2008年05月

2008年05月31日

クトゥルフ神話〜三葉虫萌え〜

59d14f56.JPGクトゥルフ神話〜三葉虫萌え〜

★カンブリア紀…約5億4,500万年前から約5億500万年前までとされる。カンブリアという名前は、この時代の岩石が出土し研究された最初の地であるウェールズの古名が由来である。ウィキペディアより…

そして奇妙な形態の生物が多数発生した時代…クトゥルフ神話ともシンクロしながらイメージしたりする自分ですが…三葉虫が結構好きなんです。それで三葉虫も結構種類があるようので、イメージもそのひとつです。萌え〜なのです。甲殻類とかミ=ゴに萌えるのもそのせいかもしれないです。



blueorb at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月29日

クトゥルフ神話〜新編真ク・リトル・リトル神話大系4について

クトゥルフ神話〜新編真ク・リトル・リトル神話大系4について

★発売になり、狩りに成功!!以下目次です。


月に跳ぶ人 R・A・W・ローンズ P7
深淵の王者 C・H・トンプソン P63
爬虫類館の相続人 H・P・ラヴクラフト&A・ダーレス P145
開かずの部屋 H・P・ラヴクラフト&A・ダーレス P179
第七の呪文 J・P・ブレナン P239
妖虫 R・キャンベル P251
異次元通信機 R・キャンベル P291
暗黒星の陥穽 R・キャンベル P315
ポーの末裔 H・P・ラヴクラフト&A・ダーレス P341
魔界へのかけ橋 H・P・ラヴクラフト&A・ダーレス P389

解題 那智 史郎 P425
巻末エッセイ 永劫と暗黒の狭間へと奈落落ち 朱鷺田祐介 P443



blueorb at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月25日

クトゥルフ神話〜トピック等

20982dfa.jpgクトゥルフ神話〜トピック等

★新編真ク・リトル・リトル神話大系4が発売になっています。
大型書店で検索する機械で検索したのですが、5/24発売日となっています。…狩りの季節がやってきた!!!
首都圏などはもう店頭に出ているかもしれませんが、地方はおそらく26日〜27前後くらいでしょう。勿論…狩るのだ!!!

★<インスマスからの脱出>ボードゲーム情報
以前もご紹介しましたが、HPL著「インスマスを覆う影」を地でいく脱出系ゲーム<インスマスからの脱出>がアマゾンでも買えるようになったいます。

アマゾン(<インスマスからの脱出>)
http://www.amazon.co.jp/Twilight-Creations-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E8%84%B1%E5%87%BA/dp/B0015Y0YFQ/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=toys&qid=1211721892&sr=8-3
ホビージャパン(ゲームの説明ページ)
http://hobbyjapan.co.jp/game/twili_cre.html#innsmouth_escape

クトゥルフ神話を題材にしたボードゲームが登場!
 1926年夏。ミスカトニック大学研修旅行の一行は、ニューイングランドを通過中に、恐るべきモンスターが横行するインスマスの街へ迷い込んだ。彼ら全員は水の神“ダゴン”への生贄にされるために、“ディープ・ワン(深きもの)”たちに捕らえられてしまった。
 しかし、1人の学生が幸運にも脱出に成功し、友人たちを救出しようとしていることにディープ・ワンたちはまだ気がついていない……

メーカー:Twilight Creations(USA)
価格:6,300円(6,000円+税)
プレイ人数:2〜5人 / プレイ時間:約40分

詳細ホビージャパンのページでご確認下さい。

★最近どこの書店に行っても…クトゥルフの影が…
自分が行く書店はどこもクトゥルフ神話作品を置いている…しかも結構目立つというか…いい場所においてある…作品別出現率上位5位がこんな感じです。

ラヴクラフト全集…ほぼ100%
クトゥルー神話辞典(第3版)…85%
ネクロノミコン(タイスン版)…70%
クトゥルー神話ダークナビゲーション…65%
新編真ク・リトル・リトル神話大系…60%

・・・・・・・・

クトゥルー(1巻〜13卷)…1店舗のみ(メロンブックス様のみ)

嗚呼、青い心の会社の方…(青心社様)頑張って下さい。販売チャンネルとプレゼンスは重要です。ネットで通販できるけど…やはり興味のある方やファンの方は手にとり中身を確認したいはずなので…店頭に力を入れて頂ければ…ありがたいのですが…




blueorb at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月23日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1930年9月11日、クラーク・アシュトン・スミス宛)

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト書簡(1930年9月11日、クラーク・アシュトン・スミス宛)

★ラヴクラフト書簡(1930年9月11日、クラーク・アシュトン・スミス宛)

以下定本ラヴクラフト全集9巻、P272より


親愛なるクラーカシュ・トンへ
……私が未完の小説「闇に囁くもの」に取り入れました趣向は、抜き取った頭脳をそれぞれの円筒に収めて惑星間を運搬し、目的地に着いたらその頭脳に感覚器官と発声装置を接続するというものです。こうなれば、人間は蓄音機のレコードのようなものになります---知能は簡単に運搬できるし、規格品の装置があるところならどこででも、知覚することと同時に意思を表現することができるわけです。このような方法を用いる生き物の種族は異界から飛来してくるのですが、この太陽系の中で九番目に発見された新惑星---連中はヨゴス星と呼んでいます---に前哨基地があり、もっと小さくて近い前哨基地がヴァーモント州の丘陵地帯にあります。この物語は早急に仕上げなければなりません。創作に打ち込んでいるときにすばらしい景色を眺めるとどのような影響を受けるかということですが、これはどうやら人によって実にさまざまなようです。多くの人は---貴方と同様に---気が散ると言っていますが、私の場合は正反対のようです。戸外の環境や印象的な眺望は、かえって私の能力を掻き立て呼び起こしますから、書斎よりも森や野原にいるほうが二倍も能率があがるのです……。

                     貴方の忠順なる
                       卑しきしもべ






追記:詳細は国書刊行会の定本ラヴクラフト全集を購入してご確認下さい

blueorb at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) H・P・LOVECRAFT 

2008年05月22日

クトゥルフ神話〜Evolution

b056bf1a.jpgクトゥルフ神話〜Evolution

★進化…

生物進化の過程が明らかになりました…

blueorb at 22:38|PermalinkComments(3)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月21日

クトゥルフ神話〜1920s-Era Passport

1cc0edf1.jpgクトゥルフ神話〜1920s-Era Passport

★1920s-Era Passport
3-color Embossed Era Passport

Modeled on the 1921 Department of State document. These original passports were indeed a single piece of paper, folded into quarters so that the passport-and-shield showed in the front. It was carried in the traveler's wallet or in a green cardboard sheaf emblazoned with a national crest, as supplied by the state department (not included). The reverse of the passport is shown below.

War and the subsequent Red-Menace scare prompted authorities to limit generally-authorized travel during these few years; we encourage merely listing of "all nations" where name of country is required. The "accompanied-by" section could indicate additional family members. The personal description section depended on unscientific criteria: mouth might be "determined", nose might be "prominent" or "snub" and so forth. The passport number would be six-digit, starting with a 1. The photo (which you supply) should of course be black and white.

This passport was originally part of our Horror on the Orient Express boxed campaign. Each boxed set originally included four of these passports. We have a limited number of these passports and are selling them individually.

$2.95

http://catalog.chaosium.com/product_info.php?products_id=150&osCsid=e5800882b055701ce050d85125083360




blueorb at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月20日

クトゥルフ神話〜狂気大陸より<1930年ミスカトニック大学南極探検報告>

クトゥルフ神話〜狂気大陸より<1930年ミスカトニック大学南極探検報告>

★狂気大陸(朝松 健著)P134より

<1930年ミスカトニック大学南極探検報告>

報告書によれば、1930年9月2日、アメリカ、マサチューセッツ州にあるミスカトニック大学の南極探検隊は、ボストン港を出航した。
出発した船は2隻で、アーカム号とミスカトニック号といった。
船団は北米大陸沿いに南下し、パナマ運河を通って太平洋に出、サモアに寄航ののち、タスマニアのホバートで最後の補給を行った。
10月20日、船団は、南極圏に突入。
10月26日にはアドミラルティー山脈を望む海域に至った。
11月7日、船団はフランクリン島を通過。
11月8日には、エレバス、テラーの両火山が見える位置まで進んだ。
そして、11月9日未明に、一隊はボートによってロス島に上陸した。
11月21日、探検隊は、4基の飛行機で、ロス棚氷上を南に下り、ナンセン山の麓に着陸し、南緯86度7分、東経174度23分の地点に基地を設営したという。
翌1931年1月6日には分遣隊が二基の飛行機に分乗して、空より南極点に到達した。
このあたりまで、報告書は、誇らしげな筆致でペンを進めている。
その論調が、不安な書き方に変わるのは、1931年1月22日生物学教授レイクが未踏地域深部の探検に出発したあたりからである。
レイク隊を乗せた飛行機は、やがて、天を貫くばかりの大山脈と遭遇した、と報告してきた。
しかも、それは、------。
……レイク教授の無線報告記録から書き出してみよう。
「山々は左右目路の届く限り連なって果てしがない。標高2万1000フィートを境としてそれより上では雪は吹き払われて裸岩が露出している。その中でも他を圧する高峰の山腹には、奇妙な地形構造が見られる。ずんぐりした巨大な正方形の突起が、斜面にへばりついているんだ。しかも、その側面には実に正確に垂直面を成している。……ちょうど、レーリッヒの絵に出てくる。峻々たる山脈にへばりつくアジアの古城のようだ」
それが、狂気山脈であった。





「狂気大陸」は邪神帝国(朝松 健著、早川書房)に収録されています。



blueorb at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月19日

クトゥルフ神話〜新編 真ク・リトル・リトル神話大系4

014d8235.jpgクトゥルフ神話〜新編 真ク・リトル・リトル神話大系4

★国書刊行会の新刊案内で画像が確認できるようになっています。ですが、内容紹介文がまだ?なのでしょうか…不明です。

伝説のアンソロジー『真ク・リトル・リトル神話大系』新装版第4巻!〈ク・リトル・リトル神話〉大系を織りなすH・P・ラヴクラフト、A・ダーレスら珠玉の怪奇小説を収録。巻末に〈ク・リトル・リトル神話〉にまつわる書き下ろしエッセイを収録。第4巻巻末エッセイ=朱鷺田祐介


H・P・ラヴクラフト他著
定価:本体1500円+税
四六判/350頁/並製カバー装
ISBN978-4-336-04966-7

当初の予定では5月20日頃ということでしたので、同志の方々…狩りの季節なのです。準備しましょう!!明日、自分も…

狩りにくのだ!!イア!ショブ=ニグラス!

巻末エッセイは朱鷺田先生です。

追記:朱鷺田先生、蜂蜜酒を求めて邪悪寺院(飲みやさん)に行っていますが、飲みすぎに注意しましょう。お体をお大事に…



blueorb at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月18日

クトゥルフ神話〜「地を穿つ魔」(シャッド-メル追撃)

クトゥルフ神話〜「地を穿つ魔」(シャッド-メル追撃)

★アンリ-ローラン・ド・マリーニの手記より

8月24日手記より一部抜粋

クロウがイギリスに帰ってくる!
彼と再会できるのはうれしいことだ---彼とまた話せると思うと!これまでにくれた手紙のなかで、想像もつかないような驚くべきことをいろいろ書いていた。人間の知識のおよぶ範囲をはるかに超えた地下世界の驚異について。各国から集積されたウィルマース・ファウンデーションの情報庫によってさえ、およびもつかない世界だという。そんなところが、オクラホマ州の地底に現実に存在するのだ。クロウの話題は、クン=ヤンの青く輝く都ツァスについて、大洞窟ジンについて、さらなる深みの赤く輝く都ヨスと、かつてそこにありし奇態な文明の巨大廃墟について、神話や伝説や秘教で語られる旧支配者たち---クトゥルーやヨグーソトースやツァトグアなど---の信じがたいほどの旧さについてのクロウ自身の説(ファウンデーションの唱える説でもある)と、それをささえるに足るいまだ明かされざる確証について、などなどにまでおよんだ。そして最後には、あらゆる地下世界のなかでも最も深い深淵といわれる暗黒の地ン=カイについて述べていた。そこにある奇怪な石造りの堀割りや通廊を見ただけで、人はそのあまりに途方もない古さを思い、恐怖の悲鳴をあげずにはいられないという……




「地を穿つ魔」ブライアン・ラムレイP293より
創元推理文庫 








blueorb at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月17日

クトゥルフ神話〜新編 真ク・リトル・リトル神話大系4の発売について

★今月発売予定とされていました、新編 真ク・リトル・リトル神話大系4の発売なのですが、当初5月20日とアナウンスされていましたが、発売日が消えていましたので変更になるかも知れません。先月の国書刊行会HPより以下抜粋です。

新編 真ク・リトル・リトル神話大系4

H・P・ラヴクラフト他著
価格:1500円(税抜)
四六判・350頁
ISBN978-4-336-04966-7

伝説のアンソロジー『真ク・リトル・リトル神話大系』新装版第4巻!〈ク・リトル・リトル神話〉大系を織りなすH・P・ラヴクラフト、A・ダーレスら珠玉の怪奇小説を収録。巻末に〈ク・リトル・リトル神話〉にまつわる書き下ろしエッセイを収録。第4巻巻末エッセイ=朱鷺田祐介

2008年5月20日発売予定(変更の可能性あります)

巻末エッセイは朱鷺田先生です。楽しみにまちましょう。

国書刊行会HP(これから出る本)
http://www.kokusho.co.jp/kinkan/index.html




blueorb at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月13日

クトゥルフ神話〜ヒュドラ

クトゥルフ神話〜ヒュドラ

★ヒュドラ ヘンリイ・カットナー(クトゥルー9巻、P191)


スコットが望みを達成できる場所では(ルドウィクによれば)、さまざまな色が揺らめく帳の彼方から不断にもれる、狂ったように甲高い笛の音のために、思考がぼんやりとエネルギーや物質と結びつく。混沌の中心のすぐ近くであって、混沌のなかには万物の王アザトースが棲んでいる。存在するものはすべて、アザトースの思考によって創造されたのであり、窮極の混沌の中心においてのみ、スコットは人間の姿でふたたび地球上で暮らすための手段を見つけられるのだ。エドマンドの日記ではこの箇所が消され、「現実化した思考の……」としか読めない。

blueorb at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月12日

クトゥルフ神話〜ウボ=サスラの夢・・・

クトゥルフ神話〜ウボ=サスラの夢・・・

★先日ウボ=サスラの夢を見ました…リアルな感じで起きた後も、感覚が残るような状態でした。

自分は蒸気がたちこめる泥の沼を這い蹲る、爬虫類?的な生物でしたが、体の大部分は不定型な軟体生物のように、のたうっていました。そこには、自分と同じような生物が多数ひしめき、のたうちお互いが体をくねらせ、争っていました。より体の大きい固体に、小さいもの・弱いものは吸収される状態で、個々がその生存を賭け戦っていました。空には見たこともない天体が輝き、恐ろしいと感じましたが、不思議とここは他の天体ではなく、地球だという強い印象がありました。自分は他の生物に吸収されることなく、悠久の年月を生きのびましたが、あるとき巨大なものに遭遇しその生涯に終わりがきました。それは見たこともない巨大な不定形の粘着物の生物で、高さ数キロ、横も数キロもあるアメーバを思わせる形状で、こちらに少しづつ近づき、自分との距離は数百メートルもあったのに一瞬でそいつに呑み込まれてしまいました。自分は体の大部分を、地面(泥沼)を掘り、逃げようとしましたが間に合いませんでした。吸収され後、自分の意識がありましたが、その巨大な生物のなかには今まで吸収してきた生物の多数の意識が混在し、激しく戦っていました。ある意識とは激しく戦い、またある生物とは共感し、意識は知識の蓄積となり、全知とも思われるレベルにまで到達したのですが、その巨大な軟体生物(粘着生)はその臨界点に到達したのか、体の崩壊が始まり溶けて幾多の粘着性のものに別れてしまいます。自分もその多数の粘着物のひとつとなり、意識と知識をもちながら生きることとなるのですが、そのときにその多くの粘着物たちは生物の種の分化を始めます。種の爆発です。多数の生物に分離し、他の生物に進化した者達に有利なように恐ろしい勢いで、体の形状を変えていくのです。そのなかで自分は何故か粘着物のまま、のたうちまわり、そのまま他の種に負けないように、地面に潜り他の種が近づいたら地面よりその粘着性の体で包み吸収し、生きのびました…


夢のなかの巨大な粘着性のものこそ…ウボ=サスラと断言できるほどの感覚の夢でした…




blueorb at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月07日

クトゥルフ神話〜Klarkash-Ton Cycle

577b20da.jpgクトゥルフ神話〜Klarkash-Ton Cycle

★ケイオシアムHPより


Klarkash-Ton Cycle
New Call of Cthulhu fiction for Summer 2008.

Klarkash-Ton

Klarkash-Ton Cycle
The Lovecraftian Fiction of Clark Ashton Smith.

Edited and selected by Robert M. Price.
CHA 6046
Price 14.95
Trade Paper
ISBN 1-56882-160-3
ISBN-13 9781-56882-160-3
220 pages approx.

Eleven Lovecraftian tales by Clark Ashton Smith. Includes The Ghoul, Hunters from Beyond, Ubbo-Sathla, Vulthoom, The Infernal Star, and others. Selected and introduced by Robert M. Price.

This book is part of an expanding collection of Cthulhu Mythos horror fiction and related topics. Call of Cthulhu fiction focuses on single entities, concepts, or authors significant to readers and fans of H.P. Lovecraft.

Contents
"The Ghoul"
"A Rendering from the Arabic" (alternate version of "The Return of the Sorcerer")
"The Hunters from Beyond"
"The Vaults of Abomi"
"The Nameless Offspring"
"Ubbo-Sathla"
"The Werewolf of Averoigne" (alternate version of "The Beast of Averoigne")
"The Eidolon of the Blind"
"Vulthoom"
"The Treader of the Dust"
"The Infernal Star"



blueorb at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ 

2008年05月01日

クトゥルフ神話〜テケリ・リ !テケリ・リ !

8773e3a4.jpgクトゥルフ神話〜テケリ・リ !テケリ・リ !

★テケリ・リ !テケリ・リ !

テケリ・リがアマゾンで買えるとは!!凄いです!

テケリ・リの紹介ページです。
http://grimpeur.co.jp/item/Tekeli-li/tekeli-li.html

以下上記サイトより紹介文です。画像はHP訪問してご確認下さい。

■ゲーム紹介

太古の昔、地球は”異形の神々”と呼ばれる存在に支配されていた。その支配から何万年の時を経た現在、”異形の神々”の力は眠っているが、目を覚ませば人間の力など到底及ばぬ力をもっている。そんな”異形の神々”を目にすれば、あまりのおぞましさに、人々はたちまち発狂するという。あなたは”異形の神々”の手から逃れることができるだろうか。

使用するカードは火(赤)、土(黒)、水(青)、風(白)の計4種類が各12枚の合計48枚。それぞれの色ごとに特殊かカードが用意されています。『クトゥルフ神話』の  ”異形の神々”をテーマにしたエキセントリックなカードゲームです。

■ルール紹介

このゲームはクトゥルフ神話をベースにしたミゼール系のトリックテイキングゲームです。おぞましい”異形の神々”のカードを取らないようにゲームを進めなければなりません。
キャンセレーションシステムを導入しており、数字の大きいカードが必ずしもトリックを取るとは限りません。またこのシステムによりプレイヤー間のインタラクションが大きいのも特徴です。
複数トリックを遊び、もっとも多くのマーカーを取ったプレイヤーが負けです。

●テケリ・リ/Tekeli-li 定価1,800円

(税込1,890円)
●プレイ人数:2〜6人
●プレイ時間:20〜30分
●対象年齢:10歳以上
●内容物:カード 48枚
ルールブック(日本語・英語・ドイツ語)
発行 Sato Bros.
発売 (株)グランペール

アマゾン(テケリ・リ 販売ページ)
http://www.amazon.co.jp/Sato-Bros-%E3%83%86%E3%82%B1%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%AA/dp/B000W24PLG/ref=sr_1_8?ie=UTF8&s=toys&qid=1209647273&sr=8-8


ダンフォースはごくまれに、「黒い窖」「洞窟の縁」「ショゴスの原型」「五つの次元をもつ窓のない立方体」「名状しがたい円筒」「古のファラオたち」「ヨグ=ソトホース」「原初の白いゼリー」「宇宙からの色」「翼」「闇のなかの眼」「月の梯子」「最初のもの、永遠のもの、死ぬことのないもの」といった、奇怪なことをきれぎれにでたらめに囁くのだが…

…いま現在ダンフォースの絶叫は、その源があまりにも明白な、ただ一つの狂った言葉を繰返すだけになっている。「テケリ・リ !テケリ・リ !」と



<狂気の山脈にて>(HPL著)

blueorb at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クトゥルフ