画としては「山猫は眠らない」「スターリングラード」のようなスナイパー対スナイパーの対決シーンで見もののような部分は皆無ですが、普通に面白いのでぜひ見てない方は見て下さい。で家族で行って見ても面白いと思いますが…女子供の見る映画ではない!!(漢おとこ)の映画です。内容にチャラチャラした部分がなく、無駄なシーンもない近年まれにみる傑作だと思います。


公式サイト
http://www.shooter-movie.jp/main.html



blueorb at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ